ダブル台風が接近という事で、太平洋側の海はかなり荒れているそうです。
    これはもう泳ぎに行くしかありませんね。

    という事で、三浦半島の磯で泳いできました。

    DSCN2089.jpg
    シケていますね!
    これは胸が高鳴ります!

    DSCN2095.jpg

    DSCN2098.jpg
    この磯は元々泳ぐような場所ではないので人は多くはありませんが、流石に今回は一人も泳いでいませんでした。

    DSCN2097.jpg
    海岸沿いを10分程歩いていつも自分が泳いでいる場所に着いたら崖が崩れていました。
    崩れた土が雨で流れていないし、まだ崖から雑草も生えていないので最近崩れたと考えられます。
    いつもここに荷物を置いて休憩していました。
    海も危険、陸も危険のサンドウィッチ。

    それにしても海は荒れまくっています。

    DSCN2128.jpg

    DSCN2135.jpg
    この波であの岩場に叩き付けられたら死ぬかもしれない。
    あそこには近づかないようにしよう。

    DSCN2132.jpg

    DSCN2165.jpg
    デンジャラスですね!


    早速シュノーケルの準備をして潜ります。

    umi001.jpg
    「ワ~イ、ワ~イ、海だー!楽しいな~!」

    umi002.jpg
    管理人後ろーー!!
    おい!後ろー!!
    すげぇーデカイ波が来てるって!!

    umi003.jpg
    「・・・・・・・・・・・・・・・。」

    umi003.jpg
    「・・・・・・・・・・・・・・・。」


    20154168498878715.jpg

    いやもうね、一番初めに潜った場所というのが打ち寄せた波が沖に戻る時に集まる場所だったようで、尋常じゃない速さで沖に流されました。
    本当死ぬかと思った。
    久しぶりに出ましたよ、火事場の馬鹿力。
    とにかく無我夢中で岸まで泳ぎました。
    中学二年の時に近所のダイエーで不良にカツアゲされそうになって、全力疾走で逃げた時くらいリミッターが解除されたと思います。

    磯は砂浜と違って流れが複雑なので、下手すると一瞬で飲み込まれてしまいます。
    今夏はシュノーケリングで22人が亡くなっているそうです。

    少し開けた場所に移動して潜り直し。
    水中の様子。

    DSCN2147.jpg

    DSCN2149.jpg
    ここまで荒れていると魚は殆んどいませんね。
    濁っているので視界も悪いです。

    しばらく泳いで、ようやく一匹発見しました。

    DSCN2156.jpg
    ベラ。
    シャッターチャンスを逃しました。

    そして、

    DSCN2158.jpg
    ロクセンスズメダイ。


    次は少し沖に出てみます。

    DSCN2110.jpg
    さあ、波が来ましたよ!

    DSCN2117.jpg

    DSCN2118.jpg
    高い波は壁みたいに押し寄せてくるので何ともスリリングですね。
    ただ油断して岸の方へ押し流されると、岩に打ち付けられて泣きたくなるくらい痛いです。
    擦り傷とアザだらけになりました。

    umi013.jpg
    画像では伝わりませんが、この時点で結構高さがあります。
    持ち上がる波に合わせて体も上手く浮かせられれば飲み込まれずにやり過ごせます。
    (深く潜って回避する方法もあります)

    umi014.jpg
    「ブゴフォ!!!」
    だけど絶対成功するとは限りません。

    umi015.jpg
    こうなると波にもまれて、

    umi016.jpg
    シュノーケルの中に水が入ってくる。

    umi017.jpg
    そして直ぐにまた次の波が来る、のエンドレス。


    この後、陸に上がって休憩をしていたら風も強くなってきたので引き上げる事にしました。
    数分おきにデカイ波が来ているので、沖に引きずり込まれたり岩に叩き付けられる恐れがあります。

    DSCN2177.jpg
    この波で岩場に叩き付けられたら死亡。


    今回はデンジャラスな海を十分体験する事が出来ました。
    海保やレスキューの方々は、こんな大シケの海でも捜索救難をされているので敬意の念を抱きます。
    練度の高さというのは想像すら出来ません。
    自分も海でも山でも救助される立場にならないよう、これからも鍛練していこうと思いました。


    DSCN2174.jpg

    いつも行きはズボンの下に水着を穿いていっているのですが、今年も帰りのパンツを持ってくるのを忘れてしまいました。
    バカじゃないのお前!
    ホント何も成長しないよな!
    体よりも頭を鍛練しろよ!!

