前回のつづき

目的地である林道小川谷線へ続く道が通行止めになっていました。
ここ数日の大雨の影響なのかは分かりませんが、本当に運が悪いです。

この周辺は小川谷線がオフロードバイクで一番楽しめそうなダートコースで、そもそも今回はここを目当てに奥多摩まで来たのです。
一応、他の林道も事前に調べてきましたが、おまけ程度でしたので意気消沈です。

計画変更です。
この近くにある林道日原線を目指します。
幸いこの頃には天気が回復してきました。

DSCN9706.jpg
林道日原線の入口付近

DSCN9700.jpg
日原線は未舗装の林道ですが、ダートコースと言うより普通の砂利道です。
手応えのない道が続きます。

DSCN9699.jpg
下を流れる日原川の対岸が地すべりを起こしています。

日原線は途中に分岐があり、林道孫惣谷(まごそだに)線に入る事が出来ます。

DSCN9705.jpg
孫惣谷線も似たような砂利道ですが勾配を登る事になります。

DSCN9701.jpg

DSCN9702.jpg

DSCN9703.jpg
まだまだ登っていきます。

DSCN9704.jpg
孫惣谷線は見晴らしの良いコースが続くので、オフロード走行よりも景色を楽しめます。


しばらく進んでいくと、プレハブ小屋がありワンボックスカーが数台とめてありました。
そこに居た人に、「この先はうちの施設があるので通れません」と言われたので引き返しました。

ここで思ったのですよ。
なぜ、わざわざこんな急勾配の林道を通らなければならない山奥に事務所を建てるのか?
しかも、「施設」と言っていた事に非常に違和感を感じたのです。

発見してしまいましたよ!
ワンボックスカーがとめられた山奥のプレハブ施設。
これはカルト宗教の施設に間違いありません!

逃げるように来た道を戻ります。
急勾配なので、ギアを入れずに日原線の分岐ポイントまで下る事が出来ました。


自宅に帰ってから調べてみたら、奥多摩工業という石灰の採掘を行う企業の施設でした、ごめんなさい。

DSCN9730.jpg
奥多摩駅付近に、とても味のある工場があって撮影しておいたのですが、これも奥多摩工業の施設でした。
周辺の採掘場からこの工場までトロッコで繋がっている様です。


つづく
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します