群馬県の妙義山に行ってきました。

妙義山とは複数の山からなる総称で、白雲山、金洞山、相馬岳などがあります。
また、日本三大奇勝の一つとされています。


・以下ウィキペディアより
表妙義縦走路は岩稜帯が連続し、こぶ岩・鷹戻し・奥の院の鎖場等で多数の死亡・重傷等遭難が繰り返し起こっている。山と高原地図では難路の登山道(初級・中級・上級の分類の中で分類外の最上級に分類)として記載されていて、妙義山登山マップでは上級登山道、国土地理院の地図には登山道として記載されていない。その通過の難しさは、北アルプスの大キレットや剱岳の比ではない。


とのことです。
自分は北アルプスや剱岳には行ったことがありませんが、妙義山はとにかくデンジャラスな山のようです。
鎖を伝って崖を登り降りしてみたくなっただけなので、鎖場があればどの山でもよかったのですが、高速を降りてから近いという理由でこの妙義山を選んでしまいました。
登山では白雲山ルートと金洞山ルートが一般的のようで、今回は白雲山ルートに挑戦します。
白雲山ルートの終着点は相馬岳(1,103m)になります。

白雲山の難路箇所
奥の院 〜 見晴 - 滑落事故数件あり ルンゼ内直立 4連30mの鎖 7m外傾斜
見晴 〜 大のぞき - 鎖直立2m 3連の鎖 鎖でV字状に登り降りする
大のぞき 〜 天狗岩 - 滑り台状30mの鎖
天狗岩 〜 相馬岳

妙義山の中の相馬岳を目指して白雲山ルートを登る。
ややこしいですね。


04:55 駐車場に到着 気温11℃

DSCN0307.jpg
予定よりも早く到着してしまったので辺りはまだ暗い

準備を整え登山口に向かいます。

DSCN0310.jpg
登山口は妙義神社の中にあります

05:15 登山口に到着

DSCN0311.jpg
登山開始です!

DSCN0314.jpg

DSCN0318.jpg
勾配が続きますが段差は急ではないので登り易いです

DSCN0319.jpg
日が昇ってきたあたりで最初の鎖場

この場所は鎖を使わなくても登れました。

DSCN0322.jpg

DSCN0323.jpg
二か所目も傾斜が緩やかです

この鎖を登った後に分岐があり、大の字という周囲を展望できる場所に出られます。

DSCN0331.jpg
大の字に向かう途中の鎖場

この鎖場で自分の写真を撮るのが凄く大変な事に気が付きました。
斜面になっているのでカメラを倒れないように理想の方向に向けてセットするだけでも大変なんですよ。
タイマーは10秒なので、その間にグローブを着けて鎖に登ってブレない様に体と鎖を静止させなければなりません。
で、鎖から降りて撮った画像を見てみるとフレームの外に体がはみ出しているんですよ。
はい、もう一度撮り直し。
ふざけんなよ!!
なんだよ撮り直しって!!
今回の登山は終始一人でこんな事を繰り返していたので時間と体力をかなり消費しました。
鎖場を何往復もしてボツになった写真が沢山できました。

