開幕から1ヵ月、ベイスターズが早くも危機に直面しています。

    打たれまくる先発投手陣
    粘れないリリーフ陣
    四球の走者で失点
    エラー続発の守備
    チーム自慢の打撃力は低下
    等々


    20146168461.jpg
    3月28日 開幕投手の三嶋 2回9失点の大炎上


    2014665468431.jpg
    4月1日 延長10回 リリーフ長田 ロペスに被本塁打 敗戦投手


    201466461346.jpg
    4月2日 巨人戦 8-3で快勝ムードも8回に10失点 9回に2失点 結果9-15と大敗


    201464354684.jpg
    4月4日 延長11回 リリーフ菊池 初球に被本塁打サヨナラ負け たった1球で敗戦投手


    2014651646.jpg
    4月9日 8回1-1の接戦 リリーフ長田暴投 黒羽根悪送球で自爆 長田敗戦投手


    2014616435.jpg
    4月16日 主砲4番打者ブランコ肉離れで登録抹消


    201465416465.jpg
    4月17日 ソーサ足の不調を球団に隠して登板 サヨナラ負け
    この日は先発の三嶋がボークを2つして失点している


    201464687641.jpg
    4月25日 三嶋 1回 四球の走者を2連続暴投で自爆 3回 ボークと押し出し四球で自爆 この回アウトを取れず2回4失点降板


    20146846846.jpg
    4月25日 荒波平凡なフライを落球 満塁走者一掃のタイムリーエラー
    4月18日にも平凡なフライを落球している


    2014516846.jpg
    4月26日 宮崎 バント処理した山口が2塁に投げると思い込みよそ見でエラー その後失点


    201465466846.jpg
    4月27日 石川ノーアウトの出塁で先制点のチャンスも牽制であっさりアウト


    20142655546.jpg
    6勝18敗 チーム勝率 .250
    (4月27日のデータ)
    ちなみに前日までは5試合やらないと勝てない数字でした

    監督の采配ミスも言われていますが、どの駒使ったって結果的に采配ミスになるのだから仕方がないでしょう!!
    もっと根の深い問題なんですよ!


    90年代末のベイスターズは強かった。
    マシンガン打線は完全に過去の遺物となってしまいました。

    2014564864563.jpg

    2014132269.jpg


    現在のベイスターズ

    201454684351354.jpg

    2014132268.jpg

    まあ、現在でもマシンガン打線は存在していますよ。
    逆マシンガン打線ですけどね!

    201454684684565.jpg
    被安打20 失点14
    打たれたら止まらない
    逆マシンガン打線

    201465464.jpg
    被安打21 失点15
    9点取っても勝てない
    逆マシンガン打線

    201465168486.jpg
    被安打11 失点7 エラー2
    毎イニングごとに失点
    逆マシンガン打線


    しかし、まだ開幕1ヶ月です。
    まだまだリーグはどうなるか分かりませんよ!
    中畑監督なら必ずやってくれると思います。

    20146541646.jpg

    2014132268.jpg


    CRF250Lのグリップを交換します。

    20147446563.jpg
    PROGRIP スーパーバイクグリップ #733
    特殊な形状をしています。

    勢いで購入してしまったので届いてから気が付いたのですが、このグリップは貫通式でした。
    なので、キジマのバーエンドも追加購入しました。

    まず純正グリップを取り外します。
    カッターで亀裂を入れると裂けるように簡単に外れます。

    DSCN9491.jpg
    取り外した状態。

    ここで問題が発生。
    貫通式のグリップなのでバーエンドを取り付けなければならないのですが、グリップホルダーの端が塞がっています。

    DSCN9493.jpg
    ならば切り落としてしまえばよいのです。

    DSCN9494.jpg
    これで万事OK!

