いやね、最近はうんこテロの話とかとてもじゃないけど真っ当な人間が書いているとは思えない酷い記事ばかりだったじゃないですか。
これじゃ訪問者さんに「汚い」「臭い」「キツイ」「死ね」の3Kの烙印を押されても仕方がないと思うんです。
一つ多い上にKじゃないやつが混ざっちゃってるし。
そこまで酷い事言わなくたっていいじゃねぇーか!

なので、次はなんかこう心機一転、春の訪れを感じるような爽やかな記事にしようと思いましてね。
例えるなら、管理人さんがパステルカラーのカーディガンを羽織ってメンズノンノとかの表紙になっちゃってるんじゃないかと思わせるくらい春スプリングな記事にしたい。

という事で、そんな爽やかな春の訪れを感じるため多摩川に釣りをしに行ってきました。



DSCN3426.jpg
やって来たのは二子玉川の河川敷。
今回狙うのはマルタという魚で、毎年3月上旬くらいから多摩川を遡上し始めます。
マルタの遡上は春の風物詩といったところでしょうか。
この魚が釣れ始めると春の訪れを感じますね。
大きさは50~60cm程で、ドッシリとした重たい引きを楽しめます。

DSCN3414.jpg
ポイントに到着。
写真の中央辺り、川へせり出ている所から狙います。
ここは遡上してきた魚を肉眼で確認出来るほどの好ポイントで、過去に何匹も釣果を出しています。

しかしですね、ところがどっこい。
この日は激寒なわけですよ。
春の訪れなんて微塵も感じられない。

一時間くらいやっても全く手応えなし。
いつもなら3月に入ると魚の活性が高くなるんですけど、今年は気温が低い日が続いていたためか全然釣れません。
この時期だったら簡単に釣れるはずなんですけどね。

幸先の悪いスタートです。
一匹の釣果がとても遠くに感じます。
なんかもう、水面も静かで釣れる気が全くしないし。

おまけに、急に後ろの方が「ブンシャカ♪ブンシャカ♪」と賑やかになりましてね。

で、振り返ってみたら、

DSCN3427.jpg
おいーーーー!
お前ら!こんな広い河川敷なのに何でわざわざ人が釣ってる直ぐそばで演奏しだすんだよ!
魚が逃げちゃうじゃねぇーか!
チクショー!
もうアコースティックなメロディーに合わせてランバダを踊ってやろうかと思いました。

とまあ、状況が益々悪化してしまったのでポイントを移動。
下流の方へ行ってみます。

スマートフォンでグーグルの衛星写真を開き釣れそうな場所をチェック。
そして、一ヵ所ずつ直接見て回ります。

DSCN3436.jpg
釣れそうなポイントを発見。
ここは手前が深くて奥が流れの強い浅瀬になっています。
狙い目は深場と浅瀬の境界辺りでしょうか。

で、20分くらい投げていたらやっとヒットしました。

DSCN3429.jpg
竿がしなる!
やっぱりマルタは面白い!
貴重な一匹になるのでバラさないよう慎重に寄せていきます。

DSCN3430.jpg
姿を現しました。

DSCN3431.jpg
55cm
やっと釣れた。

マルタは春になるとオレンジ色に発色しますが、まだまだ色が薄いです。
というか殆んど発色していませんね。
水温が低いからでしょうか?

とりあえず、一匹釣れたのて安堵。
ボウズは逃れました。
ただ、この後が続かない。

どこでも釣れる簡単な魚に悪戦苦闘です。
これじゃ源流域で尺イワナ釣る方が簡単だわ!

