英会話が出来るようになりたい。

    別に海外旅行の予定があったりワールドワイドな仕事をしているわけではないんですけど、英会話を習いたいと常々思っていまして。
    日本語があまり喋れない外国人と接する時に英語で会話が出来たらカッコ良過ぎじゃないですか。
    例えば、外国人に英語で道を尋ねられて困っている女性がいるんですけど、そこへ自分が「What happened?」とフランクな感じで「どうしたの?」と声を掛けて英語で道を教えてあげるんです。
    するとそれを見ていた女性が、「英語がとてもお上手なんですね、尊敬しますステキ!」みたいになってそこからお付き合いが始まるんです。

    他にも、日常的に英会話が出来れば後輩の小林君から、「○○(管理人)先輩って英語ペラペラでマジ超カッケーッす!尊敬します!あと口が臭いとか言ってごめんなさい!」と言われて慕われるんです。
    そしてこれからは小林君がメールアドレスを変えても、変更しましたというメールが自分にちゃんと送られてくるようになるので、お正月に明けましておめでとうメールを送ったらエラーメッセージが返ってきて涙目になるような事もなくなるんです。
    英会話が出来ると周囲から注目を浴びてもう人気者になれるんですよね。

    そして人気者になって友人が大勢出来れば、上司が退職する時にネットに専用の掲示板が作られて、そこに上司から部下たちへ一人ずつお別れのメッセージが書き込まれているんですけど、自分にだけ何もメッセージが書かれていなくてキーボードの上に大粒の涙をこぼすような事もなくなるんです。
    そんな残念な出来事はもう過去の思い出となり、これからはファーストネームで呼び合う仲間たちと週末はダーツの出来るオシャレなバーとかに行っちゃったりして充実したウィークエンドを過ごすんです。
    そして夏になったら皆で海に行ってバーベキューをしちゃうんですよ!
    ブログにバーベキューの事をBBQとか書いちゃったりして、楽しそうな様子の写真も沢山載せちゃいますよ!
    今日もこんな事を考えていたら1日が終わった。

    なので英会話が出来るようになりたいんです。
    まあしかし、実用レベルまで習得出来るのかって話しなんですよ。
    やはり子供の頃から慣れ親しんでおかないと、自然に喋れるようになるのは難しいと思うんです。
    最近では小学生でも英語を習っていますし、さらには英単語を教えている幼稚園もありますから。
    自分は昔から英語なんてからっきしでしたからね。
    算数なら小学生の頃テストで自分だけ100点を取った事があるし中学生の時だって数学は成績が4でしたけど、英語は全然出来ませんでした。
    冗談ではなく、小テストで自分の名前しか合っていなかった事もありましたから。
    そもそも、この記事の最初の方に書いた外国人に声を掛ける時の「What happened?」だって、わざわざエキサイトで翻訳して調べましたからねバカか死ね!
    まあしかし、考えてみれば人とまともにコミュニケーションがとれないくせに、いきなり外国人とコミュニケーションをとろうだなんてハードルが高過ぎるんです。
    もう成層圏くらい高い位置にあるんです。
    あと関係ないですけど、ハードルって反対から飛んで引っ掛かると地面に肩から叩きつけられてすげぇ痛いですよ。
    自分は人生のハードルにも引っ掛かって転んでしまいましたチクショー!!

    英語に限らず、子供の頃から英才教育を受けていれば人生につまずき転んだりせず、自分みたいにブログに人の悪口や自虐ばかり書く最低最下の下劣な人間にならないと思うんですよね。
    教育って重要なのだと改めて痛感しました。

    そんな英才教育をテーマにした漫画です。


    「絶対音感」

    manga30.jpg

    manga32.jpg

    manga33.jpg

    manga34.jpg

    manga35.jpg

    manga36.jpg

    manga37.jpg

    manga34.jpg

    manga39.jpg

    manga40.jpg

    コメント
    今回もシュールで面白いお話ですね(*^_^*)
    カブトゴリ、定番マスコットになってますね(笑)
    2015/04/24(Fri) 09:14 | URL | ジャム | 【編集
    こんにちは。

    自分が何故かある才能に秀でている妄想って男子は必ずするもんなんでしょうか?
    私は子供の頃からおっさんになった現在でもこの手の妄想が止まらなくて、誰にも言えない秘密でしたが、今回のブログを拝見して、現実を受け入れきって無い方が少なくとも一人いる可能性があることにやや安堵しておりますが間違ってますでしょうか?

    2015/04/24(Fri) 21:45 | URL | ごくつぶD | 【編集
    ジャムさん、コメントありがとうございます

    >今回もシュールで面白いお話ですね

    漫画は文章と違って、受け手は想像より視覚に頼る事になるのでスムーズな展開が難しいですね。
    ジャムさんはパネルこういう事を熟知されていそうです。
    あと稚拙ながら思ったのが、ジャムさんのように人前で行う劇はその場の空気というか雰囲気で作品の好感度が左右されると思うので、場を作るというのも重要になるのでしょうね。
    ちなみに、自分は場を作るのは苦手ですが破壊するのは得意です。
    自分の立ち位置すらも壊して谷底へ転落してしまうのです。

    人間関係で転落する方法よりも、漫画で上手くオチる方法を知りたいですね。
    2015/04/24(Fri) 23:55 | URL | ZAN | 【編集
    ごくつぶDさん、コメントありがとうございます。

    >自分が何故かある才能に秀でている妄想って男子は必ずするもんなんでしょうか?