    脱脂した後、シリコン系の接着剤を塗布してグリップを装着します。
    左側は問題なく作業終了。

    しかし、アクセル側にまた問題発生です。
    グリップホルダーの根元に突起があり、グリップが最後まで入らず僅かに隙間が出来てしまいました。

    DSCN9533.jpg
    砂埃も入り込むし、何より乗っていると気になります。

    DSCN9495.jpg
    3㎜厚のスポンジシートがあったので、サークルカッターで切り抜いてスペーサーを制作。
    このシートは東レのぺフという断熱シートなので、耐候性は問題ないと思います。
    グリップはもう外せないので、スペーサーはCの字に切り込みを入れて隙間に挟み込みました。

    DSCN9594.jpg
    後日撮影。
    違和感なく仕上がりました。

    DSCN9595.jpg
    少しチープな印象になってしまいましたが、グリップ感は良くなりました。
    耐震GEL素材は手に伝わる振動は和らぐのですが、踏ん張ったり車体を手で押したりしてハンドルに力を加える状況では柔らかいので気持ち悪く感じます。
    グリップの膨らんでいる部分に手の平の小指球あたりが密着するので、街乗りは楽に感じられました。

    涙が出なくなりました。

    つまらない恋愛小説や、いけ好かない歌手の詩ではありません。
    中二病の台詞でもありません。

    自分は花粉症なのです。
    最近ようやく花粉の飛散が落ち着いてきたのです。

    花粉は毎年暖かくなる頃、いわば季節の変わり目にピークを迎えます。
    自分は外出時やランニング中に涙が出るようになると春の訪れを感じるのです。
    マイナス思考の春の便りです。

    しかし、世の中にはまだまだ負の春の便りが存在するのです。

    花見客が捨てたゴミが山積
    猫の盛り声がうるさくなる
    変質者が出没する
    プロ野球の怪我して今季絶望報道
    深夜の公園にDQNが溜まりだす
    清〇健太郎がやらかす
    岡崎〇子がやらかす
    シャツのワキの部分が濡れるのは自分だけでしょうか?


    花粉という負の春の便りはピークを過ぎ、快適になりました。

    涙が出なくなりました。
    ランニングをしても快適です。

    涙が出なくなりました。
    バイクもとても快適です。

    先日、河川敷にバイクでオフロード走行しに行ってきました。
    しかし途中から土砂降りで全身ずぶ濡れ。
    車庫に戻ってバイクを置こうとした時です。
    駐車スペースに限りがあるので、バイクは自分の車のすぐ後に置いているのですが、ここに停めようとした時にバランスを崩して転倒。

    tentou.png
    雨に濡れた服が体に張り付くし、バイクと車に足を挟まれて踏ん張りがききませんでした。

    DSCN9601.jpg
    リアバンパーの塗装がガッツリ欠けました。

    涙が止まらない。


    新車購入でまだオイル交換する距離を走っていませんが、モチュールのオイルを試してみたいので交換します。

    DSCN9587.jpg
    MOTUL 5100 4T 10W40
    エステルを配合した化学合成オイルです。

    250ccのバイクなら10W30で十分ですが、10w40を入れてエンジンの振動とギアの入り具合に変化があるか試してみます。


    オフロード走行で泥が酷いので、下まわりを軽く水洗いしてからアンダーガードを取り外します。

    DSCN9583.jpg

    アンダーガードにはドレンボルトにアクセスするサービスホールが空いていますが取り外してしまいます。
    ドレンボルトの接地面に砂が噛まない様、作業を確実に行うためです。

    この時に気が付いたのですが、アンダーガードは薄いプラスチックでした。
    強度的に???です。
    ヤマハのWR250RやカワサキのKLX250など他社のオフロードはアンダーガードが付いていませんから、実用というより市場での差別化の目的で取り付けられているのかもしれません。
    鉄やアルミの堅牢なものにするとコストが上がってしまいますからね。

    DSCN9584.jpg
    エンジンの下側
    このバイクはやたらマーキングがされています。

    DSCN9585.jpg
    ドレンボルトを外してオイルを抜きます。
    使用レンチ12㎜
    オイルが出てこなくなっても、一度車体を垂直に起こしてから再度傾けるとまだ少し出てきます。

    DSCN9586.jpg
    ドレンワッシャーは再使用不可。
    サイズ 12×20×1.5㎜
    ドレンボルトはパーツクリーナーで洗浄して再使用します。

    ドレン周りをクリーニングして綺麗にした後、ドレンボルトを取り付けてジャッキアップします。
    車体を垂直にしたらオイルを入れます。

    DSCN9588.jpg
    ジョーゴはコピー用紙を丸めて代用。
    使い捨て出来るので便利です。

    DSCN9589.jpg
    エンジン右側にオイルの点検窓があります。
    8分目まで。

    アンダーガードを取り付けて作業終了です。


    早速乗ってみると、やっぱり乗り心地に変化なし!!