再びポイントを移動。
多摩川の河川敷を釣り歩きます。

すると、

DSCN3428.jpg
どんぶらこ~、どんぶらこ~。
大きな金の玉が流れてきました。

おばあさんはその金の玉を家に持ち帰りました。
そして、おじいさんとおばあさんが金の玉を食べようと割ってみると、なんと中から元気な男の子が飛び出してきました。

子供のいなかったおじいさんとおばあさんは大喜び。
おじいさんとおばあさんは、金の玉から生まれたその男の子に「玉袋筋太郎」と名付けました。

そして、玉袋筋太郎は勇ましい青年に成長し、水道橋博士という仲間とともに浅草キッドというコンビを組みました。
玉袋筋太郎はオフィス北野に入り、バラエティー番組に多数出演するまでになりました。

しかし、NHKの番組に出演した時に局の偉い人から「名前が不適切だ!」と怒られてしまったので、以降NHKに出演する時は「玉ちゃん」というニックネームで出演するのでした、めでたしめでたし。

って、めでたくねぇーよ!!
バカじゃねぇーかお前!!
死ねよカス!!
全然釣れないからまたくだらない事考えちゃったじゃねぇーか!!

DSCN3439.jpg
どこか釣れそうなポイントはないものか。

DSCN3440.jpg
ここは流れが無いのでボツ。
ナマズやライギョは潜んでいそうですね。

DSCN3438.jpg
二子玉川って年に数回しか来ないけど、その度にビルが増えているような気がします。

DSCN3437.jpg
このブログには似合わない花の写真。
下劣なイメージが一掃されますね。
ファンシーな気持ちになること間違いなし!

DSCN3441.jpg

DSCN3445.jpg
桜の木を発見。

DSCN3444.jpg
つぼみはピンク色になっていました。
開花の兆し、春は近い。
いや、寒いから忘れてたけどもう一応春だったわ。

DSCN3446.jpg
なかなか良いポイントがありませんね。

DSCN3414.jpg
適当に歩いていたら結局最初のポイントへ戻ってきてしまいました。
演奏していた人もいなくなっていたので、再びここを狙ってみます。

しかし、これまた反応なし。
釣果のあるポイントなので、ここが一番確実だと思ったんですけどね。
ここまで釣れないとマルタの群れは遡上しているのか疑わしくなってきます。

それならば、直接覗いて確認してみようじゃありませんか!


DSCN3419.jpg
今回はこんな物を持ってきました。

水中撮影の小道具です。

DSCN3413.jpg
使ったのは500mlのペットボトルとスチール製のステーetc
これに登山で使っているアクションカメラを取り付けて川の中を撮影します。
カメラは水面付近の位置に取り付けてしまうと引き波で上手く映らないかもしれないので、ペットボトルから離して下の位置にセットしました。

撮影方法はラインにセットして流すだけ。

DSCN3420.jpg
使用しているラインの強度は15ポンド(約7kg)。
カメラの重量と流れの抵抗には十分耐えられますが、流木等に擦れたりしたら切れるかもしれません。
ラインが切れてカメラが流されたら目も当てられねぇーよ!
なので、竿で慎重にカメラを操作します。

DSCN3421.jpg
それでは行ってみヨーカドー!

maruta2017001.jpg
ここからアクションカメラの映像。
水の中はどんな世界が広がっているのでしょうか。

maruta2017002.jpg
ドボン!

maruta2017003.jpg
画像だと濁って感じるんですけど、実際はわりと透明度があるんですよね。
なので、ある程度魚と離れていても映るかと思います。

maruta2017004.jpg
何か潜んでいそうな予感がします!
こういうのはワクワクする!
アリゲーター・ガーとか映っちゃったりして。

DSCN3424.jpg
その頃、陸では。
カメラは50mくらい流れました。
ここからではカメラは殆んど見えません。

重さは思っていたよりも感じられませんね。
流れを受けてもっとグイグイ引っ張られるかと思いましたが。
これだったら海で100m以上流したりも出来そうです。

maruta2017005.jpg
再び水中の映像。
浅い所もあるようです。
川底が映っていました。

maruta2017006.jpg
しかし、肝心の魚は一匹も映っていませんね。
もともと泳いでいないのか警戒して逃げているのか。
マルタはそれ程警戒心が強い魚ではないので、泳いでいれば映っていてもおかしくはないんですけどね。

