久しぶりの釣りネタです。
    気温が上がってきたので、そろそろ釣りの季節です。

    釣行に備えてリールのメンテナンスをします。
    今回はオーバーホールをして各部隅々まで清掃、グリスアップします。

    P1050410.jpg
    シマノ ヴァンキッシュ 2500S

    P1050411.jpg
    分解していきます。
    前回のオーバーホールから4ヵ月くらいなので中は綺麗でした。

    P1050412.jpg
    部品を分けていきます。

    P1050413.jpg
    洗浄前のギア。

    P1050414.jpg
    パーツクリーナーを吹き掛けて歯ブラシで擦ります。

    P1050415.jpg
    ピニオンギアの内部は麺棒で。

    P1050416.jpg
    洗浄後のギア。

    P1050417.jpg
    シャフトやその他の部品も洗浄します
    この段階まで終えたらグリスを塗布しながら途中まで組み上げていきます。

    P1050420.jpg
    スプレーのグリスは一度小分けの容器に吹き付けて、しばらく置いておきます。
    溶剤が気化してから塗布した方が粘度が増して定着し易くなります。

    P1050421.jpg
    黄丸部分はグリス厳禁。
    グリスでピニオンギアとシャフトの抵抗が強くなって巻き感が極端に悪くなります。
    この部分にはワコーズのメンテルーブを薄く塗布します。

    P1050422.jpg
    カバーを戻して可動部分は一通り終わり。

    P1050423.jpg
    次はクラッチ。
    巻いている時にごく僅かに手に伝わる違和感やシャー音の原因は殆どの場合クラッチが原因です。
    余程神経質な人間でないと分からないと思いますが、どのリールでも新品の箱出し状態では感じられる症状です。

    構造上、円柱の部品は適度に遊びがなくてはいけないのですが、この遊び具合が僅かな違和感とシャー音の原因なのです。
    粘度の高いグリスを塗れば遊ばなくなるのですが滑りが良すぎてブレーキが掛からない。
    オイルだと僅かに音が鳴る。
    手持ちのオイルやグリスを5種類くらい試して、結局一番安価なクレ5-56で解決した時は目から鱗でした。
    一昨年はこれに随分と悩まされました。

    P1050424.jpg
    組み上げ完了。

    P1050425.jpg
    リールに取り付けます。

    P1050426.jpg
    次はローターとベール。

    P1050429.jpg
    各部分解してグリスアップしていきます。

    P1050430.jpg
    ラインローラーまわりは汚れが酷い。

    P1050431.jpg
    洗浄後。

    P1050435.jpg
    グリスを塗布しながら組み上げます。

    P1050432.jpg
    ベールの傷はルーターで軽く研磨。

    P1050434.jpg
    スプールのエッジの小傷もルーターで軽く研磨します。

    P1050436.jpg
    全ての部品を組み上げて完成です。

    各部正常に稼働する事を確認して作業終了です。
    とても柔らかくてスムーズな巻き感になりました。
    納得のいく仕上がりです。

    P1050439.jpg
    使用したグリスとオイル。

    左から、シマノ純正グリス、ワコーズ メンテルーブ、クレ5-56
    部分ごとに最適なものを使い分けています。

    今年もこのリールでシーバスからナマズまで様々な魚種を釣り上げるぞ!

    楽天の本拠地である「Kスタ宮城」の名前が変わりました。
    クリネックスのネーミングライツ契約期間が終了となり、今年から「コボスタ宮城」となっています。

    ・・・。

    コボスタ宮城って・・・。
    野球ファンとしてこの名前はどうかと思います。

    名は体を表すという語があるように、人でも物でも名前はとても大切だと思うのです。
    珍妙な名前を付けてしまうとロクな事にならないのです。


    DQNネーム
    20130814.jpg
    光宙(ぴかちゅう)姫星(きてぃ)七音(どれみ)
    将来グレる事必至。


    G.G.佐藤
    img_448097.jpg
    本当の話ですが猫背で顔がジジくさいからGGとなったそうです。
    北京オリンピックで平凡なフライを落とし3エラーの大ブーイング。
    イベントで野球少年から「どうやったらフライを捕れますか?」と質問され周囲呆然。


