昔、職場に小河原さんというブスな女の子がいましてね。

先日の横浜と中日の試合を見ていたら、小河原さんの事を思い出しました。

201463148496498.jpg

延長戦になるといつも思う事ですが、延長12回で登板する投手は、もの凄いプレッシャーがかかると思うんですよ。
追いつかれれば打者の苦労が水の泡、勝ち越されればサヨナラ負け、スタンドからは大ブーイング等々。
打たれればその責任を全て背負う事になってしまうので、並の精神力では耐えられないと思うのです。

で、ブスな小河原さんなんですが、彼女も物凄い精神力の持ち主なんですよ。
誤解のないように言っておきますが、ブスというのは彼女本人がいつも自分で自分の事をブスと言っていたので、このブログの管理人もこの場にブスと書かせていただいています。
本来ならば自分の事を棚に上げて、それはもうニューヨークの摩天楼にそびえ立つ超高層ビルの最上階から葉巻をくわえながらの上から目線で、他人の容姿をどうこう言う事はありません。

その小河原さんはどれくらいブスかと言うと、浜田ブリトニーさんっているじゃないですか。

20146456849646.jpg

浜田ブリトニーさんが、リングの上でラリアットをくらったような顔をしているんですよ。

20146348764984.jpg

渋谷のセンター街のような繁華街に居たら目立たないけど、親戚のお葬式に現れたら一目で発見できる感じなんですよ。

そのチャラついた小河原さんが、休憩時間に他の子とファッション雑誌を見ながら談笑しているのが聞こえてくるわけです。
「私ブスだから、ぶっちゃけこの服似合わなくないー?」とか、「私ブスだから、彼氏の浮気とかチョー心配なんですけどー」とか言っているのが聞こえてくるのです。
彼氏がいるのは置いておくとして、枕詞のようにいちいち「私ブスだから」と付け加えてくるんですよ。
分かった分かった、ブスなのは分かったからもう少し静かに喋れ、おかしくてコーヒーが飲めねぇじゃねーか!

その時、一つ疑問に思ったのです。
「私ブスだから」という言葉は、後ろ向きでマイナスな意味しかないじゃないですか。
しかし、小河原さんは前向きというか、むしろ堂々と恥じる事無くこの言葉を使っているんですよ。
自分がよく口にする「どうせ自分は人間のクズだし」とか、「もう人生リタイア二歩手前だよ」とか、「うちNHK観ていませんけど」という後ろ向きな言葉とは全く方向が違うのです。
何故そこまで、いっそ清々しいくらいにそんな言葉を口に出来るのか疑問に思ったわけです。
どうやら小河原さんはブスという事は自覚しているのだけれど、ブスの部類ではカワイイ方だと思っているようなのです。

何ですか、その自信は。
何ですか、私メジャーリーグは無理だけど社会人野球ならホームラン打てるよみたいなその自信は。

そこまで前向きになれる精神力は、並大抵のものではありません。
人は誰しも欠点は隠しておきたいと思うはずです。


自分が小学6年生の頃でした。
親から筆箱をプレゼントされましてね。
ただ、その筆箱というのが、おもいっきりミッキーの柄なんですよ。
しかも鉛筆削りが付いちゃったりしていて、すんごいダサイんですよ。
思春期突入の小学6年の男子がミッキーですよ。
まわりの子はアディダスとかナイキのカッコイイ物だったり、革みたいなオシャレな筆箱を使っているのに自分だけミッキーですよ。
「いらねぇ、余計な物買って来るんじゃねぇよ」と思いながらも、使わなければせっかく買ったのに無駄になったと親から怒られると思ったので、学校に持って行きました。
案の定まわりから馬鹿にされました。
こんな物使いたくないのですが、使わないと親に怒られる。
そこで自分は、今まで使っていた無地の筆箱を学校に置きっぱなしにして使って、ミッキーの筆箱はランドセルに入れておくけど学校では絶対に出さないという、サラリーマンの不倫みたいな筆箱の二重生活をする事にしました。
これならば、学校では馬鹿にされないし、ミッキーの筆箱も使っているように装えるので、家で親に怒られる心配がありません。

自分のように心の弱い人間は、筆箱がダサイという些細な欠点でも、他者から指摘されればそれを恥じて隠してしまうのです。

対して小河原さんはどうでしょう。
ブスであるという事を恥じず隠さず堂々としているではないですか!
小河原さんも、延長12回で登板する投手も、人並み外れた精神力を持っていると思うのです。

