関東では多摩川、荒川をはじめ、多くの河川でアリゲーター・ガーが目撃されています。
    しかし、ネットで得られる目撃情報は、写真が掲載されていないものが殆どで信頼性に欠けます。
    自分も多摩川でガーを探し続けていますが、今までガー”らしい”魚影は何匹か発見したものの、その中で確実に確認することが出来たのは3回のみでした。
    映像や画像があり信頼のできる情報となると、かなり少なくなります。



    捕獲情報

    ・1997年~ 茨城県霞ヶ浦 茨城内水試研報 ショートノーズ、スポッテッド等、ガー科多数

    ・2008年8月 東京都大田区 呑川 ※川崎漁協 テレビ朝日、素敵な宇宙船地球号

     ※大田区のエリアで川崎市の漁協が捕獲したのは、お魚ポストを運用しているため

    ・2008年11月 多摩川下流 シーバスアングラー 読売新聞掲載

    ・2010年7月 東京都大田区 呑川 釣り愛好グループ(ギャング釣り)



    目撃情報 写真あり

    ・1998年7月 東京都大田区 呑川 地元住民 

    ・2010年6月 東京都大田区 呑川 呑川の会

    ・2010年7月 多摩川中流 府中市付近 エサ釣り師



    調べてみると、呑川での捕獲と目撃が多いので実際に様子を見に行ってきました。

    石川台から蒲田まで、約5kmの探索。


    中原街道より上流、水位は30cmもない


    中原街道から第二京浜の間は整備されて綺麗になっています




    第二京浜より下流


    テレビで捕獲していた場所




    カメとカモしかいませんでした


    実際に歩いてみると、呑川で目撃情報が多い理由は、ガーが発見され易い環境だからと思いました。
    川幅が狭く干潮時は底まで見える、橋が多く掛かっていて見渡しやすい、通行人が多い。
    なので、特別ガーが多く集まってくるわけではなさそうです。

    一方、多摩川では呑川と環境が違うので、目撃情報は少なくなります。
    多摩川に行った際、エサ師の方が居ればガーの情報を持っていないか聞いているわけですが、全てが「~らしい」という曖昧な情報でした。

    そんな中、先日コイ釣り師から有力な情報をゲット。
    ある釣りエサ屋に、釣り上げられたアリゲーター・ガーの写真が飾ってあるという。
    早速行ってみると、おばあさんが一人で番をしてる昔ながらのお店。


    ハードボイルド!!

    写真の状態は悪く、おそらく10年位は経過していると思います。
    残念ながらエサや仕掛けは分かりませんでしたが、ポイントは背景からすぐに分かりました。
    自分が目撃して狙っているポイントから、数百m程しか離れていない場所。
    やはり、この付近で狙うのが最善か!


    4月22日 22:30~24:30 

    某河川でナマズ狙い。
    釣行時の気温は10℃程度なので浅場でナマズを狙うには、少々期待できない状況です。
    しかし、ライトで照らしながら探り歩いてみると・・・

    結構いたっ!!

    ナマズが居ることを確認できればキャッチしたも同然!
    岸際をエコギアBTSで狙いながら少しづつ移動。
    すると際から1m程の浅場で、ヒット!!


    57cm 太さの割に胴が短かすぎ





    さらに狙い歩き、ポイントを往復するとヒット!
    スゴイ強烈な引き!
    姿を見せるとデカイ、70cm越え!!
    しかし、手前のブロックにラインを擦られてラインブレイク。
    このポイントPEライン絶対不利。


    そして、4月25日 23:00~25:00

    前回と同じポイント。
    この日も気温が低く、さらに強風で水温は低下しています。
    前回と同様に歩きながら岸際をチマチマ探っていくとヒット!


    59cm 強烈な引き



    今シーズンはナマズ釣り3戦全勝!
    気温の割に数を確認できたので、今年のナマズは豊作か???



    *** 使用ルアー ***

    ・エコギアBTS ダーティングジグヘッド7g
    ・チヌークS 14g



    前回の記事のつづき

    大自然を堪能するために辿り着いた先は、青木ヶ原樹海。
    自然豊かな人のいない穴場で、樹海しか思いつかない自分に虚しくなります。
    ピクニック開始、道は無いので方角を決めて突き進む。


    溶岩流地形なので登山とはまた違った状況


    足場が悪く、まともに進むことが困難


    地面は溶岩と樹木の根なので、油断すると隠れていた穴に足が埋まる

    深い森。


    見渡す限り、木、木、木


    こっちも、木、木、木


    上も、木、木、木

    数時間進むと、樹木の生えていない拓けた場所を発見!


