危険なアウトドアシリーズ、今回は青木ヶ原樹海です。

    樹海に行くのは4回目。
    樹海の中には様々な物や跡があるのでそれを発見しに行きます。

    P10406067.jpg
    これは前回発見したものですが、岩が円形に並べられています。
    何の跡かは不明。

    今回は何を発見出来るのか。


    06:10 探索開始

    DSCN0936.jpg
    気温3℃、さぶい!

    DSCN0937.jpg
    毎度お馴染みの看板。

    DSCN0938.jpg
    国道を歩いて適当な場所から樹海の中へ入ります。

    DSCN0939.jpg
    ここから入りましょう。

    DSCN0940.jpg
    まだ陽が昇っていないので樹海の中は薄暗いです。

    DSCN0941.jpg
    道なき道を進んでいきます。

    DSCN0944.jpg

    DSCN0946.jpg
    樹海は森のイメージですが意外と起伏があり奥の方には20m近い谷状の斜面もあったりします。

    DSCN0948.jpg
    コンパスと睨めっこになるのでチャック付のビニール袋に入れてテープで腕に巻いています。
    マップに重ねて使用する時は袋から取り出すだけなので便利です。
    コンパスはこの他にスペアを2個携行しています。

    ちなみに樹海ではコンパスが狂うと言われていますが迷信です。
    岩石(磁鉄鉱)の真横にコンパスを置けば針が振れますが、人の胸の高さならほぼ影響ありません。
    局地的に磁場が強い場所でも影響は2度程度なので、誤差の範囲と考えて無視できるレベルです。

    先へ進みましょう。

    DSCN0949.jpg
    30分程歩くとビニールシートの小屋を発見。
    人が住んでいるかは分かりませんが興味本位での干渉は危険なのでそのまま通過します。

    DSCN0951.jpg

    DSCN0952.jpg

    DSCN0953.jpg

    DSCN0955.jpg
    樹海のわりと浅い場所ではビニール紐やロープをよく発見します。
    肝試し等で来た人が回収せずに放ったらかしにしています。
    持ち帰ってほしいものですね。

    DSCN0956.jpg
    キノコがビッシリ。

    DSCN0957.jpg

    DSCN0958.jpg
    樹海は溶岩が固まって出来ているので地面には至る所に穴が空いています。
    落ち葉や草木で隠れているので油断しているとすぐに足がハマります。
    登山靴よりもハイカットのブーツが適していますね。

    しばらく歩くと廃道らしき道に出ました。

    DSCN0959.jpg
    その廃道で石碑を発見しました。

    〇印の中に金と書かれています。
    この石碑の存在は以前から知っていたのですが実際に発見したのは初めてです。
    いつも道は歩きませんからね。
    丸金講という富士山とその神霊への信仰を行うための宗教関係のもので、修行僧が樹海を歩くための道標でなんちゃらとかいう、まあ詳しく知りませんが。

    この後、廃道から離れて再び道なき道を突き進みました。

    DSCN0960.jpg
    緑色と茶色ばかりの世界なので赤はかなり目立ちますね。

    DSCN0961.jpg
    樹海の中はとにかく足場が悪いです。
    そして樹海で迷う原因がこれです。
    樹木の根や岩石で足場が悪いので必然的に下を向いて足場を選択しながら歩く事になります。
    そうすると無意識のうちに進行方向がズレてしまうのです。
    感覚だけで歩くと、酷い時では20m進んだだけで90度近くズレてしまう事もありました。
    コンパスが無い場合は進みたい方向にある木に目標を定めて歩くと方向感覚が狂わず進む事が出来ます。

