後輩で唯一アドレスを知っている小林君に「明けましておめでとう」メールを送ったらエラーメッセージが返ってきて幕を開けた2015年。
    今年も様々な事件がありました。
    やはりですね、過去の出来事を引きずっていては気持ち良く新年を迎えられないと思うんです。
    人は恥に弱い生物だけど愚かではありません。

    過ちを反省して浄い心で新年を迎えられるよう、皆さんこの場で謝ってしまいましょう。


    練子広寿さん
    201535464968.jpg
    20153518414814.jpg
    「自分勝手な行動で遭難してしまいました、ごめんなさい。」

    このターバンみたいなドレッドヘアがスノーボードで遭難したのって昨年かと思っていたら今年でした。
    頭に巻いているドレッドヘアがマフラーになったので極寒の山でも生き延びられたそうです。


    小向美奈子さん
    20153549849865.jpg
    201564966346.jpg
    「また覚せい剤で逮捕されました、ごめんなさい。」

    三度目の逮捕で猛打賞を達成です。
    しかも今回はアルコール依存賞も獲得しました。
    来シーズンは逃亡を図って逃塁王も狙いたいところですね。
    今後の活躍から目が離せません。


    山本太郎さん
    20154798793668466.jpg
    2015354986643674.jpg
    「国会で悪ふざけをしました、ごめんなさい。」

    お焼香したりして議長から怒られていましたね。
    この人、行く先々で問題を起こして怒られているイメージがあります。
    仏の顔も三度までです。


    歌うドクター 赤沢貴洋さん
    201531498491.jpg
    20156464648164.jpg
    「収賄で逮捕されました、ごめんなさい。」

    この医者は歌の勉強よりも法律の勉強をしていれば逮捕されずに済んだのに。
    捜査のメスが入るだなんて思いもしなかったのでしょうね。


    AKB48 柏木由紀さん
    2015319846498.jpg
    20155764866489.jpg
    「深夜合コンがバレました、ごめんなさい。」

    AKBヲタって握手券目当てでCDを何千枚何万枚も買って、結局これですからホント報われませんよね。
    自分だったらAKBヲタなんてやめてラブライバーにジョブチェンジするわ!


    阪神タイガース ゴメスさん
    2015648949648.jpg
    20156549846446.jpg
    「練習中にドローンで遊んで怒られました、ごめんなさい。」

    ドローンは人の多い場所で飛ばすと危険ですからね。
    ちなみに、ゴメス選手は飛行機移動が苦手で一人だけ球団と別れて新幹線で移動する事があるそうです。
    鉄道模型だったら誰にも怒られずに遊べそうですね。


    東京都三鷹市 19歳少年
    20153498446946.jpg
    20156849869684896.jpg
    「お菓子につまようじを混入させる動画を投稿して逮捕されました、ごめんなさい。」

    この少年は警察を挑発する動画も投稿していましたが、逃走するのを楽しんでいたのでしょうか。
    そこまで自信があるのならフジテレビの「逃走中」に出演すればいいのに。
    逃走中にアイテムが支給されるけど、彼のアイテムはやっぱり「つまようじ」になるのでしょうね。


    羽渕駿さん、伊藤絵理香さん
    20153496464896.jpg
    201564646316846.jpg
    「2歳の息子にタバコを吸わせました、ごめんなさい。」

    やはりバカは親になってもバカのままなんですね。
    しかも二人とも無職って。
    2歳児に煙たがられる親というのは滑稽です。


    民主党 津田やたろう議員
    20153164649966.jpg
    201534966496148245.jpg
    「女性議員に暴力をふるいました、ごめんなさい。」

    女性議員を羽交い絞めにして後ろに引き倒す様子が映っていたけど、国会はプロレスじゃないんだから。
    次は参議院のアントニオ猪木と対戦するそうです。


    鳩山由紀夫さん
    20153649499614.jpg
    20153498498496.jpg
    「韓国に対し土下座しました、ごめんなさい。」

    全くその通りですよ!
    あんたがそれを証明しちゃったじゃねぇーか!!


    精神科医 香山リカさん
    20153146678.jpg
    20153498564884.jpg
    「ツイッターで他者を中傷しました、ごめんなさい。」

    インチキな精神科医とか経済学者とか評論家とか、似非専門家がホント増えましたよね。
    世間の多数派に媚びてコロコロ発言変えるし。
    今少年犯罪が起きて、テレビで「ゲーム脳だ!」なんて言っている評論家がいたら指差されて笑われてしまいますからね。


    声優志望 佐藤豊さん
    2015316684663654.jpg
    2015631984646.jpg
    「声優の三森すずこさんの殺害予告を書き込みました、ごめんなさい。」

    この人はミルキーホームズに捕まったらしい。


    だーすけさん
    20156464198464986.jpg
    201564684966348.jpg
    「ネットの生配信で火事になりました、ごめんなさい。」