    自分も暇さえあれば妄想をしていますよ。
    ゾンビから逃げる妄想が多いですね。
    まあ妄想の中では自分は勇敢な人間になっているので、いつも美人の女性を助けてグッドエンドになるんですけどね。
    妄想ですからブスは一人も登場しません。
    だって仕方なくブスを助けようとしても、ゾンビと見分けがつかないじゃないですか。
    まわりはゾンビだらけだし一緒に逃げている女はブスだしってなったら、もう死にたくなるじゃないですか。

    >現実を受け入れきって無い方が少なくとも一人いる

    まあしかし、理想と現実は相反しますね。
    勇敢な人間になれないどころか、職場のブス達からこちらがゾンビのような扱いをされています。
    2015/04/24(Fri) 23:59 | URL | ZAN | 【編集
    今回のお話、最高に面白かったです(*^^*)
    こういう先生多々、いますよね。
    カブトゴリ、なんかかわいく感じます(^.^)
    2015/04/25(Sat) 00:02 | URL | ピーチ姫2372 | 【編集
    こんばんおはろぉ。

    そういえば、英会話のこと書いてるってゆうのを思い出して、来てみました。

    1日1文章ずつはじめてみたら、たのしーかもしれないよ。
    何でも、まず一歩。

    「ものは試しだ!やってみる!!」

    スピードラーニングって、聞き流していると、だんだん英語の耳になってくるの。
    日本語しか聞けない耳から、英語の「音」を自然に区別できるような耳に。
    友達が実際に経験したんだよね。
    これって、学校の授業じゃ身につかない能力だと思う。
    文法や単語、センテンスは学校の授業のような形式で学ばないとね。
    スピードラーニングだけじゃダメだし、従前の学校の授業だけじゃダメだし、って感じじゃないかしら?

    2015/04/25(Sat) 03:07 | URL | あいる | 【編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2015/04/25(Sat) 04:17 |  |  | 【編集
    ツノが折れなくて本当に良かった
    2015/04/25(Sat) 12:39 | URL | katsurickland | 【編集
    ピーチ姫2372さん、コメントありがとうございます。

    >こういう先生多々、いますよね。

    ツノが生えたゴリラを殴ってくる先生って多々いるのですか!?
    自分が小学生の頃の音楽の先生はバッハにそっくりのオバサンでした。
    壁に掛けられたバッハの絵と先生の髪形がすごい似ていて、合奏の時に笑いを堪えられずリコーダーを「ピョ~~!!!」と吹き出してしまった事があります。

    ちなみにその時の音はファのシャープでした。
    2015/04/25(Sat) 17:57 | URL | ZAN | 【編集
    あいるさん、コメントありがとうございます。

    >スピードラーニングって、聞き流していると、だんだん英語の耳になってくるの。

    自分は人の言う事を聞き流す事に関しては達人ですから、スピードラーニングが向いているかもしれませんね。
    以前、残っていた雑務を皆で残業して終わらせる時に、その事を聞き流して自分だけ帰ってしまった事がありました。
    帰宅するスピードだけは一人前です。

    >日本語しか聞けない耳から、英語の「音」を自然に区別できるような耳に。

    なるほど、確かに映画を字幕で見ると何を喋っているのかさっぱりです。
    スピードラーニングは英語を聞き取れる耳になれるのですか。
    英語を聞き流す前に、まずは人の言う事に対して聞く耳を持つ必要がありますね。
    深夜の通販で、聞き流すだけで習得できると宣伝していたので耳を疑っていました。
    2015/04/25(Sat) 18:05 | URL | ZAN | 【編集
    hippoponさん、コメントありがとうございます。

    自分も音楽の才能は全く無しですね。
    昔、音楽のテストで歌を歌った時は周囲に音痴を晒して死にたくなりましたね。
    しかも、上手く歌えるようにするために、その様子をテープに録音して聴かされるという拷問みたいな事もされたのでトラウマになりました。
    トラウマもテープのように上書きして消せれば良いのですけどね。

    やはり音楽って難しいです。
    佐村河内守がゴーストライターに作曲させていた気持ちが少し分かる気がします。

    ちなみに、このブログはゴーストライターに依頼せず書いていますが、書いている自分は幽霊のように存在感が薄いです。
    2015/04/25(Sat) 18:11 | URL | ZAN | 【編集
    katsuricklandさん、コメントありがとうございます。