maruta2017007.jpg
水の中はとても静かです。
残念ながら撮影した映像には何も映っていませんでした。

ちなみに、動画の最後の方に変な顔の生物が映っていましたが、よく見たらカメラを回収している自分でした。



とまあ、今回は釣果も気温も低く、まだまだ冬を感じさせられる釣行となりました。

魚たちは休眠中のようです。
河川敷の桜もまだ目覚めていませんでした。
冷たい風が顔に突き刺さります。

春は遠いなぁと思いながら家路につくのでした。


~釣行の翌日~

その日は3度寝してすっかり寝坊してしまいましてね。

「春眠暁を覚えず」
人は自然界の生物と反対で暖くなると眠ってしまう。

どうやら自分の気付かぬうちに春は訪れているのかもしれません。


人は誰だって仮面を被って生きている。

親しい友人はもしかしたらあなたを騙そうとしているかもしれない。
信用している恋人は浮気をしているかもしれない。
いつも挨拶を交わす隣人は極悪人かもしれない。

仮面の裏に隠された本当の姿を知る事は出来ない。


とまあ、何お前ストーリーテラーみたいに語り出してんだよ死ねよカスって話なんですけど、やっぱり人って誰でも仮面を被って生きていると思うんです。

以前、職場に宮本さんという人がいましてね。
宮本さんは中途半端な時期に入社してきたオジさんでした。

頭髪には少し白髪が混じり、そこそこ年期の入った容姿をしています。
そして、新しい職場なのに物怖じせず初日からドッシリと構えていました。

自分はこれに違和感を覚えましてね。
大抵の場合、新しい職場や環境だと少しくらいは物怖じするじゃないですか。
しかし、宮本さんからはそれが全く感じられないんです。
それに、オーラと言うか装いと言うか、宮本さんから出ているのはお偉いさんのそれなんですよ。

何か腑に落ちない。

ここで自分は宮本さんについて考えてみたんです。
この人は一体何者なのだろうか。
得られる情報を精査し、脳内で様々なパターンを想定します。


遥か彼方の銀河系で・・・

ジェダイの騎士と銀河共和国が滅亡して久しい時代。
平和だった銀河系は帝国軍によって支配されていた。

ジェダイの騎士の生き残りであるミヤ=モト・ケノービは帝国軍を討伐するための準備を進めていた。
そして、強力なフォースを自在に使いこなす優秀な戦士を発見する。
ミヤ=モト・ケノービはその戦士を仲間にするべく彼の職場へと潜入するのであった。


とまあ、その戦士こそが管理人さんなわけで、何かいきなり神々しく輝く剣を渡されて「ダース・ベイダーを倒してくれ。」とか言われちゃったらどうしようとか思ったんですけど、ミヤ=モト・ケノービって何?
コイツまた意味の分からない妄想が始まったよ!
こんな妄想ばかりしてないで仕事しろよな!
もう死ねばいいのに!暗黒面に墜ちて死ね!

まあ管理人さんが銀河の命運を握っているなんて銀河の価値はどれだけ低いんだよって事になるので、宮本さんがジェダイの騎士というのはないと思うんですけど、真面目な話、この人には腑に落ちない点がいくつもあったので真剣に考えてみたんです。
そして、ある結論に至りました。

「宮本さんは本部の査察なのではないだろうか。」

いやね、企業のお偉いさんが職場を査察するために身分を隠して潜入してくるというのを聞いた事があるんですよ。
自分の職場にも通常の査察はあるんですけど、いつも査察の人がやってくると直ぐに仲間内で情報伝達が行われて皆普段とは別人のようにテキパキと働くから全く意味を成していないんです。
後輩の遠藤君なんていつも死んだ魚のような目をしているのに、それこそ釣りたてのサバみたいに急にピチピチと活気よく働き出しますからね。
なんか顔も魚みたいだし。

なので、本来の様子を探るためにお偉いさんが仮面を被って潜入してきた疑いが非常に強いのです。
というかもうこれ100000000%査察ですよ。
で、サボっている人間を見つけてクビにするに決まっているんです。
こりゃあ油断が出来ません。

