林道焼岩線と麻生山線は西多摩郡の麻生山(794m)の周辺を通る林道で、元々は別の林道でしたが現在は繋がっていて一周約5kmのコースになっています。

圏央道、日の出インターから184号線を上っていきます。

DSCN9956.jpg
道路脇は川が流れています。

DSCN9957.jpg
釣り人が居たので話を伺ったら上流のマス釣り場から脱走した魚が居着いているとの事でした。
やはり地元の人間は魚の居るポイントを熟知しているのですね。

DSCN9960.jpg
18:00に焼岩線の入口に到着。

DSCN9959.jpg

DSCN9961.jpg
いきなり上り坂です。
写真だと傾斜が伝わりませんね。

DSCN9965.jpg

DSCN9966.jpg
左側に写っている道から上ってきました。
結構な急勾配です。

DSCN9967.jpg
荒い砂利道になっているので滑ります。

DSCN9969.jpg
案の定転倒してシフトペダルが曲がりました。
クラッチレバーも少し曲がりましたが、幸い操作に影響はありませんでした。

DSCN9970.jpg

DSCN9974.jpg

DSCN9975.jpg
まだまだ上りの途中ですが麻生山線の看板がありました。

DSCN9973.jpg
ここから麻生山線になるようです。

DSCN9976.jpg
200m程進むと開けた場所に出ました。

DSCN9978.jpg

DSCN9979.jpg
林道の脇は地獄行きの道です。
かなり急な崖になっているのですが、やはり写真だと伝わりませんね。

DSCN9983.jpg
林道の地図がありました。
黄色で記した線が今回走っている道で赤丸がスタート/ゴール地点です。
周辺にもいくつか林道が通っています。

DSCN9984.jpg
林道の頂上に到着しました。
登山道がありここから徒歩で麻生山の頂上へ行く事も出来ます。

DSCN9985.jpg
走ってきた道を見下ろせます。

DSCN9986.jpg

DSCN9988.jpg
熊が出るようです。

DSCN9989.jpg
ここからは下り坂になります。
上りの道は荒い砂利で滑りましたが、下りは固まった土なのでグリップが良いです。

DSCN9990.jpg

DSCN9991.jpg
麻生山線の入口(出口)
分岐があり、日の出山(902m)の方へも行くことが出来ます。

DSCN9992.jpg
日の出山方向へ500m程走ると石碑がありました。
この辺りから上は登山道の様になりバイクでは厳しいので引き返しました。

DSCN9995.jpg
日が沈み暗くなってきました。

DSCN0001.jpg

DSCN0002.jpg
途中、不動沢線の入口がありましたが通行止めになっています。

DSCN0003.jpg
1週してスタート地点に戻ってきました。

約5kmの林道ですが、途中写真を撮ったり歩いて探索したりしたので50分程掛かりました。
距離がありアップダウンの周回コースになっているので、なかなか面白い林道です。

今回は左右に激しく2回転倒したので、バイクにはかなりキズが付きました。

前回のつづき

林道日原線と孫惣谷線を走り終えたので、次のコースの倉沢線を目指します。


DSCN9707.jpg
倉沢線の入口付近。

DSCN9708.jpg
短い距離ですが途中まで舗装された道が続きます。

DSCN9709.jpg
大雨の後なので落石注意です。

DSCN9710.jpg

DSCN9711.jpg
狭いガレ場が続きます。

DSCN9712.jpg

DSCN9713.jpg
雨の後なので所々で脇から水が流れ出しています。

DSCN9714.jpg
今回の林道ツーリングのベストショット。

DSCN9715.jpg
さらに奥へ進むと、ここでも地すべりが発生しています。

DSCN9716.jpg

DSCN9717.jpg

DSCN9718.jpg

DSCN9719.jpg
このサイズの落石が直撃したら重傷です。

DSCN9720.jpg
現在走行する事が出来る倉沢線の一番奥。

DSCN9721.jpg

DSCN9723.jpg
右手には魚留橋という橋がありますが、この先は通行止めになっています。

DSCN9726.jpg
徒歩で50m程進んでみましたが酷い地すべりが起きていました。

DSCN9727.jpg
流木で塞がっているのでバイクでは走行不可です。


これで今回の奥多摩林道ツーリングは終わりになります。
残念ながら目的にしていた小川谷線は通行止めで走る事が出来ませんでしたが、なかなかおもしろい林道ツーリングになりました。
あと、帰りの高速で急に土砂降りになった時は死ぬかと思いました。

