髪を切りました。

昔は床屋に行っていましたが、ここ数年は自分で切っています。
散髪代の節約とかそういった理由ではありません。
床屋が大嫌いなのです。
具体的には美容師が嫌いなのです。

美容師ってどうでもいい話を必ずしてくるじゃないですか。

髪を切っている最中に、「今日はこれから合コンですか~?」とか話しかけてくるじゃないですか。
もうね、こっちは話しとかしたくないんですよ。
いいえって答えると、「彼女いるんですか~?」とか返してくるんですよ!!
いいえって答えると、「へ~、ナンパとかして彼女作ればいいじゃないですか~」とか言い出すんですよ。
うるせぇー、〇ねっ!!
余計なお世話だ!!
それが出来ていれば苦労しないんだよっ!!

で、シャンプーの時は担当が変わるじゃないですか。
おとなしそうな女性の方が来て、これでようやく静かになると思ったら、「これからデートですか~?」

お前もかぁーーーっ!!
どうしてそっちの話ばかりしてくるんだよ!!!
面(管理人の)見て言えよ!!

いいえって答えると、「へ~、そうなんですか~、意外。」とか言うんですよ。
うるせぇーーーんだよ!!
会ってまだ3分だろ!!
お前は俺の何を知っているっていうんだよ!!!

だいたい美容師なんて職業からしてリア充じゃないですか。
そんな人間がパーソナルスペースに入り込んでくるなんて苦痛でしかありませんよ。
なので床屋には行きません、絶対に行きません。
いつも自分で切っているわけです。

そして今回はハンサムな感じで短くしてみようと思ったのです。


参考イメージ
20141564654613.jpg
クリス オドネル

20146464863546.jpg
ブラッド ピット


道具はスキばさみ、バリカン等を揃えています。
もう何年も自分で切っているのと、もともと手先が器用というのもあって散髪の腕はかなり上がりました。
後頭部も合わせ鏡と感覚で対象に整える事が出来ます。
今回は短髪なのでバリカンをメインに使用し、アタッチメントを付け変えて部分ごとに長さを調整します。

そして切り終わったんですけどね、もう全然イメージと違うんですよ。

とくダネに出ていたニートみたいになっているんですよ。

2014668964646.jpg

鏡に映っているのは明らかに社会不適合者の顔なんですよ。
どうしてこうなった。

もうね、理想のイメージと顔が全然違うんですよね。
ハンサムな人間は坊主にしても刈上げにしてもオシャレに仕上がるじゃないですか。
そうではない人間がやると二乗で残念な方向に作用してしまうのですよ。
もう大失敗ですよ。

一つ気が付いたのですが、原因の一つは眉毛だと思うのです。
眉毛で印象が変わると昔雑誌で読んだ事があります。
ハンサムな人間は眉毛も整えられているのです。

つまり、反対に考えれば眉毛をエレガントに整えるとハンサムな印象に仕上がるという事です。
逆転の発想です、天才ですね!

早速眉毛を剃ろうと思います。

自分は夜釣りにナイトビジョンを使用する事があります。

これが何ともスリリングで面白いのです。
魚はライトの光を当てると逃げてしまいますが、ナイトビジョンなら川に潜んでいる魚を見ながら釣りをする事が出来るのです。

DSCN9666.jpg
岸際に潜んでいるナマズ。
夜間ならここまで接近しても気付かれません。

しかしナイトビジョンでも距離があったり水が濁ったりしていると、水中の状況を見るのが難しく魚を発見する事が出来ません。
そこで、補助灯となるIRライトを自作します。
IRライトとは赤外線の事で、肉眼では見えません。
ナイトビジョンで見ると、ライトのように明るく照らされて見えるというものです。
つまり、IRライトならば川を照らしても魚に警戒されて逃げられる事がないのです。


ベースにするフラッシュライトはどれにするか。
焦点調節が出来るコンパクトなライトだとやはりLED LENSER。

DSCN9783.jpg
LED LENSERのP5、T5、P6.2

Pシリーズは勿体ないのでT5を使用します。

使用する赤外線LED
DSCN9762.jpg
Vf1.4~1.6V If700mA
波長940nm

DSCN9760.jpg
T5を分解してLEDを取り外します。

DSCN9764.jpg
赤外線LEDを仮留めで点灯させてみたら台座が高くて焦点が合いませんでした。
ライトの台座を切り落として低くします。

DSCN9768.jpg
コンバータ内部にアルミかすが入らない様マスキングした後、糸鋸で切り落とします。

DSCN9769.jpg

DSCN9771.jpg
ヤスリで仕上げます。

DSCN9772.jpg
加工後の台座。

DSCN9773.jpg
LEDと台座の接する面には放熱シリコンを塗布します。

DSCN9775.jpg
LEDを載せたらハンダ付けします。

DSCN9782.jpg
組み上げて完成。
赤外線は肉眼では見えませんが、デジタルカメラには紫色に写ります。
テレビのリモコンにも赤外線LEDが付いているので同様の事が起こります。
リモコンのボタンを押すと紫色に光ります。