    今年も少し涼しくなった下半身と共に夏が終わっていきます。


    以前、職場のブスにこんな質問をされた事がありまして。

    「管理人さんって休日は何をしているんですか?」

    そのブスは吹き替えをする事になったら、シュワルツェネッガーを担当をしている玄田哲章さんが声をあてる事になるんだろうなというブスなんですけど、自分の休日に興味があるのではなくて、一緒にいたちょいイケメンの佐藤君を目当てで話し掛けてきたんです。
    なので、そのブスの問いに対して正直に「お風呂上りに全裸でムーンウォークの練習とかしてる。」って答えたんですけど、そしたららもう話してくれなくなりました。


    moonwalk.gif


    とまあ、休日は主に全裸でムーンウォークをしている管理人ですが、しかし先日は法律事務所に行って弁護士さんと話しをしてきまして。
    こう書くと、このブログをご覧頂いている方は「やっぱりね、いつか管理人訴えられると思ってたよ。」とか「どうせお前職場のブスにセクハラで訴えられたんだろ。」とか「お前の口臭は有罪だ。」と思うのでしょうけど、訴える側の立場になりました。

    順を追って話しますと、以前このブログに自分が住んでいるマンションの向かいの建物の解体工事をしていて、それがうるさいって書いたじゃないですか。
    どうやら、この跡地に部屋数90の巨大なマンションを建設する予定があるようでして。
    9階建てなので都内ではそこまで高くはない建物なんですけど、横に長い土地なので巨大な壁みたいになるんですよ。
    なので周辺住民が猛反対をしているんです。

    広範囲の住居が日陰になって日照権が侵害されたり、人や車の出入りで生活騒音が生じたり、対面したマンションやアパートは部屋が丸見えになってしまうんです。
    隣の戸建ての家なんて特に悲惨で、立派な家をおそらくローン組んで建てたと思うんですけど、窓を開けたらマンションの壁になりますからね。

    で、建設会社と周辺住民が集まって協議をする場が設けられて、自分もそれに参加する事になりました。

    いやもうね、これは決して他人事ではありませんから。
    一方通行の細い道を挟んで向かいに巨大なマンションが建つわけですから、向こうの住人から自分の生活が丸見えになってしまうんですよ。
    皆さんもご自身の事として考えてみて下さい。
    他人に自分の生活が覗かれるという恐怖を。
    お風呂上りに全裸でムーンウォークの練習をしているのが丸見えになるんですよ。
    肛門まで全て丸見えになるんですよ。

    えっ?肛門まで!?

    普通ムーンウォークじゃ肛門は見えねぇーだろ!!
    お前やってんのムーンウォークじゃなくねえ!?死ねば!!
    あと肛門とか汚い事を書いて本当に申し訳ございません。
    お食事中の方がおりましたら、どんどんおかわりして下さい。

    まあとにかく肛門のプライバシーが侵害されてしまうんです。

    それを阻止するために自分も説明会に参加してきたんです。
    まあ説明会と言っても、建設会社が一方的に説明をして、周辺住民の意見は一切受け入れないというものですが。
    しかも他の住民の話しでは、この建設会社は以前にも他の物件で揉め事を起こしている悪徳業者のようでして。

    しかしですね、我々だってただ黙っているわけにはいきませんよ!!
    静かで穏やかな生活が侵害されてしまうのですから、何としてでも建設を阻止しなければなりません!!
    多勢に無勢、人数では圧倒的にこちらが多いのですから、皆で一丸となって相手を打ち負かしてやろうではありませんか!!