渓流釣りのポイントも探しながら走ったので、次回はヤマメ狙いで行こうと思います。

前回のつづき

目的地である林道小川谷線へ続く道が通行止めになっていました。
ここ数日の大雨の影響なのかは分かりませんが、本当に運が悪いです。

この周辺は小川谷線がオフロードバイクで一番楽しめそうなダートコースで、そもそも今回はここを目当てに奥多摩まで来たのです。
一応、他の林道も事前に調べてきましたが、おまけ程度でしたので意気消沈です。

計画変更です。
この近くにある林道日原線を目指します。
幸いこの頃には天気が回復してきました。

DSCN9706.jpg
林道日原線の入口付近

DSCN9700.jpg
日原線は未舗装の林道ですが、ダートコースと言うより普通の砂利道です。
手応えのない道が続きます。

DSCN9699.jpg
下を流れる日原川の対岸が地すべりを起こしています。

日原線は途中に分岐があり、林道孫惣谷(まごそだに)線に入る事が出来ます。

DSCN9705.jpg
孫惣谷線も似たような砂利道ですが勾配を登る事になります。

DSCN9701.jpg

DSCN9702.jpg

DSCN9703.jpg
まだまだ登っていきます。

DSCN9704.jpg
孫惣谷線は見晴らしの良いコースが続くので、オフロード走行よりも景色を楽しめます。


しばらく進んでいくと、プレハブ小屋がありワンボックスカーが数台とめてありました。
そこに居た人に、「この先はうちの施設があるので通れません」と言われたので引き返しました。

ここで思ったのですよ。
なぜ、わざわざこんな急勾配の林道を通らなければならない山奥に事務所を建てるのか?
しかも、「施設」と言っていた事に非常に違和感を感じたのです。

発見してしまいましたよ!
ワンボックスカーがとめられた山奥のプレハブ施設。
これはカルト宗教の施設に間違いありません!

逃げるように来た道を戻ります。
急勾配なので、ギアを入れずに日原線の分岐ポイントまで下る事が出来ました。


自宅に帰ってから調べてみたら、奥多摩工業という石灰の採掘を行う企業の施設でした、ごめんなさい。

DSCN9730.jpg
奥多摩駅付近に、とても味のある工場があって撮影しておいたのですが、これも奥多摩工業の施設でした。
周辺の採掘場からこの工場までトロッコで繋がっている様です。


つづく

奥多摩の林道ツーリングです。

先週大雨で行けなくなりましたが、今週も天候が不安定です。
いつも天候に恵まれません。
先延ばしにしていると、結局行く気がなくなるので今回は決行します。


06:30に自宅を出発、曇天の中央道を走ります。

高速を降り、多摩川沿いの411号線を奥多摩方面へ進みます。
信号待ちをしている時に気が付いたのですが、この日のために購入したパンク修理剤を持ってくるのを忘れました。
山奥の林道でパンクしたらと思うと不安になります。
水筒にお茶を入れるかアクエリアスを入れるか迷ってんじゃねーよ!!
他に大切な持ち物があるだろ!!


DSCN9694.jpg
川井まで来たところで脇に降りて撮影。
この付近は一昨年釣りに来た事がありますが、ここ数日の大雨による増水で姿が一変しています。
まあ、前回来た時も途中から雨が降りましたけどね。
いつも天候に恵まれません。

P1040151.jpg
一昨年の様子


奥多摩駅付近の交差点で日原街道へ入り、さらに奥へ進みます。

DSCN9696.jpg
下を流れているのは多摩川の支川である日原川。

日原街道は所々で小規模な土砂崩れや落石が発生していて修繕工事が行われていました。
大雨による被害だと思われます。

さらに走り、林道小川谷線を目指します。
高速を降りてから1時間半くらい走りました。


DSCN9698.jpg
通行止めになっています。

\(^o^)/オワタ


つづく
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します