    人生にもコンパスがあれば良いのにな。
    気が付いたら変な方向へ進んで道に迷ってしまっていました。

    DSCN0963.jpg

    DSCN0962.jpg

    DSCN0970.jpg

    DSCN0972.jpg
    2時間程歩くと何やら発見しましたよ!
    岩が組まれて円形に並べられています。
    直径は約3mです。

    冒頭に載せた写真のように前回も岩が円形に並べられているのを発見しましたが、こちらは岩が綺麗に組まれていているので明らかに目的に違いが感じられます。

    DSCN0974.jpg
    これは、おそらく炭焼き窯の跡ではないかと思います。
    帰ってからネットで「炭焼き窯 跡」で画像検索してみたら、各地で似たような状態になっているものが出てきました。

    いかにも何か埋まっていそうな雰囲気なんですけどね。
    青木ヶ原樹海の中には埋蔵金もあるそうですが、これも迷信だと思います。
    樹海の中はどこも似たような風景ばかりで、目印になる沢や周囲を展望できる高台などがありません。
    埋めた場所に辿り着くのは困難なので財産を埋めるにはリスクが髙過ぎると思います。
    そもそも山梨県は山が多いので、樹海に拘る必要もないのではないでしょうか。

    この炭焼き窯の跡は一見すると埋蔵金がありそうな感じですが、こういったものの正体は実際地味なものです。
    目に映るものだけで答えを出そうとするから迷信が生まれるのでしょうね。

    いやしかし、「童心に返って宝探しをするというその気持ちこそが、埋蔵金以上の宝物になるのです。」
    とか良い言葉を思い付きましたよ。
    何言ってるのお前!!
    バカじゃないの!!
    もう遭難しちゃえばいいのに!!!

    そんな事を考えながら歩いていたら何か発見しましたよ。

    DSCN0973.jpg
    ビンですね。

    DSCN0975.jpg
    斜面を登ります。

    DSCN0977.jpg

    DSCN0978.jpg
    溶岩なので、こういった空洞をよく見かけます。
    洞窟のように見えますが奥までは続いていません。
    場所によっては人が入れる大きさの穴もあります。

    DSCN0979.jpg
    動物の痕跡を発見しました。
    こんな目立たないものをよく発見出来たなと思います。
    グローブは比較で置きました。
    シカかクマだと思いますが、土を掘った跡です。
    しかも、落ち葉の上に被った土の感じから察するとつい最近のようです。
    クマだったら絶体絶命ですね。
    足場の悪い樹海は完全アウェーです。
    自分はトラッキング(追跡)が出来ないのでこの動物がどちらの方向に行ったのかは分かりません。

    まあクマに遭遇したらどうするかはその時に考えるとして、この場所から少し離れたところで休憩しました。

    DSCN0987.jpg
    樹海の中で一人ぼっちというのは爽快ですらあります。
    日常での孤独感というのはそれはもう・・・・・・・・・・・・・。
    休憩中にそんな事を考えていたら疲労は回復したのですが元気は無くなりました。

    さあ、出発です。

    DSCN0988.jpg
    かなり深い部分まで到達したのでここから先は似たような地味な風景が続きます。

    DSCN0989.jpg

    DSCN0990.jpg

    DSCN0991.jpg
    ブログ的にも地味なものになってしまいます。

    DSCN0992.jpg
    少し急な斜面もありますが登るのに苦戦する程ではありません。

    DSCN0993.jpg

    DSCN0994.jpg
    足場の悪い状況が続きます。

    DSCN0996.jpg
    どこまで歩いても原生林の似たような風景です。

    そろそろ飽きてきたので、この辺りから国道の方向へ進路を変えました。

    DSCN0998.jpg
    すると、お菓子の袋を発見しました。
    しかし他に人の痕跡はありませんでした。

    DSCN1000.jpg

    DSCN1001.jpg

    DSCN1002.jpg

    しばらく何も発見できずに歩いていると、

    DSCN1003.jpg
    ヘルメットを発見!