    モンキッキー
    1564684646.jpg
    おさるから改名して大失敗。


    東武スカイツリーライン
    5345353434.jpg
    愛称が全く普及せず。


    洗剤イヤ子さん
    4575776.jpg
    商品名にクレームが入り販売中止。


    皮茶パパ
    5678678678678.jpg
    千葉県のたまねぎ皮茶をモチーフとしたゆるキャラ。
    知名度最低クラス。


    意味の分からない名前のこのブログ。
    165464646484.jpg

    このように名は体を表します。
    珍妙な名前を付けると大抵失敗するのです。

    そして、このブログの読者が少ないのは、きっと名前が変だからです!
    そうに違いありません。

    しかし、落ち込むことなかれ。
    解決策はあります。
    改名してイメージを変えてしまえば成功するという事が多々あるのです。


    産地や食材の名前は変えて記載してしまえば高値で沢山販売する事ができます。
    社会的な不祥事を起こした中小企業は社名を変更して再び営業を再開します。
    犯罪を犯した外国人は通名を変えて再び日本の社会に紛れ込みます。
    同じ楽曲でも劇場盤と名前を変えれば一人のファンにCDを何枚も購入させる事ができます。


    最低最下のこのブログも改名をすれば成功する事が可能なはずです。
    人気が出てアクセス数が増えれば、アフィリエイトで高収入も夢ではありません。

    しかし、ただ改名するだけでは人気は出ません。
    何か新しい事をしてブログの内容を一新させる必要があります。

    つまりテコ入れです。

    このブログは今年に入ってから後ろ向きな記事しか書いていない事に気が付きました。
    もっと読者様が笑顔になれるような明るく楽しい記事を書けば良いのだと思います。

    スマイルです!

    スマイル!
    275777867.jpg
    またマック赤坂が出てきてしまいました。
    これをやらない為に新しい事を考えているのに。
    都知事選の得票率は0.3%で残念でしたね。


    テレビ番組もそうですが人気を得るにはやはり動物というのが鉄板です。
    かわいい犬について書くのはどうでしょう。
    先日の安倍総理のロシア訪問の際、以前日本がプレゼントした秋田犬がプーチン大統領と共に出迎えました。
    78888668668.jpg
    その時にプーチン大統領は「時々噛むから気を付けて」と安倍総理に言ったのですが、これは何かの比喩なのでしょうか。
    元KGBの諜報員だけに、日露間の山積した問題に対する攻撃的なメッセージなのだと自分は思います。

    かわいい犬について書いていたのに外交の話になってしまいました。
    動物ネタは却下です。


    次の案。

    不動の人気キャラクターは幅広い層に人気があるのでアクセス数を増やせそうです。
    857678678678151.jpg
    ミッ〇ーマ〇ス。
    これは本当に洒落になりません。
    実際に訴えられて裁判になった事例もあります。
    キャラクターネタも却下です。


    もう大胆に一新して自分の好きな野球を専門に書いていくのはどうでしょうか。
    しかし、今読んでいるこの記事の頭を振り返ってください。
    野球ネタから入り込んだ結果がこれなのです。


    どれもこれも却下です。
    何も新しい事が思い付きません。

    CDに握手券を付けて販売する事を思い付く人とか、インチキな宗教を信じ込ませてお金を集める人とか、植毛を経費で落として脱税する事を思い付くタレントとか本当に天才ですね。

    愚痴までも以前書いたネタと完全にカブッてしまっています。

    新しい事をしようとしても9割失敗、1割挫折。
    昔から自分はそうなのです。

    また自虐ネタに着地ですか。
    これも毎回のようにやっていますよ。

    もう八方ふさがりです。
    良い案が全然思い付かないので、今日はもう考えるのをやめます。
    また、あした考えます。

    やはり、名は体を表すのですね。

    165464646484.jpg


    佐村河内守という作曲家が、18年間にわたりゴーストライターに作曲をさせていた事が明らかになりました。

    543992f1.jpg

    自分はクラシック音楽は聴かないのですが、この方は業界でかなり有名な人物だそうです。
    楽曲はソチ五輪でフィギュアスケート日本代表の高橋大輔のプログラムでも使用されるそうです。