自分も強靭な精神力を手に入れたいわけですよ。
バイパスの合流で流れに乗れなくて、後ろの車にクラクション鳴らされても1日鬱にならない強い精神力が欲しいのです。
このブログにアクセスが無くても、キーボードの上に涙を落とさない強い精神力が欲しいのです。
街中でティッシュを配っている女の子が、自分にだけ無視して渡してくれなくても落ち込まない強い精神力が欲しいのです。

そこで、精神力を鍛えようと考えました!
ネットで、「精神力 鍛える」で検索すると、メンタルクリニックのサイトがヒットして、そこにいくつかのトレーニング方法が書いてありました。
メンタルクリニックという事は、専門のドクターが書いていると思うので信頼性が高いです。

・メンタルトレーニング その1 運動をして体を動かす
心と身体は一体なので、体を鍛える事により精神力も鍛えられるそうです。
自分はこんな自堕落なブログ書いていますけど、ランニングもしているし筋力トレーニングもしていますよ!
なのに全然精神力強くなりませんけど!!!
むしろ、辛くなると直ぐに今日は腕が痛かった、とか後から理由を付けて休憩しますけど!!
今日は雨が降りそうだから!とか理由を付けてランニングを中止にして、家で録り溜めた番組見ますけど!!
メンタル弱すぎなんですけど!!

・メンタルトレーニング その2 積極的に傷付く
よく、傷付いて人は強くなるとか言いますけど、こんなもの嘘ですよ!
傷付いて強くなれるというのであれば、自分は今頃鬼のように強靭な精神力を持っていますよ!!
なのに、実際は嫌な事があればいつまでも引きずる軟弱な精神力ですよ。
10秒チャージ、2週間キープです。
だいたい、傷付いて人は強くなるってなんですか!
チャゲアスの歌に出てきそうな詞じゃないですか!
本人は逮捕されて傷付いているのでしょうけどね!

・メンタルトレーニング その3 何でも前向きに捉えるようにする
だからその方法を知りたくてあんたのクリニックのサイトを見ているんだよ!!!

・メンタルトレーニング その4 自らの欠点やコンプレックスを受け入れて表に出す
それができてりゃこんなに苦労してねぇーんだよ!!!
バカ!!ヤブ医者!!大卒で親のすねかじり!!このdふぁgshfsヴぁjぐsfんjjsb!!!

・メンタルトレーニング その5 当クリニックにてカウンセリングを受ける
初回の相談は無料です。
経験豊富な専門医が丁寧に診察いたします。
お気軽にご連絡ください。
TEL 03-****-****


盗まれたーーー!!
時間を盗まれたーーー!!
チクショーーーー!!!!

20145496846496486.jpg

また無駄な事に時間を費やしてしましましたよ!!
こんな事だったら初めからマック赤坂のスマイルトレーニングをやっていた方がマシでしたよ!!


20146548464984648.jpg

20149643464.jpg
10度、20度、30度!!

201436549679.jpg
10度、20度、30度!!

201466668797.jpg
スマイル!!


家で一人、スマイルトレーニングをやってみました。
そもそも、なんでこんな馬鹿な事をやらなければならないのでしょうか。
余計ネガティブになりました。

あと、マック赤坂さんもカウンセリングを受けた方がよいのではないかと思いました。
コメント
こんにちは

ふぅ~~は~~ぜ~~

ダースベーダー。
頑張ってるのに、
筋肉痛、たった4キロで、、なぜ??
くやしい、そんなことあろうはずがないと、、
どうやら風邪で筋肉痛らしい。でした。

夢の10キロコース、、ゆめになっちゃう、、あ~~
くやしい、という土曜日でした・
2014/08/30(Sat) 14:17 | URL | hippopon | 【編集
hippoponさん、コメントありがとうございます。

筋肉痛の時は軽めの方が良いですよ。
回復する前に無理すると疲れるだけで長続きしませんし。
距離は徐々に増やしていけば良いと思います。

自分も距離はその時の調子で変える事がありますよ。
2014/08/30(Sat) 18:21 | URL | ZAN | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/31(Sun) 11:14 |  |  | 【編集
初めまして、初コメ失礼します。

以前からちょこちょこと見ていたんですが、なんか凄い共感を覚えます(笑)

リンク張ってもよろしいでしょうか?
2014/09/01(Mon) 23:58 | URL | SERN | 【編集
SERNさん、コメントありがとうございます。

こんな愚鈍な人間の書くブログでよろしければリンクお願いします。

SERNさんはこのペースなら200本安打まで余裕そうですね。

こちらはシーバス全然釣れていないです。
六郷橋の下は自分も行ったことがありますよ。
その一つ上流の第二京浜の橋下のが釣果がありましたね。

2014/09/02(Tue) 07:33 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します