    で、事前にこの手の問題で必要になるであろう法律や知識を少し勉強して、戦地に赴く心構えで近所の集会所に着いたんですけどね、扉を開けたらもう絶望ですよ。
    30人近くの住民が集まっていたけど、殆ど爺さん婆さんですからね。
    若いの自分だけじゃねぇーか!
    ドラクエでこんなパーティー組んだら即全滅のレベルですよ!
    まともに討論出来るような状態の人間が自分含めて3人しかいないんです!
    しかもうち1人は、後で登場するんですけど50歳くらいのオジサンで、戦力になるかと思っていたら隣の大家のドラ息子で全然動かなかったですからね。
    対して相手の建設会社は社長や専務やら、この手の問題に経験豊富の幹部が4人ですよ。
    これもう完全に終わった。

    説明会は建設業者が一通りマンションの概要を説明した後で質疑応答という形式でした。

    ここで、早速このブログの管理人さんが挙手。
    正面の住居のプライバシーが侵害されるので、周辺住民に配慮した設計に変更してほしいという要望を出しました。

    悔しいですけど、相手の業者も土地を購入している以上はマンションを建設する権利がありますし、建物だって適法なので建設の差し止めというのは現実的に不可能なんです。
    なのでこれくらいしか言えないんです。
    それどころか、この程度の要望ですら受け入れられる見込みはゼロの状況なんです。
    しかしですね、管理人さん討論には少し自信がありますから論破して黙らせてやりますよ!

    管理人「配布されました図面を参照しますと、残念ながら近隣住民に対する配慮を一切感じる事が出来ません。プライバシーを考慮してバルコニーの窓ガラスをすりガラスにするか、あるいはRC(鉄筋コンクリート)の柵(壁)の上に目隠しとして乳白のアクリル板を設置して頂く事を希望します。」

    専務「プライバシーに関しましてはこちらも十分配慮した設計をしておりますので、現状でご理解頂きたいと思います。」

    建築士「RCの柵に関しましても、高さを1.3mにして目線を切れるようにしております。また建物自体も道路から後方へ5m離す事で対面するマンションから十分な距離を確保しております。
    (この5m離すのはプライバシーの観点ではなく単に9階の建物にすると法的に離さなければいけないという事が後に判明)

    管理人「確かに建築基準法ではバルコニーの柵の高さは1.1m以上となっていますが、しかし20cm高くした1.3mという設計で本当に目線が切れるでしょうか?わずか20cm高さを変えただけで周辺住民に対しプライバシーに配慮したと言えるのでしょうか?非常に疑問です。」
    (ここで席を立ち、実際に自分の体で1.3mというのはこのくらいの高さだと双方の出席者に分かり易く手で示す)

    社長「建物の設計に関しましては貴方がとやかく言える事ではありませんし、この場で図面を書き変える事も出来ません。では逆に考えましょう。貴方は家を建てる時に周辺住民から設計を変えろと指図を受けたら従いますか?」

    管理人「当然従います。私が施主になるのであれば、周辺住民に迷惑が掛からないよう十分配慮した設計にしますし、実際、私達の周辺のマンションやアパートの大家さん達もお互いに配慮した設計で建築されています。プライバシーに関しては私達とあなた方とで大きな齟齬が生じているのは明白なのです。ですから、先ほどから配慮をして頂きたいと申し上げているのです。」

    社長「プライバシーに関しましては十分配慮した設計になっておりますし、建築基準法も順守したものになっております。現状でご理解頂きたいと考えております。」

    管理人「現状では対面したマンションの部屋が丸見えになってしまいます。例えば、私がお風呂上りに全裸でムーウォークの練習をしているのが、あなた方の建設したマンションから丸見えになってしまうんです!肛門まで見られてしまうような開放した設計で、それでもプライバシーに配慮したと言えるのでしょうか!?」

    社長、副社長、専務、建築士「・・・・・・・・・・・・・・。」

    管理人さん完全勝利!!論破して黙らせた。
    悪徳業者ざまーみろ!!