    初めはゴミ屑が燃えている程度だったのに、何で燃えている袋をベッドの脇に持って行って布団を被せちゃったんですかね。
    こんな事したら火事になるに決まっているじゃないですか。
    「火事場の馬鹿力」というのがありますが、残念なことに彼は「馬鹿」の方だけ発揮されてしまったようです。


    マクドナルドさん
    2015354946498.jpg
    201564987984698.jpg
    「商品に歯などの異物を混入させてしまいました、ごめんなさい。」

    騒がれていた時期にマクドナルドに行ったらチキンナゲットが販売中止になっていました。
    なんだかメニューが寂しくて歯の抜けたような気持ちになりました。


    ハンガーストライキの学生さん
    2015354984986.jpg
    20153498978464.jpg
    「実は食べちゃっていました、ごめんなさい。」

    食べる食べない以前にそこは歩道です。
    点字ブロックを塞がないようにしましょう。


    バカッターの皆さん
    201535198498864543.jpg
    20153144648961656.jpg
    「今年も犯罪行為や迷惑行為をツイッターに投稿しました、ごめんなさい。」

    毎年様々なネタを上げてくれるので退屈しませんね。
    それにしてもバカッターの本名などを特定する人達って仕事が早いです。
    もし自分が個人情報を晒されたらドレッシングどころか食事なんて喉を通らなくなりますよ。


    辺野古のデモの皆さん
    201568498498.jpg
    2015639864496496.jpg
    「実は殆んど県外の人間です、ごめんなさい。」

    もう県外どころか外国人じゃねぇーか!
    はたして、どこの国のどの団体がデモを先導しているのでしょうか???


    裁判長 大島隆明さん
    201565498648646541.jpg
    2015351986465.jpg
    「元オウム菊池直子を無罪にして釈放させました、ごめんなさい。」

    地下鉄にサリンをばら撒いたり、都庁に爆発物を送って一般人を無差別に殺傷した団体です。
    明確な証拠に基づいて逮捕、起訴されているのに無罪にするなど、こんな理不尽な事があって良いわけがありません。


    韓国籍チョン・チャンハンさん
    201531598498946.jpg
    2015314984984.jpg
    「靖国神社に爆発物を仕掛けて逮捕されました、ごめんなさい。」

    いかなる理由があろうと、無差別に人を殺傷するテロに断固反対いたします。

    世界情勢が錯綜する昨今、平和も多様化の時代なのだと思います。
    テロや無差別殺傷に対し、各々意識を強める必要があるのかもしれません。


    高部あいさん
    201564984665.jpg
    20154689534619.jpg
    「コカインで逮捕されました、ごめんなさい。」

    まあでも、そこそこ人気のあるタレントだったのですから、小向美奈子とユニットを組んで、槇原敬之とかドリカムの西川隆宏に作曲してもらってCD出せばまだまだ売れるんじゃないですかね。
    って全員犯罪者じゃねぇーか!


    ゆるキャラ わらび舞妓ちゃん
    2015316486989.jpg
    20153519846484896.jpg
    「中身が丸見えでした、ごめんなさい。」

    ランニングシャツのおじさんが見えちゃってるじゃねぇーか!
    自分は小学生の時、団地の公園で遊んでいたらランニングシャツにブリーフというエキセントリックな格好のおじさんに追い回された事があります。
    ちなみに、そのおじさんはランニングシャツの割にランニングはとても遅かったです。


    平井泰臣さん
    2015634966496486.jpg
    2015364694964.jpg
    「側溝に忍び込んで盗撮しました、ごめんなさい。」

    深夜から何時間もスタンバイしていたなんて物凄い執念ですね。
    逮捕されて「生まれ変わったら道になりたい。」と供述したようですが、もう筋金入りの変態です。
    現在は本当に狭い場所に入って、監視カメラで撮られる立場になっているそうです。


    読売ジャイアンツ 福田聡志さん
    201535498446.jpg
    2015356498466114.jpg
    「野球賭博で無期失格処分になりました、ごめんなさい。」

    もう逆転とかありませんから。
    サヨナラホームランでプロ野球界からサヨナラですね。


    キングオブコメディ 高橋健一さん
    201534964649.jpg
    2015316648666.jpg
    「女子高校生の制服を20年前から600点以上盗みました、ごめんなさい。」

    これじゃキングオブ窃盗犯だよ。
    コントで相方が着ている制服って絶対盗んだやつだろ!!
    こいつ正真正銘のクズじゃねぇーか!


    広島カープファンのおばさん
    201563496496.jpg
    2015634969+4.jpg
    「ジョンソン投手が少年に渡そうとしたボールを横取りしました、ごめんなさい。」

    ジョンソンの投げた高速シンカーをあの位置で捕球するのですから大したものです。
    来シーズンは正捕手として一軍昇格ですね。


    共〇党の選挙カーさん
    201531984968498.jpg
    20156548698.jpg
    「安倍政権の暴走を非難して走っていたら、こっちが暴走して突っ込んでしまいました、ごめんなさい。」

    やはり左にしかハンドルを切れないと事故を起こすみたいですね。
    政治も車も安全運転を心掛けてほしいところです。


    佐野研二郎さん
    20156358946469.jpg
    20153598498465.jpg
    「私はアートディレクター・デザイナーとして物をパクることをしたことは一切ない、ごめんなさい。」

    言ってるそばからパクってるじゃねぇーか!


