「近接格闘術」

    軍や警察などで使用されている格闘術の総称です。

    徒手で戦う事を基本とした格闘術で、ナイフや凶器などを持った敵を制圧することを目的とします。
    競技ではないので1対1ではなく、1対3など敵が複数いることも想定するので、急所への攻撃などで効率的なダメージを与える戦技がとられます。
    また、こちらが武器を使う場合もあります。

    近接格闘術は相手を殺傷する事を目的とした制圧術から、拘束する事を目的とした逮捕術まで多種多様に存在し、さらに屋外か屋内かでも戦技が変わってきます。
    組織の活動目的に最適な格闘術が運用されています。



    その数ある近接格闘術の中で、自分が日々習得に励んでいるのが、クラヴマガという格闘術です。
    20世紀前半にイスラエル軍によって考案され各国の軍や警察機関で運用されてきました。



    現在クラヴマガは日本でも普及していますが、民間向けに技術を落とすアレンジがされたものとなっています。
    技術を落とすというのは弱くするのが目的ではなく、個々の能力差と訓練回数が限られている民間人の場合でも正確な戦技を使用出来るようにするためです。



    サバイバルに格闘術は必要か・・・

    日常でも犯罪が多い都心部で大規模災害が発生、治安維持が困難になり生活インフラも崩壊。
    金品目的の傷害事件から始まり、時間が経過すれば物資略奪のため侵入窃盗などが予想されます。
    また、略奪目的でなくても東日本大震災では被害者がストレスから傷害事件を起こしてしまう事例もあります。

    治安が機能しない状況に陥った時、自分の身や家を守るため、格闘術を護身術として活用するのです。
    実際、近接格闘術の戦技は護身術として民間に流用されたり、派生した流派がいくつも誕生したりしています。



    以前、横山雅始さんという方の稽古を見学する機会があり、いろいろとお話を伺ったのですが格闘術にしても護身術にしても日々進化しているそうです。





    横山雅始さんは現場での格闘術を極めている方で、フランス国家憲兵隊やイタリア警察、各国の治安部隊などに指導をされた方です。

    護身術は各国の格闘術から派生したものを、さらに使用する国に合わせてアレンジしているとか。
    例えば、日本では反撃の場合は基本握り拳での打撃になりますが、海外でこの教え方をすると指導員資格を剥奪される場合があるそうです。
    拳が相手の歯に直撃して自分の指を損傷すれば、エイズ感染を引き起こす危険があるので掌底での打撃となります。
    これもお国柄という事でしょうか。



    日常でも非日常でも凶器を持った相手を前にしたら、まず逃げることが最優先ですが、逃げ切れない場合に反撃して少しでも逃げる隙を作る事が重要となります。

    崩壊した世界で生き抜くには色々と大変ですね(*´Д`)=3ハァ・・・


    空の防衛を担う航空自衛隊百里基地に行ってきました。

    F-15Jを運用する第305飛行隊、UH-60Jを運用する航空救難団などが配置されています。
    また、航空自衛隊の施設をテロや破壊工作から守る、基地警備隊とそれを訓練する基地警備教導隊が配置されています。

    P1050016.jpg
    入口

    P1050014.jpg

    P1050013.jpg

    P1050011.jpg
    F-15Jがズラリ!この光景には高揚します!!

    P1040970.jpg
    単座型のF-15J

    P1040969.jpg
    F-4EJ改

    P1040976.jpg
    F-2A

    P1040916.jpg
    P-3Cの操縦席にはクマのぬいぐるみ

    P1040920.jpg
    UH-60J 救難団は墜落した自衛隊機の捜索や隊員の救助が主な任務ですが、民間機の事故や災害時にも活動することがあります

    P1050001.jpg
    CH-47J

    P1040986.jpg
    陸上自衛隊のAH-64D 世界最強の攻撃ヘリ!
    高価なので自衛隊では13機しか保有していません
    展示のためか本来メインローターの上に付いているレーダーが取り外されています

    P1040982.jpg
    こちらも陸上自衛隊機 AH-1S

    P1040918.jpg
    ブルーインパルスも飛来 やはり大人気

    P1040981.jpg
    警備にあたる隊員 昨年は基地警備隊が行っていました

    P1040247.jpg
    昨年の様子 9mm拳銃、防弾チョッキ2型、88式鉄帽
    基地警備隊のカッコ良さに衝撃を受けました

    P1040988.jpg

    P1040990.jpg

    P1040992.jpg

    P1040923.jpg
    PAC-3発射機 
    PAC-3はミサイル発射機車輌、レーダー車輌、アンテナ車輌、情報調整車輌、無線中継車輌、電源車輌、など複数の車輌で1ユニットとなります

