FC2ブログ

    昨年の夏、台風が接近しているのに海で泳いで割と真面目に死にそうになった記事を書いたんですけど、その日以外にも泳ぎに行ったんです。
    で、その時に撮った写真をいつかブログに載せようと思っていたら1月になっていました。
    冬ですよ冬。
    もういっその事、あと半年伸ばして今年の夏に泳いできた事にしようかとも思いましたからね。

    という事で、今回は季節外れの海ネタです。

    DSCN1990.jpg
    神奈川県の某所。
    波が無くてとても穏やかです。

    DSCN21681.jpg
    台風の前なんてこんなでしたからね。
    この時はホント死ぬかと思った。

    DSCN2082.jpg
    海岸を歩いて穴場のポイントへ。

    DSCN2084.jpg
    文字通り穴です。

    DSCN2085.jpg

    DSCN1997.jpg

    DSCN1995.jpg
    鳶が「ピーヒョロロロロ~」と鳴きながら優雅に飛んでいました。
    鳶の視力は人間の8倍と言われています。
    ちなみに、こちらはネットのやり過ぎで視力がかなり落ちました。
    毎日どうでもいいサイトばかり覗いてきた結果がこれですからね。
    もう悲し過ぎて「ピーヒョロロロロ~」と泣きたくなるわ!

    DSCN1998.jpg
    そして到着。

    早速潜ってみます。

    DSCN2005.jpg
    海は穏やかですが水は濁っていますね。

    DSCN2001.jpg
    キュウセンがお出迎え。
    エンカウント率が高いメジャーな魚です。

    DSCN2004.jpg

    DSCN2014.jpg
    この魚は何でしょうか。
    ウミタナゴに見えるけど体に線状の模様が入っていないので違います。

    DSCN2015.jpg

    DSCN2020.jpg
    オヤビッチャ。
    これにそっくりな魚で、黒い線が6本入ったロクセンスズメダイというのがいます。
    尾びれにも模様が入っているのがロクセンスズメダイ、入っていのがオヤビッチャです。

    DSCN2035.jpg
    再びキュウセン。
    この魚はどこを潜っても沢山泳いでいます。

    とまあ、珍しい魚とも遭遇出来ずユラユラと漂っていましたが、今回はエサを持ってきました。
    オキアミを撒いて水中で観察してみます。
    魚を見つけられないのなら、魚の方から寄ってくるようにすれば良いのです。
    逆転の発想です、もう天才ですね!
    どんな魚が集まってくるのか楽しみです!

    さあ、早い者勝ちですよー!

    DSCN2016.jpg
    ・・・。

    DSCN2018.jpg
    無残に沈んでいく。

    一匹も来ねーじゃねぇーか!!
    以前、職場でお菓子を配るために休憩室の机に置いておいた事があるんですけど、その時と同じくらい誰も手を付けてくれません。

    と、思ったら、

    DSCN2017.jpg
    やっぱりお前か。

    DSCN2019.jpg
    キュウセンばかりですね。

    DSCN2022.jpg
    しばらくするとオヤビッチャも集まってきました。

    DSCN2023.jpg

    DSCN2024.jpg

    DSCN2030.jpg
    カゴカキダイ。
    やっと違う魚を発見しました。

    魚が沢山集まってきましたよ!
    管理人さん人気者ですね!

    DSCN2040.jpg
    しかし、エサを直接あげようと思って近付いたら脱兎の如く逃げられました。

    DSCN2053.jpg
    そして誰もいなくなった。

    umi034.jpg
    ちなみに、今回はこの辺りを泳いでいます。
    良く見ると管理人さんが岩の上に立っています。

    DSCN2042.jpg
    再び水中の画。
    新しい魚を発見です。
    おそらく、スズメダイの仲間でしょう。
    スズメダイ科の魚は種類が多いので分かりません。

    DSCN2048.jpg
    ウニが沢山転がっていました。

    DSCN2061.jpg
    クサフグ。
    釣りをするとよく掛かるので身近な魚ですが、テトロドトキシンという強力な神経毒を持っています。
    改めて調べてみたら自分が思っていたよりもデンジャラスな魚でした。
    テトロドトキシンはシアン化ナトリウムの約1250倍、トリカブトの約60倍に相当するそうです。
    人間のテトロドトキシンの致死量はたったの0.5~2mgだそうなので、微量でも経口摂取したらアウトですね。

    他にもデンジャラスなやつが現れました。

    DSCN2062.jpg
    クラゲ。

    DSCN2063.jpg
    なんか増えてきたし。

    DSCN2064.jpg
    こりゃヤバイ!

