人は誰だって、仕事で失敗をしてしまったり、人間関係がうまくいかなかったり、日常で嫌な出来事があったり、何かしらの問題を抱えながら日々の生活を送っていると思います。
    しかし、そういった問題は捉え方次第で毒にも薬にもなるのかもしれません。

    例えば、世の中の成功者は失敗してもそれを前向きに捉えてバネに出来たからこそ偉業を成し遂げられたのだと思うし、自分も「これは試練なんだ!」と前向きに言い聞かせられたからこそ、ぎょう虫検査で母親から肛門にシールみたいなのを貼られるという辱めを受けても死を選択せず生きてこられたのだと思う。

    生きて行く上で、気の持ち方というのはとても大切だと思うのです。

    少し前の9月の出来事になるのですが、神宮球場に一人で野球を観に行ってきたんですよ。
    まあ平日のナイターだし中日×ヤクルトの試合なのでガラガラでした。

    DSCN01536.jpg
    自分みたいに死んだ魚のような目をした特にやる事もない男性が座っています。

    DSCN01532.jpg
    あんたはもう試合を見る気すら無いのかよ!

    DSCN0150.jpg
    選手のプレーよりも反対側のスタンド席に目が行ってしまう残念な試合だったのですが、こちらの中日側スタンドは自分も含めてもっと悲惨な状況になっていました。


    そして、ここからが本題なのですが、試合を見終わって帰る時に蚊に5ヵ所くらい刺されたんですよ。
    そしたらその2~3日後に神宮球場の直ぐ隣の神宮外苑でデング熱の発生の疑いがあるというニュースが流れましてね。
    その頃、都内はデング熱で大騒ぎの時期でしたから管理人さんもデング熱に感染した疑いが非常に濃厚になったわけですよ。

    言われてみれば野球を観に行った日から体がダルイ。
    頭痛もするしなんだか熱っぽい。
    背中が痒いので発疹が出てるっぽい。
    吐き気がするのもデング熱の影響っぽい。
    あと職場の同僚に裏で悪口を言われてるっぽい。

    病は気から。
    急に症状が悪化しましてね。
    なので一日外出せずに家でネットやったり録り溜めた番組を見て休みました。
    その時に、自分が死んだら葬式に誰も来なくて、友達がいない事が家族親戚にバレてしまうのではないかと思いました。
    今の時代って、亡くなった人の携帯電話の履歴を見たりして親しいと思われる人間に連絡を取ったりするそうなんですよ。
    以前、自分が死んだらこのブログの存在が家族にバレるかもしれないと書きましたが、それに匹敵するダメージを被るわけです。
    携帯電話の中を見られるのは非常にマズイですよ。
    なにせ自分の携帯電話のメモリーは22件で、その大半がアマゾンを届けてくれる近所の配送業者だったり、時報だったりしますから。
    葬式にクロネコヤマトが参列していたら変でしょう!
    どうせ、「お悔やみのお言葉をお届けに参りました。」とか上手い事を言い出すんですよ!
    時報に至ってはもう誰が来るのかさっぱり分かりませんよ!

    そして喪主は誰が務めるのか知りませんけど出棺の時の挨拶で、「生前、故人は人付き合いが控えめな人でしたので・・・・」とかフォローしてくるんですよ。
    いらないフォローするんじゃねぇーよ!!
    余計虚しくなるじゃないですか!!
    こんなんじゃ成仏できねぇーよ!!
    そう考えたら絶対死ねないし、デング熱とかもうどうでもよくなりましてね。
    直ぐに回復したのです。
    この時、やはり気の持ち方って大切だなと実感しました。

    自分はランニングをするのですが、これも気持ちがとても重要で、まだまだ走れる!今日は調子が良いぞ!とか思うと10kmなんて息切れせずに走れたりするんですよ。
    気の持ち方次第で良くも悪くもなるのです。

