LED LENSER P5 をタンカラーに塗装します。
P5は2本持っているので失敗しても精神的なダメージが少ないのです。

アルマイトの上からの塗装は初めてなので、

・アルマイトの上にプライマーは乗るのか?
・足付けしたいけど、アルマイトが剥がれないか?

が疑問でしたが、まあ実際にやってみないと何も分かりません。
作業に入る前にメタルプライマーを塗って塗料の密着性を試してみましたが、そこそこのってくれました。

P1050505.jpg
各パーツに分けた状態。

P1050508.jpg
テールスイッチはボディから取り外します。

P1050506.jpg
ルーターにブラシを付けて、軽く足付けをします。

脱脂してマスキングをしたら塗装に入ります。
作業をした日は春一番の強風。
ベランダでスプレーを吹いたら全て顔面に飛んできました。
釣りや洗車もそうですが何で自分はいつも気象に恵まれないのでしょうか。

P1050510.jpg
一度目が吹き終わったところ。

迷彩のような仕上がりにしたいので、均等に吹き付けずに下地の黒が薄っすらと表れる箇所と塗料が発色する箇所をイメージしながら吹き付けます。

P1050513.jpg
少しずつ吹き付けて4度塗りで程よく仕上がりました。
塗装が終わったらOリングにシリコングリスを塗って元の状態に組み上げて完成です。


P1050517.jpg

P1050518.jpg

プライマーはアトムや日本ペイントの非鉄金属専用のが密着性が高いと思いますが、このライトは夜釣りで雑に使っているので、どのみちキズが付いて剥がれてくると思います。
むしろ早く剥がれて使用感が出てほしいところですが。

P1050519.jpg
タンカラーには何か惹き付けられる魅力があります。

P1050522.jpg
使用した塗料とプライマー。
Mr.カラースプレー S44 タン、Mr.メタルプライマー
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します