早速、多摩川の河川敷でIRライトを試してみます。

DSCN9834.jpg
使用するナイトビジョンは、Yukon Ranger Pro

DSCN9797.jpg
予想より暗かったです・・・。

DSCN9792.jpg
距離約20m

DSCN9793.jpg
IRライト照射
流石に20mだと水中までは見えませんね。

DSCN9812.jpg
距離約15m

DSCN9813.jpg
IRライト照射


距離のあるポイントに潜むナマズを発見するためにこのIRライトを制作したのですが、目的の性能を満たしているかで考えると失敗です。
全く役に立ちません \(^o^)/

夜間の登山では、より堅牢で信頼性のあるフラッシュライトが求められます。
加えてランタイムもある程度長くなければ実用的とは言えません。

SURE FIREのラインナップの中で出力とランタイムのバランスが取れているライトがG2X PRO (G2X-D-TN)です。

DSCN9821.jpg

出力:Hi320ルーメン/Low15ルーメン
ランタイム:Hi2時間/Low45時間
サイズ:全長132mm べゼル直径32mm
重量:115g
バッテリー:2xSF123A


DSCN9824.jpg
ボディはナイトロンポリマー強化樹脂になっています。
樹脂製でも手に取ってみると堅牢さが伝わってきます。

DSCN9826.jpg
ヘッドはアルミ合金製です。
スペックと形状からヘッドは6PX PROと共通だと思われます。

DSCN9822.jpg

DSCN9823.jpg

DSCN9825.jpg

DSCN9859.jpg
明るさは、15/320ルーメンで切り替えられ、50ルーメンに落ちるまでのタクティカルランタイムは2時間です。
点灯は常に15ルーメンから始まり、2クリックで320ルーメンに切り替わります。
間欠点灯が可能です。

DSCN9790.jpg
バッテリーはシュアファイア純正SF123A、シュアファイア公認充電池SF2R-CB(LFP123A)が使用できます。

DSCN9852.jpg
3.7Vの16650充電池も使用できました。
16650バッテリーでも予想以上に明るく、200lm以上は出ているように感じられました。
ランタイムは1.5倍程度(数字上では)になるので、用途に応じてバッテリーを使い分けるのも面白いですね。

DSCN9832.jpg
色は一般的なタンと同色です。
レザーマン OHT、ESS クロスボウと比較

DSCN9829.jpg
ポーチは手持ちのものだと、マグフォースMF-1411 Large Pouchと、FLYYE MOLLE Single 9mm Mag Pouchに納まりました。

DSCN9820.jpg
日本語と英語の取扱説明書やカタログなどが同梱されています。
専用ポーチは付属しません。


照射テスト
DSCN9843.jpg
Hi320lm

DSCN9837.jpg
距離10m
Hi320lm

DSCN9839.jpg
距離50m
左 G2X PRO Hi320lm
右 LED LENSER P5 105lm スポット

DSCN9835.jpg
距離10m
左 G2X PRO Low 15lm
右 LED LENSER V3(改造) 50lm

Lowモードは15lm以上に明るく感じられました。
比較に使用したLED LENSER V3はCREE XR-E R2に換装しているので50lm近く出ますが、それでもG2X PROの方が明るく感じます。
G2X PROは視認性が良い光色なのに加えて、リフレクタ―の反射ロスが少ないからだと思われます。
やはりフラッシュライトは「出力=明るさ」ではありませんね。

DSCN9836.jpg
胸の高さから足元へ照射
Low 15lm

色温度は個人の感覚ですが4500~5000ケルビン程度で視認性の良い色になっています。
配光はスポットの周辺にワイド光が広がります。
イメージ的にはスポット/ワイドが切り替え可能なライトを同時に照射したような配光です。
SURE FIREのフラッシュライトは強力なスポット光の物ばかりだと思っていたので、これは予想外でした。
タクティカル要素の強いライトよりも実用的なライトを好む自分には好評価です。

深夜の登山で使用しましたが、足元~10m程度ならLowでも何とか移動出来ました。
藪の中をかき分けて進むような場所や険しい岩場などはHiでないと厳しいですね。
Hiで連続点灯をするとヘッドが熱を帯びますが、グリップの部分は強化樹脂なので使用に影響はありません。

流石にSURE FIREだけあって品質と完成度が高いです。
夜間の登山など信頼性が求められる場面では性能を発揮してくれます。

アウトドアから日常まで幅広く使用できる実用的なライトだと感じました。


6月の釣果。

多摩川にはナマズを釣りに4回行きましたが、ポイント探しが目的だったので釣果は1匹のみ。
釣行時間の殆んどを探索に費やし夜の河川敷をひたすら歩いていました。
こういう釣りも好きだったりします。