    いや、ざまーみろはテメエの脳みそだろ!!
    バカか死ねよカス!ゴミ!口臭!!
    お前さあ、仕事でも何でもそうだけど、不利な状況になると直ぐにそうやってふざけて逃げるよな。

    だって法的な論争をしても歯が立たないんですもん。
    相手は場数を踏んでいる手強い幹部連中なんですから、自分みたいにスキー教室でうんこ漏らした事をブログに書いているような人間が敵うわけないじゃないですか!
    もう誰か助けて下さいよ!
    これをご覧になられている方で法律と建築の問題に詳しく、加えてうんこを漏らした事がない方がいたら変わって頂きたいくらいです!!
    もうこの後は、静かに席に着いて「お前ら全員ハゲろ!!」って祈る事しか出来ませんでした。

    プライバシーに関しては他の住民も訴えていましたが、結局どれもまともに取り扱ってもらえませんでしたね。
    もっと全員でガンガン攻めていきたいんですけど、なんかもう皆その場にいるだけという感じで意気消沈しているんです。
    そしたら、隣に座っている爺さん達がヒソヒソ話しているのが聞こえてきまして。

    爺さんA「これ大家は住まないやつだよな?」

    爺さんB「そうじゃないかな、聞いてみろよ。」

    爺さんA「今まであった建物だってゴミが散らかって迷惑してたんじゃい。ちゃんと管理してもらわにゃ。」

    爺さんC「言いたい事があんなら言っておけって。」

    爺さんB「そうじゃそうじゃ、言っておけって。」

    そうですよお爺さん!
    言いたい事があるのならハッキリと言うべきです!
    そのために私たちは決起したのですから!!
    譲歩せずにどんどん攻めていきましょう!!

    そしてついに沈黙していた爺さんが挙手をしました!!

    爺さんA「わたしゃね、ゴミが散らかって迷惑してたんじゃい!その度に家内がいつも掃除をしてbhあzせxdrcfvtgybふんじm、おp。ぜxrctvyぶにmrtfyぐへdrftgyふrftgyふjftgyふじgyふいj!!」

    爺さーーーーん!!怒りが込み上げてくるのは分かるけど興奮しすぎだよ!!
    あんたもう何言ってるのか全然分かんねーじゃねぇーか!!
    いや、こっちも急に肛門とか言い出して何言っているのか意味分かんなかったと思うけど!

    爺さんA「vdbyfvt!!!yびうbんfbんshんヴぃ!!!どbdん;fbんspどth!!ゴホ!ゴホ!!ゴファッ!!!」

    しかも途中から益々感情が高ぶっちゃって、血圧上がって死ぬんじゃないかって域に達していましたからね。
    そしたらそれが他の住民にも伝わったのでしょうかね。
    皆から拍手喝采ですよ。
    今まで大人しく座っていた爺さん婆さんから、「そうだそうだー!!」とか「迷惑してるんだー!!」とか「建設反対!!」という大きな声が上がりました。
    会場が一気にヒートアップ!!

    いやちょっと待った!!
    ストップ!ストップ!一端落ち着こう!!
    あまり騒いで血圧上げ過ぎると命に関わる人も出てくるから、頼むから落ち着いてくれ!!

    「建設反対ーーーー!!!!」

    爺さん婆さん達の命懸けのシュプレヒコール!!

    もう収拾がつかねぇーよ!
    どこからこんなエネルギーが湧いてくるんだよ!

    いや、気持ちは分かりますけど、感情を抑えて法的に攻めていかないと相手には何のダメージも与える事が出来ませんし、状況だって好転しませんよ。
    例えば、いかに適法な建物でも向かいのマンションは日照権とプライバシーが侵害されて賃貸物件としての価値が低下するのは事実なのですから、その被害を明確に主張して相手の守りを切り崩していかないと建設差し止めなんて決して叶いませんよ。
    それくらい不利な状況にあるのです。

    現状って要するに、建設業者が適法のマンションを建設するのに、周辺住民が不平不満を口にしているだけという構図なんです。
    これ凄く悔しいですけど、建設業者が土地を購入した以上、そこにマンションを建設する権利があるのは当然ですし、それどころか自分はどちらかと言えば相手の建設業者のが正論だとすら思うんです。

    こういった問題って各所で発生しいるはずですが、周辺住民の感情を反映していたら世の中にマンションや商業施設なんて建っていないですよ。
    自分の出した要望とも矛盾してしまいますが、やはり感情や個人の意見よりも法律を重視するべきだと考えています。

    え?お前何言ってんの?
    何、上から目線で、それはもうスカイツリーのてっぺんの尖った所くらいの高さの上から目線で法を語ってんの?
    さっきまで全裸でムーンウォークとか肛門が丸見えとか下劣な事を書いていたのに!
    もうスカイツリーのてっぺんの尖った所に肛門を突き刺して痔になればいいのに!

