管理人さんの英会話講座Lesson2です。

英会話を習っているけど教科書に出てくる例文はどうも使う機会がない。
そう思った事はありませんか?
この英会話講座では日常生活で使う英語をより実践的に、そして皆さんと一緒に学んでいこうと思います。

前回の例文では、ひろゆきの父親が下着ドロで逮捕されてしまいました。
Lesson2では刑務所に収監された父親の信彦に焦点を当てた内容になっています。
今回は例文が多く出てくるので、皆さんしっかり覚えるようにしましょうね。

それではLesson2開始です。


信彦:What time will a prison guard come to patrol?
    看守は何時に見回りにきますか?

マイク:A prison guard came to the 23:00 and 3:00 patrols.
     看守が見回りに来るのは23時と3時です。

信彦:How do you escape from prison?
    どうやって脱獄するのですか?

マイク:Dug a hole in the back of the bed. I took six months and to dig the hole. 
     ベッドの裏に穴を掘っておきました。私はこの穴を掘るのに6か月掛かりました。

信彦:Where did you get this rope?
    このロープはどこで手に入れたのですか?

マイク:This rope Bob was made by knitting the bed sheets.
     このロープはボブがベッドのシーツを編んで作りました。

信彦:excellent!
    素晴らしい!

ボブ:Car to use in the escape will be provided Mike of her Susan
    逃亡で使う車はマイクの彼女のスーザンが用意します。

信彦:Is Susan a beauty?
    スーザンは美人ですか?

マイク:No, She isn't. She is ugly.
     いいえ、スーザンはブスです。


201543498696.jpg
この例文ではprison【刑務所】という単語がポイントになります。
escape from prisonで脱獄になります。
prison breakと表しても意味は変わりません。

またexcellent【優秀、とても素晴らしい】という単語が出てきましたが、評価は上からexcellent、very good、goodと表現する事が出来ます。

そして、ブスは英語だとuglyになります。
ブスという単語は日常でも多く使うので忘れずに覚えておきましょう。
あとあまり関係ありませんが、人気の海外ドラマで「アグリー・ベティ」ってあるけど、ブスのベティって酷いタイトルですね。
この例文を作る過程で初めて意味を知りました。

さあ準備が出来たらいよいよプリズンブレイクです。


マイク:Are you ready?
     準備はいいですか?

信彦:Yes, I am. I'm ready.
    はい、準備は出来ています。

マイク、ボブ:Let's go!
        行くぞ!

Bang!!Bang!!Bang!!
バン!!バン!!バン!!

ボブ:Je・・,Jesus・・・。
    ク・・、クソ・・・。

信彦:What happened?
    どうかしましたか?

マイク:A bob was shot.
     ボブが撃たれました。

信彦:Is this Bob?
    これはボブですか?

マイク:No, it isn't. It is no longer Bob.
     いいえ、これはもうボブではありません。


201543498696.jpg
ボブが死んでしまいました。
ここでのポイントは刑務所から脱獄すると射殺されてしまうという事です。
とても重要なのでしっかりと覚えておきましょう。

あとボブが撃たれた時に口にしたjesusには、チクショウ!やクソ!という意味があります。
字幕の映画でもアクシデントが起こると「ジーザス!」と言っているのが聞き取れます。
日常でもさりげなく「ジーザス!」と言えたら少しカッコイイですね。

信彦とマイクは、今は亡きボブが作ってくれたロープを使って塀を乗り越えました。
そしてスーザンとの待ち合わせ場所へ辿り着きました。


信彦:Nice to meet you. My name is Nobuhiko.
    はじめまして。私の名前は信彦です。

スーザン:Nice to meet you. My name is Susan.
      はじめまして。私の名前はスーザンです。

信彦:Susan was ugly than I had expected.
    スーザンは私が予想していたよりもブスでした。

信彦:Susan's car is narrow because a light vehicle.
    スーザンの車は軽自動車なので狭いです。

マイク:Susan's car is next month vehicle inspection.
     スーザンの車は来月車検です。

マイク:Susan lives in Urawa.
     スーザンは浦和に住んでいます。

マイク:Susan plays tennis on the weekend.
     スーザンは週末にテニスをします。

マイク:Susan's last name is Nishiwaki.
     スーザンの苗字は西脇です。


201543498696.jpg
知らねぇーよハゲ!!
西脇の情報どーでもいいだろ!
マイク少し黙っておけよ!
疲れている人もいるので車内では静かにしていましょう。

そして信彦は自宅に帰ってきました。


信彦:Hiroyuki was healthy?
    ひろゆきは元気にしていましたか?

あき子:Hiroyuki has been arrested for peeping.
     ひろゆきなら覗きで逮捕されたわよ。

信彦:Jesus!!
    クソ!!


201543498696.jpg
再びJesusが出てきました。
話のくだりで出てきたネタをもう一度繰り返す事を「天丼」と言います。
天丼には同じ海老が二本乗っているから、というのが由来だそうです。
ちなみに、このブログの管理人さんはオチで使う事が多いです。


日常生活で役立つ英会話講座Lesson2、いかがでしたでしょうか?
これをマスターしておけば逮捕されても慌てずに脱獄する事が出来ますね。

ってこれじゃあ日常生活じゃなくて獄中生活で役立つ英会話じゃねぇーか!

Jesus!


このブログで英会話講座をやっていこうと思いまして。
英語を喋れる人ってカッコイイじゃないですか。
なんかそれだけでグローバルな雰囲気があってエリートっぽく見えるじゃないですか。

20157467976495.jpg
※管理人さんが理想とするイメージ

自分も英語を喋れるようになりたい!
そして外国人に英語で道を尋ねられて困っている女性を助けて、「とてもカッコイイ殿方ですわ。ステキ!」とか思われちゃったりもしたいんです。

まあしかし、自分の英語力は中学二年生の時のままなんですよね。
なので、英文はネットの翻訳に打ち込んで変換していきます。
翻訳をそのまま載せているので間違っているかもしれませんが、そんな時は「これ英文間違っているよ。」とか「お前は人生も間違っているんだよ愚鈍。」とか「とても口が臭い殿方ですわ。死ねば!」とコメント欄に書き込んで頂ければと思います。
どうでもいいけど口が臭いのは関係ないじゃないですか!酷いですわ!

とまあ、管理人さんの口がワールドワイドに臭いのは置いておくとして、英語の教科書の例文って実際使わないようなのが多いじゃないですか。

例えば、

健:Is this a pen?
  これはペンですか?

トム:No, it isn't. It is a desk.
   いいえ、これは机です。

こんなの使わねぇーよ!
それにこの問題文よりもペンと机の判別が出来ない健の頭の方が問題だよ!

このブログの英会話講座ではもっとこう、実用的な例文を出していこうと考えています。
日常生活で役立つ英語を管理人さんと皆さんで一緒にマスターしようという試みです。

それではLesson1です。
第1回目の今回は、友人と買い物に行った帰り道、不審なおじさんがお巡りさんに捕まっていてよく見たらそれが自分の父親だった時の例文です。


マイケル:There's been arrested stealing underwear in your father?
      あそこで下着を盗んで捕まっているのは、あなたのお父さんではありませんか?

ひろゆき:No, he isn't. Hi is a stranger.
      いいえ、彼は赤の他人です。


役立ちましたか?
皆さんもレッツトライ、イングリッシュ!

当ブログ内容の無断転載を固く禁止します