6月20日の釣果
DSCN9815.jpg
65㎝

DSCN9683.jpg
探索で発見したラジコン。
ガソリンエンジンの飛行機なら持って帰って直そうかと思いましたが、これはバッテリーで飛ぶ安物でした。

DSCN9804.jpg
川底でウシガエルが岩の間に頭を埋めています。
余程嫌な事があったのでしょう。
自然界も厳しいのですね。


シーバスの方は相性が悪いです。
隅田川の水門の照明下を狙って2匹。

6月4日の釣果
DSCN9685.jpg
51㎝

6月17日の釣果
DSCN9780.jpg
45㎝

DSCN9777.jpg

今年のシーバスは釣果があっても連発までいきません。
いつも1~2時間しか釣りませんが、それでも昨年は回遊タイミングに合って5匹以上釣れる日が結構ありました。


ナマズもシーバスもキャッチ&リリースなので、たまには手軽に料理して食べられる魚を釣りたいものです。


*** 使用タックル ***

ロッド:シマノ ディアルーナ S1000ML
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S 夢屋F6スプール
ライン:東レ シーバスPE パワーゲーム 0.8号(15Lb)
リーダー:東レ シーバスリーダー パワーゲーム フロロカーボン 16Lb

・エコギア グラスミノーL ジグヘッド2g  ナマズ1匹
・ラパラ CD7 シーバス2匹

無計画な人生を送ってきました。

今まで人生の計画を立ててこなかったから、こんな生活をしてくだらないブログを書いているのです。
あした考えればいいとか思って時間を無駄に過ごしてきた結果がこれですよ!
このままでは、これから先もロクな人生を送れません。
なので人生設計は重要だと思うのです。
豊かな老後の設計図、そしてそれを実現するためには何をすれば良いのかを考えてみました。

この先何が起こるか分かりませんが、老後は100歳まで生きる予定です。
それが無理でも、年金を受給出来る年齢までは生きたいものです。
年金で生活して持家の庭で野菜とか育てて静かに暮らすのです。
そして遊びに来た孫とキャッチボールをするのです。


まあ、こんなもの幻想ですけどね!!

孫どころか、まず子供がいないのですよ。
それどころか結婚もしていないのですよ。
それ以前に男女交際どころか人との交流が出来ていないのですよ。
まずはコミュニケーション能力を上げなければならないのです。
他にも、甲斐性がないのでこれも何とかしなければなりません。
すぐに悪口を言うのも人から嫌われるので直さなければなりません。
理由を見つけて諦める癖も直さなければなりません。
もう人格を矯正しなければなりません。

ちょっと待ってくださいよ!
孫とキャッチボールするのハードル高過ぎるんですけど!!
だいたい何で人生設計に人格矯正が入っているのですか!
しかも今って年金の受給年齢を引き上げるとか検討されているじゃないですか!
もう孫どころか年金を貰えるか危ういですよ!

これでは持家の庭で家庭菜園なんて到底実現しませんよ!
河川敷を勝手に不法占拠して野菜を作る迷惑な人間になってしまいますよ!
よく夕方のニュースの特集でやっている、リポーターに注意されるといきなり大声出してキレるジジイになってしまいますよ!
顔には編集でボカシが入れられて声もボイスチェンジャーで変えられて、「お前あっち行けよ!このヤロー!!うぉほhsふぃhdげfdjべrsgぇ!!」とか言ってカメラの前で暴れるのでしょうね。


「やめろよ!近付くんじゃねーよ!!」
ブスッ!!!
「ギ、ギャァーーーーーーーーっ!!」
「ち、違うんだ、こ、こ、こいつが悪いんだ、さ、刺すつもりなんて・・・、なかったんだ。」

殺人未遂で逮捕ですよ。

ワイドショーで近所に住む主婦がインタビューされて、「おとなしくてこんな事件を起こす人には見えなかったんですけどねー。」とか言うんですよ。
「そういえば、いつも壁にボールを投げて一人でキャッチボールしてたわねー。」とか言うんですよ。
余計な事言わないで下さいよ!
一言多いんですよ、あなた!!

そして牢屋に入れられて、「貝になりたい、私は貝になりたい」と、ぼやきながら老後を過ごす事になるのです。

しかし悪い事ばかりではありません。
刑務所には菜園があるので野菜をたくさん作る事が出来ます。
老後の趣味としてではなく刑務作業ですが。
休み時間にはキャッチボールをする事も出来ます。
相手は孫ではなく囚人ですが。
老後を共に過ごす友人も大勢作る事が出来ます。
もちろん全員囚人ですが。

皆の前で、「8時だョ!全員囚人~」とか言ったら本気でぶん殴られるのでしょうね。

「おい、138番!どうした?138番!顔がアザだらけじゃないか!意識が無いぞ!誰か医師を呼べっ!!」
老体には致命傷で意識不明の重体です。

刑務所生活の次は病院生活ですよ。
「〇〇さ~ん、今日はリハビリでキャッチボールしましょうねー」
ここでもキャッチボールですか。

もうこの頃にはゴムボールも投げられない程に老衰しています。


って自分の老後は悲しすぎじゃないですか!!
そもそも何で逮捕されてるんですか!
定年退職する事をリタイアと言いますけど、これではクラッシュしていますよ!