    >ツノが折れなくて本当に良かった

    オチは何パターンか考えていたのですが、ツノが折れて死ぬという死亡オチもありますよ。
    思い付きで展開を足していったらコマ数が次々に増えてしまったので、公開したのは少し短い構成にしたものです。
    書くのが大変でツノが折れる前に心が折れてしまいました。
    2015/04/25(Sat) 18:14 | URL | ZAN | 【編集
    こんにちは。
    哀れカブトゴリ。
    この教師は鬼ですね。
    2015/04/26(Sun) 13:03 | URL | 野津征亨 | 【編集
    ZANさん、こんにちは!!^^

    今回もあなたの妄想が好きですっ!!^^;ポッ ハードルを反対側から飛ぶのは怖すぎっ!!漫画は、、オチがイマイチ。m(__;m(私は漫画を書くことすらできないのですがっ!!^^;)
    2015/04/26(Sun) 15:43 | URL | くわがたお | 【編集
    野津征亨さん、コメントありがとうございます。

    >哀れカブトゴリ。この教師は鬼ですね。

    中学の時、実際にこういうシチュエーションで「ピアノの音」と答えてみた事がありますが、やさしい教師だったので殴られはしませんでした。
    しかし、教師は鬼の形相になっていました。
    人は簡単に鬼になるのだと思います。

    ちなみに、自分はよく人を怒らせる言動をとってしまうのですが、もしかしたら自分の心の奥には鬼が住み着いているのかもしれません。
    2015/04/26(Sun) 17:52 | URL | ZAN | 【編集
    くわがたおさん、コメントありがとうございます。

    >ハードルを反対側から飛ぶのは怖すぎっ

    陸上は珍プレーが多いですからね。
    ハードルで転倒するのはまだダメージが少ない方です。
    棒高跳びなんて棒が尻に突き刺さったりするアクシデントもありますから。
    尻の穴が小さい自分は考えただけで身震いしてしまいます。

    >漫画は、、オチがイマイチ。

    まだまだ尻が青いので、漫画は少々ハードルが高かったようです。
    2015/04/26(Sun) 17:55 | URL | ZAN | 【編集
    Z.A.Nさん、おはようございます。
    カブトゴリさんの漫画、

    楽しみにしていました。

    今回は、

    ピアノのレッスン(?)でしょうか。

    私も引けないので

    音階のわからない

    カブトゴリさんの気持ちが

    よくわかります。

    講師には叱られたけど、

    きっと努力して

    カッコいい姿が見られる事を

    期待しています!


    2015/04/28(Tue) 06:16 | URL | 片P | 【編集
    片Pさん、コメントありがとうございます。

    >私も引けないので音階のわからないカブトゴリさんの気持ちがよくわかります。

    自分もピアノどころかリコーダーも全く駄目でした。
    クラスの合奏の時はエアリコーダーをしていた事もあります。
    バレないようにするコツは空気のような存在になる事です。

    ちなみに、放屁ならトランペットのように美しい音色を出す事が出来るのですが、尻から空気を出すなんて迷惑極まりないですね。
    2015/04/29(Wed) 02:13 | URL | ZAN | 【編集
    初めまして
    ZANさん こんにちは
    大らかで人望を集めていますね。

    拝読していて楽しくて笑ってしまいました。
    こんな楽しい時間が心を豊かにしてくれると思います。
    ありがとうございました。
    2015/04/29(Wed) 12:38 | URL | コットン | 【編集
    コットンさん、コメントありがとうございます。

    コットンさんの描いた絵を拝見させて頂きましたが、とてもお上手なのですね。
    こちらはご覧の通り落書きレベルの漫画を描いております。
    絵よりもオチで勝負と思っていましたが、読み返してみたらオチもいまいちでした。

    >拝読していて楽しくて笑ってしまいました。

    笑いのツボは人それぞれなのだと、いつも思い知らされています。
    適当に書いたネタが予想に反して好評だったり、その逆があったり。
    凄く上手くオチたと思っていたのに不評だった時は、腑に落ちませんでした。

    そして気持ちは綺麗にオチました。
    2015/04/30(Thu) 01:04 | URL | ZAN | 【編集
    英語の教材・・・
    私も英会話上達を常日頃願っているのですが、英語の勉強って、ほんと、何を教材にしたらいいのか・・・
    一番いいのは英語を話す友達を作ることなのでしょうが・・・
    2015/04/30(Thu) 15:26 | URL | うーたん | 【編集
    うーたんさん、コメントありがとうございます。

    >一番いいのは英語を話す友達を作ることなのでしょうが

    もうハードルが高過ぎますよ。
    自分はフレンドリーになれないので友達なんて作れません。
    以前、ジムでアメリカ人に話し掛けられた事があるのですが、なぜ欧米人はあんなにフレンドリーなのでしょうかね。
    大航海時代が表しているように積極的な海外進出が好きなのでしょうか。
    まあ、お国柄なのかもしれませんね。

    ちなみに、こちらは常に鎖国の状態です。
    2015/04/30(Thu) 21:48 | URL | ZAN | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します