    DSCN2070.jpg
    岸の方へ退避。

    DSCN2074.jpg
    面白そうな崖があったので登ってみました。

    umi35.jpg
    そしてダイブ。

    登っては飛び込んでのエンドレス。
    誰もいない海でこんな事をしていたら夕方になってた。


    とまあ、半年前に撮った写真を眺めながらブログを書いていたら、また海に行きたくなりました。
    しかし夏はまだまだ遠いですね。

    今回は泳ぐのよりも崖から飛び込む方のがスリリングで楽しかったです。
    一番高い所はマンションの5階くらいの高さがあったのですが、恐くて飛び込めませんでした。
    いやもうね、飛び込もうとしても身体が危険を感じて一歩踏み出せなくなるんですよね。
    恋人を先に身投げさせて結局一人だけ帰ってきちゃった太宰治の気持ちが良く分かりました。

    自分も「人間失格」なので仕方がありません。


    ダブル台風が接近という事で、太平洋側の海はかなり荒れているそうです。
    これはもう泳ぎに行くしかありませんね。

    という事で、三浦半島の磯で泳いできました。

    DSCN2089.jpg
    シケていますね!
    これは胸が高鳴ります!

    DSCN2095.jpg

    DSCN2098.jpg
    この磯は元々泳ぐような場所ではないので人は多くはありませんが、流石に今回は一人も泳いでいませんでした。

    DSCN2097.jpg
    海岸沿いを10分程歩いていつも自分が泳いでいる場所に着いたら崖が崩れていました。
    崩れた土が雨で流れていないし、まだ崖から雑草も生えていないので最近崩れたと考えられます。
    いつもここに荷物を置いて休憩していました。
    海も危険、陸も危険のサンドウィッチ。

    それにしても海は荒れまくっています。

    DSCN2128.jpg

    DSCN2135.jpg
    この波であの岩場に叩き付けられたら死ぬかもしれない。
    あそこには近づかないようにしよう。

    DSCN2132.jpg

    DSCN2165.jpg
    デンジャラスですね!


    早速シュノーケルの準備をして潜ります。

    umi001.jpg
    「ワ~イ、ワ~イ、海だー!楽しいな~!」

    umi002.jpg
    管理人後ろーー!!
    おい!後ろー!!
    すげぇーデカイ波が来てるって!!

    umi003.jpg
    「・・・・・・・・・・・・・・・。」

    umi003.jpg
    「・・・・・・・・・・・・・・・。」


    20154168498878715.jpg

    いやもうね、一番初めに潜った場所というのが打ち寄せた波が沖に戻る時に集まる場所だったようで、尋常じゃない速さで沖に流されました。
    本当死ぬかと思った。
    久しぶりに出ましたよ、火事場の馬鹿力。
    とにかく無我夢中で岸まで泳ぎました。
    中学二年の時に近所のダイエーで不良にカツアゲされそうになって、全力疾走で逃げた時くらいリミッターが解除されたと思います。

    磯は砂浜と違って流れが複雑なので、下手すると一瞬で飲み込まれてしまいます。
    今夏はシュノーケリングで22人が亡くなっているそうです。

    少し開けた場所に移動して潜り直し。
    水中の様子。

    DSCN2147.jpg

    DSCN2149.jpg
    ここまで荒れていると魚は殆んどいませんね。
    濁っているので視界も悪いです。

    しばらく泳いで、ようやく一匹発見しました。

    DSCN2156.jpg
    ベラ。
    シャッターチャンスを逃しました。

    そして、

    DSCN2158.jpg
    ロクセンスズメダイ。


    次は少し沖に出てみます。

    DSCN2110.jpg
    さあ、波が来ましたよ!

    DSCN2117.jpg

    DSCN2118.jpg
    高い波は壁みたいに押し寄せてくるので何ともスリリングですね。
    ただ油断して岸の方へ押し流されると、岩に打ち付けられて泣きたくなるくらい痛いです。
    擦り傷とアザだらけになりました。

    umi013.jpg
    画像では伝わりませんが、この時点で結構高さがあります。
    持ち上がる波に合わせて体も上手く浮かせられれば飲み込まれずにやり過ごせます。
    (深く潜って回避する方法もあります)

    umi014.jpg
    「ブゴフォ!!!」
    だけど絶対成功するとは限りません。

    umi015.jpg
    こうなると波にもまれて、

    umi016.jpg
    シュノーケルの中に水が入ってくる。

    umi017.jpg
    そして直ぐにまた次の波が来る、のエンドレス。


    この後、陸に上がって休憩をしていたら風も強くなってきたので引き上げる事にしました。
    数分おきにデカイ波が来ているので、沖に引きずり込まれたり岩に叩き付けられる恐れがあります。

    DSCN2177.jpg
    この波で岩場に叩き付けられたら死亡。


    今回はデンジャラスな海を十分体験する事が出来ました。
    海保やレスキューの方々は、こんな大シケの海でも捜索救難をされているので敬意の念を抱きます。
    練度の高さというのは想像すら出来ません。
    自分も海でも山でも救助される立場にならないよう、これからも鍛練していこうと思いました。


    DSCN2174.jpg

    いつも行きはズボンの下に水着を穿いていっているのですが、今年も帰りのパンツを持ってくるのを忘れてしまいました。
    バカじゃないのお前!
    ホント何も成長しないよな!
    体よりも頭を鍛練しろよ!!