今回はね、老後に自然に囲まれながら静かに生活をする人生設計を書きたかったのですよ!
それが何で刑務所で囚人とキャッチボールをしている話になっているのですか。
何が8時だョ!全員囚人ですか。
いくら個人のブログだからって思い付いた事を何でも書いて良いわけではないのです!

また今回も話が脱線してしまいました。
なぜ初めに考えた通りに書けないのでしょうか。

ブログも計画通りに書けない人間が人生の計画なんて出来るはずがありません。

LEATHERMAN レザーマンのマルチツール、OHTのレビューです。

DSCN2552.jpg
このマルチツールはプライヤーが一般的な折り畳み式ではなくスライド式というのが特徴です。

DSCN2539.jpg

全長:11.5㎜
重量:280g

収納ツール
・スプリングアクションペンチプライヤー
・スプリングアクションレギュラープライヤー
・スプリングアクション取替え式ワイヤーカッター
・スプリングアクション取替え式ハードワイヤーカッター
・420HC直刃ナイフ
・420HC波刃ナイフ
・ノコギリ
・サイズマイナスドライバー(小、大)
・プラスドライバー
・ストラップカッター
・缶切り
・ボトルオープナー
・酸素ボンベレンチ
・#8-32クリーニングロッド取付用ネジ切り


DSCN2541.jpg
グリップには収納ツールの形が刻まれているので、使う時に間違える事がありません。

DSCN2550.jpg
プライヤーの刃は交換可能です。

DSCN2548.jpg
マルチツールの中では比較的大きいサイズなので握った感触がとても良いです。


プライヤーの展開手順

DSCN2542.jpg
画像中央の突起を押すとロックが外れてプライヤーとグリップがフリーの状態になる仕組みです。

DSCN2544.jpg
プライヤーを展開させるには、両サイドの突起を親指と人差し指で握るように押し込みます。

DSCN2545.jpg
すると、グリップの部分が重力で下へ落ちていきます。

DSCN2547.jpg
プライヤーが上に飛び出しているようにも見えますが、グリップが下へ落ちています。



~総評~

OHTは登山やアウトドアで必ず携行しています。

DSCN1622.jpg

DSCN1626.jpg
山では波刃ナイフを使用する機会が多いですね。
また、片手で素早くプライヤーを展開出来るのはとても便利です。

特殊なギミックは扱い辛いというイメージもありますが、それを払拭するマルチツールに仕上がっていると思います。


ゼロ トレランス ZT0350 Folder SpeedSafeのレビューです。

DSCN2557.jpg

ZT(Zero Tolerance)は米国の老舗ナイフメーカー、カーショー社のタクティカルブランドです。
軍、警察、消防等から高い評価を受けて第一線で使用されています。
また、ブレード(刃)の部分は包丁で有名な岐阜のメーカー、貝印が製造しています。
実質、準国産ナイフと言えるでしょう。

自分はこのナイフを登山やアウトドアで愛用しています。
ブレードの形状がドロップポイントなのでとても使い易いナイフです。


ブレード:約8.8cm(厚さ約3.1mm)
オープン:約19.6cm
クローズ:約11.7cm
ブレード材質:S30V stainless-steel with Tungsten DLC coating
ハンドル材質:Textured G-10


DSCN2560.jpg
ブレードの材質はS30Vです。
登山で木を削ったり魚を捌いたりハードに使用していますが、鋭い切れ味を保っています。
適度な丸みを帯びているので、切る、剥くに適しています。
濡れる機会も多かったですが、刃の部分は錆びどころか変色すらしていません。

DSCN2558.jpg
セレーション

DSCN2561.jpg
ユーティリティーナイフなので厚みは3.1mmと若干薄めです。

DSCN2562.jpg
この部分のクオリティが素晴らしいですね。
各パーツがピッタリ重なっています。

ハンドルの材質はG10で、グリップを高めるため表面は細目ヤスリのようになっています。
フラッシュライトで見られるローレット加工とは少し違う凹凸です。

DSCN2564.jpg
クリップはトルクスネジで留められています。

DSCN2565.jpg
畳んだ状態

DSCN2566.jpg
ブレードの端が出っ張っているので、そこを人差し指で手前に引くとオープンの状態になります。

DSCN2567.jpg
SpeedSafeというだけあって素早く展開します。


~総評~

とても使い勝手が良いユーティリティーナイフです。
ブレードの形状がドロップポイントなので登山やアウトドアで重宝しています。
また、各部品の精度が非常に高いです。
まさにゼロ・トレランス(許容誤差0)の名に相応しいクオリティーのナイフですね。

