今回はナマズ釣りです。

DSCN1716.jpg
深夜の多摩川。
最近は雨が降っていなかったので水位は低くなっています。
しかも、久しぶりに行った好ポイントは地形が変わって消滅していました。

手始めに水深が40~50cm程度の浅瀬が広がるポイントを狙ってみましたが反応なし。
深夜の河川敷をひたすら歩きながら、ナマズの潜んでいそうな場所を探るように釣ってみます。

DSCN1715.jpg
で、この小さな入り江になっているポイントでようやく一匹ヒット。

DSCN1708.jpg
65㎝

DSCN1711.jpg
水面直下をクランクベイトで。

この一匹を釣るのに3kmくらい歩きました。
ナマズ釣りはいつも釣っている時間より歩いてる時間のが長い。
自分はこういう探索するような釣りが好きですが。

次は水路の流れ込みへ向かいます。
このポイントは数投したら簡単に釣れました。
しかも凄い太いのが釣れた。

DSCN1717.jpg
70㎝の良型。
この時期はエサの小魚が豊富なので魚体がガッシリしています。

DSCN1719.jpg
リールを飲み込めるくらいの太さですね。

DSCN17263.jpg
管理人さん大勝利。
帰ってからパソコンで写真を見たら凄いドヤ顔になっていたのでブン殴ってやりたくなりました。

そして、この後も続けてヒットです。

DSCN1727.jpg
水路のブロックの間に潜んでいました。

DSCN1728.jpg
これは60cm未満なので測定せずにリリースしました。

この水路は好調ですね。
流れ込みに稚鮎などの小魚が溜まっているので、それを捕食しにナマズが集まってきているようです。
さらに続けてヒットしました。
しかも、この手応えはデカイ!

DSCN1730.jpg
タマゾンの大ナマズが姿を現しました。
岸際まで寄せるのに悪戦苦闘。

DSCN1731.jpg
超巨大ナマズかと思いましたが74cmでした。
しかし70cmクラスでも十分嬉しいサイズです。

DSCN17341.jpg
今回は最初にこの場所に来ていれば良かったですね。
ただ、ここで釣れなくて他で沢山釣れるパターンも経験しているので、正解がないのがナマズ釣りだと思います。
さらにこれから梅雨になって増水すれば、また地形が変わってナマズの着くポイントが変わるでしょうね。

どうであれ、今回は魚を釣ったという実感が得られる釣行になりました。

で、この後も夢中になって釣っていたら、

DSCN1736.jpg
朝になってた。



*** 使用タックル ***

ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb

ヒットルアー
・ラッキークラフト クラッチSR
・エコギアBTS ジグヘッド2g
・グラスミノーL ジグヘッド2g

DSCN1738.jpg

DSCN1349.jpg

DSCN9670.jpg


久しぶりの釣り記事です。
今回は多摩川でナマズを狙います。

暖かくなってきたので、そろそろナマズが活発に動き出す時期。
動き出すと言っても、ナマズは泳ぎ回らずに待ち伏せしてエサを捕食するのでポイント探しが重要になってきます。
で、このナマズが居着くポイントというのは、まあ秘密ですが自分の経験で得た法則があって、それに合う状況のポイントを見つければ9割以上の確率で釣る事が出来ます。
しかしこのポイントは固定されておらず、例えば先月まであった浅瀬が流されてなくなっていたり、本流だった場所に中州が現れたりと、河川の状況は常に変化しているのでそれによって変わってきます。
なので、今回は地形の把握とナマズの様子を観察するためにナイトビジョンを使用して釣りをします。


23:00 釣り開始

最初のポイントはここ。

DSCN1246.jpg
先月バイクで走った浅瀬。

この浅瀬は釣果を期待していませんが、少し気になったので行ってみました。
昨年末くらいから始まった河川工事の影響で現れた未知数のポイントです。
ナマズは夜になるとエサを求めて浅瀬に上がってくるので、こういった場所に居着いている事も多いです。
しかし、人工的に造られたので魚が違和感を感じるのか、ナマズやエサになる小魚も何もいませんでした。