    小番一騎さん
    201563549681689468.jpg
    2015676168494961.jpg
    「妻の不倫相手の局部を切断しました、ごめんなさい。」

    これ誰かクソコラで写真だけ入れ替えてくれないかな。

    それにしても想像しただけで痛いですね!
    ライトセーバーを「ヴォ~~ン、ヴォ~~ン」って振り回しながらポコチンを切られちゃうんですよ。
    オビ=ワン・ケノービも裸足で逃げ出すレベルじゃねぇーか!
    人のポコチンを切断するなんてまともな人間が出来る事じゃありませんね。
    こいつ暗黒面に落ちてんだろ!


    このブログの管理人さん
    201566541987489848471.jpg
    2015351983691851.jpg
    「今年も懲りずに下劣で酷い記事を沢山書いてしまいました。もう生きている価値もない最低最下のゴミ人間です、皆さん本当にごめんなさい。」

    2015の暮れは特に出掛ける事もなく、悪ふざけで画像を組み合わせていたら終わりました。

    そして、今年一年間の記事を読み返してみたんですけど、酷い内容のものばかりで目を疑いました。
    まだサイコパスな教祖が配信しているインチキな宗教のメールマガジンのがまともですよ。

    気を抜くと直ぐに筆が滑ってブスを登場させますからね。
    もうブスを崇拝してると疑われてもおかしくないレベル。
    ホント死ねばいいのに。
    筆が滑って鼻の穴に刺さって死ね。

    いや、本当は自分だって真面目な事を書きたいんです。
    ゆるふわ系女子って言うんですか、そういう子達のブログみたいに、可愛く盛られたスイーツの感想を無駄に改行しまくって書いたりしたいんです。
    だからスキー教室で可愛いスイーツみたいなうんこを漏らした事なんて絶対書きたくなかったもう死にたい。
    おもらし系男子なんて流行るわけねぇーだろハゲ!



    20153864684986416969887.jpg
    20153498464981.jpg

    本年も御愛顧頂きありがとうございました。

    そして重ねて申し上げます。

    皆さん本当にごめんなさい!


    今年も残すところあと僅かなので1年間を振り返ってみたんです。
    そして、流行語と言うんですか、このブログで多く使った言葉を調べてみたんです。
    そのランキングがですね、

    1位 「ブス」 202回

    2位 「死ね」 70回

    3位 「臭い」 29回

    もう最低ですね。
    死ねばいいのに。
    このブログってそんなに更新頻度は多くなくて、むしろ少ない方なのにこの有り様ですから。
    いや、こういう風にランクインしてしまうと、まるで「ブスは臭いから死ね」と書いていると誤解されてしまいそうなんですけど、いくら何でもそこまで酷い事は書いていませんよ。
    「死ね」と「臭い」は主に自分に対して使っています。
    まあ「ブス」はそのままブスな人に対して使っているんですけど。

    で、このランキングを見て、これからは言葉に気を付けようと反省したんです。
    まあ、お前202回も人の事をブスとか書き込んだくせに、今更言葉に気を付けるなんて一体どの口が言ってんの?どの臭い口が言ってんの?って話しなんですけど、これからは言葉には気を付けていきたいと思っています。

    今まで散々ブスと書きまくってきましたが、そりゃ自分だって決して他人の顔をどうこう言えるレベルではありませんよ。
    今通っているジムの会員証は顔写真付きなので入会の時に写真を提出しなくてはならなかったんです。
    なので、自分でデジカメで撮ってプリントアウトしようとしたんですけど、パソコンに写真を取り込んでみたらコイツどう見てもブサイク面なわけですよ。
    そこでフォトショップを起動して自分の顔写真をカッコ良く修正してから提出したんです。
    そしたらジムの受付のお姉さんに、「これ昔の写真ですか?」って言われて「昨日の写真だよ!!」ってなっているくらいのレベルですから、決して人の事をブスとは言えないんです。

    それに自分はほんの軽い気持ちで「室伏広治を女にしたようなブス」と書き込んだとしても、それを読んだ人はとても傷付くかもしれないじゃないですか。
    本当に室伏広治を女にしたような女性がこのブログを見ていたら、ハンマー投げの競技で使われている鉄球みたいなのを全力でパソコンのモニターにぶん投げちゃうかもしれないじゃないですか。
    言葉というのは使い方を誤ると人を傷付ける凶器になってしまうのです。
    ハンマー投げの鉄球みたいなのも凶器になるけど。