    遠くから見た時は頭部も入っているかもと思いましたが中は空でした。
    それにしても国道からかなり離れた場所なのにどうしてこうなった?
    周囲を少し調べてみましたが遺体はありませんでした。
    ヘルメットだけ捨てられたのか既に遺体は回収されたのか。

    今回はあまりゴミや遺留品らしき物を発見しませんね。
    樹海は自殺の名所と言われていますが実際は静かで綺麗な所です。
    自分は今まで計20時間程歩きましたが、一度も遺体を発見した事がありません。
    一般的な認識やネットに載っているオカルト系の情報は、どれも迷信が一人歩きしたもので事実と乖離しています。
    携帯電話も繋がるしコンパスも狂いません。
    GPSの感度に影響が出るのはどこの森でも同じです。
    手ぶらで行って迷ったとしても陽の位置を確認出来るので、健脚であれば最深部から半日以内に脱出する事が十分可能です。

    DSCN1005.jpg

    DSCN1007.jpg
    足がハマりました。
    本日5回目です。

    この辺りで再び小休憩します。

    DSCN1017.jpg
    今回はデンジャラスな登山のように何十メートルもある崖をいくつも登攀するわけではないので、重量を気にせず十分な装備で行きました。
    万が一の事を考えて夜間も行動出来るよう備えています。

    DSCN1021.jpg
    樹海は薄暗い森の印象ですが陽の当たる場所も沢山あります。

    DSCN1023.jpg
    また同じような風景が続きます。
    しばらく歩くと国道に近付いてきたので車の走る音がしてきました。

    DSCN1026.jpg
    ようやく樹海からエスケープです!

    DSCN1033.jpg
    樹木の間からトラックが走っているのが見えました!

    DSCN1035.jpg
    そして無事に国道に出る事が出来ました。

    DSCN1037.jpg
    今回は大雑把に移動したので地図上でも自分の位置を曖昧にしか把握出来ていませんでした。
    しかし、帰りは狙っていた場所から300mしか離れていない所に出られたので驚きです。
    まあマグレでしょうけどね。

    樹海は一般的には負のイメージばかりあると思いますが、実際は自然が豊かでとても美しい場所なのです。
    閉ざされた森というのは、それだけ外部の影響を受けず手付かずの自然が残っているという事でもあるのです。
    そしてその自然の中に入って行くわけですから、十分な装備と知識も必要になってきます。

    DSCN1038.jpg

    帰りに富士山を眺めながら、遭難せずに無事に戻れて良かったなと思いました。
    しかし、一人で樹海に遊びに行くという時点で人生という道に迷っているのかもしれません。

    コメント
    ぐったり、、

    体が熱くなっちゃった、
    人間が一番怖い。

    道に出た時のホッとした気分
    やはり樹海は、広いけど閉塞感。
    今迄の中で一番怖かった・
    装備、なんか格好いいですよ。

    緊張、緊張で、拝見しました。

    グッタリ、何か、、チョコレートたべたくなっちゃった、(T_T)
    2014/11/19(Wed) 21:11 | URL | hippopon | 【編集
    霧のなかでゆく道
    すごいアウトドアですね。
    早朝から富士の樹海・・・
    子どもの頃に田舎町の原生林に遊びに行ったことを思い出しました。

    ZANさんは道に迷っているのではないと思いました。
    樹海でのお散歩は人生のような感じ?なのかな。
    道なき道を歩むのは、なんだか手探りでも、前へ前へ進んでいるような気がします。

    過去の行いは、今に深く影響を与えていると思います。
    でも、未来のことも、今に影響を与えているはずだと思うんです。
    未来を見つめて、何かを決めたら、きっと今が変わる、って。

    行く道がわからなくても、どこへ向かっているのかわからなくても、いつか良かったって思える日が来ることを願っていますね(・∀・)♪+.゚
    2014/11/19(Wed) 23:09 | URL | あいる | 【編集
    迷っている・・・?
    どちらかというと、楽しんでいるように思えますが・・・(笑)

