自分は流行というものが嫌いでして。
    そりゃあ子供の頃は周囲の流行に合わせないと仲間外れになる雰囲気がありましたから、流行を鵜呑みにする判断力の緩い女子大生みたいにそれはもう自分の事をブサカワイイとか言っちゃっている10000%ブスな女子大生みたいに流行に食いついていましたよブヒー。

    二週間前の事ですが、流行語大賞が発表されたじゃないですか。
    発表された時って、他のブログでもかなり取り上げられていたんですよ。
    なので、あのタイミングでこのブログでもネタにすると、それこそ流行に乗ったみたいになるのが嫌だったので書かないようにしていたんです。
    ダメよダメダメとか書いちゃったら死にたくなると思うんですよね。

    まあしかし、毎年発表される流行語ですが誰も使ってないような気がするのです。
    流行語なんてアナ雪を観に行って劇場で歌っちゃうような判断力の緩いブスしか使っていないと思うのですよ。
    今年は大賞が、「集団的自衛権」と「ダメよ~ダメダメ」ですが、ダメよ~ダメダメなんて使っている人間を見た事ありません。
    こんなの流石に、自分の事を歴女とか言っちゃっている杉田玄白みたいな顔をした判断力の緩いブスでも使いませんよ。
    仮にですけど、職場にダメよ~ダメダメと言っているブスがいたとしたら袋叩きにされていると思うんですよね。

    今回の流行語大賞って結局のところ、集団的自衛権ダメよ~ダメダメが言いたかっただけなのだと思うのです。
    だって選考委員って、

    姜尚中(作家・聖学院大学学長)
    俵万智(歌人)
    鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
    室井滋(女優・エッセイスト)
    やくみつる(漫画家)
    箭内道彦(クリエイティブ・ディレクター)
    清水均(『現代用語の基礎知識』編集長)

    殆んど左派じゃねぇーか!!!
    偏り過ぎだろ!!!
    流行語を都合の良いように組み合わされてしまいましたね。

    流行語って過去にも沢山あるんですけど、それらも組み合わせてみれば面白くなるかもしれません。


    ・食品偽装そんなの関係ねぇ
    食品偽装は記憶に新しいですね。そんなの関係ねぇは世界で一番面白い芸人の小島よしおさんのネタです。

    ・ゲゲゲのなでしこジャパンどげんかせんといかん
    澤選手をなでしこと呼ぶのは誇大広告です。

    ・エロカッコイイドメスティックバイオレンスコメ泥棒
    意味が分かりません。

    ・毒まんじゅうチョー気持ちいい
    チョー気持ちいいは水泳の北島康介選手が金メダルを獲った時のインタビューで言った言葉です。

    ・危険ドラッグチョー気持ちいい
    チョー気持ちいいって使い勝手が良いですね。危険ドラッグの使用は絶対だめ。

    ・タマちゃんチョー気持ちいい
    もう死ね。

    ・透明な存在だっちゅーの
    このブログの管理人です。

    ・ブラック企業、派遣切り、格差社会、ネットカフェ難民、蟹工船、人間てなかなか死なないもんだ
    人間てなかなか死なないもんだは2001年の流行語なんですけど、こんなの流行したわけないじゃないですか!どのタイミングで使うんだよ!


    これ書いていて思ったんですけど、流行語を組み合わせて足していったところで面白くなるわけではないんですよ。
    何でもプラスしていけば良いわけではないのです。

    考えてみればこれは流行語に限った事ではなくて、世の中には足してしまったが為に残念な結果になっている事って多いんです。
    変な組み合わせってあるじゃないですか。
    例えば、食べ物であれば酢豚にパイナップルだったり、生ハムにメロンがそうだと思います。
    単体ではおいしいのに足してしまうとマズくなる。

    他にも、スマートフォンで操作出来る機能をプラスした家電だったり、良い歌なのに急に途中でラップが付け足されている曲だったり、方針の違う石原慎太郎を入れてしまった為に解党した維新の会だったり、それぞれでは良い物なのにそれを組み合わせてしまったが為に失敗してしまう事って多々あると思うんです。
    スマート家電とか言ってスマートフォンと繋げられる電子レンジなんて需要あるわけないじゃないですか。