    P1040925.jpg
    PAC-3レーダー装置 目標の捜索、追尾、ミサイル誘導を行います

    P1040921.jpg
    PAC-3アンテナ・マスト UHF通信のアンテナです

    P1040948.jpg
    81式短距離地対空誘導弾 通称、短SAM

    P1040933.jpg
    短SAMの射撃統制装置 目標の捜索、追尾、ミサイル誘導を行います

    P1040934.jpg
    三脚の上に付いているのは短SAMの目視照準具
    目標をレーダーで探知出来ない場合などは、この装置を覗いて目視で照準を合わせます

    P1040940.jpg
    20mm対空機関砲 M61バルカン砲に測距レーダーと射弾計算機を連携させ、飛翔体に対し適切なリード射撃を行います
    発射速度は3000発/分

    P1040952.jpg
    軽装甲機動車 一般的にはライトアーマーと呼ばれますが、偵察隊にいる知人の話ではLAV(ラヴ)と呼んでいるそうです。
    タイヤがすり減っているのが気になりました



    この他にも、まだまだ多数の航空機や車輌が展示されていました。
    今年は雨となってしまいましたが、それでも素晴らしい航空祭でした。



    ところで、↓の数字、何だと思いますか???



    平成24年度 567回
    平成23年度 425回
    平成22年度 386回
    平成21年度 299回



    この数字、航空自衛隊の緊急発進(スクランブル)の回数です。

    ここ数年は増加傾向にあり平成24年度は単純に計算して毎日1回、1日おきに2回の緊急発進が行われている事になります。
    領空の外に防空識別圏というものがあり、領空に侵入される前に緊急発進して迎撃態勢を取ります。
    緊急発進の回数=領空侵犯の回数ではありません。

    目標の大半がロシア軍機と中国軍機で、接近理由として自衛隊機の通信やレーダー周波数の解析、暗号の解析、迎撃までの所要時間、艦艇・航空機の位置による戦略の解析などが挙げられます。



    現場隊員は一触即発の状況下で決断し行動します。
    領空侵犯での対処行動はパイロットの判断で行われる事が多いそうですが、仮に武器使用を躊躇した場合は被弾と被撃墜の可能性が高くなります。
    法と規定によりガチガチに縛られた現状では、隊員が自身の命を満足に守れるとは言えないのではないでしょうか?

    今年1月には海上自衛隊の護衛艦と飛行中の艦載ヘリが中国海軍のフリゲートから射撃管制用レーダーを照射される事件が発生し、現場の自衛官が脅威に曝されました。

    陸上自衛隊では現在ソマリアの海賊対策でジブチに設置された基地の警備を担っていますが、今後はさらに海外での活動も増えていくので、必然的にゲリラや民兵との戦闘が発生する可能性が高くなります。

    また、島嶼防衛のため水陸両用部隊の新設がされますが、この部隊は米海兵隊のように最前線で即応的な役割をするわけですから、隊員が自身の命を守れるよう法整備も必要となってきます。

    幸い、現安倍政権では国防に関して理解を示している大臣と政治家が多く、法と部隊行動基準(交戦規定)を緩和する動きがあるので今後に期待しています。

    日本国民の生命を外敵から守っているのは自衛官や海上保安官なのですから、その現場の人間を守れるような法を定められる政治家を支持していく事が、国民一人一人に出来る「国防」なのだと強く思います。



    日々国防に携わる方々を、心の底から尊敬します。


    世間は東京オリンピック決定のニュースや記事で一色ですが、自分はこの事件に注目しています(爆)

    福岡から仙台まで約1400kmを徒歩で帰宅した男の事件です。

    1367000e.jpg

    9月5日19:00過ぎ、8月末から行方不明になり捜索願の出されていた仙台市在住の運送会社社員(25)が自宅に戻り、家族が宮城県警仙台南署に連絡する。

    この男によると、福岡県で5人の暴漢に襲われ財布と携帯電話を奪われた後、靴に隠し持っていた2,000円で食糧と水を購入したり、道の駅で食糧を分けてもらいながら仙台市の自宅まで約1400kmを徒歩で帰ったという。



