「ピンポーン、ピンポーン」、休日の午後にパ・リーグのどうでもいい試合を見ていたらチャイムが鳴りました。

ドアの覗き穴から外を見てみると、地味な服を着た60歳代のおばさんと40歳代の女性。
はい、来ました!
10割0分0厘、10打数10安打の確率で宗教の勧誘です!!
以前にも何回か来たことがあるのですが、宗教の勧誘は必ず年配の女性と中年女性の二人一組、ツーマンセルで行動しているのです。

普段ならば、「とっとと失せやがれ!このドブネズミ!」とか洋画の吹き替えみたいな台詞で追い返すのですが、あまりに退屈だったので少しお話しを伺ってみる事にしました。

ドアを開けると、年配のおばさん信者がパンフレットを渡しながら、「私達は、〇×△会という慈善活動をしている者でして、〇〇さん(このブログの管理人)、少しお話を聞いて頂いてもよろしいでしょうか?」と言ってきました。

これはなかなか手強い一手を打ってきました。
「慈善」というのは支援や援助をするという意味なのですが、「慈善活動」というのは時間、労力、金銭などを捧げる奉仕活動の事で、「活動」が付いてしまうと全く意味が異なるのです。
慈善活動とボランティアは似たイメージなのですが内容が全く違うのです。
つまり、貴方も〇×△会に時間、労力、金銭などを捧げないか?という勧誘なのです。

言葉の綾です。
まあ、セールストークとしてこの手の言い回しは常套手段です。
そして、事前に表札を見る事によって「〇〇さん」と名前で呼んで親近感を与えてくるのもポイントです。

廊下に出て話を詳しく伺います。

年配の信者は、「今、私どもの施設をより多くの方にご利用して頂こうと考えておりまして、会員様を募集しているところなのでございます。」と話してきました。
会員とは要するに信者の事ですね。
確かにパンフレットにはリゾート施設みたいなものが記載されていました。
なるほど、いきなり宗教とか入信とか言うと警戒されるから、まずは会員にして引き込むのですね。

さらに、「〇〇さんは現在の生活に満足されているでしょうか?」と続けてきます。

現在の生活に満足しているかだと?
そんなの今あんたが訪問しているこの家の外観を見れば分かるだろ!!
バカ!!カス!!死ね!!クソババア!!
と、思いましたがここは冷静になって楽しまなければなりません。
その為に勧誘に応じているのですから。

なので、少し不安そうな顔をしながら、「最近は仕事の失敗ばかりで将来が本当に不安で・・・。上司には毎日叱られるし、後輩の女の子にはツイッターにゲロカス野郎とか書かれるし・・・」
もちろん嘘です。
うっそピョ~~~ンです。
ディズニーアニメに出てきそうなウサギくらい飛び跳ねています。

将来の不安を溜め込んでいる様子を表すと早速食い付いてきましたよ。
年配信者「私達も〇〇さんと同様の人生を送っていました。彼女(中年信者)も昔はOLとして働いていましたが、現代社会の人間関係にうんぬん・・・・・・・・・」

もう話が長がいんですよ!
隣にいる中年信者の身の上話しとかどーでもいいんだよ!!
聞いてもいない事をベラベラベラベラと!!
もうそんなに瞳孔開きながら喋るなよ、怖いだろーが!!
あと顔が近い!!