DSCN0332.jpg
上から撮影、高さは8mくらい

DSCN0334.jpg
大の字には文字通り「大」の字がありました

DSCN0338.jpg

DSCN0341.jpg
背後にはこれから登っていく山

DSCN0343.jpg
先ほどの分岐に戻って相馬岳を目指します

DSCN0344.jpg
しかし、早くも登山道を逸れて崖の間で行き止まりになってしまいました
こういうところは自分の人生と同じです

DSCN0346.jpg
行き止まりになって気が付いて良かったです

DSCN0348.jpg
登山道に戻って進んでいくと、「キケン↑上級コース」と書かれた岩がありました

DSCN0349.jpg
鎖場の傾斜もキツクなってきましたが、まだまだ余裕です

DSCN0351.jpg

DSCN0352.jpg

DSCN0353.jpg
奥の院に到着

DSCN0354.jpg
奥の院には小さな洞窟があり中には地蔵が祀られてありました

この直ぐ隣には30mの鎖場があります。
いよいよ本格的になってきました!!
ちなみにハーネス(安全帯)などは使用しません。

DSCN0355.jpg
この場所は昨年の6月にも一人滑落して亡くなっています

DSCN0359.jpg
デンジャラスな感じですが足場が良いので意外とすんなり登れました

DSCN0364.jpg
藪の中を進んでいきます

DSCN0366.jpg
また鎖場です

DSCN0367.jpg
そこそこ長さがありますが傾斜が緩いので簡単に登れました

DSCN0368.jpg
山の上の方は涼しいかと思いましたが、平野から吹き付ける風で蒸し暑かったです

DSCN0370.jpg
短い鎖場

DSCN0371.jpg

DSCN0372.jpg
見晴に到着

DSCN0374.jpg
周囲を展望する事が出来ます

DSCN0383.jpg
切り立った山々

DSCN0380.jpg
この山が関東平野との境い目にあるという事がよく分かります

DSCN0385.jpg

先へ進みます。
見晴のすぐ先に鎖場があるのですが、この鎖場が今回一番危険度が高かった場所です。

DSCN0386.jpg
まずは縦に登って

DSCN0387.jpg
画像だと分かり辛いですが途中で鎖が右方向になってトラバース(横方向への移動)になり、その後再び縦方向への登りになります

DSCN0389.jpg
体重を支えるのに十分な凹凸が殆んど無いので滑ります

こんな崖の途中でも利き腕はカメラですよ。
もうコイツ完全にバカですよ!
カメラを操作するのにグローブを外さなければならないんですけど、左手で鎖を握りつつ右手のグローブを挟んだりして、とにかくグローブを外すのも命懸けでした。

DSCN0390.jpg
少し進んだ場所
ここは横方向と縦方向の中間のあたりです

DSCN0391.jpg
足元を撮影

DSCN0393.jpg
進んできた方を撮影

DSCN0396.jpg
上を撮影

DSCN0398.jpg
あと少し

DSCN0401.jpg
登りきりました
上の方は傾斜が少し緩くなっています

この鎖場は岩がツルツルして足を掛け難いのでデンジャラスでした。
腕力とグリップ力の高いグローブが必須です。

DSCN0404.jpg
登った崖の上からの景色

DSCN0405.jpg
またしばらく普通の道が続きます

DSCN0406.jpg
高度が上がってきました

DSCN0407.jpg
玉石
特に何かがあるわけでもないので、そのまま通過です

DSCN0408.jpg

DSCN0411.jpg

DSCN0412.jpg
急な登りが続きます

DSCN0413.jpg

DSCN0415.jpg
高さはありませんがトラバースになります

08:40 大のぞきに到着

DSCN0421.jpg
撮影に苦戦したのと道を間違えたせいで、かなり時間を押してしまいました

DSCN0422.jpg
石碑があります

DSCN0419.jpg
これから登る山が見えます

ここで休憩です。

DSCN0424.jpg
ダブルチーズバーガー

大自然の中で食べるジャンクフードは格別ですね!
炭水化物とタンパク質が豊富で高カロリー!!
しかもチーズは汗とともに失われたカルシウムを補給できます。

休憩を終え、さあ出発です。
頂上の相馬岳を目指します。
この直後に30mの鎖場が待ち受けていました。

次回、後編に続きます。

コメント
こんにちは。手に汗握る登山ですね。しかもカメラを持ちながら、無事に登れて本当に良かったです。けっして見れない景色が見れて嬉しいです。どうもありがとうございました。次回も楽しみにしています。
2014/10/01(Wed) 12:39 | URL | ピーちゃんこ | 【編集
こんにちわ。

こだわりが凄いですね~。
正に、自作自演ですもんね~。
テレビ局のやらせなんか、糞くらえ(あ、言葉が悪い)

(手に汗を握る)続編、、、、待ってます。
2014/10/01(Wed) 13:18 | URL | アイハートブレイン | 【編集
軽くて、火を使わないから、ガスも持っていかなくていいし、
腹持ち、熱量、ハンバーガーはなるほどですね。
雨になったら悲惨そうだけれども、

鎖は、凄く頼りがいがあるけど。。
あれって、どうも信用しなくて、
上でロープを持っててもらいたく、、
ダメな子でした。

災害があったら、水にぬらしたシーツよって。階下まで何とか降りれそうな気もしますが、今はデブリンで筋力の不安がが、、

これ経験しただけでも、いざの心構えが違うと思うから、
小学生の課外事業にいれたらいいのに、、とおもったり、、

非常階段明日がすくんだけれども、慣れたら、結構いい運動だったり、

しかし、、関東は、、平野なのですね、、

気持ちよさそう、、
私これでも山登ってたんだ、
はずかしい、、ですね~、仲間がどれだけ辛抱してくれたかと今は思います。

感謝、感謝です。

2014/10/01(Wed) 15:00 | URL | hippopon | 【編集
こんばんは(*^^*)
凄い!!(゜ロ゜ノ)ノ

普段の奇行からはとても想像できない(笑)