    事の発端は先月8月25日・・・

    8月25日 男が福岡県で開催されているカードゲームの大会に参加
     17:30 大会終了後、福岡空港に到着するも飛行機に乗り遅れる
     22:00 宿泊するためのインターネットカフェを探していた際、5人の暴漢に襲われ財布と携帯電話を奪われる
    8月27日 捜索願が家族から警察に出される
     夕方 福岡市博多区奈良屋町で男の財布が発見される
    8月28日 福岡市築港本町で男の鞄が発見される。鞄の中身はTシャツ、携帯の充電器、未使用の航空チケット、カード
    9月5日 19:00過ぎ 男が仙台市の自宅に帰宅し事件発覚

    得られる情報をまとめると、この様になります。



    全行程を徒歩移動したか疑わしい部分もありますが、これらが全て真実という前提で話を進めます。

    自分がこの男に敬慕するのは「自力で難局を乗り越え意地でも家に戻っている」という点です。
    まあ、警察に連絡して助けを求めたり、2,000円で家族に連絡するなど手段は他にもあり、今回の行動には大半の人間が否定的だと思いますが。

    ざっくりした計算になりますが、1400kmに要する時間は1kmを10分ペースで歩くと233時間となり、1日21時間歩く事となります。
    疲労を考慮し1km15分で計算したら11日間で帰宅するのは不可能となりました(笑)

    連日30℃を超える猛暑の中、2000円で得られる食糧と水で福岡から仙台まで11日間で歩くというのは、常人ではまず不可能です。
    武井壮さんでも難しいのでは?



    自力で帰宅すると決断し、成し遂げられる心身の強靭さは、究極のサバイバーとも言えます。

    例えば、出先で災害や非常事態が発生したとします。
    警察や消防も活動には限界があり、迅速に助けてくれる訳ではありません。
    そもそも通報するにも、通信網なんて物理的損壊とキャパオーバーですぐに不通となるので連絡すら取れません。
    交通網もダメージを受けている状況で、物資の蓄えのある自宅に戻るには当然自力で行動していく事となるわけで。

    一度、飲まず食わずで極限まで歩いてみて、距離と時間に対して自分の体力精神力でどの程度行動が出来るのか理解しておくのも良いかと改めて思いました。



    東京オリンピック・パラリンピック開催万歳!!!


    今年の夏は人間ドックに行ってきました。

    検査結果は問題無しでしたが、内視鏡検査がこの夏一番の痛い思い出となりました。
    テレビか何かの記憶でうろ覚えですが、内視鏡の太さは鉛筆よりも大分細いと思っていたら実際は機材を見ただけでもう帰りたくなるレベル。
    で、看護師からノズルの付いた霧吹きで口の中に麻酔を噴射してもらい・・・

    看護師「上を向いて、「あーー」とやってから麻酔を飲み込んで下さい」

    管理人「あーーーー、ゴクリ」

    看護師「違います、実際に口で言うのではなく、うがいをする様にして麻酔を馴染ませるんです」

    まわりの人間失笑。

    管理人「そういう事だったのね(もう飲み込んじゃったけど)」

    このミスで麻酔が十分に効いていなかったらしく、この後地獄となる。
    医師から内視鏡を口に入れられた途端、喉にくる刺激と異物感で・・・

    管理人「ボヲゲロェーーえーーくぁwせdrftgyふじこlp」

    こんなアナコンダみたいなもの入るわけがない!
    声が出せないので、手を挙げる・・・

    管理人「bゲロgげぼbふォーーゲ(ちょ、まっ、タイム!タイム!!)」

    医師「ここ通り過ぎたら楽になりますよ~」

    管理人「ゲvーwpボゲrゲボぉ(楽になってないじゃんか!むしろ辛くなってるじゃん!)」

    結局、終始ゲボゲボ言って終わりました。


    振り返れば今年の夏も残念な思い出ばかりでした。

    ・一人で海⇒クラゲに刺される
    ・雨の日に釣り⇒転倒してロッド折れる
    ・8月の釣果⇒ゼロ
    ・目に違和感が⇒霰粒腫
    ・イオンで買い物⇒ショッピングカート押したババアにいきなり舌打ちされ悪態をつかれる
    ・三浦大輔7、8月⇒防御率5.97 2勝5敗

    あー、悲しき夏の思い出達よ!!!
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します