    それにしても、確かに富士の樹海というと、

    悪いイメージが先行していたので、

    読んでいて、そうなんだぁーと、思うことが多かったですね♪

    でも、やはり一人で行くのは、私は怖いかも(笑)

    ZANさんは、ほんとサバイバルなことが好きなんですね(笑)
    2014/11/20(Thu) 09:07 | URL | らいふ | 【編集
    秀逸な文章力ですね!
    いつも楽しませてもらってます。
    ところで源流釣行は行かないんですか?
    管理人さんほどの登山スキル、釣りスキルがあれば相当楽しめると思うのですが。
    2014/11/20(Thu) 14:38 | URL | ととろ | 【編集
    こんばんは。
    又も果敢な挑戦をなさったようで(汗)
    ご無事でようございました。

    迷信がひとり歩きしている状態だと頭では理解していても、自分なら絶対に青木ヶ原樹海になんぞ踏み入らないと思います。
    それでも恐怖と紙一重の冒険心を充足させるには、もってこいの場所かもしれませんね。
    興味本意で不用意に踏み込めば、何かしら「憑いて」きそうな気もしますが。

    くれぐれも、無茶だけはなさいませんよう、お気をつけてくださいませ。
    2014/11/20(Thu) 20:15 | URL | 野津征亨 | 【編集
    hippoponさん、コメントありがとうございます!

    仰る通り、樹海の中で一番怖いのは人ですね。
    好き好んで樹海の中を歩くのは自分のような変人か自殺志願者ですから常に周囲に警戒しています。
    たまに鳥が「ギギャー」と鳴き出すのですが、それが人の声のように聞こえて本当に驚きます。
    もうこっちが「ギギャー」と泣きたくなりますよ。

    国道に出た時の安堵感は日常では味わえませんw
    しかし樹海は危険な面もありますがとても静かで美しいですよ!
    2014/11/20(Thu) 21:00 | URL | ZAN | 【編集
    あいるさん、コメントありがとうございます!

    >ZANさんは道に迷っているのではないと思いました。

    確かに!
    自分は道に迷っていませんでした。
    迷っているのではなく道が無くなっていましたwww

    しかし、あいるさんの考えは興味深いです。
    よく人生を道に例えたりしますが、ことわざも千里の道も一歩からとか、百里を行く者は九十を半ばとすとか、人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如しとか、意味的にはコツコツと地道にやれば偉業を成し遂げられるというものが多いですね。
    そもそも、地道という言葉にも道が使われいますし。
    道というのは過去と未来を含んでいてそれだけ意味深いのでしょうね。

    いずれにせよ、人の道だけは踏み外したくないものです。
    2014/11/20(Thu) 21:07 | URL | ZAN | 【編集
    らいふさん、コメントありがとうございます!

    確かに楽しんでいました!
    好き好んで樹海に迷い込んでしまいましたw

    ご覧の通り樹海は美しい所です。
    意外とブログに載せられないようなものは転がっていません。
    しかし初めて行った時は死体を発見したいという気持ちが少しあって、スタンド・バイ・ミーみたいでワクワクしたものです。
    まあ、仲良しの友達はいませんでしたけどね!!!

    そんな樹海ですが、嫌な事があったら次回はロープと睡眠薬を持って行こうと思います。
    2014/11/20(Thu) 21:11 | URL | ZAN | 【編集
    ととろさん、ご訪問ありがとうございます!

    源流と呼べるまで奥深くはありませんが渓流には何度か行っているんですよ。
    いつも釣れないので記事にしていませんけどねw
    自分は渓流釣りが苦手で、餌とルアー両方やっていますが全く釣れません。
    もうこっちが山歩きや釣り方を教えて欲しいくらいです。

    魚が捕れるようになったら釣りをしながら山籠もりのサバイバルをしようと考えているんですけど。
    渓流釣りはやはり難しいですね。
    2014/11/20(Thu) 21:17 | URL | ZAN | 【編集
    野津征亨さん、コメントありがとうございます!