    まあしかし、ゴミに関しては爺さんが言う通り酷い時がありましたね。
    建設予定のマンションはワンルームの部屋もあるので、モラルのない若者が住むのではという爺さんの懸念は無理もありません。
    建設業者は「分譲住宅で資産を持っている真っ当な人間が買うから問題ない。」と主張していますが、ワンルームの分譲なんて投資物件なんだから買った本人が住むという事はあまり考えらません。

    で、住民の意見は全く聞き入れられず、血圧の上がった爺さんが本当に死にそうになったくらいで説明会は終わりました。

    いやもうね、惨敗ですよ。
    しかも終わってから知ったのですが、戦力補強で区議さんも出席していたみたいなんですよね。
    その区議さんが全然発言しないんです。
    なんか、巨人のセペダみたいに代打で出番を待っているけど、いつも使われないで試合が終わるみたいになっているんですよ。
    出たら出たで打たねぇーし。

    そして後日、建設業者から改めて回答書が送られてきたので読んでみたら、案の定、周辺住民の要望は全て却下されていました。
    なので、こりゃいかんという事で法のプロを雇う事になりまして。

    早速、婆さん達と一緒に法律事務所に行ってきました。

    その日は、午後3時にうちの近くの田中さんというお婆さんの家に集合という事になっていたんです。
    そして5分前に着いてインターホンを鳴らしたら、説明会の時に戦力にならなかった田中さんの息子(推定年齢50くらい)が出てきて、「もう1時間以上前に出発しましたよ。」とか言いやがるんですよ!
    待て待てウェイト!!3時集合じゃねぇーのかよ!!
    というかあんたは行かねぇーのかよハゲ!!
    婆さん達が必死に動いているんだからあんたも積極的に動けよドラ息子!!
    このハゲ、おそらく鉄腕DASHの長瀬君みたいに島でちょっとだけ作業したら、後はもう来なくなるタイプの人間ですよ。

    そんな事よりも、こっちは職場の飲み会にいつも置いて行かれているのに、法律事務所にも置いて行かれて泣きそうなんですけど。
    原因は自分に連絡をしてきた婆さんが伝える時間を間違えるという痛恨のエラーでした。

    しかし、ドラ息子に法律事務所の地図をコピーしてもらったので、弁護士さんとの話し合いに途中参加する事が出来ました。
    いやもうね、弁護士さんなんて職場でセクハラして訴えられる時くらいしか関わらないだろうと思っていましたが、イメージしていたのと実物が全然違いましたね。
    自分はなんかビシっとした立派なスーツを来て、直ぐに「異議あり!!!」とか言い出しそうな硬いイメージを持っていたんですよ。
    直ぐに意義を唱えちゃうものだから、マックに行った時「ご一緒にポテトは如何ですか?」と勧められたら「異議あり!!!」とか言いだしちゃうのを想像していたんです。
    しかし、話してみたらとてもフランクな人でして。

    で、この弁護士さんは一緒に行った大家さんの知り合いみたいでした。
    しかも帰ってから名前をネットで調べたら大手企業の顧問も務められている超ベテランでして。
    これは頼もしいですね。
    そして、建設業者の横暴ぶりを示す証拠として会合の時の録音を提出する事になりました。

    いやちょっと待った!
    タイムタイムタイム!!ちょっとタイム!!
    え、何、あれって録音してたの?
    婆さんそれ先に言って下さいよ!!