    溶岩石が直径5mほどの円形に並べられています。
    他に木材や鉄材などは見当たらなかったので、何の跡かは不明。

    その後、さらに歩き続け無事に国道まで出ることに成功です。
    車の走行する音が聞こえてきた時の安堵感。
    SAN値も正常なまま戻ることができました。



    帰りは大渋滞で都内に戻るのに3時間半。
    充実ライフを送る練習、失敗。


    暖かくなりレジャーシーズン到来です。

    これからの季節、リア充共が益々充実したライフを過ごす時。
    自分も将来リア充になった時に円滑な充実ライフを送れるよう、今から練習しておく必要があります!
    緑豊かな大自然を味わいピクニック!

    レジャースポットはどこも混雑すると思うので、一人静かに大自然を堪能できる穴場のような場所へ行こう♪

    そうと決まれば早速出発。
    中央道を走り、山道を走り、到着!!


    あれっ、





    ちょっ、



    まっ・・・







    なんか、違くね・・・


    つづく


    お台場爆P~隅田川水門

    夕マズ目からの釣行、まずはお台場から。
    しかし、爆風のため大荒れ。
    DUELリップレスミノーとスプーン10gで、1時間程探り反応なし。
    見切りをつけ、比較的風の弱い隅田川へ移動。

    回遊タイミングを狙い、運河水門にラパラを繰り返しキャストして反応を待つ。
    30分程キャストしていると、対岸でショートバイトの手応えあり!
    そして、同じラインを泳がせてみると、ヒット!


    39cm ブッコ抜き

    さらに同じように数投すると、続けてヒット!


    47cm このクラスでも強い引き 

    ヒットはまだ続く!!
    今度は水門下に放り込むと、またまたヒット!


    45cm 余裕がでたので十分に引きを味わってからキャッチ

    もう一度水門下へキャスト。
    ヒット!明らかにサイズアップの手応え!
    ブッコ抜けないので、足場の低い場所まで持っていき、手でキャッチ。




    52cm 暴れてキャッチするのに苦戦
    次は再び対岸へキャストして際を平行に引いてくると、ヒット!


    41cm 5安打達成!!

    この次のヒットは、あと少しのところまで寄せてフックアウト、40cmクラス。
    これを最後に反応が無くなったので納竿。
    久しぶりに数釣りが出来て打率向上です。

    隅田川水門ではCD7のみ使用で、5キャッチ、1バラシ、2ショートバイト。


    対岸の際を平行に引いてくると水路の角付近で多く反応あり



    *** 使用ルアー ***

    ・ラパラ CD7
    ・DUEL ハードコア リップレスミノー90F
    ・チヌークS 10g


    4月4日 25:40~27:40 某河川

    そろそろ気温水温が上がってきたので、シーバスがベイトとなる稚鮎を求めて堰まで遡上してくる時期です。
    ポイントの状況は先日の雨の影響を受けて、流れと濁りが強い。
    堰付近はマルタがスゴイ数で群れていて、シーバスらしいボイルはなし。


    群れているのは皆このクラス

    周辺の状況を調査するため、下流へ歩きながらソフトルアーでテクトロ。
    マルタ、コイ、魚種不明の小魚が多数。
    シーバスは発見できませんでしたが、暖かくなり生物が盛んに活動し始めています。

    前回の釣行では、フクロウを発見。



    調べてみたらこの付近でフクロウを発見するのはとても貴重で、以前飛来してきた時は小さな騒ぎにもなっていたようです。
    真っ暗闇でたまたま空見たら、木に不自然なシルエットがあって気が付いたんですが。
    そんな河川敷をテクトロしていると・・・

    「!!!?」

    浅瀬にナマズ発見!!
    口元にゆっくりBTSを運んでみると、「ボシュッ!!!」っと音を立てながらヒット!!
    重い、60cmオーバー確実!!
    しかし、岸に引きずり上げる時にフックアウト!

    再びテクトロ、またナマズ発見!!
    同様にBTSを目の前に泳がすと、今度は喰いつかずにエスケープ。

    さらに歩くと、またまた発見。
    忍び足で近寄って、BTSを落とし込んでみると、ヒット!!
    これも重量級、今度は無理に引きずり上げず水面から顔だけ出した状態でキャッチ。


    67cm 太りすぎ、オタマジャクシみたいな体系





    今回は狙う前に逃げられたナマズも含めると6~7匹発見できたので、これからタマゾンのナマズがおもしろくなることは確実。



    *** 使用ルアー ***

    ・エコギアBTS ダーティングジグヘッド7g
    ・エコギアBTS ジグヘッド2g
    ・DUEL ハードコア リップレスミノー90F
    ・DUEL ハードコア リップレスミノー120F



    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します