DSCN2406.jpg


前回のつづき

林道日原線と孫惣谷線を走り終えたので、次のコースの倉沢線を目指します。


DSCN9707.jpg
倉沢線の入口付近。

DSCN9708.jpg
短い距離ですが途中まで舗装された道が続きます。

DSCN9709.jpg
大雨の後なので落石注意です。

DSCN9710.jpg

DSCN9711.jpg
狭いガレ場が続きます。

DSCN9712.jpg

DSCN9713.jpg
雨の後なので所々で脇から水が流れ出しています。

DSCN9714.jpg
今回の林道ツーリングのベストショット。

DSCN9715.jpg
さらに奥へ進むと、ここでも地すべりが発生しています。

DSCN9716.jpg

DSCN9717.jpg

DSCN9718.jpg

DSCN9719.jpg
このサイズの落石が直撃したら重傷です。

DSCN9720.jpg
現在走行する事が出来る倉沢線の一番奥。

DSCN9721.jpg

DSCN9723.jpg
右手には魚留橋という橋がありますが、この先は通行止めになっています。

DSCN9726.jpg
徒歩で50m程進んでみましたが酷い地すべりが起きていました。

DSCN9727.jpg
流木で塞がっているのでバイクでは走行不可です。


これで今回の奥多摩林道ツーリングは終わりになります。
残念ながら目的にしていた小川谷線は通行止めで走る事が出来ませんでしたが、なかなかおもしろい林道ツーリングになりました。
あと、帰りの高速で急に土砂降りになった時は死ぬかと思いました。

渓流釣りのポイントも探しながら走ったので、次回はヤマメ狙いで行こうと思います。

前回のつづき

目的地である林道小川谷線へ続く道が通行止めになっていました。
ここ数日の大雨の影響なのかは分かりませんが、本当に運が悪いです。

この周辺は小川谷線がオフロードバイクで一番楽しめそうなダートコースで、そもそも今回はここを目当てに奥多摩まで来たのです。
一応、他の林道も事前に調べてきましたが、おまけ程度でしたので意気消沈です。

計画変更です。
この近くにある林道日原線を目指します。
幸いこの頃には天気が回復してきました。

DSCN9706.jpg
林道日原線の入口付近

DSCN9700.jpg
日原線は未舗装の林道ですが、ダートコースと言うより普通の砂利道です。
手応えのない道が続きます。

DSCN9699.jpg
下を流れる日原川の対岸が地すべりを起こしています。

日原線は途中に分岐があり、林道孫惣谷(まごそだに)線に入る事が出来ます。

DSCN9705.jpg
孫惣谷線も似たような砂利道ですが勾配を登る事になります。

DSCN9701.jpg

DSCN9702.jpg

DSCN9703.jpg
まだまだ登っていきます。

DSCN9704.jpg
孫惣谷線は見晴らしの良いコースが続くので、オフロード走行よりも景色を楽しめます。


しばらく進んでいくと、プレハブ小屋がありワンボックスカーが数台とめてありました。
そこに居た人に、「この先はうちの施設があるので通れません」と言われたので引き返しました。

ここで思ったのですよ。
なぜ、わざわざこんな急勾配の林道を通らなければならない山奥に事務所を建てるのか?
しかも、「施設」と言っていた事に非常に違和感を感じたのです。

発見してしまいましたよ!
ワンボックスカーがとめられた山奥のプレハブ施設。
これはカルト宗教の施設に間違いありません!

逃げるように来た道を戻ります。
急勾配なので、ギアを入れずに日原線の分岐ポイントまで下る事が出来ました。


自宅に帰ってから調べてみたら、奥多摩工業という石灰の採掘を行う企業の施設でした、ごめんなさい。

DSCN9730.jpg
奥多摩駅付近に、とても味のある工場があって撮影しておいたのですが、これも奥多摩工業の施設でした。
周辺の採掘場からこの工場までトロッコで繋がっている様です。


つづく

奥多摩の林道ツーリングです。

先週大雨で行けなくなりましたが、今週も天候が不安定です。
いつも天候に恵まれません。
先延ばしにしていると、結局行く気がなくなるので今回は決行します。


06:30に自宅を出発、曇天の中央道を走ります。

高速を降り、多摩川沿いの411号線を奥多摩方面へ進みます。
信号待ちをしている時に気が付いたのですが、この日のために購入したパンク修理剤を持ってくるのを忘れました。
山奥の林道でパンクしたらと思うと不安になります。
水筒にお茶を入れるかアクエリアスを入れるか迷ってんじゃねーよ!!
他に大切な持ち物があるだろ!!