    ゴーストライターに作曲をさせて自身の楽曲だと偽り発表していた、いわば音楽の偽装です。

    このような偽装問題は昨年も様々な事実が露呈して世間を騒がせていました。


    uid001010_20131031135318b0.jpg
    使用されている食材と産地の偽装


    b_06360090.jpg
    異常のあるレールのデータを偽装、改ざんしたJR北海道


    nr100823.jpg
    飛ばない統一球に偽装された飛ぶボール


    h1_1431208.jpg
    飲むだけで痩せると偽ったサプリメント、消費者庁から措置命令


    img_1132244_37738004_4.jpg
    拉致問題について偽りを述べて捏造をする民主党の徳永エリ議員


    1104-04.jpg
    沖縄の人間に偽装した在日の過剰なデモ


    saved_quote_image_370225.jpg
    通常価格を偽った楽天優勝セール


    00212.jpg
    フジテレビの事実を偽ったヤラセ番組ほこ×たて


    このように昨年だけでも数々の偽装が発覚しています。

    野球を見に行くために電車に乗ったらレール偽装。
    試合で使われるボールも偽装。
    楽天が優勝したと思ったらセールで偽装。

    野球ファン涙目です。

    しかし、これだけではありません。
    過去にはまだまだ多くの偽装が発覚しているのです。


    a940a016.jpg
    NPO法人大雪りばぁねっとのボランティアと偽った復興補助金流用


    shirabone1171.jpg
    白骨温泉の入浴剤による温泉偽装


    27be5721.jpg
    ミートホープの豚肉と鶏肉の混入挽肉偽装


    3693749_3968892985.jpg
    白い恋人の賞味期限偽装


    20130101_amamiyakarin_06.jpg
    食べ残しを偽装して再提供する船場吉兆のババア


    L87HZ.jpg
    歴史の事実を偽って難癖を付けてくる周辺国


    img_1043638_32187584_1.jpg
    息子だと偽って助けを求めるオレオレ詐欺


    00f6991f.jpg
    収入を偽り生活保護を不正受給するタレントの母親


    94ccf9d63127bf881121d2835d490cc1_m.jpg
    生きているように偽り年金を不正受給


    E6BA80(600x400).jpg
    空席が結構あるのに満員御礼


    d7d31ad7.jpg
    納豆でダイエット、あるある偽装


    hachi_328.jpg
    毎回のように全米が泣いたと宣伝する米国映画、涙の偽装


    aneha.jpg
    姉歯秀次の建造物耐震偽装、自身の頭髪偽装も発覚


    P1040887.jpg
    インテリを装って時事ネタを書くこのブログの管理人


    もう世の中、偽装で満ち溢れていますよ。


    偽装は続けても遅かれ早かれ真実が露呈します。
    嘘だと分かれば人々は呆れて離れていきます。
    オオカミ少年と同じなのです。
    まあ、現代の都会にはオオカミなんていないのですから「オオカミが来たぞー!」と叫ぶよりも「ダルビッシュが来たぞー!」と叫ぶ方が確実に注目を集めます。
    これでは人々が逃げずに集まってきてしまいますが。
    しかし、偽装の本質的にはこれが正解なのだと思います。


    過去に発覚した数々の問題を踏まえて、偽装、嘘、捏造に騙されないようにするにはどうしたら良いのか。
    常に物事に対して疑いの目を持つ事が大切だと思うのです。
    そして少しでも不審な点があれば、それを信じてはいけません。


    k7lxxU7cAJLXE8K_4277.jpg
    森公美子のロングブレスダイエット
    本当にそれだけで痩せたんですか?


    news_large_AKB48_100407.jpg
    アイドルグループの年齢
    詐称している人がいるんじゃないですか?


    10061631449.jpg
    ドラえもん
    それ、明らかに偽物ですよね?


    rvtrHSAyL.jpg
    とくダネの司会者
    それ、本当に・・・


    他者の意見や報道を鵜呑みにせずに己で考えてしっかりと判断をする事が出来れば、偽装や嘘などで騙される事を少しは防げるかもしれません。


    先に述べた佐村河内守の件など氷山の一角に過ぎないのです。
    音楽や書物に関しては、昔からゴーストライターがいると話題になる事がありますが、真実が明らかになっていないだけで実際にまだまだあると思います。
    さらに、現在はボイスサンプルさえあれば本人が歌っているかのように装う事も可能なわけですから。

    昔、松本伊代が自身で執筆した本を出した時、テレビのインタビューで内容を聞かれて「まだ読んでいません」と言ってゴーストライターの存在が明らかになりましたが、今後は「まだ歌っていません」と言う歌手が現れるかもしれません。


    偽装をする事は良くありません。
    それを皆様に伝えたいのです。
    このブログは常連様から一見様まで多数の方がご覧になられています。

    特に今回初めてご覧頂いている一見様には、是非とも今後もご覧になって頂きたいと思っております。
    えっ?このブログの趣旨ですか?


