4月4日 25:40~27:40 某河川

    そろそろ気温水温が上がってきたので、シーバスがベイトとなる稚鮎を求めて堰まで遡上してくる時期です。
    ポイントの状況は先日の雨の影響を受けて、流れと濁りが強い。
    堰付近はマルタがスゴイ数で群れていて、シーバスらしいボイルはなし。


    群れているのは皆このクラス

    周辺の状況を調査するため、下流へ歩きながらソフトルアーでテクトロ。
    マルタ、コイ、魚種不明の小魚が多数。
    シーバスは発見できませんでしたが、暖かくなり生物が盛んに活動し始めています。

    前回の釣行では、フクロウを発見。



    調べてみたらこの付近でフクロウを発見するのはとても貴重で、以前飛来してきた時は小さな騒ぎにもなっていたようです。
    真っ暗闇でたまたま空見たら、木に不自然なシルエットがあって気が付いたんですが。
    そんな河川敷をテクトロしていると・・・

    「!!!?」

    浅瀬にナマズ発見!!
    口元にゆっくりBTSを運んでみると、「ボシュッ!!!」っと音を立てながらヒット!!
    重い、60cmオーバー確実!!
    しかし、岸に引きずり上げる時にフックアウト!

    再びテクトロ、またナマズ発見!!
    同様にBTSを目の前に泳がすと、今度は喰いつかずにエスケープ。

    さらに歩くと、またまた発見。
    忍び足で近寄って、BTSを落とし込んでみると、ヒット!!
    これも重量級、今度は無理に引きずり上げず水面から顔だけ出した状態でキャッチ。


    67cm 太りすぎ、オタマジャクシみたいな体系





    今回は狙う前に逃げられたナマズも含めると6~7匹発見できたので、これからタマゾンのナマズがおもしろくなることは確実。



    *** 使用ルアー ***

    ・エコギアBTS ダーティングジグヘッド7g
    ・エコギアBTS ジグヘッド2g
    ・DUEL ハードコア リップレスミノー90F
    ・DUEL ハードコア リップレスミノー120F



    コメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します