「おかし」の約束ってあるじゃないですか。

押さない、駆けない、喋らないのやつ。
この前、防災の日だったからニュースでも避難訓練の映像とかやっていたんですけど、今って「おかし」の約束じゃなくて「おはし」の約束になっているみたいですね。
確かに「駆けない」よりも「走らない」の方が小さい子供には馴染みやすい気がします。

で、そんな避難訓練なんですけど、海外の学校には特殊な避難訓練がありましてね。
パキスタンの日本人学校では治安の問題もあるので、武装したテロリスに襲撃されたのを想定した避難訓練があるそうです。
近年は欧米人だけではなく日本人もテロの標的にされているので、こういった避難訓練はとても重要だと思います。

国内も絶対に安全とは言い切れません。
そこで調べてみたら、東京都には学校危機管理マニュアルというものがあって、そこには防災や防犯だけではなくテロの項目も盛り込まれていました。
これは少し意外です。

しかし、テロに対しての非難訓練や指導をしている学校なんてあるのでしょうか。
教師が刺又を持って変質者の対処をしているのは見た事がありますが。
混沌とした世界情勢なので、少しくらいはテロに対して意識を持っても良いのではないかと思いました。

テロの避難訓練の「おかし」の約束は、オサマ、カダフィー、ジョンイルで決まりです。

みんな死んじゃったけど。

こういう人たちをブログのネタにするとまたコメントで怒られる。

自分は怒られても直ぐ逃げられるよう、避難訓練ではなく非難訓練をしておこうと思いました。


SPEEDの今井絵理子さんがスピード当確。

とかいう上手い事を選挙速報を見ながら思い付いたのですが、ツイッターの視聴者メッセージに同じ事が書いてありました。
考える事は皆同じですね。

まあしかし、Go! Go! Heavenを歌っていた時に今井絵理子さんが政界に進出するとは誰が予想出来ただろうか。

そう考えると、AKB48の中から将来選挙に立候補する人が出てきてもおかしくはないという事になりますね。
それこそ総選挙ですよ。
AKB48は「会いに行けるアイドル」なんてキャッチフレーズが付けられていますが、「会いに行ける政治家」になりますね。
ペンライトを振ってブヒブヒ言っている人たちから猛烈な支持を受けるのでしょう。

投票すると握手券が貰えるのでヲタ殺到、スピード当確。
って公職選挙法違反じゃねぇーか!

こんな事やったらスピード逮捕だよ!

もうこれじゃ「会いに行けなくなっちゃった政治家」じゃねぇーか!


北海道の山で小学生が置き去りにされた事件、もうね、あの少年は立派なサバイバーですよ。

今回の事件は遭難とは少し違う面もありますが、警察庁の統計だと2014年の遭難は全国で2293件、遭難者は2794人、うち311人が死亡あるいは行方不明になっています。
(2015年の統計は現時点で未発表)
交通事故での全国の死者数が毎年4000~5000人なので、これと比較すると遭難の死者数って多い印象を受けますね。
やはり自然は厳しいです。

今回の北海道の事件では自衛隊の廠舎に水道とマットレスがあった事が幸運でしたが、小学二年生がこの幸運を見逃さず、発見されるまで冷静に留まったのは賢明な判断だったと思います。

遭難した場合、移動せずその場に留まって救助を待つというのも生還するための重要な手段なんですよね。(自己完結出来ていない時点で失格ではありますが)
登山ではわりと常識です。
無暗に動けば体力を消耗するし、軽装なら怪我や滑落のリスクも増えてしまいます。

置き去りにされた小学生も、十分な水を確保出来る場所を見つけたら移動せずその場に留まった。
そして、10℃を下回る夜間はマットレスに挟まって体温を保つ。
発見時の写真を見たらTシャツ姿だったので、マットレスで体温低下を防げたのも生存に繋がったと思います。

他にも、知恵を絞って使えるものは何でも使っていたのでしょう。
生き残りの鉄則ですね。


まあしかし、無事に発見されて良かったんですけど、各機関が一週間血眼で捜索しても手掛かり一つ発見出来なかった上に、始めは親も警察に嘘をついていたので自分は単なる置き去り事件ではなく殺人事件なのではないかと疑っていました。
教育評論家の尾木直樹さんも殺人事件を疑った書き込みをしてブログが炎上していますが、実際両親に疑いを持った人間は多いのではないでしょうか。

それなのに小学生が発見された途端、手の平返しで尾木直樹さんを攻撃しだすのってもうただのクレーマーじゃねぇーかよと思います。
意見や自論があるのなら、人のブログに書き込むよりも自身でブログやSNSを立ち上げてそこで納得のいくまで主張した方が説得力があるのではないでしょうか。

と、最後にネットのクズ共を批判する書き込みをしてこのブログも炎上しやしないか、マットレスに挟まりながらビクビクしています。


連日のノーベル賞受賞ですよ。
これはとても偉大な快挙ですね!