    気を強く持つ事、これは生きていく上でも不可欠なのではないかと思います。

    自分は小学生の頃から隣の女子に机を離されたりするし、かくれんぼで一人残されて皆に帰られたりするし、坂本君のお誕生日パーティーに自分だけ誘われなかったし、大人になってからも職場の送別会や忘年会に呼ばれないし、デイトレはいつも失敗するし、いつも見ているOLのブログのコメント欄にアメリカンジョークを書いたら削除されてたし、叔母の家族の間では穀潰しとか酷い悪口を言われているし、脇臭いし。
    それでも前向きな気持ちを持ち続けたからこそ生きてこられたのです。

    冒頭でも書きましたが、スポーツでも何でも偉業を成し遂げている人って、失敗してもそれをバネにしてより高いところへ飛べたからこそ偉大な結果を出せていると思うんですよね。
    やはり、うつむいて下ばかり見ていても何も成し遂げられないと思うのですよ。
    人生を成功させた人達は常に前向きに物事を捉えているのです。
    実際、それが自然と顔に表れていて皆とても素晴らしい表情をしています。


    2014654687914845.jpg

    20146498986467.jpg

    2014358464632.jpg

    201464989887.jpg

    2014634983445.jpg

    201464987968456684.jpg

    201463468468965.jpg

    201464897964.jpg

    201431643166361.jpg

    20143468464688.jpg

    201465486464886.jpg

    201464979468.jpg

    20143164868796.jpg

    ちょっと待てぇー!!!
    てめぇーら逮捕されてるじゃねぇーか!!!
    おもくそ道踏み外しているじゃねぇーか!!!
    前向き過ぎるんだよ!!少しは後ろ向きになれ!!!

    いやね、気の持ち方次第で物事なんてどうにでもなるものだと思っていましたよ。
    しかし、いくら前向きに捉えたところで取り返しのつかない事だってあるのです。
    悲しいですがこれが現実なのです。
    そしてこれは決して他人事ではありませんよ!
    明日は我が身という言葉があるように、自分もいつ逮捕されてしまうか分かりませんから。

    例えば、車を運転している時に横断歩道を渡っている歩行者をはねてしまい逮捕される事があるかもしれません。
    これは決して許される事ではありませんね。
    事故を起こしたくないからと電車で移動したとしても、フォレストガンプの最後の方でダン中尉がフィアンセを紹介すると言って連れてきたようなブスな女性に腕を掴まれて「この人痴漢です!!」と叫ばれたらやはり逮捕されてしまいます。
    冤罪が証明された頃には様々な物を失って社会復帰は困難でしょう。

    そう考えると少し背筋が凍るのですよ。
    人生なんてほんの一瞬の出来事で大きく変わって、自分の理想として思い描いている将来なんてまるで砂の城のように崩れてしまうのです。

    自分の理想の将来というのは何十年も後の老後の事なのですが、郊外の庭の広い一軒家で野菜とか育てながら静かに暮らす事なんですけどね。
    釣りをしたりして趣味を楽しみながら充実した毎日を過ごすのです。
    そして遊びに来た孫とキャッチボールをするのです。

    まあ、逮捕されなかったとしても一つ問題があるんですよ。
    孫みたいな小さな子って、ある日突然どこからともなく誕生するわけじゃないじゃないですか。
    川で洗濯をしていたら大きな桃がどんぶらこと流れてきてそれを持って帰ったとするじゃないですか。
    どうやら中に何か入っているようだ。
    ばあさんと話し合ってその桃は切らずに、そのまま役所の環境整備課の人に引き取ってもらって一件落着。
    桃太郎は誕生しませんでしたとさ、めでたしめでたし。
    めでたくねぇーよバカ!!
    みたいな感じで桃から誕生するわけではないので、孫が誕生するにはまず子供がいないと駄目じゃないですか。
    自分は子供がいないし結婚もしていないし彼女もいないし脇が臭い。
    まずは女性とお付き合いを始めるところからですね。
    しかし、自分は甲斐性無しで最低最下の品性下劣な人間ですから、こればかりは偉業を成し遂げてきた成功者のように、いくら前向きに捉えたとしてもどうにもならんのですよ。