年配信者が勝手に喋っている間に、受け取ったパンフレットを一通り読んでみました。
施設を見ると、まあこの手の宗教団体としては中くらいのレベルなのだろうと思います。
パンフレットには地方にある温泉やらテニスコートが備えられた施設が紹介されていました。
宗教と言っても利益を得るために運営しているわけですから、このような形態になるのは必然ですね。
入信したからといって、当然無料では利用出来ません。
金額が32,000円~とか53,000円~とか記載されていました。
どれも、〇〇円~となっているのがポイントです。
この手の表記は、上限は無限大ですと言っているようなものです。

管理人「〇×△会に入信すればここに記載されている施設が利用できるのでしょうか・・・?興味があるのですが、私は宗教というものがよく分からないので入信に関して少し不安があります・・・。」

年配信者「入信と言ってもそんなに難しく考えて頂かなくて大丈夫ですよ(微笑みながら)。皆で集まって談笑したり食事をしたりして楽しいひと時を過ごし、人生の悩みを解決しようという事です。〇〇さんも学生の頃サークルとかに入っていたでしょう?そのような気軽な感覚で入って頂いて良いのですよ。」

うるせぇー!!余計なお世話だ!!
サークルなんて一度も入った事ねぇよ!!
だいたい交友関係を上手く築けていたのならこんな大人になってねぇーんだよ!!死ね!!
あんたさっきから無意識に酷い事言っている事に気付けよ!!

そして、ついにこの言葉が出ました。
「〇〇さんも入信すれば必ず幸せになれますよ。」

インチキな宗教団体の伝家の宝刀!!
「必ず幸せになれますよ!」
もうね、「必ず幸せになれますよ、すよ、すよ、すよ、・・、・・、・・、・」
みたいにエコーがかかって聞こえましたからね。
こちらが弱気な人間を演じていたので、強い言葉を選んできました。

ビジネスでも何でもそうですが、絶対とか必ずとか言う人間の話しは10000%信用してはいけません。
昔、長谷部君にプレステのソフトを貸したら返ってきませんでした。
絶対返すから、って言ってたのに!!
チクショーーー!!!!

管理人「入信すれば本当に幸せになれるんですか・・・?幸せというのは人それぞれで多種多様ですよね・・・?」

年配信者「そうなのです、私たち○×△会は皆様一人一人の願いや幸せを叶えるために活動しているのです。」

隣にいる中年信者は、年配信者が話す度にうなずいて、「私も初めは不安でしたが、今ではもっと早く〇×△会に入信していれば良かったと思っております。」と、追い打ちを掛けてきます。

引いてばかりではいられないので、ここから少し攻め込んでみます。

管理人「幸せって一体何なのでしょうか?アフリカなどの第三世界で生活する人々からしてみれば日本人は全て幸せに思えますよね?日本では低所得者でも誰でも十分な医療を受けられ、必要であれば国から保護も受けられるのですから。私たち日本人はそれだけで幸せなのではないでしょうか?それに不条理な暴力や内戦によって命を奪われる事もないのですから。」

年配信者「確かにその通りです。しかし、〇〇さんはそれだけで本当に満足でしょうか?本当は不安を抱え、悩み、苦しんで生きているのではないでしょうか?私は〇〇さんのお力になりたいのです!」

管理人「この世の中に不安や悩みを持たずに生きている人間なんているのでしょうか?人生というものは、もがき苦しみ、泥水をすすりながら生きるという事なのではないでしょうか?」

はい、またまた思ってもいない事を連発ですよ!!
偏差値の低い学校に通っていたコイツが、ドバイにそびえ立つ超高層ビルの最上階くらいからの上から目線で哲学みたいな事を言い出しましたよ!!
小学生の頃から深夜番組ばかり見ていて、親が起きてくると焦ってテレビを消して、その時の「ブツン」という音でばれないかビクビクしていたコイツが、見ず知らずの年上の人間に対して自論を説いてやがりますよ!!
もう単二の電池を鼻の穴に縦に突っ込んでやりたくなりますね!