自分の職場ってわりと自由度が高いので普段は上司の監視はあまり厳しくないんです。
定時になると牢屋の前に横一列に整列させられて、端の人から順番に「1!!」「2!!」「3!!」「4!!」と監視役の監守さんに点呼をとらされたりとかもしないんです。

なので、トイレに行った帰りに休憩スペースの自販機でコーヒーを飲んで休むという、それこそ仕事からのプリズンブレイクをしたりも出来るんです。
ただ、これってサボりになるわけですよ。
自分はよく休憩スペースで鼻くそをほじったりして現実社会から逃亡しているんですけど、潜入の宮本さんが来てからは真面目に働くようになりました。
サボっている現場を宮本さんに目撃ドキュンされたら即刻死刑ですからね。
もう執行猶予も付きませんよ。

しかしですね、トイレに行こうとして休憩スペースの横を通ったら肝心の宮本さんが死んだ魚のような目をして一人でイスに座っとるんです。

おいおい、あんたがサボってどうすんだよ!

「管理人君も少し休まないかい?」

初日とは別人のようにやつれた顔。
もうオーラが全く感じられない。
空腹で死にかけている小鳥でももう少し元気だろうというレベル。
おまけに「はぁ~、疲れた~。」を連発して、負のオーラに巻き込もうとしてくるんですよ。
これじゃこっちまで疲れるじゃねぇーか!

この時ピンときましてね。
忘れてはならないのは、宮本さんは査察の人間という事なんです。
おそらくこれは罠ですよ罠。
演技です。

自分はいかに仕事をサボるかに情熱を注ぐような人間で、その結果、上司の送別会で皆で色紙にメッセージを書いてプレゼントしようってなった時に自分にだけその色紙が回って来ないという残念な扱いになっていますから、それはもうプロ野球で例えたら背番号が3ケタくらいあるようなよく分からない選手みたいになっていますから、上からしたら自由契約という事実上の解雇にしたいはずなんです。
しかし、一方的に解雇するのは法的な問題も発生してしまう。
なので、何か正当な理由とその証拠を得たいはずなんです。

そこで考えられたのがこの策なのだろう。
宮本さんは管理人さんを休憩スペースに誘い込んでサボらせて、その瞬間に「はいクビ。」という4文字のファイナルジャッジを下そうと狙っているに違いありません。

なんて汚い大人なんだ!
そこまでしてクビにしたいのか!

しかし、そうはいきませんよ!
何が何でも生き残ってやる!
このデスマッチ、受けて立とうじゃありませんか!
絶対負けねぇーぞ!

この日から管理人さんと宮本さんの水面下でのバトルが始まった。
文字通りクビを賭けた戦いだ。

翌日も宮本さんはやたらと話し掛けてくる。
決まって「はぁ~、疲れた~。」という、こちらも疲れてサボりたくなってしまうような、暗示とも言える言葉で攻めてきます。
エレベーターで一緒になった時なんてもうマンツーマンですから、逃げ場なしのデスマッチですよ。

とにかく宮本さんのペースに飲まれたら負けだ。
サボっていると判断されてクビにする理由を与えてしまう。
一時も気が抜けないバトルが何日も続きました。


そんなある日、この勝負に決着を付ける大事件が起こった。

その日もいつものようにオシッコをしにトイレに行ったんですけど、入った瞬間にスゲェー強烈な臭いがしたんですよ。
で、何気なくドアが半開きになっている個室の方に視線をやったんですけど、そしたらもうね目を疑いましたよ。

とその前に、ここからちょっと汚い話しになるので、もしお食事をしながらご覧になられている方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
お食事中の方は今直ぐ大盛りでおかわりして下さい。
この記事をおかずにしてモリモリと食べて下さい。

で、話を戻しますとですね、半開きになった個室に目をやったんです。
そしたらですね、その個室にはうんこがぶち撒けられていたんですよ。
これが常軌を逸したぶち撒け方で、何をどうやったらこんなになるのか全く理解不能なんです。
文章では伝わらないと思うんですけど、本当に悲惨な状況で地獄絵図みたいになっとるんですよ。