    今年も少し涼しくなった下半身と共に夏が終わっていきます。


    神奈川県の三浦半島の磯で泳いできました。

    人が全然いない穴場の磯です。
    というか、ただの磯なので泳ぐような場所ではないのかもしれません。
    防水カメラ片手にネットで5000円で買ったシュノーケルと足ヒレで縦横無尽に泳ぎ回りますよ!

    なんでこんな誰もいない磯で泳ぐかって?
    そんなの一人でシーズン中の人の多い海になんて行けないからに決まっているでしょう!!

    どうせ、リア充のグループとかカップルしかいないんでしょ!
    そんな所に自分のような幸の薄い顔をした愚鈍がカメラ片手に一人で泳ぎに行ったら、間違いなく不審者ですよ!!
    そしたら顔黒のブスな女がカメラで撮られたとか言ってワールドカップのフーリガンみたいにバスや商店に火を放つような勢いで騒ぎ出して、ちょい悪の彼氏に「てめぇ、オレの女に手ぇ出すんじゃねぇよ!」とか言いがかりをつけられて殴られて、ブスな女が「キャ~、ひろゆきチョーカッコイイ!!」とか言い出して、ちょい悪の彼氏も「お前は俺が一生守ってやるぜ!」みたいな痛いこと言いだすんでしょ!

    なので、自分のようなお一人様には、誰もいないこの磯がお似合いなのです。
    昨年も泳ぎに行ったのですが、その時はクラゲに3か所刺されて終わりました。


    昼前に磯へ到着。
    泳ぐ場所まで少し歩きます。

    DSCN0161.jpg
    海岸に出て

    DSCN0162.jpg
    切り立った崖の下を歩き

    DSCN0165.jpg
    トンネルをくぐり

    DSCN0164.jpg
    景色を眺めながら進んで

    DSCN0168.jpg
    そして到着

    DSCN0167.jpg
    崖に潮風が当たって上昇気流が出来ているので、鷹が飛んでいます

    早速準備して泳ぎますよー!

    DSCN0169.jpg
    水深1m~3m程の付近を撮影してみます

    DSCN0170.jpg
    ・・・。

    DSCN0171.jpg
    ・・・、すんごい濁ってるんですけど

    しかも魚が全然いないし。
    昨年大量にいたクサフグすらいませんよ。
    ブログの画的に地味になってしまいます。

    泳ぎ回ってやっと1匹発見!

    DSCN0174.jpg
    ベラ

    何枚か撮って分かったのですが、水中で写真を撮るの凄い難しいんですよね。
    波で揺られて常に体が動くし、魚も泳ぎ回っていて近付くと逃げられるし。

    DSCN0175.jpg

    DSCN0177.jpg
    中央に写っている魚はタカノハダイ
    左の黄色と黒のしましまはカゴカキダイ

    DSCN0179.jpg
    泳いでいる時はあまり感じなかったのですが、撮影してみると水深のある場所は水が濁って緑色に写ります

    DSCN0180.jpg

    DSCN0181.jpg

    DSCN0182.jpg

    DSCN0183.jpg

    DSCN0184.jpg
    ベラ

    DSCN0186.jpg

    DSCN0187.jpg
    ウニ

    DSCN0190.jpg
    水深3m、底にスズメダイの群れが泳いでいます

    DSCN0195.jpg
    ロクセンスズメダイかオヤビッチャ

    DSCN0196.jpg
    スズメダイ

    DSCN0210.jpg
    イシダイ

    次は切り立った崖の方へ行ってみます。

    DSCN0217.jpg

    DSCN0220.jpg
    こっちは波が強くてスリリングです

    DSCN0223.jpg
    !!!?

    「ぐファvgdbっウゲぇcvんmgwっギぇrgmbf」

    波にもまれて岩に体を打ちました。

    DSCN0225.jpg
    岸壁は水中で垂直になっていました

    水深は3m~5m程、火曜サスペンスみたいに上から落ちたら助かりませんね。

    DSCN0230.jpg
    波が高くなって濁りも強くなってきました

    この辺りで左足をつりましてね。
    それに焦ったらシュノーケルの中に水が入ってきて窒息しそうになりました。
    足も届かないし岸まで100mくらいあるし、水死体になってうち上げられるところでした。

    DSCN0237.jpg

    DSCN0251.jpg
    ボラの群れ

    DSCN0248.jpg
    キュウセン

    そろそろ陸の方へ戻ります。

    DSCN0257.jpg

    DSCN0259.jpg
    上陸

    DSCN0267.jpg

    もっとカラフルな魚が沢山泳いでいて、ブログの画的に華やかになる予定だったんですけどね。
    撮った写真のフォルダを見てみたら、ワカメばかり写っていて魚の写真が全然ありませんでした。
    ワカメを撮りにこんな遠くの磯まで来たわけじゃないのですが!

    あらかじめ水着を穿いてから行ったのですが、帰りのパンツを持って行くのを忘れてしまいました。
    バカ!!カス!!愚鈍!!最低最下のクズ人間!!
    こんなだからロクに友達もできないんだよ!!

    少し涼しくなった下半身とともに、熱かった夏が終わりました。


    DSCN0268.jpg

    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します