    そこで自分は考えたのです。
    自分の気持ちを前向きにしても解決が出来ないのであれば、相手の気持ちを変えればいいじゃない!!
    つまりですよ、相手の女性が持っている管理人さんに対する気持ちを前向きになるようにコントロールするのです。
    逆転の発想です、もう天才ですね!!
    いつもこういう事を考えて自分の一日は終わる。

    吊り橋理論ってあるじゃないですか。
    吊り橋効果とも呼ばれていますが、吊り橋を渡って恐怖や緊張感を共有すると恋愛感情に発展するというやつです。
    これって要するに、自分に対する相手の気持ちが良い方向に変わっているという事ですよね。

    自分は恐怖レベルで言ったら、吊り橋なんてもう生まれたてのヒヨコくらいに思えるデンジャラスな崖をいくつも踏破していますから。

    DSCN0847.jpg
    妙義山 鷹戻し 高さ60m

    こういった崖に女性を誘って一緒に行けば、吊り橋効果の比ではない効果を得られると思うのです。
    もう、「キャー!!管理人さんステキ!!」とか言ってジャニーズのコンサートみたいに血眼になってうちわを振りだすと思うんですよね。

    補足しておきますが、一人で行く時はいつも安全帯を着用せず無謀といえる事もしていますが、パートナーと一緒に行く時はしっかりと安全帯を着けて事故が起こらぬよう責任を持って努めますよ。
    そして、「もし足を踏み外してもお前の事は俺が絶対に離さないからな!」とか、角度に拘って精一杯ハンサムな顔をして言って「キャー管理人さん!カッコイイ!!」みたいなやり取りとかもしますよ。
    お前何言ってんの!!!
    お前自身が人生踏み外しているくせによくそんなセリフ言えるよな!!
    ホント気持ち悪い!!
    もう登山で使う杖でフェンシングみたいに突いてやりたくなりますね。

    まあしかし、デンジャラスな崖を登り降りした事で相手は完全に自分に惚れていますよ。
    ドリカムの歌の詞がお似合いのカップル誕生です。
    ドリカムって昔は三人組だったような気がするけど、それはDREAMS COME TRUEなだけに夢でもみていたのだろう、逮捕されたのは無かった事になっているんだから、とかそういうのはどうでもよいのです。

    吊り橋理論というのは所詮は吊り橋のレベルですよ。
    それが死者を多数出しているデンジャラスな崖となれば、絶大な効果を得られると思うのです!
    成功率120%、天才ですね!

    これが自分が考案した究極の理論、「クリフハンガー理論」なのです!!!

    もうノーベル賞ものですよ!
    人生大逆転です!!
    これからは楽しい毎日を過ごせるに違いありません!
    なんだか自分にとても自信が持てた気がします!
    自然と気持ちも明るくなってきましたよー!

    ただね、よく考えてみて下さいよ。
    職場なり学校なりに気になっている女性がいたとするじゃないですか。
    今まで会話すらした事も無いけど頑張って声を掛けてみよう、勇気を出してデートに誘うんだ。
    と、考えていたとしましょう。
    そして、「今度俺と一緒に崖に行こうぜ!」、「うん、いいわよー。」ってなったら誰も苦労しねぇーんだよこのハゲ死ね!!!
    何がクリフハンガー理論だよ!!!
    何がノーベル賞ものですよ、だよ!!
    お前ノーベル賞レベルのバカだよな!!
    こんな事ばかり考えていないで真面目に働けよカス!!