DSCN9694.jpg
川井まで来たところで脇に降りて撮影。
この付近は一昨年釣りに来た事がありますが、ここ数日の大雨による増水で姿が一変しています。
まあ、前回来た時も途中から雨が降りましたけどね。
いつも天候に恵まれません。

P1040151.jpg
一昨年の様子


奥多摩駅付近の交差点で日原街道へ入り、さらに奥へ進みます。

DSCN9696.jpg
下を流れているのは多摩川の支川である日原川。

日原街道は所々で小規模な土砂崩れや落石が発生していて修繕工事が行われていました。
大雨による被害だと思われます。

さらに走り、林道小川谷線を目指します。
高速を降りてから1時間半くらい走りました。


DSCN9698.jpg
通行止めになっています。

\(^o^)/オワタ


つづく

車の自動運転の実用化が目前に迫っているそうです。
今月行われたフランス自動車クラブ主催のイベントで、日産とルノーのCEOであるカルロス・ゴーン氏は、2018年には自動運転の技術を搭載した車が日本、アメリカ、フランスで実用化されると発表しました。
車の自動運転なんて、未来の技術で現代では安全面で不可能かと思っていましたよ。
これからは車に限らず、技術の発達で身近なものが次々に「自動化」されていくと思います。

西暦20XX年

この世界は全てがマシンによって自動化されていた。
人々はマシンに頼る生活を送り、それに伴いマシン市場は拡大の一途をたどっている。
今日も深夜にテレビを付けると、通信販売の番組で高性能のマシンが続々と紹介されていた。


・自動作曲マシン 新垣隆いら~ず
2014646843351.jpg

購入者の感想
2014789465.jpg
佐村河内守さん
「もうホント凄いんですよ!ゴーストライターに頼まなくても自動で次々に作曲してくれるので大助かりです!このマシンが作曲したHIROSHIMAの第2楽章を聴いた時は鳥肌が立ちましたよ。あっ、聴こえないんでした。」


・自動吸引マシン ルンバ
201464648968.jpg

購入者の感想
20149846465.jpg
清水健太郎さん
「外出時などにセットしておくと私の代わりに吸引してくれるのでとても助かっています。おかげで逮捕回数が格段に減りました。」
※個人差があります。


・自動馬鹿発見器 バカッター
201435461356.jpg

購入者の感想
2014616846465.jpg
リツイートの皆さん
「飲食店の冷蔵庫に入ったりする馬鹿が自動で次々に引っ掛かるんですよ。炎上のネタとして重宝しています。」


・自動得点マシン ベイ・ミシマ
201464687641.jpg

購入者の感想
2014843516851.jpg
セ・リーグの皆さん
「このマシンがマウンドに立つとフォアボールとボークの連続で勝手に点が入ってくれるんですよ。バットを振らなくて良いので打者が疲労せず大変重宝しています!」


・自動生活保護受給マシン 不正ジュキュー
2014654687465.jpg

購入者の感想
20146413468545.jpg
河本準一さん
「十分な収入があってもこのマシンが毎月自動でお金を貰ってくれるんですよ。ただ、世間から人間のクズとか、ゴミ以下とか、〇ねとか言われるようになりましたね。」


・自動現金支払いマシン カトチャン
201466846465.jpg

購入者の感想
2014541564648.jpg
加藤茶の嫁とお友達さん
「豪遊したり高額な買い物をしても全てこのマシンが自動で支払いをしてくれるんですよ!しかもマシンが壊れたら遺産も入ってくるんです。大金目当てでこのマシンを手に入れた私は勝ち組ですね(笑)」


・自動手話通訳マシン タマサンカ・ジャンティ
201461684664.jpg

購入者の感想
2014984646.jpg
オバマ大統領さん
「追悼式典でこのマシンを使用しました。どうやら欠陥商品のようでデタラメな手話通訳を延々と繰り返していました。クーリングオフ期間だったので返品対応してもらえました。」


・自動都知事選挙出馬マシン マック@アカサカ
20146649864.jpg

購入者の感想
2014681315653.jpg
東京都知事選挙さん
「毎回毎回この人が悪ふざけで出馬してくるんですよ。自動的に出馬されるシステムになっているのでしょうか。もう正直、迷惑しています。」


・自動ブログ執筆マシン ネタが無くなったその時に、ゴーストライター1号
201496465463.jpg

購入者の感想

asitatop.jpg
このブログの管理人
「年老いたわしの代わりに世間の批判を書いてくれるので重宝しとるわい。何十年間もブログを書き続けるとネタが尽きてくるのじゃよ。あれはいつだったか、2014年頃にはもう正直ネタが無くなって限界を感じておったわい。」


まあ、近未来で自動車が人間の代わりに自動で運転したりする事は素晴らしいですが、問題もあると思うのですよ。
自分のように常に人や物事に対し疑いを持つ人間からすれば、マシンやコンピュータも信用が出来ないのです。

もちろん、メーカーは何重にも安全策を施して完璧な製品を販売するのでしょうけど。
例えば、自動運転の車が誤作動したとしましょう。
そうなると大事故につながる危険性が非常に高いのです。