    自分は何でも付け足していけば良いわけではないと思うわけです。

    うちの実家なんですけどね、先祖から受け継がれてきた仏壇があるんですよ。
    中を覗くと侍みたいな風貌の人が写った写真が飾られているのです。
    写真がある時点で戦国時代ではなく明治以降に撮られたものだと思いますが、もうね威風堂々たる姿の先祖が写っているんですよね。
    そんな先祖が、人の悪口とか脇が臭くて少し死にたくなった事とか今年も忘年会に誘われなかった事とかをブログに書いている今の自分の姿を見たら切腹しだすと思うのですが、まあそれは置いておくとして仏壇って血縁者が亡くなればその都度位牌が増えていくじゃないですか。
    うちの仏壇もどこにでもある一般的なものなので、サイズは大きくないんです。
    そのくせ血縁者が死亡ラッシュかの如く次々に死んでいきますから、位牌が増えて仏壇の中がすし詰め状態になるんですよ。
    で、母親がまた変な物を買ってきましてね。
    まあ位牌なんですけど、一つの位牌に対して故人の名前を書く札みたいなのが複数枚用意されていて、例えば祖父の法事だったら祖父の名前の書かれた札を位牌にセットして使うという便利グッズなのです。
    ネットで調べてみたのですが繰り出し位牌と言うそうです。
    もうねこれがカードスロットのおもちゃみたいで少し笑えてくるんですよ。
    自分は仏具に詳しくないのですが、繰り出し位牌ってなんてことない当たり前の物みたいで、これで仏壇の中もスッキリ整頓が出来るわけです。

    確かに利便性をプラスしたりする事は良いと思うんですよ。
    そういった製品のおかげで生活が便利になるのですから。
    ただ、位牌にカードスロットの組み合わせってミスマッチだと思うんですよ。
    他にも最近って、お墓をインターネット中継して坊主にお経を読んでもらうサービスだったり、都心に立体駐車場のお墓バージョンみたいな施設が出来たり便利にするのは良いんですけど、仏の世界と利便性って完全に対極の存在ですから、それが組み合わされたものって物凄くシュールだと思うんです。

    で、このカードスロットみたいな位牌を寺に持って行って坊主にお経を唱えてもらうわけです。
    不謹慎なんですけど、自分は昔からお葬式や法事で笑いを堪えられなくなりまして、まあ子供の頃ってテレビのコントでお葬式のシチュエーションって多かったですからその影響があるのと、もともと自分は少しアレだからだと思うのですが。
    そこにカードスロットの位牌というネタが加わって、遊戯王のカードバトルみたいだなと思って子供達が公園でバトルしている構図を想像してしまうともう限界なんですよね。
    そして坊主がコ~~~ンと磬子を鳴らすと、今にも吹き出しそうな状況に追い込まれるんです。
    中学生の時なんて我慢できずに笑っちゃって、見た事も無い親戚に凄い怒られましたからね。
    いやホント不謹慎だという自覚はありますよ。
    もう早く終わってほしくて、木魚のポクポクポクという音が24に出てくるカウンターみたいに感じられるんですよね。
    法事なのにジャックバウアーですよ。
    流石にシーズン5にもなるとネタ切れで同じような展開ばかりだったなとか思って、ネタ切れと言えばセガール映画も同じような経緯を辿っていたけど、最初は元特殊部隊の隊員の設定が多かったのに途中から元マフィアの用心棒とか悪役にもなっていたし、敵も毎回テロリストでグダグダになったからゾンビを出したりしてもう脱線していたな、あれは完全につまらなかった、そういえばセガールって昔アリナミンAのCMで「こう見えても、疲れまんねん」と関西弁で言っていたけどあれもスベッていたなとかどうでもいい事を考えて気を紛らわせていたらオナラをしたくなってきちゃいましてね。
    笑いは収まったんですけど、今度は腸の収まりが悪くなってきちゃったんです。

    英国紳士だったら赤子も起こさぬほど静かに放屁が出来るのでしょうけど、こっちは日々ブログで坂本君のお誕生日パーティーに自分だけ誘われなかったとか、ジムで女性会員さんに挨拶したら無視されたとか、もう死にたいとか嘆いているような人間のクズですから、紳士的に放屁なんて出来るはずがないんですよ。
    そもそも紳士が法事で放屁なんてするわけがないんです死ねこのハゲ!!
    うるせぇ!!まだハゲてねぇーよ!!
    ハゲは目の前でお経読んでる奴だよ!!

