今回は登山です。
と、言っても登山道を通って山頂を目指すのではなく、何でもない山に入って源流域で釣りをしたりしながら適当に散策します。

DSCN1544.jpg
高速を下りてから1時間。
県道を進んで高度を上げていきます。
関東の山ですが詳しい場所は非公開とさせて頂きます。
奥地へ入ると雨が降り始めました。

DSCN1549.jpg
途中から未舗装の林道へ。

DSCN1550.jpg

DSCN1551.jpg

DSCN1552.jpg
さらに登っていきます。

林道の奥にある駐車スペースに車を止め、そこから徒歩で移動します。
標高1000mからのスタートです。

DSCN15551.jpg
雨はやみそうにありませんね。

林道の下を流れている川まで降りたいので歩きながら適当な場所を探します。
しかし、林道脇は崖になっているので降りられそうな場所がなかなか見つかりません。
しばらく歩くと吊り橋を発見。

DSCN15531.jpg
この吊り橋から懸垂下降で川まで降りる事にします。

kensuikakou1.jpg
このブログの登山記事でお決まりのパターン。
一度降りてカメラをセットした後、少し離れた急斜面を登りまた元の位置に戻っています。

kensuikakou2.jpg

kensuikakou3.jpg
橋からの降下は支点(ロープを掛ける場所)の確保に困らないので簡単ですね。
ロープは折り返してネックレスのように∩字にして掛けるので下からでも回収が可能です。

DSCN1668.jpg
これは帰ってから撮ったものになりますが、腰に巻いたハーネスにエイト環というロープを通す下降器を取り付けて降下しています。
自分が使用しているのは、「SMC レスキューエイト」という下降器です。
NFPA(全米消防・防火協会)認定商品で、米国ではレスキュー隊や警察などで使用されています。

kensuikakou4.jpg
頭からもいってみた。
無駄に往復してしまったので時間と体力を消費しました。

DSCN1554.jpg
自然が豊かな源流域に入山。
川に沿って進みます。

DSCN1557.jpg
イワナかヤマメでしょうか、岸際の浅瀬を泳いでいました。
逃げてしまったので写す事が出来ず残念。

DSCN1558.jpg

DSCN1560.jpg

DSCN1562.jpg
雨が降っていても川はあまり濁っていませんね。

DSCN1563.jpg
むしろ透き通っていてとても綺麗です。

DSCN1564.jpg

DSCN15652.jpg
道なき道を進む。

DSCN15671.jpg
足場は雨で緩くなっているので崩れやすい。

DSCN1583.jpg
崖や急斜面の登攀が多くなると予想していましたが意外と簡単に進めます。

DSCN1579.jpg
今回は小物が多いので、ザックにはポーチを増設してきました。
MOLLE SYSTEM(モーリーシステム)は便利ですね。

釣竿を持ちながらでも移動できそうなので、この辺りで釣りの準備をします。
ちなみに行動食を持参していないので食糧は魚を釣って現地調達です。
(遭難時の緊急用食糧は携行しています。)

DSCN15811.jpg

DSCN1582.jpg
なかなか良さそうなポイントがありませんね。
竿を伸ばすのが少し早かったです。
木に引っ掛かるし片手も塞がるし歩き辛い。

DSCN1584.jpg

DSCN1587.jpg
気を抜くと滑落する。

DSCN1592.jpg
しばらく浅場が続いて釣れそうな場所がありませんでしたが、奥の方にいかにも魚が着いていそうな流れ込みを発見しました。
しかし、こちら側からだと崖になっているので狙う事が出来ません。

DSCN1593.jpg
なので、近くにあった倒木を渡って対岸へ移動します。

DSCN1596.jpg
雨に濡れたコケで滑るので慎重に。
すごい微妙なバランスで進んでいます。
こういうところは自分の人生と同じですね。

DSCN1597.jpg
狙いを定めた流れ込み。
もうこれ絶対魚がいるでしょう!
早速、忍び足で近付いてルアーをキャストしてみます。

DSCN1598.jpg
思った通り3投目でイワナがヒットしました。

DSCN1600.jpg
池を作って魚をキープします。

で、この直後にアクシデント発生です。

DSCN1602.jpg
竿が折れた。

もうこれ絶体絶命ですよ。
釣り出来なかったら食糧どうすんの!
お前ホントいつもこういう局面で失敗するよな!