登山に比べたら社会生活って屁のカッパじゃないですか?(*´∇`*)
2014/10/01(Wed) 17:54 | URL | たけぞう | 【編集
ピーちゃんこさん、コメントありがとうございます!

載せる写真は選ぶのに悩みましたよ。
全部載せたいのですが大量なので。
あとブログにはあまり載せていませんが自分を撮っている写真が多くて少し引きましたw

またお暇な時にご訪問して頂ければ嬉しいです。
2014/10/01(Wed) 21:40 | URL | ZAN | 【編集
アイハートブレインさん、コメントありがとうございます!

自分を撮るのには苦戦しました。
躍動感や臨場感を写真で表すのはとても難しいですね。
カメラの技術も少し身に付けたいです。

ブログ的には少しくらい滑落した方が面白くなったと思いますが無事に生還しましたw

テレビは報道番組も全て娯楽ですwww
2014/10/01(Wed) 21:47 | URL | ZAN | 【編集
hippoponさん、コメントありがとうございます!

体力を消費するので高カロリーのハンバーガーは意外と登山に合いますね。
しかし脂っこいものは凄い喉が乾きますけどw
ちなみに写真だと少し潰れてしまっていますが、マクドナルドは元々あんな感じですw

近くに山がある学校は課外授業で登山や散策をするようなので羨ましいです。
自分も子供の頃の経験で心構えは変わると思いますよ。
妙義山はデンジャラスなのでやめた方がよいですがw

hippoponさんもまだまだ山にチャレンジ出来ますよ!
5~10kmくらいウォーキングしているのであれば高尾山レベルなら問題ないと思います!
2014/10/01(Wed) 21:51 | URL | ZAN | 【編集
たけぞうさん、コメントありがとうございます!

自分にとっては30mの鎖場を登るより友達を作る方がハードル高いんですけど。

険しい山でも怪我しないのに、仕事はすぐにつまずき転んでしまいます。
2014/10/01(Wed) 21:53 | URL | ZAN | 【編集
ホント凄い!!
凄いですね!!!

景色も綺麗ですが、

それ以上に、命をかけた撮影に、ちょっと感動したと共に、

先日の、突然の死によって、このブログが心配と言っていたのに、

なんてチャレンジャーなんだと思いました(笑)

登山がほんとお好きなんですね!

後半戦も期待してまっております♪

マック・・・久しぶりに食べたくなった(笑)
2014/10/02(Thu) 01:28 | URL | らいふ | 【編集
らいふさん、コメントありがとうございます!

>登山がほんとお好きなんですね

実はそんなに好きではありませんwww
長時間坂や段差を登り続けるのが苦手ですし。
目当ては鎖場だったので、これが無かったら妙義山には行っていませんでしたw

流石にこのレベルのハードな山ならマックの高カロリーも相殺されると思います!
らいふさんもハードな山にトライです!
2014/10/02(Thu) 19:41 | URL | ZAN | 【編集
こんにちは。
妙義山は昨年の今頃行きました。
妙義山眺めてお絵かきしておにぎりを食べて帰りましたが、登る何て夢にも考えなかったわ。
ヤッパリ、高カロリーのハンバーグで無いと登る意欲も湧かないのよね(~_~;)
デンジャラスな作品を狙い過ぎ滑落しないで良かったですね。
体を張った貴重な写真恐々拝見させて頂き
感謝申し上げます。
2014/10/05(Sun) 16:43 | URL | 優の水彩工房 | 【編集
優の水彩工房さん、ご訪問ありがとうございます!

妙義山は切り立ってカッコイイので絵にしたら面白そうですね。
実は自分はデッサンですが、ある程度経験があるんですよ。
水彩も簡単なものですが書いたことがあります。

優の水彩工房さんのブログも拝見させて頂きました。
とても上手で素晴らしいですね!
自分は彼岸花の絵が気に入りました!
2014/10/05(Sun) 23:21 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します