    という事はですね、全裸でムーンウォークとか肛門まで丸見えとか、コイツ危険ドラッグでもやっているんじゃないかと疑われるような発言を弁護士さんに聴かれてしまうんです。
    しかも裁判になるような事になれば裁判官にも聴かれてしまうかもしれないんです。
    なんか弁護士さんが法廷で、「では証拠品乙1号を再生します!」とか言って、スピーカーから大音量で「肛門まで丸見え!ブヒ~!!」という下劣な音声が流れてしまうかもしれないんですよ!
    むしろこっちが訴えられるレベルじゃないですか!
    この状況に自分は、

    「異議あり!!!」

    と、心の中で泣きながら意義を唱える事しか出来ませんでした。

    まあしかし、説明会でこちらが屁理屈を並べてしつこく喰らい付いたおかげで、相手の社長が周辺住民よりも利益を優先した設計にしているという本音や、暴言とも受け取れる発言を引き出せました。
    この録音は裁判になったら相手にダメージを与える武器になるはずです。
    自分みたいな人間でも少しは爺さん婆さんの役に立てたと思います。

    これから裁判になったらどうなるのだろうか。
    建設の差し止めはどう考えても不可能だけど、プライバシーを保護するために何らかの処置はしてもらいたい。
    肛門まで丸見えになるというのは大袈裟だとしても、このままでは平穏な生活を侵害されてしまう。

    少し不安になりながら、今日もお風呂上りに全裸でムーンウォークの練習をしたら滑ってひっくり返ってしまいました。
    裁判より一足早く股間が開廷して、窓ガラスには反射した肛門がしっかりと映っていました。

    やっぱり肛門まで丸見えになるじゃねぇーか!


    夏の風物詩と言えば、やはり怪談ですよね。
    怪談か職場のバーベキューパーティーに誘われなくて朝から家で高校野球を見ているかのどちらかだと思うんですチクショー!!


    なので怖い話をします。

    「壁ドン」ってあるじゃないですか。
    イケメンが女の子を壁際でドンってやるやつ。
    当時は壁ドンという言葉はまだありませんでしたが、その壁ドンにまつわる背筋が凍るお話です。


    中学2年の時、昼休みに学校の廊下でスーパーボールを投げて遊んでいまして。
    壁におもいっきり当てると反対の壁にはね返って、それがまた反対の壁にはね返ってという具合に、廊下の壁を左右に何回もはね返って面白いんですよ。
    もっと多い回数はね返らせてやろう!自分はそう思って、野茂のトルネードみたいに体をひねって剛速球を投げました。
    しかし投げた球は掲示板の枠に当たって変な方向に飛んでいってしまったんです。
    で、それが清水君という不良の3年生に当たってしまいまして。
    そしたら胸ぐらを掴まれて、凄い勢いで壁に「ドン!!!」って叩きつけられました。
    もうホントに殺されるんじゃないかって思った。
    とても怖かったです。


    って違ぇーよカス!!!
    確かに背筋が凍る怖い話だけど、それ怪談じゃねぇーよ!!
    もう鼻の穴にスーパーボール突っ込んで死ね!!
    3個ずつ両方に突っ込んで死ね!!

    まあこれは勿論冗談ですよマイケルジョーダンですよ。
    ちゃんとお化けが登場する怖い体験もした事がありますから。
    ちなみに、その場に一緒にいた今野君は本当に失神しそうになっていました。
    次はその話をしたいと思います。


    これも中学生の頃の出来事で、クラスの友達数人で遠くの遊園地に行った時の体験です。
    絶叫マシンにも飽きて日が沈みかけたくらいの時刻でしょうか、お化け屋敷に入ろうという事になりまして。
    いやだなぁ、怖いなぁ、なんて思いながら列に並んだんです。

    そしたらですね、自分たちの後ろに並んだのがどう見てもヤクザのお兄さんでして。
    いやだなぁ、怖いなぁ、なんて思ったんです。

    で、そのヤクザのお兄さんはサスペンスドラマに出てくるホステスみたいなケバイ女性を連れているんですよ。
    まあ、いつもこのブログをご覧頂いている方ならお分かりだと思いますが、こういう展開で出てくる女っていうのは10割0分0厘の打率でブスじゃないですか。
    安打製造機と呼ばれているイチローが、メジャーリーグの歴代最多安打記録を84年ぶりに更新するという、とんでもない偉業を成し遂げたシーズンの打率でさえ3割7分2厘なんですよ。
    対して、このパターンでブスが出てくるのは10割0分0厘ですから、イチローを凌駕してしまっているんです。
    ブス製造機と呼んでも良いくらいこのブログにはブスばかり登場しているんです。
    しかしですね、今回は違いますよ。
    よく考えてみて下さい。
    世の中そんなブスばかり、管理人の周りはブスばかり、渡る世間はブスばかりなんて有り得ないんです。
    コナンや金田一の周りだって殺人事件ばかり発生していますけど、あんなもの実際は有り得ないじゃないですか。
    それと同じなんです。
    なので今回出てくる女性はブスではありません。