    前回の記事でチェーンのメンテナンスを行いましたが、ジャッキアップついでにアクスルシャフトのグリスアップも行いました。

    CRF250Lはとにかくグリスが塗布されていません。
    精神的にも気持ちよく乗れないので確認してみます。

    まずはフロントのアクスルシャフトを外します。
    先にシャフトの緩みを防止するボルト2本を緩めておきます。

    シャフトの使用レンチは17mm。

    DSCN9591.jpg
    ジャッキの高さを微妙に調節してシャフトに負荷が掛からない位置にすると簡単に引き抜けます。

    DSCN9592.jpg
    引き抜いたアクスルシャフト

    やはりグリスが全く塗布されていません。
    その形跡すらありません。

    リアも外します。

    リアは24㎜と19㎜で共締めされています。
    って、アレ???
    DSCN9597.jpg
    この太さだと体重を掛けないと緩まないのですが手の力だけで簡単に緩みました。
    明らかに締め付けトルクがおかしな事になっています。

    チェーンのクリーニングも同時に行っているので、排水溝の上でジャッキアップしています。
    部品を落としたら終わり。

    DSCN9596.jpg
    リアのアクスルシャフトもグリスが全く無し。
    工場で組み上げ時に指定されていないのか、ただのミスなのか。
    しかし、あのホンダがこのようなミスをするとも考えられません。
    ボルトで締めつけられてベアリングの内輪が固定される設計かとも考えましたが、シャフトには円周状の擦れができていたので、そういうわけでもなさそうです。

    このまま乗り続けるのは車体にも精神的にも良くありませんね。

    DSCN9593.jpg
    ワコーズのVGグリースを塗布しました。

    負荷の掛かる足回りの整備は重要なので、早い段階で整備が出来て良かったです。

    となると次はスイングアームです。

    雨上がりの河川敷をオフロード走行したらチェーンがシャラシャラ鳴り始めたのでメンテナンスします。

    DSCN9590.jpg
    使用するのはWAKO'Sワコーズ CHL チェーンルブとクレのチェーンクリーナー。
    シールチェーンなのでパーツクリーナーは厳禁です。

    DSCN9578.jpg
    まず車体をジャッキアップして後輪を浮かせます。

    DSCN9580.jpg
    クリーナーを吹き掛けながらブラシで擦っていきます。
    タイヤを回転させながらチェーン一周クリーニングしたらタオルで拭き取ります。
    その後、チェーンのピンとブッシュの隙間に入り込んだクリーナーが完全に乾くまで余裕をもって放置します。

    クリーナーが乾いたらチェーンルブを全体に浸透するように塗布し、余分なオイルを拭き上げて終了です。
    チェーンルブの粘度はとても低いので浸透性は抜群です。


    DSCN9579.jpg
    クリーニング前

    DSCN9581.jpg
    クリーニング後


    クリーナーはかなり大胆に使用しましたが、480ml缶の半分程の量で済みました。
    クリーナーはワコーズのチェーンクリーナーがベストだと思いますが、330mlで1,500円程度(ネットでも送料入れて同価格)なのでオフロードバイクのようにマメにクリーニングしなければならない場合は安価なクレが経済的です。

    昨日行われた小保方氏の会見。

    小保方氏の発見したSTAP細胞、全て事実だと良いですね。
    自分のような凡人には到底理解の出来ない高度な研究を行っているわけで。
    再生医学に多大な影響を与える発見を日本人がしたとなれば嬉しい限りです。