    やはり冗談で書いたり口にした事でも真に受けてしまう人がいるんです。
    以前、同僚の秋葉君と昼休みに話しをしていた時、冗談で「後で長田(後輩)をいびりに行こうぜ。」と言ったら、それを聞いていた上司が社内イジメがあると誤解して、最終的に人事を担当しているわりと偉い上司に呼び出されてしまった事がありました。
    そして密室でこっ酷く叱られたんですけど、この上司がすげぇポマード臭いんです。
    あんたポマード付け過ぎだよ!
    もうポマード中毒で救急搬送されるレベル。
    鼻が曲がるとかいうのを通り越して、鼻がスパイラル蛍光灯みたいに螺旋状にスパイラルしましたからね。
    螺旋とスパイラルって意味同じだけど。

    あとこれだけははっきり言っておきますけど、自分が後輩をイジメるわけないじゃないですか。
    むしろイジメられているのはこっちですからね。
    同僚の送別会が計画されて、皆で色紙にお別れのメッセージを書いてプレゼントしよう!ってなった時に、自分にだけその色紙が回って来なかったというのはイジメじゃないんですか!?
    ちなみに、送別会にも呼ばれませんでした。

    とまあ、上司が冗談を真に受けてしまったせいで鼻が螺旋状にスパイラルしたわけなんですけど、このブログでもたまに冗談を真に受けている人がいるんですよね。
    今年は時事ネタはあまりやりませんでしたが、政治や宗教をネタにすると真に受けた人がコメント欄に「お前コロス」と半角で書き込んだりしてくるんです。
    そういえば昔、左の悪口ばかり書いていたのでバランスとって右の事も書いてみたら両方怒らせちゃって、文字通り左右から板挟みになってしまった事がありました。

    とにかくですね、言葉には気を付けようと思うんです。
    近年の社会は言葉に対してとても敏感じゃないですか。
    意図して発していなくても、相手が不快に思ってしまったらそれはもうアウトなんです。
    特に女性に対しての発言はより敏感で、実際にセクハラやマタハラて訴えられているケースもありますからね。

    これは決して他人事ではないんです。
    自分は職場で口臭をばら撒いてスメルハラスメントをしているんですけど、それはまあ仕方がないとして問題はこのブログなんです。
    ランキングをご覧頂いた通り、今年だけでも「ブス」という単語が202回も書き込まれているんですよ。
    しかも職場の小河原さんを筆頭に関係者を実名でブスとか酷い事を沢山書いていますからね。
    何かの拍子にこのブログを書いているのが周囲の人間に露見してしまって、人権侵害だ!女性蔑視だ!ブスハラだ!とか言われて訴えられてしまうかもしれないんです。
    裁判になったらどう弁解しても逃げられませんよ。
    もう執行猶予もつかねぇーよ!

    なので、これからはブログをご覧頂いている皆様に十分配慮するとともに、書き込む言葉には細心の注意を払っていこうと思います。
    人の事を「ブス」と書かないようにします。
    また、「ブス」以外にもベスト3にランクインした「死ね」「臭い」、これももうブログでは絶対に使いません。
    「ブス」「死ね」「臭い」なんて、単体で使っても裁判沙汰なのに、3つ同時に使ってしまった日には極刑は免れませんね。

    まあしかし、自分は上記の3つの言葉でストレートに表現していたんですけど、女性って皮肉や嫌味でわざと反対の言葉を使う場合があるじゃないですか。
    例えば、ブスに対してカワイイとか言ったりしますよね。
    はい、アウト!
    お前もう禁止ワードの「ブス」って書いちゃってるじゃねぇーか!
    これは確実に自分の過失です。
    もう「ブス」って書きません、ごめんなさい。

    で、話しを戻すと女性って反対の事を言って相手を攻撃するんです。

    度々このブログに登場しているドラクエの中ボスみたいな顔をした小河原さんには天敵とも呼べる福浦さんという女性がいるんです。
    この福浦さんも顔面偏差値としては小河原さんに負けず劣らずで、まあ禁止ワードを使わない様に言葉を選んで説明しますと、顔面にハンデキャップを背負っているレベルでして。
    そして、この二人はお互いが相手より自分の方がカワイイと思って争っているんです。

    周囲からしてみたらどっちがカワイイとか言う以前に二人とも深海魚みたいな顔しているんですけど、とにかく仲が悪いんです。
    陰湿な悪口っていうんですか、ストレートに相手を罵倒するのではなくて、裏とかで嫌味で反対の事を言って罵ったりしているんです。
    福浦さんなんて同僚の佐藤君(ちょいイケメン)と話している時に「え~、小河原さんって超カワイイじゃ~ん。」ってブリっ子しながら言っていましたからね。

    これは見過ごせません。
    自分にとっては小河原さんも福浦さんも後輩になりますし、二人とも仲良くしてほしいんです。
    皆で仲良くした方が良いに決まっていますし、心地よい職場環境を構築するのも重要な仕事です。
    なので、陰湿な争いに終止符を打つべくビシッと叱ってやろうと思いましてね。

    「じゃあ福浦さんさ、もし朝起きて鏡見て顔が小河原さんになっていたらどう思う?嫌でしょ?何で君は小河原さんの事をカワイイとか思ってもいない事を言うのかな?嫌味でそういう事を言っちゃダメだよ!」と先輩らしく説教をしたら、後ろに小河原さんがいて怒り狂っていました。
    福浦さんにではなく自分に。
    なんか今にも襲い掛かってきそうでリングに上がった女子プロレスラーみたいになってた。