    >興味本意で不用意に踏み込めば、何かしら「憑いて」きそうな気もしますが。

    実際に入ってみると霊的な要素は一切なくて、むしろ怖くて警戒すべきは人間ですね。
    樹海のど真ん中で人には絶対に遭遇したくないです。
    樹海の中を一人で歩く奴なんて、どうせ人生リタイア二歩手前で人から無視されたり親戚から悪口言われたり職場の飲み会に誘われなかったり下劣なブログを書いていたりする脇の臭い変な奴ですからね。
    こんな最低最下の人間には樹海の外でも絶対に遭遇したくありません。
    2014/11/20(Thu) 21:20 | URL | ZAN | 【編集
    これまでとは違う意味でやばい!
    でも興味深い!
    ヘルメットや石碑などの小物もさることながら、
    うねるような地表の状況がものすごいですね。

    このあたりの写真というと、わざと妖しい感じで撮ってるものを見かけますが、
    Z.A.Nさんのクリアな写真は新鮮でした。
    状況がビンビン伝わってきて緊張感たっぷりです。

    現地に行けばきっとめっちゃびびると思うけど、
    こうして写真を拝見していると無性にわくわくします。
    お宝・・
    2014/11/21(Fri) 00:15 | URL | serpent sea | 【編集
    こんばんは。

    自虐なしでも読ませますね!
    流石です。

    驚いたのが
    なぜ、そこにそれがあるのかはわからないものの
    意外と人の痕跡があるものなんですね。

    ビニール小屋とヘルメットと渡し紐。
    平松愛理が歌いそうで怖いです((笑))
    2014/11/21(Fri) 00:18 | URL | いとしこいし | 【編集
    歳後まで読んでしましました
    ブログの足あとをたどり、来てしまいました。
    ブログを見た時、え?ヤバいブログかな?
    と、思いましたが、ドキドキしながら最後まで
    読んでしまいました。又、ドキドキしに来ます。
    2014/11/21(Fri) 01:43 | URL | girigiri26 | 【編集
    serpent seaさん、コメントありがとうございます!

    樹海の事を書いている人は多いですが、書き手によってかなり印象が変わっていますね。
    自分は樹海に対して負のイメージを持っていないので登山日記みたいに仕上がりました。
    実際そこまで危険な場所ではないので、まあこれが本当の姿に近いと思っています。

    メディアも同じですよね。
    演出や報道の仕方によって視聴者に与える印象を操作してしまうのですから。

    しかし埋蔵金はあって欲しいです。
    大名みたいな金持ちが今で言うところの脱税で資産を隠しているかもしれません。
    実は昔、樹海の埋蔵金発掘を真面目に考えていました。
    2014/11/21(Fri) 18:52 | URL | ZAN | 【編集
    いとしこいしさん、コメントありがとうございます!

    樹海の中には意外と人の痕跡がありますよ。
    国道近くの浅い場所には缶詰の缶やビン、お菓子の袋が多く落ちています。
    今回は遺留品らしき物は発見できませんでしたが、リュックサックだったり靴が片方だけ落ちていた事もありました。
    しかし最深部では殆ど人の痕跡が無くなります。
    余程の変人でないと到達する気になりませんからね。

    樹海は平松愛理よりもエンヤですよ!

    鬱の人間に樹海で持たせてはいけない三種の神器が、ロープと睡眠薬とエンヤのCDです。
    2014/11/21(Fri) 18:59 | URL | ZAN | 【編集
    girigiri26さん、ご訪問ありがとうございます!