    DSCN9557.jpg

    DSCN9572.jpg

    ゼロからではなく
    「マイナス100からだと思って」
    これからも医学の研究に身を投じていくそうです。


    そして、謝罪会見で記憶に新しいのがこのお方。

    543992f1.jpg
    ゴーストライターで世間を騒がした佐村河内守。

    別人の様な風貌で現れた会見では、記者が挑発する内容の質問をして激高した佐村河内守が手話通訳が終わる前に答えてしまうという珍事が発生。
    2014586484.jpg
    さらには記者がわざと携帯電話を鳴らしたり物を落としたりして、佐村河内守が反応するか試したりとコント状態。

    過去にも金スマで稲垣吾郎の問いかけにうっかり直接答えてしまう様子が放送されています。
    2014144432.jpg

    201447774.jpg

    聴覚に関しては障害があるのは事実と主張していますが、障害者手帳は返納したそうです。
    もう矛盾してしまっています。

    佐村河内守はゴーストライターである新垣隆氏に作曲させ、自身の名義で発表した103曲を日本音楽著作権協会(JASRAC)に著作権主張しています。
    騒動の火種となった新垣隆氏に対しても名誉毀損の訴えを起こすそうです。
    20148468279.jpg

    まあ、気持ちは分かりますよ。

    音楽に関しては全くの素人で作曲どころかピアノもまともに弾けなかったのですから。
    それが50歳でこの先いきなり無職です。
    職どころか、グラサンと髭と長髪も失ってしまったのですから。
    201458836978.jpg
    もうただの無職のおじさんです。
    これだけ有名になってしまうと再就職は絶望的です。


    15616468464.jpg

    DSCN9565.jpg


    小保方氏と佐村河内守の違い。

    小保方氏はおそらくミス。
    佐村河内守は聴覚障害と被ばく2世を利用した悪意のある詐欺師。

    STAP細胞の存在は世界中の医学関係者が注目するので、捏造など罷り通るわけがないのは誰が考えても分かる事です。
    本人も画像の掲載ミスがあった事は認めています。

    ミスがないか確認を行うのはとても重要な事なのです。
    これは決して他人事ではありません。
    物事にはミスや間違いがないか、もう一度確認をしましょう。

    20141471477.jpg
    この人は間違った事をして逮捕されてしまいましたけど。


    まあ、しかし世の中ミスや間違いで満ち溢れていますよ!


    201458548.jpg
    ミスをして4輪になってしまったソチオリンピック開会式


    1371996156.jpg
    間違った人がいつも立候補してしまう都知事選挙


    sca13111018310000-p1.jpg
    板東英二の植毛は経費で落ちると思い込んでいたミス


    2014782155.jpg
    ビットコインなんて間違った投資をすると痛い目を見る


    img_1557934_53874571_0.jpg
    何度も間違いを犯してしまう清〇健太郎


    20071003_221614.jpg
    清〇健太郎と同じ犯罪をするのも間違っているがポジティブなのも間違っている


    L87HZ.jpg
    特亜の間違った歴史認識


    20148468466.jpg
    キーボードクラッシャーをネタ動画と知らずにネット依存症と報道してしまうTBSのミス


    79b69d20b42b6b9ff97c0f8c89e3bc1f2d7cfc801387407729.jpg
    実演で致命的なミスをしてしまった猪瀬直樹


    e7134270.jpg
    代打 岩村


    P1040887.jpg
    学生時代に間違ってバンドを組んでしまったこのブログの管理人

    英会話どころか英単語すらロクに分からないコイツが、偏差値の低い学校に通うコイツが洋楽ですよ。
    ハロウィンとかガンマレイとかドラムが終始ドコドコ鳴っている音楽をニヒル気取って聴いていたわけですよ。
    中二病の黒歴史です。

    今でも寝る時に思い出すだけで恥ずかしさのあまり布団の中で発狂しそうになるのですよ。
    ウキィーーーーーー!!
    あの頃の自分、死ねーーーッ!!