    ドブスなんです。
    なんかコモドドラゴンみたいな爬虫類系のブスなんですよ。

    20153486498469.jpg

    いやもうね、このブログには今までだって、フォレストガンプの最後の方でダン中尉がフィアンセを紹介すると言って連れてきたようなブスとか、女子サッカーの澤選手を女にしたようなブスとか、小河原さん(昔職場にいた女性)とか、大勢の猛者共がエクスペンダブルズみたいに集結しているんですけど、このブスは間違いなく首位争いを出来るレベルのブスなんです。
    セ・リーグで例えたら阪神みたいなものでしょうか。

    そりゃ自分だって顔に関しては決して人の事をどうこう言えないですよ。
    給食の時間に向かいの席の女子がいつも机を50cmくらい離してきて、それを見兼ねた先生が「新堀さん、ちゃんと机を並べなさい!なぜいつも離してるの!?」と注意したら、「○○(管理人)君の顔を見ると食欲が無くなるからです。」という言葉をダイレクトに言われて、まだ手を付けていないカレーライスに大粒の涙を落としているくらいの顔をしていますから、人の顔のレベルを言える立場にないのは重々承知していますし、顔に対してのハードルも一般の方よりは低いと思うんです。
    ただそんな自分からしても、あの女性は凄いブス!

    そんなコモドドラゴンみたいなブスがヤクザのお兄さんと一緒にお化け屋敷に並んでいるんです。
    まあ別にブスがお化け屋敷に並んでいる事は何も不思議ではないんですけど、一つ疑問に思った事がありまして。
    お化け屋敷って、心霊スポットとか怖い場所に行った時の恐怖を模擬的に体験出来る場所じゃないですか。
    言ってみれば肝試しみたいなものじゃないですか。
    なんでそんな所にヤクザが並んでるんだよって話しなんですよ。
    あんた怖いものが無いんだから肝試しなんてしなくていいじゃん!
    肝を試す必要ないだろ!!

    で、このヤクザのお兄さんってば、列が混んでいるわけでもないのにすげぇ前に詰めてくるんですよ。
    前にいる自分たちを押し出すくらいの勢いで詰めてくるんです。
    実際、今野君は列からはみ出しそうになって、列を仕切っているチェーンが体に食い込んでいましたからね。
    他人に近づかれて不快に感じる距離を「パーソナルスペース」って呼ぶじゃないですか。
    もうパーソナルスペースなんて簡単に突破されているんです。
    不快どころか恐怖しか感じねぇーよ!
    ヤクザに後ろを取られるのってホント怖いですよ。
    もう背後霊みたいにピッタリ後ろにくっついてくるんですけど、ヤクザの背後霊って二倍怖いですからね!
    何でお化け屋敷に入る前からこんな怖い思いをしなきゃいけないんだよ!

    そして自分たちの順番がまわってきました。
    このお化け屋敷は4人乗りくらいの自動で動く車で進んでいくもので、それに乗り込むと暗闇の中へゆっくり飲み込まれていきました。
    中はどうなっているかと言うと、古い洋館みたいな家で食事中の住人が血まみれで死んでいたり、拷問台の上に乗せられた人間が真っ二つになっていたりと、このアトラクションを考えた人間は頭をパイプレンチで殴られておかしくなっているとしか思えないクレイジーな内容でして。
    気持ち悪いし結構怖かったのを今でも覚えています。

    で、こういう乗り物が勝手に進んでいくお化け屋敷って、お客さんを驚かす仕掛けが地味な部屋もあったりして、乗り物が動いている音が聞こえるくらい静かになる時があるじゃないですか。