さらに、追撃を仕掛けます。

管理人「それにあなた達の信仰は、どうしても神を都合良く利用しているとしか思えないのですよ。話を聞いてみれば、信者の幸せしか考えていないではないですか。信仰というのは自分の為に行うものではないのですよ。私達の為に神が存在するのではないのです。神の為に私達人間が存在するのです!」

出ました!!名言ですよ!!
神に対して全く無関心のコイツが、「神の為に私達人間が存在するのです!」だとさ!!
神への信仰どころか、親戚のお葬式にすら普段着で行ってしまうコイツの口からですよ!
信仰以前に常識を学ばなければなりません。

しかし、ちょっと待って下さい。
カッコイイ事を言いましたが墓穴を掘ってしまいました。
この人達ってインチキな宗教団体ですよね。
頂点にいる教祖や幹部が、下に居る信者達からお金を吸い上げる仕組みですよね。
この人達にとっては、神=教祖なのですから「神の為に私達人間が存在するのです!」と言い放つというのは、ズバリこのインチキな宗教団体のシステムをそのまま認めてしまった事にならないでしょうか?
形勢逆転、一気に不利な状況に陥ってしまいました。

しかし、二人とも気が付いていない様子。
相手からしてみれば反撃のチャンスだと思うのですが、凄い見逃し方です。
ブラゼルやカブレラがストライクゾーンにきた直球を見逃すくらいもったいないですね。

そして急に生命の誕生や宗教理論みたいなカオスな話を始めましたよこの人達。
宗教理論なんて自分のような下劣で稚拙な人間にはサッパリですよ。
神のお導きとか言われても、もうとりあえずXファイルのスカリーのように「モルダー、これは科学で証明出来るのよ」とか適当に言い返すしかありません。
そしてもうね、お互いああ言えばこう言う状況になってきたんですよ。
宗教だけにああ言えば上祐ですよ。
そういえば小学生の頃、坂上君という子があの宗教団体のテーマソングをソプラノリコーダーでいつも吹いていて、その度に教師に叱られていたのを思い出しました。
まあこの教師も見た目が少しアレなんですけどね。
少し懐かしいです。

しかし、そんな思い出に浸っている余裕はありませんよ!
目の前にいる瞳孔の開いた信者を論破してやらなくてはなりません。
神を疑い絶対に信じない人間と、神への信仰に身を捧げる人間の熱い討論なのです。

もう白熱して今度は宇宙の誕生みたいな、お互い本当はよく分かっていない事を言い争っている時でした。

「うるせぇーーーんだよ!!!!」という怒鳴り声がマンションの廊下に響き渡りましてね。
上の階の住人が激怒して降りてきたんですよ。
討論が白熱し過ぎてしまっていたので余程うるさかったのでしょう。
「お前らさっきからsfhヴぁあvbふぁbjghがーーーー!!!!」
何と言っているのかは聞き取れませんでしたが、もの凄く怒っているという事は伝わってきました。
昔、広島カープにいたブラウン監督の猛抗議のようにベースを引っこ抜いて投げてきそうな剣幕なんですよ。
突然大声で怒鳴られたので自分も信者もしばらくキョトンとその場に立ちつくしていましたが、信者は直ぐに逃げるように帰っていきました。

ちょっ、まっ・・・、一人にしないで!
自分も凄く怖くなったので、そそくさと家に入りしっかりと施錠して布団の中にもぐり込むのでした。

神様、助けて下さい。

コメント
はじめまして。
と、言っても何度かおじゃましていましたが・・・。

今回の内容は、興味があっても出来なかったことを、代わりに体験して頂いたような内容で、
とても楽しめました(笑)

最後の上の階の怖い人の登場には、驚きましたが、

Z.A.Nさんの、最後の神頼みが一番ウケました(爆)

でも、あまり関わると、何度も来るようになるのではないのでしょうか?
2014/09/09(Tue) 01:04 | URL | らいふ | 【編集
らいふさん、コメントありがとうございます!