これは自動車に限った事ではありません。

佐村河内守の作曲マシンが誤作動を起こしてアニソンを世に発表してしまうかもしれません。
吸引マシンの吸っていた粉が誤作動で排出されて清水健太郎が再び逮捕されてしまうかもしれません。
自動手話通訳マシンがとんでもない卑猥な通訳をしてしまうかもしれません。
マック赤坂が地味でつまらない普通のオジサンになるかもしれません。

他にも、自動ブログ執筆マシンが誤作動を起こして、このブログに民〇党や共〇党をネタにして批判したり、名指しで有名人の悪口を書き込んだりするかもしれません。
しかし良く考えてみると、これってもう既に散々書き込んでいるんですよね。
自分の頭は正常です。
誤作動を起こしていません。

また雨で予定がなくなりました。

今年はオフロードバイクを買ったので、前々から奥多摩に林道ツーリングしに行こうと計画していたのですよ。
色々なコースを事前にネットで調べて計画していたのですよ。
高速も走る事になるのでバイクにETCを取り付けられるようにしたのですよ。
そうしたら雨ですよ。

もうね、自分はいつも天候に恵まれないのです。
よく、「マジ俺、雨男なんだよね~(笑)」みたいな事を言う人間がいますけど、自分からしてみればその程度全然雨男でも何でもないですから。
なにが(笑)ですか、おもしろくも何ともありませんよ!

自分なんて洗車をした翌日が雨になったのが9回連続で続いた事がありますからね。
うち2回はコーティングしている最中に降ってきましたよ。

遠出して釣りに行く日だって天気予報では曇りだったのに、当日蓋を開けてみればいつも雨ですよ。
もうパンドラの箱なのですよ。
災いしか入っていないのです。
パンドラの箱同様、箱の底には希望も入っていると信じたら晴れた日もありましたよ。
しかし海に到着したら強風で大シケなのですよ。
箱の底に希望は入っていませんでした。
クーラーボックスにも魚は入りませんでした。

今日は雨で林道ツーリングに行けなくなったので、録り溜めた番組を見たりJAFの会報のクロスワードパズルをしていたら1日終わりました。

DSCN9691.jpg
べつにこれを解いて懸賞に応募するわけではありません。
ただやるだけです。

この前も珍しく予定があったのに雨で潰れて、薬物リーグ選手名鑑なんて馬鹿な事を書いていたら夜になっていました。
自分は時間の使い方が絶望的に下手なのです。

こういう時、リア充は時間を上手く使えるのでしょうね。
ファーストネームで呼び合う友人達と男女仲良くボウリングとかカラオケとか屋内型のアミューズメント施設でエンジョイするのでしょうね。
こっちは家でクロスワードパズルですよ。

だいたいね、タテの25番の穴埋め問題!
「免許を取ったばかりですが毎日運転をしているのでだいぶ〇〇〇〇〇しました」って、これあなたの感想じゃないですか!
何で問題の答えが出題者の匙加減で決まっているんですか!
いじわるクイズじゃないですか!

まあ、それでもこんなの簡単に解けますよ。
なぜなら自分は基本的に高スペックな人間なのです。

しかし、よく考えるてみると自分で高スペックとか言っている時点で低スペックなのかもしれません。
低スペックな人間だから家で一人クロスワードパズルなんてやっているのです。
こんな人間だから天候に恵まれず、運にも見離されるのです。
朝の番組でやっている占いで自分の星座がいつも泣顔のマークになっているのに納得です。

実際もう泣きたくなります。
しかし、泣いているばかりではいられません。
一人メソメソしていないで前進あるのみです。
人生、常に挑戦の連続なのですから。
さあ、今すぐパソコンを閉じて!


もう一冊挑戦してみます。
DSCN9693.jpg

先週の事ですが、保存していたブログの記事を一つ潰されました。

秋元康とAKBをネタにして悪口を書いていたんですよ。
そしたら、あの握手会での事件ですよ。
そのままブログを更新したら自分まで犯罪者に捉えられてしまいそうな内容だったのです。
しかも自分はメンタルが弱いのでブログを見た方々に不謹慎だとか、最低だとか、酷いとか、人間のクズだとか、釣りばかりしていないで働けとかコメント欄に書き込まれるのが怖いのです。
なので、しばらく秋元康やAKBの悪口は書きません。
そもそも人の悪口をブログに書いてはダメなのです。


それにしても、ファンと握手するのも命懸けとはアイドルも大変ですね。
今回の事件を受けて今後の対策として検討されているのが↓だそうです。

2014789413568.jpg

何かのジョークかと思ったら本当の話だそうです。
これって、ドラマの刑務所のシーンとかであるアレですよね?
「ひろゆきは大きくなったか?」
「ええ、あなた。もうハイハイが出来るようになったのよ」
みたいなアレですよね?
AKBは「会いたかった~♪会いたかった~♪」なんて歌っていますが、これでは面会で本当に会いたかった人達ではないですか。
重いですよ。