20156846849486.jpg
大村智 北里大学栄誉教授

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村氏は微生物の研究で抗寄生虫薬の開発につながる発見をし、その薬がアフリカなどの寄生虫病に苦しむ10億人に無償提供されたそうです。
世界中で数多くの命を救ったのだと思います。
寄生虫は想像以上に恐ろしいですし、人に簡単に寄生しますからね。
自分は山に行った時に魚を捕ったりして食糧を現地調達する事がありますが、絶対に生では食べません。
寄生虫は水からも寄生するので、清流でも水源から少しでも離れていたら極力飲まないようにしています。
ディスカバリーチャンネルなどのサバイバルを扱った番組では動植物をそのまま食べたり水を砂利でろ過して飲んだりしていますが、これらは事前に予防接種を受けているから出来る行為です。


続いて、この方。

20159846496832.jpg
梶田隆章 東京大宇宙線研究所長

ノーベル物理学賞の梶田氏は、素粒子のニュートリノが質量を持っている事を証明しました。
素粒子物理学、量子力学の分野に大きく貢献ですね。
これって何年か前に、CERN(欧州原子核研究機構)でも論争を呼んでいましたが、そのCERNの学者達でも証明出来なかった事を梶田氏が証明したと考えれば、ブスからはミノブスキー粒子という負の粒子が放出されているという仮説を提唱している低俗な自分でも、どれくらい偉大な功績なのかは理解が出来ます。


いやもう、日本人が連日ノーベル賞を受賞するなんて素晴らしいですね。

20155498464986.jpg
安倍首相も祝電。

考えてみれば昨年も3人受賞しているんですよ。
ノーベル賞という偉業の裏には、自分みたいな常人では想像もつかない努力があるのでしょうね。



そして、もう一人がこれ。


20156464198464986.jpg
だーすけ氏

ネットの生配信でオイルマッチをいじっていたら火事になっちゃったやつ。

20153469466496.jpg
火が着いているのに紙くずの詰まった袋の中に捨てて、

20159684684963466.jpg
後ろで燃えているのに気付かない。

201567685498616.jpg
そして、燃えている袋をベッドの横に持って行って段ボールや布団で消そうとする。
それ火に油だろ!

201564684966348.jpg
案の定、収拾がつかなくなって大炎上!
You Tubeのコメントも大炎上!

201564649484515.jpg
長男(40)って。


ノーベル賞もののバカじゃねぇーか!


感性というのは人それぞれなので、視覚から得た情報の捉え方というのは十人十色だと思うんです。
青空に漂う雲を見上げた時、それを単純に雲だと思う人もいれば、水蒸気の集まりだと思う人もいる。
感性が豊かな人は、動物の形に準えたりもする。
これは感性が違う事の表れではないでしょうか。

なので、一方の人間が「あの雲はウサギに似ている。」と思っても、もう一方の人間も同じように思うとは限らない。
感性が異なれば、似ている似ていないと意見も異なるのです。

例えば松沼兄弟。

2015464987966.jpg
ちょびヒゲでアンダースローの方が松沼兄ですね。
投球フォームからしても、この二人は全然似ていないと自分は思います。
しかし、これも人によっては意見が異なるのではないでしょうか。


そういえば以前、職場の休憩時間にブス達のこんな会話が聞こえてきた事がありました。

小河原さん「んもぉ~、チョ~最悪ぅ~!自分で前髪切ったらパッツンになって綾瀬はるかみたいになったんですけどー。」

はあーーーーーーーッ!!!?
お前、何言ってんの!!
小河原さんというのは度々このブログに登場しているんですけど、自分の人生の中で間違いなく金メダルのブスなんですよ。
で、この小河原さんはどうやら多少はブスだと自覚しているらしいのですが、それでも平均よりはカワイイ方だと思っているようで、自分と綾瀬はるかさんが同じカテゴリーに分類されると思っているんです。

いやいや、前髪も面も綾瀬はるかさんとは全然違いますから!!
これだけは断言しておきますけど、もう十分過ぎるくらいブスですから!
お釣りが来るくらいのブスですよ!


201556897464981213.jpg
どう好意的に捉えても綾瀬はるかさんとの共通点を見つける事が出来ないんです。


2015645487846.jpg
前髪も面も、どこからどう見てもこれにしか見えないんです。
もう平和的で温厚な管理人さんも官房長官みたいに遺憾の意を表明したくなりましたね。

まあ小河原さんは危険ドラッグのやり過ぎで自分の顔が綾瀬はるかさんに似ていると錯覚しているのだと思うのですが、すると一緒に話しをしていた先輩の赤松さん(ブス)が相槌を打つんです。

赤松さん「あーそれホント分かるぅ~。私も前髪失敗してブサ顔になった事あるしー。」

おいおいおいおいおい!!?
あんたも何言ってんの!?
なった事って何だよ、なった事って!!
何、私は今ではカワイイけど昔はブスだったのよ、みたいに過去形で語ってんの!?
言っておくけど現在進行形でブスだから!!
ブスingだから、もうブシングだから!!
リピートアフタミー!ブシング!!


とまあ、結局のところ感性というのは人それぞれだと思うんです。
似ていると思う人もいれば似ていないと思う人もいる、ブスだと思う人もいればブスではないと思う人もいる。
そう考えると、小河原さんの言っていた「んもぉ~、チョ~最悪ぅ~!自分で前髪切ったらパッツンになって綾瀬はるかみたいになったんですけどー。」というのも少し理解が出来る気がします。

で、何でこんな事を書いているのかと言うと、昨日もロクに仕事をせずPCに入っているペイントで遊んでいまして。
そしたら芸術と言うんですか、急に良いアイデアが思い浮かんだので、それを基にこのブログのタイトルロゴを新しく作ってみたんです。
いやもうね、今回のロゴはかなりの力作ですよ。


一人のブロガーとして、タイトルロゴを制作するチャンスを得た事は大変光栄に思いました。
大いなる情熱を持ってこのチャンスに挑み、ブラッシュアップを何度も繰り返して世界に類の無いロゴが出来たと、自分自身確信しました。
力を出し切って真にオリジナルなものが出来たからこそ、自信を持って世の中に送り出せるようなものになったんだと思います。

このブログのタイトルである、「あした考える」の頭文字「あ」をデザインしてみました。



olympictitleparody.jpg


って、おもいっきり被ってるじゃねぇーか!!

「んもぉ~、チョ~最悪ぅ~!自分でデザインしたら佐野研二郎みたいになったんですけどー。」

当ブログ内容の無断転載を固く禁止します