次はもう一つ試したいことがありましてね。
某大手の宗教団体のチラシがポストに入っていたのですが、このチラシをうちに訪ねてきた他の団体の信者に渡して、勧誘してやろうかと考えています。

今回来た団体はソフトな感じでしたが、オ〇〇教や、パ〇〇ェ〇ブ等のヘッドギアだったり全身白い布を被っている完全にぶっ飛んだ団体とは関わらない方がよさそうですねwww

ワゴン車に拉致されて・・・・・・。
2014/09/09(Tue) 01:32 | URL | ZAN | 【編集
はじめまして。おはようございます。ついつい引き込まれて読んでいます。そうですね。私にも若い頃こんな経験があって、頭から湯気が出てんのと違う??と思う程、頭にきた事がありました。あの人達は、喋りのプロなんですよ、なかなか思うようになりませんからね。それ以来、チャイムがなっても、一言でお断りしています。( ̄□ ̄|||)
2014/09/09(Tue) 04:44 | URL | ピーちゃんこ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/09(Tue) 06:30 |  |  | 【編集
ピーちゃんこさん、コメントありがとうございます。

確かに、喋りのプロですね。
ジャパネットみたいに聞いてもいない事を永遠と喋り続けますから。

今回は引き分けになってしまいましたが、次回また機会があれば論破してやりたいと思います。

こちらは白装束を着て応対しますw
2014/09/09(Tue) 19:14 | URL | ZAN | 【編集
Re: タイトルなし
hippoponさん、コメントありがとうございます!

インチキな宗教団体もNHKもノルマのようなものがあるのかもしれませんね。
NHKの集金は下請けの会社が行っていますから、集金できないと信用が無くなるので、外回りの人間も上司からノルマを押し付けられているのかもしれません。

マンションでも無断で入れば住居侵入罪になるのですが、実際は通報しても軽く注意だけして終わってしまいます。
不審者を見つけて通報したことが何回かあるのですが、警察の判断ではオートロックの外側と内側が検挙の境界線になっているようです。
法的にはどちらも住居侵入罪なんですけどね。
2014/09/09(Tue) 19:26 | URL | Z.A.N | 【編集
 こんにちは。

 宗教の勧誘はたまに来ますが、長引かせると面倒そうなので、できるだけ、さっくりと断るようにしてます。

 上の階の人のような断り方にも憧れますが、これはこれで難しいですね(笑)
2014/09/09(Tue) 21:26 | URL | よいち | 【編集
よいちさん、ご訪問ありがとうございます。

激怒で断るパターンもおもしろそうですね。
よく夕方のニュースでやっている迷惑な河川敷ゴルファーみたいに、話し掛けるといきなり大声出してキレると、どういう反応をするのか。
ただ自分は強面でないので迫力が出ないと思うんですよね。

毒には毒をで、ヘッドギア付けて応対するのもおもしろそうですw
2014/09/10(Wed) 00:16 | URL | ZAN | 【編集
いいとこ見せたかったのに、、
鼻水で、、呼吸が、、

おまけに東京は酷く振り出しました

西南からひたひたと雨が寄ってくるのが解って、つつまれまれました。
雷も。

木の葉が、パリパリに乾いて、そこに大粒の雨が降ってきて、音楽みたいだった時の事を思い出します。
それ聴いてて、、ずぶぬれになって、家まで戻ったんでした。

直ぐに風邪ひくの、困ったものです。
2014/09/10(Wed) 16:47 | URL | hippopon | 【編集
hippoponさん、コメントありがとうございます。

今日の雨は凄かったですね。
うちの方も道路が川みたいになっていましたよ。

この時期は自分もランニングの終盤になると汗で体が冷えて鼻水止まりません。
次の日までひきずってしまいます。

hippoponさんお大事に!
そして自分もお大事に!
2014/09/10(Wed) 21:19 | URL | ZAN | 【編集
こんばんは。

おもしろい!!
デリケートな話題かと思いますが・・・
洋画の吹き替えから
ぐっと掴まれて
ちょこちょこ入る回想シーンも
ぶふっ!と笑ってしました。

自分が中学の頃、
成人していない=財のない人間にまで
勧誘をかける来訪者がいたのですが
「最近言葉巧みに勧誘にくる人が多くて困ってる」と悩みを告げたら、
多くを語らず帰ってくれました。
しつこくない人でラッキーだったんでしょうね((笑))

2014/09/11(Thu) 23:44 | URL | いとしこいし | 【編集
いとしこいしさん、ご訪問ありがとうございます!