    でね、腸の中の空気をベントするためにあくまでもさり気無く体を少し傾けて、脱皮したばかりの柔らかいザリガニがお尻の下に入り込んでしまったようなイメージで優しくそ~っとお尻の力を抜いてみたんですよ。
    そしたらね、身も出そうな感じなんですよね。
    あと放出するって意味の「ベント」って「便と」にもなるな面白いなとか思ったんですけど死ね。
    もう大ピンチですよ。
    大きい方をしたくなってきちゃいましたからね、坊主がお経読んでいる最中に。
    せめて少しだけでも空気を抜いて腸の中のスペースを確保したいのですけど、入口付近に小さいのがいる感触が伝わってくるんです。
    チェスでいったら前進してきたボーンに進路を塞がれているような感じなんですよ。
    これは非常にまずいですよ、家族や親戚が来ているわけですから肛門からキングが飛び出ようものなら色々な意味でチェックメイトになりますから。
    それ以前に仏様の前で脱糞なんてしたら末代まで祟られる。

    漏らしてしまったら今年の流行語大賞はお漏らし系男子で決まりだなとか思いましたよ。
    草食系男子みたいに爽やかに聞こえるので、漏らしてるのにイメージが良いじゃないですか。
    まあこういうのも結局、ただしイケメンに限るってなるに決まっていますがね。
    イケメンとブサイクじゃ扱いが全然違いますから。

    以前にも少し書きましたが、小学生の頃友人の坂本君が休み時間に大きい方を漏らしてしまった事がありましてね。
    坂本君ってクラスの人気者でスポーツも出来るしジャニーズ系の顔をしていたので女子からもモテていたんですよ。
    普通、学校生活で大きい方を漏らしてしまったとならば、かなり大きなペナルティになるじゃないですか。
    もう審判が激怒してレッドカードを10枚くらい輪ゴムで束ねて出してくるのと同等のペナルティだと思うんですよ。
    なのに坂本君は漏らした後も変わらずクラスの人気者で女子からも避けられたりしないんですよね。
    それどころか他の男子が漏らしたのをふざけてネタにしていると女子達が、「ちょっとそこの男子!!生理現象なんだから仕方ないでしょ!!じゃあ、あなたは大きい方をしないって言うの?」みたいに言って庇ったりするんですよ。
    やはりカッコいい人間ってこういう時に得をしますよね。
    もし自分が漏らそうものならば、女子全員からお漏らし王子とかウンコ菌とかビチグソ太郎とか酷い悪口を言われて、保健室登校になっていたと思うんですよ。

    そんな事を考えていたらようやく坊主がお経を読み終えて磬子をゴ~~~ンと鳴らしたんですけど、自分にはそれがまるで試合終了のホイッスルのように聞こえました。
    管理人さん大勝利ですよ。
    ゴールを、いや人としての尊厳を死守できました。
    そして待合室で坊主から返却された位牌を眺めつつ、いつか自分の札もこの位牌にはめ込まれる日が来るのだろうと考えていたら便意はすっかり収まっていました。
    自分が死んだ時は札に証明写真みたいな顔写真も張っておいてほしいですね。
    そうすれば法事で来た子孫たちに自分の顔と名前を覚えてもらえるので便利です。

    しかしこの位牌に限らず、便利だからとか良いものになるからという理由で何でも安易にプラスしてしまうのはどうかとも思うのです。
    そういった考え方がスマートフォンで操作できる家電だったり、インターネット中継の法事だったり、漏らしそうになったこのブログの管理人だったり、世の中に次々に残念なものを作り出してしまったのですから。
    何でも組み合わせて足していけば良いわけではないのです。

    食べ合わせが悪かったから漏らしそうになったんだ。

    コメント
    こんにちは。
    今回もアクセル全開――いえ、全壊?――の見事な平常運転ですね(笑)
    四方八方に飛びまくるお話、沢山笑わせていただきました。
    咄家顔負けのセンスだと思います。本当に。
    捻りの効いた爆笑をありがとうございました。
    2014/12/14(Sun) 14:31 | URL | 野津征亨 | 【編集
    すごい、、グッタリするほどの迫力。

    本質を鋭く突きますね。
    左翼の、、にはおおわらい。まだ生きてたんだとか思う人も、
    誰かが気を使って肩書やって、
    こずかいかせぎさせて、、すけけみえちゃう。


    2014/12/14(Sun) 17:22 | URL | hippopon | 【編集
    いつも楽しく読ませていただいております。

    流行語大賞の選考委員を初めて知りました。
    ごく限られた人が決める「流行語」なんて何なんでしょうね・・・。

    これからも訪問させていただきます。
    2014/12/14(Sun) 21:00 | URL | UFO | 【編集
    野津征亨さん、コメントありがとうございます!