    そしてその後、人事を担当しているわりと偉い上司に「管理人さんにイジメられた。」と報告されまして。
    しかも福浦さんも結託して「管理人さんにパワハラされました。」とか言い出してるし。
    女性ってこういう時だけ団結しますよね。

    小学生の時だって、クラスに上洲さんという女子がいて、三匹の子豚で兄たちの作った家はオオカミに壊されて二匹とも食べられちゃったけど、三匹目の子豚が作ったレンガの家は流石のオオカミでも壊す事が出来ませんでした。「助かった、ブヒ~。」みたいな顔の女子なんですけど、体育のバスケットでパスをしたら取り損ねて顔面にボールが当たっちゃったんです。
    そしたら泣いている上洲さんの周りに他の女子達が大勢集まってきて、「謝ってくださーーい!!」、「責任とってくださーーい!!」とシュプレヒコールですよ。
    もう自分が上洲さんのご両親が住んでいる村を空爆して吹き飛ばしちゃったくらいの勢いで責められましたからね。
    もう許して、ブヒ~。
    女子達を敵にしてしまうとロクな結果になりません。

    で、職場でも仲の悪かった小河原さんと福浦さんが結託して「管理人さんにイジメられた。」とか言い出すんです。
    ちょ、タイム!タイム!タイム!
    それは誤解じゃないですか!
    二人とも仲良くしてほしかったから・・・。

    他の女子やお局さんも集まってきてもう完全アウェーですよ。
    で、報告を受けたわりと偉い上司に呼び出される羽目になりました。

    「また君か。」

    そして、ポマードを塗りたくった上司に密室でこっ酷く叱られて、鼻が螺旋状にスパイラルするのでした。

    まあでも、二人とも仲良くなってくれて良かったわ。


    とまあ、ご覧になられている方やご本人達が不快にならぬよう、「ブス」「死ね」「臭い」を使わずに書いてみたんですけど、管理人さんやれば出来るじゃないですか。
    ちゃんと言葉を選びながら表現を変えて書けましたよ。
    昨日までの下劣な自分、さようなら。

    ただ、一つ思った事があるんです。

    むしろ悪意が増してるじゃねぇーか!!
    これじゃ余計酷くなってるよ!
    もう最低ですね!

    死ね!!!


    アマゾンがお坊さんの宅配を始めたじゃないですか。

    お坊さんの宅配と言っても、新鮮な坊主が段ボールに梱包されてクール便で宅配されてくる訳じゃないですからね。
    これじゃお坊さんが死んじゃってるじゃないですか!
    なんでこっちがお坊さんのお葬式やらなきゃいけねぇーんだよ!

    先週ニュースでも取り上げられていたのでご存知の方は多いかと思うんですけど、通販大手のアマゾンがお坊さんを手配する「お坊さん便」というサービスを開始したんです。
    通販感覚でお坊さんを手配出来るというもので、もう介護サービスとか通り越していきなりお葬式というエキセントリックなサービスなんですよ。

    いやまあ、お葬式ってとてもアナログなものじゃないですか。
    その世界にインターネットだとかアマゾンだとか便利なものが融合してくると、すごくインチキ臭くなるんですよね。
    最近って、お墓にしたって変な方向に進化してジョークみたいな事になっているじゃないですか。

    20143498464963.jpg
    こんな立体駐車場みたいなのがあるんですよ。

    2014349846468.jpg
    他にも自宅のパソコンからお線香をあげたり出来るお墓もあるんです。
    再生ボタンを押すとお経が流れるなんて超クールですね。

    やっぱり宗教に関連したビジネスと言うんですか、この手の商法や商品ってインチキ臭いんですよ。

    自分の実家にも古い仏壇がありまして。
    そこには明治時代の先祖がそのさらに上の先祖から受け継いできた刀や裃を身にまとって写っている写真が飾られていて、まあそんな侍みたいな先祖の方々が、ブログにうんこ漏らした事とか書いている管理人さんの姿を見てしまったらもう切腹しだすと思うんですけど、その話はまあ置いておくとして、位牌って故人の数だけ用意しなきゃいけないから増え続ける一方で置く場所がなくなってくるじゃないですか。

    で、これを解決するのに「繰り出し位牌」という便利な物があるんです。
    一つの位牌に対して故人の名前が書かれた木の札が複数用意されていて、法要の度に木の札をムシキングのバトルカードスロットみたいに入れ替えて使用する事が出来るんです。