ポイントを移動します。
上流方向へ歩きながら川の中を覗いて水中を観察していきます。
今日は気温と水温が比較的高いのですが、エサになる小魚もあまり居ませんね。

2時間程探索して辿り着いたのがこの辺り。
川幅が広いと流れが緩やかになるので、岸際にエサとなる小魚などが溜まっている場合が多いです。

DSCN1347.jpg

DSCN1326.jpg

そしてようやくナマズ発見!
予想通り一番期待していたポイントに居ました。

DSCN1344.jpg
ブロックの間に身を隠してエサを待ち伏せています。

DSCN13441.jpg
この部分。

警戒されぬよう静かにルアーをキャストしてナマズのところへ泳がせます。
あと、ナマズは目が悪いと言われていますが、実は結構目が良くて竿の操作で体を動かすと気付かれて逃げられたりします。
こういうナマズの反応というのはナイトビジョンでないと分かりませんね。

まあ狙い通りヒットしたんですけど、足元まで寄せたところで逃げらました。
しかも、このブロックの間では他にも4匹発見してそのうち3匹がヒットしたのですが全て逃げられました。
今年からフックを違うものに変えたのが原因と思われます。
釣りに限らずいつも重要な局面で失敗をする。

DSCN1346.jpg
ナマズは夜になると、こんな水深10cmにも満たない浅瀬まで上がってきます。

DSCN1338.jpg
ヌカエビが溜まっていたのでこれを捕食しに来たのでしょう。

ナマズが居る事とルアーに対しての反応が良い事が分かったので釣果には繋がりそうです。
ポイントを移動します。

DSCN1341.jpg

DSCN1330.jpg
次は入り江になっているポイント。

ここのナマズもルアーに一発で喰い付いてきました。
やはり活性は高いですね。
今度は逃げられないように素早く引きずり上げます。

DSCN1310.jpg
60cmちょい、この辺りでは標準サイズです。

DSCN1308.jpg
コイツどう見ても釣りをする格好じゃない。

DSCN1317.jpg
リリース。

この後も少し探索してみましたが釣果に繋がらなかったので納竿としました。
3時間半で1匹の結果でしたが、新たなポイントも発見出来たので有意義な釣行になりました。

それにしても、ヒットの後で3匹も逃げられたのは悔しい。
ちなみに日常では人に逃げられています。
会話をしても、いつも死んだ魚のような目をして逃げていきますね。
ジョークがヒットしないので仕方がありません。


*** 使用タックル ***

ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb
ヒットルアー:エコギアBTS ジグヘッド2g

DSCN1349.jpg


俺氏大勝利wwwwwwwwwwww


ポイントは多摩川。
今回はナイトビジョン(暗視ゴーグル)を使用した真夜中のサイトフィッシングです。

まずは多摩川に流れ込む水路を狙います。
ナイトビジョンで覗き込んでみると早速発見。

DSCN9644.jpg
竿を立ててグラスミノーが引き波を出しながら水面を滑るように泳がせます。
すると1発でヒット!

DSCN9632.jpg
61cm

DSCN9636.jpg
リリース

この水路は比較的クリアな水質で安定しています。

そして直後に同じパターンでもう1匹追加。

DSCN9640.jpg
体が真っ直ぐになっていませんがギリギリ70㎝といったところ

DSCN9641.jpg


次は上流の浅瀬へ移動。

DSCN9656.jpg

DSCN9661.jpg
発見!
流れの緩やかな岸際に居ました。

このポイントでも同じ手法。
引き波でアピールしながら泳がせ、ナマズの目前でラインテンションを僅かに緩めて沈ませます。
すると簡単にヒットします!

DSCN9657.jpg
68㎝

続いてまたヒット!
これは引きが強くドラグをグイグイ出す良型です!

DSCN9659.jpg
71㎝


次はブロック帯に移動。

ここでも発見。

DSCN9666.jpg
ブロックの隙間に挟まるように隠れています。

このナマズは、ジッターバグを泳がせるもショートバイトでキャッチならず。
やはりジッターバグはサイズ的になかなか口の奥に掛からない。
浮力が強いのも影響していると思います。


再び浅瀬のポイントへ戻ります。

立ち位置からかなり離れた所で捕食の波紋が出たので遠投してみる。
距離があるので目視でのナマズの確認は不可。
その1投目、狙っていた位置とは違う所で喰いついてきました。
これは予想外。

DSCN9668.jpg
66㎝


今回の釣果は5匹で猛打賞になりました。


*** 使用タックル ***

ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb

・エコギア グラスミノーL ジグヘッド2g 5キャッチ
・ジッターバグ 3/8oz 2ショートバイト

DSCN9670.jpg

多摩川でナイトビジョンを使用した深夜のドキドキサイトフィッシングです。

気温は7℃、水路を探索すると早速ナマズ発見!

