東日本大震災から3年が経過しました。

当時、自分は石巻で活動して大規模災害の被害を目の当たりにしたので防災意識が益々高まりました。

そして、次の脅威が迫りつつあります。
地震調査研究推進本部は、南海トラフ全域で今後30年以内にM8~9クラスの地震が発生する確率は60~70%で、関東から九州の太平洋側で甚大な被害をもたらすと発表しています。
(2013年5月の長期評価)

建造物については国や自治体が主導となり耐震化や強化が積極的に行われていますが、古いものについては建て替えが必要になるので、対策が円滑に進まないという問題もあります。

首都直下型地震であった阪神淡路大震災では、死因の約8割が建物と家具の倒壊による圧死です。
(国土交通省近畿地方整備局のデータ)
大半は即死の状態でしたが、注目するのは即死以外の場合です。
死因の約1割が焼死となっていますが、これは建物の倒壊により身動きできなくなり火災に巻き込まれてしまうケースです。
瓦礫の中から発見された焼死体の大半は、その後の調査で倒壊時には生存していた事が明らかになりました。

大規模災害では消防等の公的機関だけでは瓦礫に埋まった被災者を救助しきれないのです。

そこで重要となるのが「共助」です。
先の震災以降、地域防災で重要な項目となっています。
共助とは一般の住民が救助活動を行う事で、阪神淡路大震災では瓦礫の生き埋めになって救出された人の約3割は共助によるものです。

自分も大規模災害時に体が満足に動けるのであれば共助を行いたいと考えております。

今回は共助とその後の復旧作業で役に立ちそうな物を紹介します。
非常食と灯火類、衛生用品等「生きるのに必要となる物」は一ヵ月分を備えていますが、共助となるとまた違う物が必要になり、災害の種類と程度、行動、目的によって変わってきます。

以前も紹介したヘルメットやマスク等、防具は必須となります。
・怪我だけはするな

P1050221.jpg
OGK CLIFF
LED LENSER P5

P1040900.jpg
興研 RL3規格防塵防毒マスク 7121R-02と簡易マスク
災害直後は予想をはるかに上回る粉塵が舞うのでマスクも必須になります。

P1040899.jpg
山本光学 無気孔型ゴーグル YG-5601 PET-AFと保護メガネ

P1050217.jpg
グローブ

P1050226.jpg
プロテクター

身を守る防具類は共助でなくても避難行動や復旧作業で必ず必要になります。
信頼できるメーカーの物を選定して備える必要があります。
ここまでは以前紹介した物です。



次は小物です。

灯火類
P1050362.jpg
フラッシュライト LED LENSER P5
フラッシュライト LED LENSER P6.2
セーフティライト CAT EYE TL-LD170-R
ランタン GENTOS EX-837NX
反射マーカー

P1050483.jpg
反射マーカーは意外と重要な道具の一つでホームセンターで購入可能です。
腕やバッグに巻きつけて使用します。

P1050353.jpg
簡易的な救急用品
消毒やカーゼの他にホイッスルも必須です。

ツール類
P1050475.jpg
LEATHERMAN OHT
スイスツール システムドライバー2
ゼロ トレランス ZT0350ST Folder
これらのツールは携帯性を重視している為使い勝手は良くありません。
復旧作業では一般工具を使用します。

その他の小物類
P1050477.jpg
ターボライター
ラジオ
レシーバー
オイルコンパス

光学機器
P1050384.jpg
双眼鏡 Pentax DCF MC II 8x25
ナイトビジョン Yukon Ranger Pro

そして、これらの道具を携行するためのバッグやポーチ類が必要となってきます。
全てバックパックに詰め込んでも良いのですが、活動目的は共助なので邪魔になる場合があります。

P1050467.jpg
5.11 TACTICAL RUSH 12

P1050466.jpg
大きな物や行動食を収納するのには優れていますが、使用頻度の高い物は取り出すのに不便です。

そこで、使用するのがMOLLE SYSTEMです。
MOLLE SYSTEMについてはこちらもご覧下さい。
・災害、アウトドア何でも役立つMOLLE SYSTEM

P1050359.jpg
ポーチは様々なサイズと形状のものがあります。
主に5.11 タクティカルとマグフォースで揃えています。

P1050355.jpg
MAGFORCE Tool Bag 5"x7"

P1050354.jpg
簡易的な救急用品を収納。

P1050476.jpg
電池は必要な量だけを↓の様なポーチに入れて携行します。

P1050364.jpg
MAGFORSE M-1 Waistpack

P1050373.jpg
FLYYE Medical First Aid Kit Pouch

P1050371.jpg
MAGFORCE Mini Rollypoly、5.11 TACTICAL 6.10 Vertical Pouch

P1050361.jpg
MAGFORCE MINI LIGHT/KNIFE POUCH LARGE

P1050385.jpg
FLYYE Vertical Accessories Pouch

これらのポーチを装着するMOLLE SYSTEMのベストが必要になります。
P1050374.jpg
5.11 TACTICAL LBE Vest
何もつけていない状態です。

P1050376.jpg
収納重視の装着例

P1050378.jpg
ボトルポーチを配置した装着例

P1050380.jpg
背面の装着例



ここで紹介した道具は必要の無い場合もあります。
防具類は必ず必要になりますが、その他は災害の種類や程度により不要にもなりますし、全ての道具を同時に携行する必要もありません。