    いやね、お墓参りにしても仏具にしても、合理的になって便利に進化していくのは当然の流れだと思うんですけど、やはりどこか懐疑的になってしまうんですよね。
    規模は違えどインチキな宗教やそれを母体にしている企業って沢山あるじゃないですか。
    胡散臭い営業をしていたり、お布施という名目で非課税でお金を集めたり、宗教法人って非営利団体のはずなのにしっかり利益を得ていたりするじゃないですか。
    自分みたいに親戚のお葬式に普段着で行ってしまうくらい宗教に疎い人間からすると、霊的なものに関してはやっぱりお金と利権が絡んでいると疑ってしまうんですよ。
    ちなみに親戚からは常識を疑われましたけどね。

    じゃあそうなると霊ってなんぞや?って話になってくるんですけど、その人の捉え方次第で良くも悪くもどうにでもなるんじゃないですかね。
    映画でもエクソシストみたいに悪霊に襲われる怖い話だったり、亡くなった恋人が会いに来てくれるような試写会の出口でブスが号泣するハートフルな話まで色々あるじゃないですか。
    要するに、霊というのは捉え方次第で毒にも薬にもなると思うんです。

    例えば、死者の霊を呼びよせて会話をする「イタコ」っているけど、あんなの誰がどう見ても100000000%インチキだし詐欺以外の何物でもないと思うんです。
    しかし、イタコというのは降霊の真偽はどうであれ精神カウンセリングの面が大きいそうです。
    それを承知した上で依頼者もお金を払っているのではないでしょうか。

    あとあまり関係無いけど、イタコってビートルズのポール・マッカートニーの霊を呼んで下さい!とかいうのも受け付けてくれるんですかね?
    そしたらイタコの婆さんがお経みたいなのを唱えた途端、何かに憑りつかれた様な状態になるんですよ。
    そして顔を小さく上下に動かしてリズムをとり始めるんです。
    「すごい!ポール・マッカートニーの霊だ!!間違いなくポールが演奏しているぞ!!」って思って見ていたら、リズムに乗りながら急に指パッチンをしだすんです。
    これポール・マッカートニーじゃない!
    これポール・牧の霊じゃねぇーか!!!
    全然違げぇーよバカ!
    あともう一つ言っておくけど、ポール・牧は死んじゃったけどポール・マッカートニーは生きてるよ!

    まあどうであれ、霊というのはその人の捉え方次第で毒にも薬にもなるのではないでしょうか。
    昔、自分自身にもこんな出来事がありました。

    当時の職場には平田君という人間がいたんですけど、この平田君は自分と同じくらいの役立たずでして。
    もう道路の路側帯に落ちている軍手くらい役に立たないんです。
    いや、ゴミでも焼却時の熱で発電して電気エネルギーとして役立っているから、そう考えると自分も平田君もゴミ以下の最低最下の存在ですね。

    そんな平田君が仕事中に「あ~どうしようかな~・・・参ったな~。」とブツブツと呟いていまして。
    まあどうせ平田君の悩みなんてキャバクラで100年に一度の記録的なブスに引っ掛かった上に北野映画に出てきそうなチンピラにクレジットカードを全部奪われたとかその程度の悩みだと思ったんですけど、話しを聞いてみたら廃墟に写真を撮りに行きたいらしいんです。

    「廃墟に行きたいんだけどさ~、車がないとやっぱりキツイじゃない。あと一人じゃ危ないし。」

    そんなの知らねぇーよハゲ!1000年に一度のブスに引っ掛かって貯金全部引き出されろって思ったんですけど、どうやら平田君は廃墟に行きたいけど一緒に行く友達がいなくて困っているらしい。
    そりゃそうですよ。
    皆さんも想像してみて下さい。
    職場や学校のクラスなりに、まあ一人くらい変な奴っているじゃないですか。
    そんな変人から「今度一緒に廃墟に行こうぜー!?」と言われて「うん、いいよー!」と答える人間がいるわけないじゃないですか。
    真っ当な人間なら、ただでさえ危険な廃墟に素性の知れない変人と一緒に行こうとは絶対に思いません。
    もし廃墟に誘われて「うん、一緒に行こう!」と、YESの返事をしてしまう人間がいたらそいつは頭がおかしい。
    直ちに専門医の診断を受けるか、一度死んで人生やり直した方が良い。

    で、一緒に廃墟に行く事になりまして。
    ネットで調べたら都内から2時間くらいの某所にラブホテルの有名な廃墟があったので、そこへ行く事に決めました。
    そして当日、早起きして待ち合わせ場所に行ったら平田君は何にも悪びれることなく1時間遅刻してきたので殺意を覚えました。
    コイツ頭おかしいんじゃねぇーか、専門医の診断を受けるか一度死んで人生やり直した方が良い。

    しかも私服がすげぇダサイんです。
    なんかオシャレな男性用のファッション誌とか見ると、ケミカルウォッシュとかダメージ加工と言うんですか、意図的に色落ちさせたり穴をあけてボロボロにしているジーパンがあるじゃないですか。
    平田君は自然にそうなっちゃった感じのジーパンを穿いてきたんですよ。
    どういう風に穿き続けたらそんな所に穴が空くんだよ!