これはもうね、テロですよテロ!
もう官房長官も壇上に上がって「極めて卑劣な犯行である。」と遺憾の意を表明するレベル。
日常は非日常へと一変した。

あまりの惨状に尿意はすっかり治まり、自分は脱兎の如くトイレを後にしました。
で、どうして良いのか分からなかったんですけど、とりあえずこの惨状を同僚の渡辺君に伝えましてね。
そしたら、渡辺君ったら仲間を集めだして「よし!見に行こう!」とか言いやがるんです。
こいつ頭おかしいんじゃねぇーか?
まあ勿論自分も再び行きましたよ。

いい年こいた大人が皆で仕事中にうんこ見に行っていますからね。
この会社もう終わりだよ!

そして、後輩の入沢君が推理をし始めるんです。

「このトイレは大勢が使用するから犯人の特定はまず不可能だろう。しかし、経緯ならば推理が可能だ。おそらく犯人は限界に近い状態だったので、ズボンを下ろした時の一瞬の気の緩みで一気に漏らしてしまったのだろう。これは事故だ。」

あー、これ自分も小5の時に経験があるから分かるわ。
子供の時って学校でうんこするのって、人類の八つ目の大罪みたいな扱いをされるじゃないですか。
6時間目の体育のサッカーで漏らしそうになったんですけど、学校で出来なかったから家に帰るまで我慢していたんです。
で、ダッシュで家のトイレにゴールインしてズボンを下ろしたらその瞬間に出ちゃいましてね。
モノは全然ゴールインしてなかった。
もうPKを外した選手みたいに頭を抱えながらその場に崩れ落ちた。

そんな泣きたくなるような出来事がフラッシュバックしたのはさておき、トイレの惨状を目の当たりにして皆PTSDになる寸前だったので、休憩スペースに退避して心を落ち着かせました。
まあ5人もいると話に花が咲いちゃうんですよね。
仕事も忘れてコーヒー片手に談笑ですよ。
皆で仲良くサボタージュです。

そしたら、なんか知らないオジさんがやって来ましてね。

「君たち仕事はどうしたのかな?」

本部の査察の人だったわ。

この後、上司と査察の偉い人に呼び出されてこっ酷く怒られました。

横一列に整列させられてスマップの謝罪放送みたいになってた。

2017598465465469846.jpg

唯一違う点を挙げるとすれば、この場にいる5人全員、ジャニーズとは程遠いブサイク面だという事だろうか。
渡辺君なんてロバみたいな顔してるし。

説教は一時間近く行われ、「青いイナズマ」ではなく上司の「怒りのイナズマ」が降り注ぐのでした。


ちなみに、宮本さんは仮面を被った査察でも何でもなく、ただのやる気のないオジさんでした。
何でも、以前務めていた会社をリストラされたらしい。
なるほどね、クビになった理由が分かるような気がするわ。

自分も宮本さんみたいにクビにされないよう気を付けよう。

この日から仕事をサボっているのが周囲にバレないよう、真人間の仮面を被るのでした。



DSCN3402.jpg

ゼルダの新作をやるので2週間程ブログをお休みします。

←の「管理人から一言」はいつも通り更新します。



201684654865189646.jpg
ラーメン中村屋秘伝の湯切り
「天空落とし」


自分の職場はお昼になると業者さんがお弁当を配達してくれるんですよ。

職場の一つ上の先輩に赤松さんというブスがいて、これが女子プロレスラーのダンプ松本さんを女にしたようなブスなんですけど、この赤松さんがお弁当を発注する係になっているので、希望する人は朝のうちに申請しておけばお昼にお弁当が届くというシステムになっているんです。

で、ちゃんと申請したはずなのに管理人さんのお弁当だけ足りなくなっていて、おまけに後日料金だけしっかり徴収されるという、メンタルの弱い人間だったらデスクに遺書を残してトイレで首を吊ってるんじゃないかっていう事が多々あるので、この前のお昼休みはコンビニに行ったんです。