    恥の多い間違いだらけの人生。

    ゼロからではなく
    「マイナス100から」
    やり直したいと思っています。

    ナイトビジョンを使用した深夜のドキドキサイトフィッシングです。

    気温は7℃、水路を探索すると早速ナマズ発見!

    DSCN9546.jpg
    サイズは60~70cm位。
    BTSのジグヘッドに喰いつかせるもショートバイトでバラシ。

    そして、次に狙いを定めたナマズに珍事が起こる。

    足元に居たナマズにソフトルアーを垂らして誘っていたら、別のナマズが勢いよく現れてパクリと横取り!
    慌てて合わせてしまったので、ルアーがすっぽ抜けてノーバイト。
    元々狙っていたナマズにも驚いて逃げられるという結果。
    意外と活発に泳ぎ回っているようです。

    水路にソフトルアーを垂らして待ち構えていれば泳いできたナマズが釣れるのではと思いましたが、深夜の水路脇でジッと座っているのは虚しくなるのでやめました。


    この後も探索しながらの釣りでようやく1匹釣り上げる。

    DSCN9548.jpg
    64㎝

    DSCN9550.jpg


    気温が低いためか、なかなか釣果が伸びず2匹目は帰り際のヒット。

    DSCN9551.jpg
    65㎝
    同じくらいのサイズ。

    DSCN9553.jpg
    リリース


    今回はナマズの生態(釣りの対象としての)に関して新たな発見がありました。

    一般的にナマズ釣りでは、その生態から音や波で誘うのが常識となっています。
    ナマズは視力が非常に悪いので、エサとなる魚の出す音や波を感じ取り捕食するためです。

    しかし、ナイトビションでサイトフィッシングをすると、これが正しいのか疑問になってきます。
    ジッターバグやポッパーを泳がせても全く反応せず、音と波で警戒して逃げられる場合が殆んどでした。

    ソフトルアーをナマズの捕食エリアに泳がした方が圧倒的に喰いつく確率が高い結果になっています。
    (底を引きずったりさせていないので音は出ていない)
    ナマズの方から近寄ってくる場合もあるので、ベイトの出す音や波に対してナマズだから他の魚より特別敏感というわけでもなさそうです。

    そうなると、視力が悪いというのも怪しくなってきます。
    そもそも夜行性のフィッシュイーターの視力が悪いというのは少し矛盾しています。

    真っ暗な水の中を覗き込むと見えなかった事が見えてくるので面白いですね。


    *** 使用タックル ***

    ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
    リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
    ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
    リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb

    ・エコギアBTS ダーティングジグヘッド7g

    DSCN9554.jpg
    ここ3回の釣行で大量に釣り上げてくれました。
    ボロボロになっても釣れるのだから大したものです。

    前回と同じポイントでナマズ釣りです。

    気温は10℃と低めなので、活性も低いだろうと予想していましたが居る所には居るものです。

    トップを使用して捕食の「ボシュッ!!」音を聞きたいのですが、前回ジッターバグが全く無反応だったのでエコギアBTSのノーシンカーを試してみます。

    開始20分でヒット!
    しかし、捕食音は聞こえず。

    DSCN9522.jpg
    56cm
    引きが弱く簡単にキャッチ出来たので小ぶりかと思いきや56cmありました。
    前回、サイズ的に大物ばかりだったので感覚が鈍っています。
    なんとも贅沢な事です。
    いつものポイントであれば50cmクラスが出れば万々歳ですよ。

    続いてポッパーを試すも、やはりハードルアーは反応なし。

    BTSのジグヘッドで探ってみると、重量級がヒット!
    また出た!
    70cmオーバー!

    DSCN9523.jpg
    75cm

    DSCN9524.jpg
    前回の73cmより太さと重量では負けています。

    DSCN9529.jpg
    ピンボケしているという痛恨のミス。


    自分はいつも最後に失敗をする。


    *** 使用タックル ***

    ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
    リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
    ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
    リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb

    ・エコギアBTS ダーティングジグヘッド7g
    ・エコギアBTS ノーシンカー
    ・メガバス POP-X

    DSCN9514.jpg

    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します