前回のつづき

林道日原線と孫惣谷線を走り終えたので、次のコースの倉沢線を目指します。


DSCN9707.jpg
倉沢線の入口付近。

DSCN9708.jpg
短い距離ですが途中まで舗装された道が続きます。

DSCN9709.jpg
大雨の後なので落石注意です。

DSCN9710.jpg

DSCN9711.jpg
狭いガレ場が続きます。

DSCN9712.jpg

DSCN9713.jpg
雨の後なので所々で脇から水が流れ出しています。

DSCN9714.jpg
今回の林道ツーリングのベストショット。

DSCN9715.jpg
さらに奥へ進むと、ここでも地すべりが発生しています。

DSCN9716.jpg

DSCN9717.jpg

DSCN9718.jpg

DSCN9719.jpg
このサイズの落石が直撃したら重傷です。

DSCN9720.jpg
現在走行する事が出来る倉沢線の一番奥。

DSCN9721.jpg

DSCN9723.jpg
右手には魚留橋という橋がありますが、この先は通行止めになっています。

DSCN9726.jpg
徒歩で50m程進んでみましたが酷い地すべりが起きていました。

DSCN9727.jpg
流木で塞がっているのでバイクでは走行不可です。


これで今回の奥多摩林道ツーリングは終わりになります。
残念ながら目的にしていた小川谷線は通行止めで走る事が出来ませんでしたが、なかなかおもしろい林道ツーリングになりました。
あと、帰りの高速で急に土砂降りになった時は死ぬかと思いました。

渓流釣りのポイントも探しながら走ったので、次回はヤマメ狙いで行こうと思います。
コメント
こんにちは 肥後ノ守です

林道の脇の谷底に転落すると発見してもらうまでに時間がかかりそうですね
夜は誰の目も気にせずに思う存分ライトの照射ができそう
でもこんな山奥で1人だと怖すぎですね
2014/06/18(Wed) 20:46 | URL | 肥後ノ守 | 【編集
肥後ノ守さん、コメントありがとうございます。

谷に落っこちても、この川は多摩川に合流しているので自宅の方まで流れて戻る事が出来ますよ。
生きてはいませんけどね。

ライトは山だと湿気や霧で光線みたいになるのでおもしろいです。
夏場は虫が猛アタックしてきますが。

そういえばP5.2ではなく、SURE FIREのG2X PROを買うかもしれません。
このライトは電池の面で防災用ではなく自己満足での使用になるのが確実です。
2014/06/18(Wed) 21:44 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します