確かに勧誘する側もある程度は人を選べよと思います。
誰彼構わず勧誘している感じですからね。
そう考えるとノルマとか成功報酬とか絶対あると思うんですよ。

自分でも非課税で大金が稼げるのなら迷わず入信しますよw
そして自分が神まで登りつめてやろうと思います。

2014/09/12(Fri) 07:22 | URL | ZAN | 【編集
スゴくおもしろかったですw
そして、ZANさん、ディベートスゴいね。
アタシだったら、理屈や理論では言い負かせないや。
新興宗教はぜんぜん詳しくないんだけど、リゾート施設みたいなんだw
ちょっとおかしかったw


人の信仰のはじまりって、誰かに勧誘されてどうこうってゆうのじゃないなーって思ったんだよね。
解決できそうにない不安や悩み、闇、苦しみ、不幸、病気…もうどうしようもなくて、自分で神の家・教会(その他の宗教)の扉を開ける。
そういうものなんじゃないかなって。
生まれた時から、キリスト教やイスラム教に親しんでいる地域の人たちとは違って、アタシたち日本人は一部の人をのぞいて、大多数が宗教と無関係に育ってきてるんだから。
義務教育でも「宗教」に関するカリキュラムはなかったし。

だから宗教の押し売り?wはなしだよねーってね。
けどね…アタシが所属しているカトリックでも、日本の信徒の維持・拡大を本気で考えていかなきゃいけない、そういう問題を抱えているんだよね。
ミサに顔を出してみると一目瞭然なんだけど、高齢の方がスゴく多いの。

神を信じていないZANさんに言うのは同意が得られないとは思うけど、アメリカやヨーロッパの教会はスゴく入りやすいと思うよ。
そこで1時間でも祈りを捧げている方のそばに座ってみたら、きっと…いつもと違う、何か人智を超えた、聖霊の気配と雰囲気を感じて、神聖な気持ちになるはず…
アタシの信仰の最初は、オーストラリアでそんな経験をしたからなんだよね。

…と、、、まあ、、、なんか、、、勧誘してるみたいになってるからwこのあたりでw

記事、おもしろかったです。
2015/06/27(Sat) 00:27 | URL | あいる | 【編集
あいるさん、コメントありがとうございます。

>日本人は一部の人をのぞいて、大多数が宗教と無関係に育ってきてるんだから。

国内にはこの記事みたいなインチキな宗教団体が無数に存在していて、何でこんな明らかに詐欺な宗教に騙されるんだよと思うのですが、おそらく宗教というものに無縁なので耐性が付いていないのでしょうね。
そう考えると、子供の頃に少しくらいは教育の一環で学ばせたり体験させたりするのも良いのかもしれないと、無神論者の自分でも思いました。

>日本の信徒の維持・拡大を本気で考えていかなきゃいけない、そういう問題を抱えているんだよね。

これからは少子高齢で、どの分野や業種でも後世に伝えていく事が大きな課題ですからね。

>アメリカやヨーロッパの教会はスゴく入りやすいと思うよ。

確かに教会ってオープンですよね。
仏教だと境内に入れても拝殿には入れない寺が殆どですし、閉鎖的な印象が強いです。
あと、インチキな宗教ではなくても、葬式で葬儀屋と坊主にボッタクリのレベルで費用を請求されるので、こちらは仏教に対して益々身構えてしまいます。
お金が無いわけではありませんが、自分が死んだ後に高額な請求がされるのがとても悔しいです。

こちらはハゲていませんが、坊主に大金を払う気は毛頭ありません。
2015/06/28(Sun) 00:22 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します