    何をするにも気の持ち方は大切だと思いますよ。
    しかし、物事を前向きに捉えようが後ろ向きに捉えようが転ぶ人は何度起き上がっても結局また転んでしまうし、理想は理想のままで実現しないのです。
    これが今回辿り着いた理論です。

    前を見て生きていくよりも現実を見て生きようと思いました。

    コメント
    どんなアメリカンジョーク書いた事やら(汗

    ちなみにドリカムの逮捕された方は地元の北海道、札幌のススキノでバー経営されてますよ〜。



    2014/11/14(Fri) 02:25 | URL | 私111 | 【編集
    逮捕の時の写真で、あんな満面の笑みで映されているって、

    ある意味テレビ局側の悪意すら感じますね(笑)

    あそこまで笑えるって、すでに精神的に昇天しているのかな?(笑)

    これだけ面白いんだから、女性に対しても、前向きなら大丈夫な気がしますけどね・・・。

    今度は崖などのリアルデンジャラスではなく、

    女性とのスリルなやり取りをする、デート記事などを読んでみたいですね(笑)


    コメントありがとうございます♪

    必須アミノ酸・・・出てきてましたね、調べていたら。

    ほんと色々なことを調べたりしながら、

    それを実際に使いながら生活していくのが、大変そうです(笑)

    でも、やらないで後悔したくないので、

    出来る限りやっていきたいです♪

    コメントに対するお気遣い、本当にありがとうございます♪
    2014/11/14(Fri) 09:40 | URL | らいふ | 【編集
    おはようございます。

    素敵な若者を想像してますが、
    眼前には よりどりみどり でも、ちがう、、と。
    女なんか付き合うのも面倒くさいくせに、、とにやにや。

    崖に一緒に行きましょうって、
    誘われたら女性はどうするんでしょうね。

    山登りの中で崖のぼりはよくおぼえてるから。印象深いと思いますよ。

    やはり、なかには、、
    なかには、このおはなしみたいになるのかしら?

    ラストシーンは、
    映画だったら、ヘリコプター撮影でで二人のKISSシーンが映し出される様に、、
    あの崖の上で、、ふぅ~~ぃ(◎_◎;)
    何度見ても。コンピューターの前で足がすくんでましゅが、、( *´艸`)

    ジェーンみたいな女性がきっといましゅとも、、
    たーZAN君!❥(^◇^)
    2014/11/14(Fri) 10:15 | URL | hippopon | 【編集
    電車の中で読んで吹き出しちゃいましたよ。

    周りの目が痛い…

    たしかに友達いないと、葬式はともかく結婚式にも人呼べないですよね。

    まぁできないので杞憂なんですが。
    2014/11/14(Fri) 15:53 | URL | SERN | 【編集
    だいじっスよ!
    ZANさんとは仲間ッスから!少なからず俺が居ますヨ。

    指の具合はいかがッスか!?


    そろそろ いつもんトコでイカでもイカが(ウケねーか。汗) ッスか!!
    2014/11/15(Sat) 00:01 | URL | ill | 【編集
    私111さん、コメントありがとうございます!

    アメリカンジョークは最後の部分だけ書きますが、

    だから私はこう言ってやったのさ「Yes we can!」てね。
    ちなみに私は共和党を支持しているがHAHAHAHAHAHAHAHA!

    という誰が見ても凄い面白いのを書きました。
    相手からしてみればNo You Can'tだったようです。
    2014/11/15(Sat) 01:27 | URL | ZAN | 【編集
    らいふさん、コメントありがとうございます!

    死者を出している崖なんてちょろいんですけど人間関係はハードモードですよ。
    小学生の頃、体育のバスケで女子にパスをしたらそのまま避けられたのがトラウマになっています。
    なのでいつも一人でボールを運んで一人でシュートを決めていました。
    おかげでめきめき上達してバスケットクラブに入ったらエースになれました。

    自分も逮捕されて満面の笑みを晒されないよう、人畜無害に生きていこうと思います。
    2014/11/15(Sat) 01:30 | URL | ZAN | 【編集
    hippoponさん、コメントありがとうございます!