    このブログは健全なブログです。
    そして管理人は人畜無害です。
    職場の女の子を実名出してブスと書き込んだり有名人の悪口を書いたりもしません。
    下劣な事も書きません。
    なので、これからも安心してご訪問下さい。
    2014/11/21(Fri) 19:03 | URL | ZAN | 【編集
    コメントありがとうございます♪
    そうなんですよねー(笑)

    思いっきり、1日の摂取量をぶっちぎっちゃいました(爆)

    でも、ちゃんと2日目には修正しましたよー♪

    そして、やっと久しぶりにウォーキングも再開しようかと・・・。
    2014/11/22(Sat) 00:27 | URL | らいふ | 【編集
    らいふさん、コメントありがとうございます!

    減量はとにかく有酸素運動です!
    筋肉も増加するので基礎代謝が良くなって脂肪も付きにくくなりますよ。
    2014/11/22(Sat) 11:11 | URL | ZAN | 【編集
    5.11のフリース?
    2014/11/22(Sat) 23:38 | URL | みさご | 【編集
    お疲れッス!
    あいかわらずデンジャラスっすわ!!


    俺なら完全に腰にピニールひも必至ッス。


    ところで素朴な質問なんですが、なぜ陽の光が確認出切ると 安心なんですか?

    気になったんで教えてくださーい♪

    2014/11/23(Sun) 00:29 | URL | ill | 【編集
    みさごさん、ご訪問ありがとうございます!

    アウターは5.11のフリースではなくコンドルのソフトシェルです。
    フリースはその下にモンベルのものを着ています。
    5.11はベストとズボンとザックですね。
    2014/11/23(Sun) 07:44 | URL | ZAN | 【編集
    illさん、コメントありがとうございます!

    陽の光が見えると安心するというわけではありませんが、コンパスが全滅したら方角の目安になるので。

    あと前回行った妙義山のような死者の出ている鎖場の多い山は雨が降ると崖の登攀難易度が極端に上がるので、こういった意味でも陽が見えていると余計な不安を背負わなくて済んで精神的に楽になりますね。
    2014/11/23(Sun) 07:51 | URL | ZAN | 【編集
    オウム真理教の無刻印金塊と金丸信

    ;強制捜査で教団の金庫から七億円の現金と共に十キロの金塊が見つかっている。その金塊は無刻印で金丸信事件と同質と思われている。出所は北朝鮮ではないかとの報道も流れた。実行部隊のトップ早川「建設大臣」は93年から頻繁に北朝鮮を訪れていた。
    「北朝鮮の中央銀行はロンドンのゴールドマーケットに認められた刻印をもっている。可能性はないかと言われれば分からないが、無刻印のままでは流通性がなくなる。いずれにせよ正規の流通ルート以外から手に入れたものだろう」(田中貴金属工業)
    「北朝鮮からと言うのは材料不足。話としては面白いが短絡的だ。しかし、市場流通性がない無刻印金塊を所持していたのが、ともに山梨に関係する金丸、オウムだったという点には、何らかの意味が有ろう。
    山梨、とくに甲府は宝飾産業のメッカなので、工業用として入ってきた可能性もある」(アジア国際通信、神保隆見氏)
    オウムは無刻印金塊を何処から手に入れ、何に使おうとしていたのか。
    【参考『月刊現代・1995年七月号』88頁「オウム事件13の謎」より抜粋】
    2015/03/18(Wed) 16:40 | URL |  | 【編集
    週刊ポスト2/25号
    驚愕スクープ!第1弾
    麻原側近幹部Xが初めて告白
    消えた「オウム金塊と現金7億円」これが全真相だ
    http://www.asyura2.com/sora/bd5/msg/462.html

    週刊ポスト3/3号
    麻原側近幹部Xが初告白!第2弾
    麻原が村井に命じた徳川・武田埋蔵金発掘マル秘計画
    http://www.asyura.com/sora/bd5/msg/524.html
    2015/03/18(Wed) 16:41 | URL |  | 【編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2015/05/22(Fri) 21:58 |  |  | 【編集
    連れててくれませんか?
    2016/04/01(Fri) 22:50 | URL | たかちゃ | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します