    文豪の野津征亨さんにお誉めに預かり光栄です。
    本当はもっと真面目な事を書きたいんですけどね。
    過去の記事を読み返してみたら自虐と恥辱にまみれた出来事しか書いていなくて少し死にたくなりました。

    今回は漏らしそうになったり坂本君が漏らしたりと汚い話しでしたので、尻の穴が小さい自分は少し不安でしたが好評のようで良かったです。
    2014/12/15(Mon) 08:13 | URL | ZAN | 【編集
    hippoponさん、コメントありがとうございます!

    流行語大賞の他にもベストジーニスト賞とかベストメガネ賞とかありますけど、大抵審査員って偏っていたり企業の宣伝の出来レースだったりしますからね。
    それこそ選挙みたいに投票制にすれば本当に流行っている言葉が分りますが、投票率が悪くてそもそも誰も流行語に興味が無かったなんて結果になりそうです。

    あと、今年の漢字も「税」に決まって発表されていましたが、坊さんが大きな半紙に「税」って書いていたので失笑してしまいました。
    宗教法人なんてお布施と称して非課税で収益を得ているのに、堂々と税なんて書いているのですから。
    2014/12/15(Mon) 08:17 | URL | ZAN | 【編集
    UFOさん、ご訪問ありがとうございます!

    メディアで取り上げられている流行は本当に流行っているのか、まず疑うべきです。
    鵜呑みには出来ませんね。
    世の中で流行っているのは風邪くらいだと思います。
    ウィルスは文字通り鵜呑みには出来ません。
    風邪がうつってしまいますから。

    こんな下劣なブログですが、これからもご訪問頂ければ幸いでございます。
    2014/12/15(Mon) 08:19 | URL | ZAN | 【編集
    おはようございます。

    500万の定期にかつては20何万もりしがついて、
    今は500万つかったら40万の消費税、
    カード社会と言うのは借金しつつ進むことで、今の国のお財布と同じ。
    アメリカカードでお金貸して、破たんさせて、身ぐる剥がれちゃうみたい。
    カード、信販を作った人間が儲かる仕組みで、来年から現金払いにしようかな?

    お寺からの税の提言。
    6公4民とかにゆくゆくならねばいいですが、、
    政府が良識的であるようにとの楔なのかしら?
    重税ですよ、、。
    女子供、身障者、生活保護からもとる税金。
    他人の痛みを考えつつ再考してほしいものです。

    2014/12/15(Mon) 12:14 | URL | hippopon | 【編集
    流行語嫌いなのは同感です!

    というか、ここ数年の流行語が一つもわからない…

    あとうんこ漏らした件、普通ならイケメンでもアウトだと思います(^^;)
    2014/12/15(Mon) 20:09 | URL | SERN | 【編集
    hippoponさん、コメントありがとうございます!

    >女子供、身障者、生活保護からもとる税金。

    障碍者手帳があれば所得税や住民税が軽減されますが、全額免除は難しいと思います。
    それよりも不埒な輩や外国人(特亜)の不正受給が多発しているので、取締を強化して少しでも税を無駄に消費してほしくないです。

    まあ税に関しては人それぞれ意見があると思いますが、自分は消費増税には賛成しています。
    2014/12/16(Tue) 01:26 | URL | ZAN | 【編集
    SERNさん、コメントありがとうございます!

    >あとうんこ漏らした件、普通ならイケメンでもアウトだと思います(^^;)

    坂本君は後日また漏らしてしまいました。
    それでも人気者は蔑まれることはないのです。

    しかし、今の時代だったらツイッターや裏サイトで一斉に情報が拡散してしまうので、ある程度のダメージを被るとも思いますけどね。
    冒頭に「拡散希望」とか書かれて画像が添付されていたら死にたくなると思います。
    2014/12/16(Tue) 01:28 | URL | ZAN | 【編集
    こんちわ!
    今眼科で、まんぱんの待合室にいるんですが、

    片目にデケーガーゼ貼っつけてるツルッパゲ(俺です)が ブログ読ませてもらって一人で吹き出して笑ってしまって、

    下を向いてスマホ見てる状態から頭をあげられんです。 汗。
    2014/12/17(Wed) 11:54 | URL | ill | 【編集
    illさん、コメントありがとうございます!

    また下劣な事をブログに書き連ねてしまいました。
    自分は頭にガーゼ張った方が良いのではないかと思っています。


    目の治療大変そうですがお大事に!
    2014/12/18(Thu) 07:24 | URL | ZAN | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します