    >崖に一緒に行きましょうって、
    >誘われたら女性はどうするんでしょうね。

    おそらく身の危険を感じるのではないでしょうか。
    崖にではなく自分に!
    サスペンスドラマだったら100%突き落とされるパターンですからまさに崖っぷちですよ。
    あ、でもこれも恐怖心だから吊り橋効果ですね。

    ターザンよりもターちゃんになりたいです。
    2014/11/15(Sat) 01:36 | URL | ZAN | 【編集
    SERNさん、コメントありがとうございます!

    自分は結婚する気でいますよ。
    引き出物にブスな嫁さんとのツーショット写真がプリントされたお皿を配ってやろうと思います。
    何杯でもおかわり出来るかと思います。
    2014/11/15(Sat) 01:38 | URL | ZAN | 【編集
    illさん、コメントありがとうございます!

    指はおそらく完治するまであと1か月以上は掛かると思います。
    まだ親指と人差し指の間で握るような物は持てませんね。
    釣竿とか釘の刺さったバットとか羽子板とか痛くて持てませんでした。

    >イカでもイカが

    凄い面白いじゃないですか!!
    気に入ったので一人で連呼していたら耳にタコが出来てしまいました。
    2014/11/15(Sat) 01:40 | URL | ZAN | 【編集
    明日のソラ
    おはようございます。
    昨日読んで、少し考えていました。

    物事の捉え方は人それぞれですが、その時の在りようによって、前向きにも、後向きにもなっちゃいますよね。

    ・・・でもね、周囲に「やる気スイッチ」を押してくれる人がいてくれたら、明日はまるで違った空を見れると思うんです。
    明日じゃなくても、きっといつかって思わせてくれる人がいてくれるだけで、生き方が変わるんじゃないかって思うんですね。
    ボランティアで、児童施設の子どもたちと接しているんですが、少なくてもそういう子どもたちには、前向きになってくれるように、心がけていますよ。
    自分で自分を変えれる人は、ものすごく強い人。
    そうはなれないから、やっぱり人に影響されたり、頼ったりするんですね。

    またまたちょっとズレたコメントになってしまいました(ノдヽ)
    毎度、すみません。
    2014/11/15(Sat) 05:34 | URL | あいる | 【編集
    あいるさん、コメントありがとうございます!

    もう、あいるさんの人間としての器の大きさに尊崇の念すら生まれますよ。
    自分の器なんて小洒落た喫茶店のランチで出てくる御椀くらい小さいですから。
    病気のスズメでももう少し食べれるだろというくらい小さい器ですから。

    まあしかし、自分は後ろ向きですが後ろを向いてきたからこそ良かったと思える事もありますよ。
    後ろ向きは慎重という事でもありますからね。
    なので「やる気スイッチ」は自分のタイミングで押してきました。
    そしたら残念な結果になりました。
    それでも人生のリセットスイッチがあったとしたら、押さないと思います。

    自分の場合はバグってオープニングタイトルが流れないと思うので。
    後ろ向きは前向きでもあると感じました。
    2014/11/15(Sat) 12:27 | URL | ZAN | 【編集
    こんにちは。

    おっしゃるとおり、慎重さは大事ですね。
    リスク回避能力の高さともいえます。
    しかし、時には既存の殻をブチ破ることも大切かも。

    ふと、有森裕子の元旦那ガブリエルの
    偉大な発言を思い出しました。
    『I was gay』
    ・・・『was』は絶対ウソだろっ!

    未来のパートナーは女性に絞らなければ、
    選択肢も増えると思います、よ。
    *スミマセン、自分はノンケです((笑))

    2014/11/15(Sat) 16:44 | URL | いとしこいし | 【編集
    いとしこいしさん、コメントありがとうございます!

    自分にもグッドエンドの確率は1%くらいありますよ。
    残りの1%に懸けてみようと思います。
    なにせ漫画とかでは確率が1%に下がるほど成功率は上がりますから!


    ガブリエルは有森裕子に逃げられたそうです。
    マラソンランナーなだけに折り返し地点が無くなっていてそのまま戻ってこなかったそうです。
    2014/11/16(Sun) 06:37 | URL | ZAN | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します