例えば、昨年の大島の土砂災害でも現地で活動しましたが、その時一番必要とされていた物は重機を除くと大きなスコップでした。

今後予想される南海トラフ地震など都市型災害の共助で重要になる道具が、おそらくこれだと思います。
P1050484.jpg
ジャッキ、バール
これは油圧式ではありませんが1000kgまでなら持ち上げられます。
消防団や地域防災でも瓦礫対策で自動車用の油圧ジャッキが備えられるようになりました。


共助となると怪我人の応急手当も必要となるので、なかなか難しいところです。
一般人が得られる応急手当の知識と、実際に救急隊員に指導されている内容はかけ離れている事がありますので。
間違っていなくても最適な処置ではないではない、複雑ですね。

共助は学ぶべき事が山ほどあります。

コメント
こんにちは

モールベストではありませんが、先日TVで
多ポッケベストへの防災小物の収納術を
やってましたよ

この前久々にモールベストを着てみたんですが
ポリエステルのシャツの上に着てしまったので
マジックテープで繊維がヤラれてしまいました...

小生も防災のために色々備蓄していますが
肝心の住居が築30年の軽量鉄骨ボロアパート
なので家屋倒壊の「圧死」の統計のほうに
入ってしまうかもしれません

う~ん、ある意味幸せかも?
2014/03/13(Thu) 22:23 | URL | 肥後ノ守(ひごのかみ) | 【編集
肥後ノ守さん、コメントありがとうございます。

MOLLEのベストは生地が硬いものが多いので薄着だと痛かったりもしますよね。
夏場でも快適なベストとなると、ホームセンターに売っているようなメッシュ地のベストになりますかね。

うちは築20年で直接基礎の鉄筋コンクリート造ですが、外壁にクラックが入っていて鉄筋の錆びが染み出しているので心配になります。

しかも自分は昔から運が悪い(皆に平等に降りかかる災難で自分だけダメージを受ける)ので、圧死の確率が高いと思います。

意地でも生き抜いてやろうと常日頃思っていますが。
2014/03/14(Fri) 01:51 | URL | ZAN | 【編集
こんばんわ。

ちゃんと防災用品そろえてあるんですね!
私もそろえなければと思いつつ出来てないです^^;

災害時にはバールとかジャッキがあるかないかで人の生死が決まってしまう場面も多いだろうから、できるだけ多くの人が備えておくべきだと思うのですが。
でかい斧なんかも重宝するでしょうね。
2WDバイクは災害時の移動手段という目的でも作ってますが、実際使えるものにしたいですね〜
2015/03/17(Tue) 22:21 | URL | arukinasu | 【編集
arukinasuさん、歩き茄子さん?コメントありがとうございます。

>ちゃんと防災用品そろえてあるんですね!

自分はこんな下劣なブログをやっていますが、サバイバルが好きなので防災にも知識や道具を流用しています。
「都市型のサバイバル」と考えていますね。
食糧確保から懸垂下降まで色々とやっちゃいますよ!

>私もそろえなければと思いつつ出来てないです^^;

自分は通常の生活で30日間節約して45日間の水、食糧、電池類、衛生用品を備えています。
救助や復旧を行う機関への負担を少しでも軽減するため自己完結を心掛けています。

>でかい斧なんかも重宝するでしょうね。

同感です。
一昨年の大島の土砂災害にもボランティアで行ってきましたが、重機が入れなかったり数が不足している状況では、人の手で瓦礫や土砂の撤去を行わなくてはならないので、大きな斧やスコップが必要でした。
斧はハンマーのように叩き壊すイメージですが、チェーンソーのセカンダリとしても必要だと思います。

>2WDバイクは災害時の移動手段という目的でも作ってますが、実際使えるものにしたいですね〜

これは非常に重要ですね。
2011年以降、防災用品の需要が高まって様々な商品が販売されていますが、オモチャのレベルの粗悪な商品が溢れています。
過酷な状況でも信頼の出来る物というのは安価では製造不可です。

歩き茄子さんの2WDバイクは制作記がブログに載っているので、多少高額になっても理解出来る人からは受注が入るのではと思いました。
2015/03/18(Wed) 01:29 | URL | ZAN | 【編集
わーい♪^^シロウト作なのでまだ改善する点はあるけど、売れたらうれしいだろうな〜^^

あのカラビナを使ってつつつ〜と降りていく技はマスターしたいです。
あとロープの結び方とか止血法とか・・・
・・・と思いつつなかなか実践できてませんが^^;

2015/03/19(Thu) 00:20 | URL | 歩き茄子 | 【編集
歩き茄子さん、コメントありがとうございます。

>あのカラビナを使ってつつつ〜と降りていく技はマスターしたいです。

エイト環という8の字形の器具にロープを絡ませて降りるのですが、拍子抜けするくらい簡単ですよ。
ロープも、∩みたいにしてにネックレスを掛けるような感じで垂らすので、結び方が分からなくてもとりあえず降りる事は出来ます。

先月、登山の練習で多摩川の橋の上からロープを垂らして懸垂下降をしていたら色々な人に怒られました。
2015/03/19(Thu) 07:35 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します