    で、出発したら平田君はいきなり助手席で爆睡しだすし、コイツやっぱり死んだ方が良い。
    もう一度も使った事が無いシガーライターを鼻の穴に突っ込んでやろうかと思った。
    廃墟に到着したから顔面をぶん殴って起こしたんですけど、オスマン・サンコンが早朝バズーカをくらった様なビックリ顔になっていましたからね。
    自分勝手過ぎてこっちがビックリするわ!

    寝起きの平田君と廃墟の中に入ると、そこには荒廃した灰色の世界が広がっていました。
    外の光が射し込んでくるので中は意外と明るい。
    しかし窓は割れているのに音と風は入ってこない。
    時が止まっている様な閉鎖された空間でした。

    この廃墟は一応心霊スポットにもなっていましたが、自分も平田君も幽霊には興味がなかったので廃墟特有の雰囲気に魅了されました。
    建物の中は荒れていて塵だらけです。
    ヤンキーの溜まり場になっているのでしょうか、落書きがされていたり比較的新しいゴミも散乱していました。

    そして、自分は写真撮影に夢中な平田君を横目に一人で最上階の部屋を探索しに行ったんですけど、いやもうねホント心臓が止まるかと思いましたよ。
    浴室のドアを開けたらバスタブに人がうずくまっているんですよ!
    もうビックリしてサンコンが早朝バズーカをくらった様な顔になりましたからね。
    まあ「1個、2個、サンコン!」と勇気を出してもう一度よく見てみたら、死体じゃなくて衣類の詰まったゴミ袋だったんですけど。

    で、塵だらけで息苦しくなったので窓から外を眺めていたら、またまたビックリですよ。
    下の駐車場をイエティーをそのまま黒くしたようなモジャモジャのUMA(未確認生物)っぽいのが歩いていて、この建物の中に入ってこようとしているではありませんか!
    今度は見間違いじゃありません!
    こりゃヤバイ!
    塵の付着していないゴミも散乱していたのはこういう事か。
    この廃墟には住んでいる人間がいたんだ!
    急いで下の階へ降りていき、スケベ椅子の写真を撮るのに夢中になっていた平田君に事情を話します。

    「モジャモジャの・・、モジャモジャのイエティーが来るぞ!早く逃げないと!」

    「え???そんな事よりも面白い物が沢山散らかってたから撮りまくってたんだけどさ、カメラのメモリーが足りなくなってきちゃったよ(笑)」

    足りねぇーのはお前の頭だろ!
    (笑)じゃねぇーよ!スケベ椅子の写真なんて撮ってる場合じゃないんだよバカ死ね!!
    いやこっちもパニクって言葉が足りなかったけど早く逃げないと危ないんだって!!

    もうね、鉢合わせになったら襲われるかもしれないですよ。
    平田君はようやく状況を理解したようで、足音を立てないように二人で一階まで降りました。
    階段の角からフロントの方を覗いてみます。
    よし、誰もいない。
    そして壊れた自動ドアをくぐって外へ出た直後、もう全力ダッシュですよ!
    とにかく無我夢中で走りましたね。

    そして柵を乗り越えて敷地の外へ出る時、平田君が柵の有刺鉄線に引っ掛かってしまいました。
    息を切らして死にそうになりながら車に戻ってきたら、平田君の色落ちしてボロボロのダメージジーンズにまた一つダメージが増えていました。
    それでもまだ穿き続けると言うのだから、もうベストジーニスト賞を与えたい。

    心霊スポットとしても名高い廃墟。
    自分が浴室で見間違えたゴミ袋は夜だったら本当に人のように見えたかもしれないし、住んでいる人間がいるのなら音や気配を幽霊だと思い込んでしまうかもしれない。
    幽霊や怪異は人間が生み出しているのかもしれません。
    恐怖心があれば毒になる。
    その場所で忌まわしい事件が起きていれば尚更でしょうね。


    後日、平田君が職場に写真をプリントアウトしてきて話のネタにしていました。
    女子達もいたので「管理人さんって勇敢なんですね、ステキ!」みたいな展開になって、こっちも武勇伝を語っちゃったりして仲良くなれると期待していたのですが、写真を見た女子達は「え、うわ!この壁のところ人の顔みたいなのが浮かび上がってないですか!?」とか「キャー、本当だ!管理人さんの後ろ何か写っていますよ!」と騒ぎ出しました。
    挙句の果てに、地縛霊みたいな顔のブスに「管理人さん憑りつかれたんじゃないですか?気味悪いんであまり近付かないでください。」とまで言われる始末。

    やっぱり霊は捉え方次第で毒にも薬にもなるんだな。

    ブス達に忌み嫌われてそう実感するのでした。


    管理人さんの英会話講座Lesson2です。

    英会話を習っているけど教科書に出てくる例文はどうも使う機会がない。
    そう思った事はありませんか?
    この英会話講座では日常生活で使う英語をより実践的に、そして皆さんと一緒に学んでいこうと思います。

    前回の例文では、ひろゆきの父親が下着ドロで逮捕されてしまいました。
    Lesson2では刑務所に収監された父親の信彦に焦点を当てた内容になっています。
    今回は例文が多く出てくるので、皆さんしっかり覚えるようにしましょうね。

    それではLesson2開始です。


    信彦:What time will a prison guard come to patrol?
        看守は何時に見回りにきますか?