他にも金属探知機や手荷物禁止など警備が厳重になるそうです。
しかし、いくら警備を厳重にしても凶悪な暴漢を防ぐ事は出来ないと思うのです。
空港の国際線の検査ですら凶器を見破れずハイジャックが発生したりしているのですから。

そこで考えたのですよ。

AKBのメンバーに軍隊並みの近接格闘術を習得させて自身を守らせるのです。
格闘術は護身術としても一般に普及しています。
戦うアイドルです。
敵を制圧するアイドルです。

しかもメリットはこれだけではありません。
ファンはCDを買うと付いてくる拘束券というチケットを集めれば、AKBメンバーに格闘術で拘束されるサービスを受けられる。
集めた枚数によって技のランクが上がり、長い時間技を掛けられて拘束される事が出来る。

ファンサービスと護身を同時に行える、まさに一石二鳥なのです。
もう天才ですね。
ビジネスでこういう発想の出来る人間が天才なのですよ。

20148463684.jpg
2014843468.jpg

良い案だと思ったんですけど、既に似たような商売をしている人がいました。
しかも逮捕されていました。


まあ、しかし自分はアイドルと握手するのが目的で同じCDを何千枚、何万枚も購入したりグッツに何千万円も消費するというのが理解出来ないのですよ。

201478631534568.jpg

趣味やコレクションというのは、社会思想や宗教の次に他者が理解する事が困難だと思うのです。

また哲学みたいな事を書いていますよ。
偏差値の低い学校に通っていたコイツが哲学ですよ。
さっきまで刑務所の面会でひろゆきがハイハイ出来るようになったとか馬鹿な事を書いていたコイツが社会思想ですよ。
もう鼻の穴と穴の間のところをラジオペンチで潰してやりたくなりますよ。

以前NHKの番組で、イタズラ書きみたいな絵をコレクションする人が紹介されていました。
その絵というのが文房具売り場にある試し書き用の用紙なんですよ。
自分には到底理解が出来ないコレクションでした。

自分は釣りが趣味ですが、釣りに全く興味のない人間からしてみれば、深夜の多摩川を一人で探索するという行動は理解出来ないかと思います。

人の趣味やコレクションというのは他者が口にする事自体が無意味なのだと思うのです。
勿論、違法な事や人を傷付けたり道徳に反する行為は絶対にあってはなりませんが。

今度は道徳心を語っていますよ。
いつもブログに他人様の悪口を書き連ねているコイツが道徳心ですよ。
もう金槌を足の小指めがけて落っことしてやりたくなりますよ。

で、長々と書いてきましたが何を言いたいのかというと、秋元康商法は道徳に反しているという事です。
ファンとの交流を名目に、握手券をおまけで付けて同じCDを一人に何千枚、何万枚も買わせるのは明らかにお行儀のよくない商売だと思うのです。
お行儀のよくない商売で稼げば稼ぐほど、ディズニー映画に出てきそうな悪い〇タみたいな顔になっているじゃないですか。


秋元康やAKBの悪口は書かないと言っておいて、結局また悪口になってしまいました。
なぜ自分のブログはいつもこうなってしまうのでしょうか。

誰かお行儀のよいブログの書き方を教えてください。


CRF250LのACC(アクセサリ)電源の取り出しです。

車両には純正オプションのグリップヒーター等を繋ぐコネクタが備えられているので、そのコネクタから配線するだけとなります。

DSCN9675.jpg
コネクタの位置は画像の中央の辺り。
メーター下、車両正面から見て左側。
他の作業も兼ねているのでヘッドライトを取り外していますが、そのままでも作業できそうです。

ゴムブーツをめくるとコネクタが3つ現れます。

DSCN9676.jpg
青色がACC用で防水キャップで塞がっています。
※画像はキャップを取り外している状態です。

配線は黒がプラス、緑がアースです。
黒=アースではありません。

コネクタの種類は「HM090型」で、パーツ量販店やアマゾンで購入可能です。

DSCN9674.jpg
市販品はデイトナが販売していて「HM090型防水コネクターセット 2極 38181」となります。
防水型のヒューズホルダーも用意します。

リード線にコネクタとヒューズホルダーを取り付けてハーネスを制作します。

DSCN9677.jpg
ハーネスの反対側は任意で好みのコネクタを取り付けます。
シガーソケットは汎用として便利ですが、振動と雨による錆びで接触不良になる可能性が高いのでオススメしません。
ギボシは厳禁。
自分は車両と同じHM090型のコネクタを付けました。
ACC電源でETCしか使用しないのと、車両に付いていた防水キャップがそのまま利用可能というためです。

ハーネスを車両のコネクタに繋いで後方へ伸ばします。

DSCN9679.jpg
フォークのすぐ後方。
ケーブル類を固定しているフレームのフックに挟んでおきます。
この位置であれば電源を使用しない時は綺麗に収まり、使用時には程好い長さでハーネスが出てくるのでコネクタの着脱も楽です。

当ブログ内容の無断転載を固く禁止します