    まだ読んでいないので分かりません。


    2月3日は節分です。

    20080329_437006.jpg

    季節の変わり目には邪気である鬼が生じると考えられており、それを追い払うための行事です。
    昔から鬼は恐怖や厄の象徴として、人々の心に深く根付いているものでした。
    そして、鬼という語を用いて様々な言葉が伝えられてきました。

    しかし、最近はどうでしょう。
    鬼が恐怖の象徴として恐れられていた時代ならば、鬼という語を用いれば相手に分かり易く伝わりますが、現代のスレた人間には伝わり難いのではないでしょうか。
    鬼というものに対して恐怖の意識が低いのですから。

    例えば、「昔の事を言えば鬼が笑う」ということわざ。
    過去のことを言うと残忍な鬼でも笑うということ。
    つまり、過去のとりかえしの出来ないことだそうです。

    これでは意味が全然伝わりませんね。
    ことわざも現代に適した形に変えていかなければなりません。


    ・鬼に金棒
     ただでさえ強いものに、さらに強力なものが加わること。
     ↓
     阿部慎之助に金棒
     金属バットなら100本塁打は容易いでしょう。

    ・鬼の空念仏
     無慈悲な者がうわべだけ仏のように慈悲深く装うこと。
     ↓
     酒井法子の空念仏
     裁判前は今後福祉の仕事に就くと言っていたのに、先月またCD出しました。

    ・鬼が仏の早変わり
     陰では鬼のように凶悪なことをする者が人前では仏のように善人らしく振る舞うこと。
     ↓
     小沢一郎が仏の早変わり
     ・・・。

    ・鬼瓦にも化粧
     醜い顔つきの女性であっても化粧をすれば少しは美しく見えるということ。
     ↓
     澤選手にも化粧
     美人だと思いますよ。本当です。

    ・暗りに鬼つなぐ
     奥底が知れず気味の悪いたとえ。なにが出てくるかわからないこと。
     ↓
     暗りに統〇〇会つなぐ
     気味悪いの一言です。

    ・鬼を一車に載す
     恐ろしい鬼と共に馬車や牛車に乗ることから、非常に恐ろしく危険なことの例。
     ↓
     小倉智昭、加山雄三、中〇正広、神田正輝を一車に載す
     走行中は決して窓を開けてはいけません。

    ・鬼が出るか蛇が出るか
     前途にどんな恐ろしいことが待ちうけているか予想がつかないこと。
     ↓
     マック赤坂が出るかドクター中松が出るか
     このどちらかが都知事に選ばれたら東京が終わります。


    少しは意味が伝わり易くなったのではないでしょうか。


    他にも鬼は昔話に登場します。
    鬼退治をする桃太郎が有名ですが、近年では暴力的な話だとして絵本や子供向けの本では鬼退治ではなく話し合いで解決したと改変されています。

    しかし、自分は腑に落ちないのです。

    本来の内容では桃太郎は鬼を倒した後、鬼が今まで人々から奪い取ってきた財宝を手に入れますが、話し合いで解決して同意のもと財宝を手に入れてしまったら、これは一気に胡散臭い話になってしまうと思うのです。
    善人面で近付いてきて金銭を奪い取る。
    詐欺やインチキな宗教と殆んど変わらないのです。
    これでは「鬼が仏の早変わり」ということわざの鬼は桃太郎に当てはまってしまいます。

    また、最近では児童の学芸会で行う桃太郎は、教育の公平性を保つため児童全員が桃太郎役という滅茶苦茶な内容になっています。

    img_664274_405667.jpg

    もう、こんなに桃太郎がいてはリンチになってしまいますよ。
    平等を主張し過ぎるのも良くありません。
    共産主義の始まりです。
    そもそも教員の属する〇教組って左〇なので、こうなってしまうのも仕方がありません。


    最近の鬼はイメージが柔らかくなってきていますが、本来は地獄における閻魔大王の配下であるとされています。
    地獄絵図にも鬼の体貌をした化物が人々に苦痛を与える残酷な様子が画かれています。
    死後の世界である地獄が存在するかという事は、また別問題だと思いますが。


    死後の世界と言えば、先日法事で寺に行ってきました。
    自分は霊が関係する商いは全てインチキだと考えているので、昔からこういった行事は足が重くなるのです。

    煩悩ですらインチキに思えてしまうのですから。
    ~拾われた煩悩~


    気が進まない法事ですが、今回は以前からの疑問を坊主に問いかけてみようと考えていました。

    「幽霊っているんですか?」と。

    いい年こいた人間にこんな事を問われるのですから、哲学みたいな事を説かれるか怒られるかの2択になると思います。

    そして当日。
    坊主がお経を唱え終って祭壇に位牌を取りに行った時です。
    「ドガッシャ~ン!!」と、坊主が高価そうな仏具を倒してしまったのです。

    こんなシュールな状況で「幽霊っているんですか?」なんて聞けるはずがありません。
    質問に悪意が増してしまいます。
    もし聞いていたら木魚を叩く棒で顔面を殴られていた事でしょう。

    他にも、
    「イタコってインチキですよね?」とか
    「お布施って非課税で良いですね?」とか
    「織田無道って逮捕されてからどうなったんですか?」とか
    色々と聞きたい事を考えていたのですが、やめておきました。

    きっと鬼のような顔をされていたに違いありません。


    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します