    マイク:A prison guard came to the 23:00 and 3:00 patrols.
         看守が見回りに来るのは23時と3時です。

    信彦:How do you escape from prison?
        どうやって脱獄するのですか?

    マイク:Dug a hole in the back of the bed. I took six months and to dig the hole. 
         ベッドの裏に穴を掘っておきました。私はこの穴を掘るのに6か月掛かりました。

    信彦:Where did you get this rope?
        このロープはどこで手に入れたのですか?

    マイク:This rope Bob was made by knitting the bed sheets.
         このロープはボブがベッドのシーツを編んで作りました。

    信彦:excellent!
        素晴らしい!

    ボブ:Car to use in the escape will be provided Mike of her Susan
        逃亡で使う車はマイクの彼女のスーザンが用意します。

    信彦:Is Susan a beauty?
        スーザンは美人ですか?

    マイク:No, She isn't. She is ugly.
         いいえ、スーザンはブスです。


    201543498696.jpg
    この例文ではprison【刑務所】という単語がポイントになります。
    escape from prisonで脱獄になります。
    prison breakと表しても意味は変わりません。

    またexcellent【優秀、とても素晴らしい】という単語が出てきましたが、評価は上からexcellent、very good、goodと表現する事が出来ます。

    そして、ブスは英語だとuglyになります。
    ブスという単語は日常でも多く使うので忘れずに覚えておきましょう。
    あとあまり関係ありませんが、人気の海外ドラマで「アグリー・ベティ」ってあるけど、ブスのベティって酷いタイトルですね。
    この例文を作る過程で初めて意味を知りました。

    さあ準備が出来たらいよいよプリズンブレイクです。


    マイク:Are you ready?
         準備はいいですか?

    信彦:Yes, I am. I'm ready.
        はい、準備は出来ています。

    マイク、ボブ:Let's go!
            行くぞ!

    Bang!!Bang!!Bang!!
    バン!!バン!!バン!!

    ボブ:Je・・,Jesus・・・。
        ク・・、クソ・・・。

    信彦:What happened?
        どうかしましたか?

    マイク:A bob was shot.
         ボブが撃たれました。

    信彦:Is this Bob?
        これはボブですか?

    マイク:No, it isn't. It is no longer Bob.
         いいえ、これはもうボブではありません。


    201543498696.jpg
    ボブが死んでしまいました。
    ここでのポイントは刑務所から脱獄すると射殺されてしまうという事です。
    とても重要なのでしっかりと覚えておきましょう。

    あとボブが撃たれた時に口にしたjesusには、チクショウ!やクソ!という意味があります。
    字幕の映画でもアクシデントが起こると「ジーザス!」と言っているのが聞き取れます。
    日常でもさりげなく「ジーザス!」と言えたら少しカッコイイですね。

    信彦とマイクは、今は亡きボブが作ってくれたロープを使って塀を乗り越えました。
    そしてスーザンとの待ち合わせ場所へ辿り着きました。


    信彦:Nice to meet you. My name is Nobuhiko.
        はじめまして。私の名前は信彦です。

    スーザン:Nice to meet you. My name is Susan.
          はじめまして。私の名前はスーザンです。

    信彦:Susan was ugly than I had expected.
        スーザンは私が予想していたよりもブスでした。

    信彦:Susan's car is narrow because a light vehicle.
        スーザンの車は軽自動車なので狭いです。

    マイク:Susan's car is next month vehicle inspection.
         スーザンの車は来月車検です。

    マイク:Susan lives in Urawa.
         スーザンは浦和に住んでいます。

    マイク:Susan plays tennis on the weekend.
         スーザンは週末にテニスをします。

    マイク:Susan's last name is Nishiwaki.
         スーザンの苗字は西脇です。


    201543498696.jpg
    知らねぇーよハゲ!!
    西脇の情報どーでもいいだろ!
    マイク少し黙っておけよ!
    疲れている人もいるので車内では静かにしていましょう。

    そして信彦は自宅に帰ってきました。


    信彦:Hiroyuki was healthy?
        ひろゆきは元気にしていましたか?

    あき子:Hiroyuki has been arrested for peeping.
         ひろゆきなら覗きで逮捕されたわよ。

    信彦:Jesus!!
        クソ!!


    201543498696.jpg
    再びJesusが出てきました。
    話のくだりで出てきたネタをもう一度繰り返す事を「天丼」と言います。
    天丼には同じ海老が二本乗っているから、というのが由来だそうです。
    ちなみに、このブログの管理人さんはオチで使う事が多いです。


    日常生活で役立つ英会話講座Lesson2、いかがでしたでしょうか?
    これをマスターしておけば逮捕されても慌てずに脱獄する事が出来ますね。

    ってこれじゃあ日常生活じゃなくて獄中生活で役立つ英会話じゃねぇーか!

    Jesus!

    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します