    その時に後ろの方から「ギヤャーーーーッ!!!!」という、けたたましい悲鳴が聞こえてきたんですよ。
    これはもう説明するまでもなく、さっきのコモドドラゴンみたいなブスの悲鳴なんですけど、もう常軌を逸しているんですよ。
    自分たちが乗った車がギロチンみたいな処刑場を通過している時も後ろから「ギヤャーーーーッ!!!!」。
    化け物に食べられた死体が急に上から落ちてきた時も後ろから「ギヤャーーーーッ!!!!」。
    もう覚せい剤のやり過ぎで幻覚を見ているんじゃないかってくらい、半狂乱になっているのが伝わってくるんです。

    しかし、その後3部屋くらい進んだ所でブスの悲鳴が全く聞こえなくなりましてね。
    これはもうただ事ではないと直感しましたよ。
    というのも、驚いた時の例えで、心臓が止まるとか、口から心臓が飛び出すとかいう表現があるじゃないですか。
    なので、恐怖のあまりあのブスは死んでしまったのではないかと思ったんです。
    隣に座っていた今野君と「お化け屋敷でお化けになるって、ミイラ取りがミイラになる、に似ているね。HAHAHAHAHAHA!!」とか話していたら出口の光が見えてきてお化け屋敷は終わりました。

    そして、少し心配になったので皆で出口の所でコモドドラゴンみたいなブスとヤクザのお兄さんが出てくるのを待ちました。
    もしかしたらですけど、失神とかしていたら医務室に運んだりするのを手伝った方が良いじゃないですか。

    そしたら、コモドドラゴンみたいなブスとヤクザのお兄さんの乗った車が暗幕をくぐって出てきたんですけど、もう目を疑いましたよ。
    ブスがハンカチをくしゃくしゃにして、ついでに顔面もくしゃくしゃにして、すげぇ泣きながら出てきたんですよ。
    もうケバイ化粧が滲んで目の周りが聖飢魔IIみたいになっているんですよ!

    2015346467963.jpg

    お前も蝋人形にしてやろうか!みたいなデーモン顔になっているんです!
    あんたどんだけ泣いてんだよ!

    ホント悪魔が降臨したのかと思った。
    まあしかし、失神したりしていなくて安心しました。
    失神して救急車で搬送されるような最悪な事態になったら笑い事では済まされませんからね。
    そして「大事にならなくて良かったね。そろそろ帰ろうぜ。」と言いながら今野君の方を見たら、笑いを堪えるのに必死で白目剥いて失神しそうになっていました。

    「誰か救急車を呼んでくれ!」

    その様子をヤクザのお兄さんに見られて凄い睨まれた。

    その場にいた全員、恐怖のあまり体が凍りついて蝋人形みたいに固まってしまいました。


    前回書いたランダムウォーク理論の解釈だと、無作為に2つの銘柄を買えば片方が値上がりしてもう片方が値下がりするはずです。
    で、買った銘柄はどうなったかと言うと、


    ダイワボウHD 233円→232円 -0.43%
    サンコール 680円→672円 -1.18%
    合計 -0.80%

    両方下がってるじゃねぇーか!
    手数料外して8,400円のマイナス。


    いやもうね、中途半端で面白くも何ともない結果になってしまいました。
    ランダムウォーク理論は外れているし、プラスになって万歳みたいにもなっていないし、かと言って自虐ネタに出来るほど下がっていないし。
    実は右肩下がりでこのまま終わりそうだったから、結果が出る前に自虐の記事を仕上げて用意しておいたんですよ。
    そしたら金曜に少し回復しているんですよね。
    人生ゲームの話しに戻して、「ふりだしに戻る」のマスに止まって人生リセットしたいです。という大爆笑のオチを考えていたのに潰れました。

    ちなみに、このブログをご覧になっていて、真剣に人生をリセットしたいと悩まれている方がおりましたら、↓のスイッチをクリックして頂くと今後の人生が少しは楽しくなるかもしれません。

    2015646496469.jpg


    まあ、株の理論なんてどれも一皮剥けばこんなものですよ。

    ― 検証結果 ―

    やはり株の動きは予測不可能で、上昇するか下降するかは50%の運次第。
    しかし、運は全ての人に対して平等ではない。
    平等という言葉ほど不公平な謳い文句はない。

    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します