そして、カップヌードルBIGカレー味とおにぎりをチョイスして店内を彷徨っていたらチョコが大量に並べられた棚を発見しましてね。
この時期ってどこのお店でもバレンタインのコーナーが設けられているじゃないですか。
自分が行ったコンビニでも華やかに飾られた棚にチョコたちが陳列されていたんです。
で、ハート型に切り抜かれたポップに手書きで「手作りチョコに!」とか書かれているわけですよ。

いやね、自分はこの手作りチョコというのに納得がいかんのです。
もう北朝鮮にミサイル発射された時の官房長官のように意義を唱えるものであります。

というのも、市販のチョコを溶かして固めただけで、それは本当に手作りのチョコと言えるのかという事なんですよ。
これは音楽で例えると分かり易く、この作業というのは作曲ではなく編曲にあたると思うんです。
手作りチョコの定義とは何なのか、皆様も今一度考えてみて下さい。

そりゃあ例えば、カカオ農家の娘がいたとするじゃないですか。

モデルに憧れていたひろ子は田舎暮らしに嫌気が差して上京するんです。
しかし、都会暮らしは想像以上に厳しくて水商売をしながら生計を立てていくんですけど、悪いホストにハマッてデキちゃった結婚しちゃうんですよ。
そして、そのホストは働かなくなるわ酒に溺れるわで、ひろ子は毎日酷いDVを受けるんです。

そんなある日、実家のカカオ農家から電話が掛かってきて、お父さんが病気で亡くなったという事を知らされましてね。
おまけに、銀行からの融資が打ち切られて農家は廃業の大ピンチ!
ひろ子はホストと離婚してカカオ農家を引き継ぐ事を決意するんです。

みたいな感じの「亡き父の意思を受け継いで一生懸命育てたカカオで作ったチョコです!」のチョコだったら、そりゃあ手作りチョコと言わざるを得ませんよ!
もう誰が何と言おうとこれは手作りのチョコですよ!
ひろ子の少し苦い思い出の詰まったビターチョコを手作りチョコと言わない冷酷な人間なんてこの世にいないと思う。

もうね、ananやセブンティーンなんかの女性誌のバレンタイン特集でも、市販のチョコを可愛くデコレーションする方法を紹介するのではなく、カカオ農家を始めるにあたって国から助成金が出るのかとか、購入した土地に掛かる固定資産税の計算方法とかを詳細に掲載するべきなんですよ!
このようなカカオ女子たちが作ったチョコこそが、真の手作りチョコと言えるのではないでしょうか。

やはりですね、市販のチョコを溶かして少しアレンジして固めただけでは、それは手作りのチョコとは言えないと思うんです。
だって、レトルトのカレーに総菜売り場で買ったカツをアレンジしたって、それは手作りのカツカレーとは言えないじゃないですか。

まあ、このもっともに聞こえる理屈も「それだったらお前、日本刀だって鉄を溶かして固めただけって事になるじゃねぇーか。」と言われたら簡単に論破されてしまって、ぐうの音もチョキの音もパーの音も出ないんですけど、どうであれ、いつもこんな屁理屈ばかり考えているから自分はチョコを貰えないんだなぁと、コンビニのレジに並びながら痛感するのでした。

で、自分の前には女子大生くらいの二人組の子が並んでいましてね。
「頑張った自分へのご褒美~。」とか言って、チョコを手に仲良く話していたんです。
そしたら自分も急にチョコを食べたくなっちゃいまして。
カップヌードルBIGカレー味とおにぎりと一緒にチョコも買っちゃいました。

「頑張った自分へのご褒美だ。」

穏やかな日常に何だか少し微笑ましくなりました。

しかしこの後、買ったお昼を外で食べていたらカップヌードルを倒しちゃって、そしたら麺が滝のように地面に流れ落ちましてね。
一転、穏やかな日常が非日常と化したわけですよ。

考えてみたら、自分は仕事で何一つ頑張っていない。
いつも怠けてばかりだった。

これは「頑張った自分へのご褒美」ではなく「怠慢な自分への懲罰」なのかもしれないと、チョコッとだけ反省するのでした。

当ブログ内容の無断転載を固く禁止します