DSCN9546.jpg
サイズは60~70cm位。
BTSのジグヘッドに喰いつかせるもショートバイトでバラシ。

そして、次に狙いを定めたナマズに珍事が起こる。

足元に居たナマズにソフトルアーを垂らして誘っていたら、別のナマズが勢いよく現れてパクリと横取り!
慌てて合わせてしまったので、ルアーがすっぽ抜けてノーバイト。
元々狙っていたナマズにも驚いて逃げられるという結果。
意外と活発に泳ぎ回っているようです。

水路にソフトルアーを垂らして待ち構えていれば泳いできたナマズが釣れるのではと思いましたが、深夜の水路脇でジッと座っているのは虚しくなるのでやめました。


この後も探索しながらの釣りでようやく1匹釣り上げる。

DSCN9548.jpg
64㎝

DSCN9550.jpg


気温が低いためか、なかなか釣果が伸びず2匹目は帰り際のヒット。

DSCN9551.jpg
65㎝
同じくらいのサイズ。

DSCN9553.jpg
リリース
今日の多摩川は澄んでいます。


今回はナマズの生態(釣りの対象としての)に関して新たな発見がありました。

一般的にナマズ釣りでは、その生態から音や波で誘うのが常識となっています。
ナマズは視力が非常に悪いので、エサとなる魚の出す音や波を感じ取り捕食するためです。

しかし、ナイトビションでサイトフィッシングをすると、これが正しいのか疑問になってきます。
ジッターバグやポッパーを泳がせても全く反応せず、音と波で警戒して逃げられる場合が殆んどでした。

ソフトルアーをナマズの捕食エリアに泳がした方が圧倒的に喰いつく確率が高い結果になっています。
(底を引きずったりさせていないので音は出ていない)
ナマズの方から近寄ってくる場合もあるので、ベイトの出す音や波に対してナマズだから他の魚より特別敏感というわけでもなさそうです。

そうなると、視力が悪いというのも怪しくなってきます。
そもそも夜行性のフィッシュイーターの視力が悪いというのは少し矛盾しています。

真っ暗な水の中を覗き込むと見えなかった事が見えてくるので面白いですね。


*** 使用タックル ***

ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb

・エコギアBTS ダーティングジグヘッド7g

DSCN9554.jpg
ここ3回の釣行で大量に釣り上げてくれました。
ボロボロになっても釣れるのだから大したものです。

前回と同じポイントでナマズ釣りです。

気温は10℃と低めなので、活性も低いだろうと予想していましたが居る所には居るものです。

トップを使用して捕食の「ボシュッ!!」音を聞きたいのですが、前回ジッターバグが全く無反応だったのでエコギアBTSのノーシンカーを試してみます。

開始20分でヒット!
しかし、捕食音は聞こえず。

DSCN9522.jpg
56cm
引きが弱く簡単にキャッチ出来たので小ぶりかと思いきや56cmありました。
前回、サイズ的に大物ばかりだったので感覚が鈍っています。
なんとも贅沢な事です。
いつものポイントであれば50cmクラスが出れば万々歳ですよ。

続いてポッパーを試すも、やはりハードルアーは反応なし。

BTSのジグヘッドで探ってみると、重量級がヒット!
また出た!
70cmオーバー!

DSCN9523.jpg
75cm

DSCN9524.jpg
前回の73cmより太さと重量では負けています。

DSCN9529.jpg
ピンボケしているという痛恨のミス。


自分はいつも最後に失敗をする。


*** 使用タックル ***

ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb

・エコギアBTS ダーティングジグヘッド7g
・エコギアBTS ノーシンカー
・メガバス POP-X

DSCN9514.jpg

当ブログ内容の無断転載を固く禁止します