DSCN1601.jpg
残っている長さは1mくらい。
投げられなくはないので、この状態で続けてみます。

キャストのコントロールはテクニックでなんとかカバー出来ました。
しかし魚はヒットするのですが、竿がしならないのでラインテンションを保てず魚が直ぐにバレてしまいます。
喰い付いてから間髪入れずに高速で巻いても針から外れる。
これは悔しい!!

繰り返し投げてやっと1匹手元まで寄せる事が出来ました。

DSCN1603.jpg
小さなヤマメ。

結局、40分くらいやって8ヒット2キャッチでした。
釣果は2匹だけですが、40分で8匹もヒットする好ポイントは他を探しても滅多に無いのではないでしょうか。
この場所はまた来よう、次は道具を揃えて釣りだけしに来よう。


*** 使用タックル ***

ロッド:ダイワ モバイルパック 705TMLS
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S
ライン:サンライン トラウティストダークネス 4lb
ヒットルアー:スミス Dコンタクト

DSCN1604.jpg

竿はダイワの705TMLSという全長が213cmのパックロッドを持って行きました。
畳むと53㎝になるのでザックに入れても移動で全く邪魔になりませんでした。
登山も兼ねた釣りには最適です。
直ぐに折れたけど。
今回の散策のために使い捨ての気持ちで買いましたが、実際に折れてしまうと複雑な心境です。

そして、キープしていた魚を捌こうと思って池を見てみたら、イワナは捕まえたんですけどヤマメはいくら探してもいないんですよね。
脱走ですよ!
もうプリズンブレイクですよ!

結局、食糧は1匹だけになりました。
このイワナはとても貴重です。

DSCN1607.jpg
捌く場面は苦手な方もいるので省略させて頂きます。

竿が折れていなければ十分な数を確保出来ていたのに。
まあ、山奥でたらればなんて言ったって無意味なので、1匹だけ持って川を離れる事にしました。
さらなる奥地を目指して降雨の山を登ります。

次回へつづく。

コメント
こんばんは
忍者、スパイダーマン!!
懸垂をどうやって写したのか?
また頭からって、、
サーカスでみたことあるけど、、
お金とれちゃう。
緑が身にしむようですね。
山はいいですね。大気が違いますものね。
続編を楽しみにします。
2015/04/29(Wed) 02:38 | URL | hippopon | 【編集
えらいっ・・・男の子だねぇ・・・・!!。
2015/04/29(Wed) 08:41 | URL | ひげ | 【編集
こんにちは。
いつも訪問して頂いてありがとうございます。
Z.A.Nさんのブログに比べたら私のなんて…
”訳分かんないつまらないブログ”に過ぎません。

スゴイです~!! カッコイイです~!!
 
感心と言うより【感動】しました!!
無人島に一人取り残されても、生きて行けそうですね…


2015/04/29(Wed) 11:07 | URL | ★はこべ | 【編集
大物釣り師の小説
山と渓谷社より大物釣り師の小説が刊行されております。
知って頂くだけでもという思いでメールした次第です。
ご無礼をお許しください。
現在、アマゾンで優遇半額セール中です。
釣り部門ベストセラー1位です。

「大物釣り師幻の巨大イトウに挑んだ男」 (YAMAKEI CREATIVE SELECTION Frontier Books)
2015/04/29(Wed) 13:46 | URL | sasajima | 【編集
アクロバット凄いです。幻の岩魚はどうやって食べたのか気になります。
2015/04/29(Wed) 17:14 | URL | いかさば | 【編集
もうなんかワイルドですね〜^^
装備も服装もばっちりで。
私も一昨年ヤマメ釣りに挑戦したんですけど遊魚券なるものを5000円で買わないと釣ることができなかったです。で釣れたのは手のひらサイズ1匹だけという・・・

小さかったけどお腹割いたらデカイ虫が出てきました。フライが有効なわけだなーと。
2015/04/29(Wed) 23:58 | URL | 歩き茄子 | 【編集
hippoponさん、コメントありがとうございます。

>懸垂をどうやって写したのか?

動画モードで撮影して静止画を切り抜きました。
帰ってから気が付いたのですが、ヘルメットに着けたバージョンも撮影しておけば良かったです。

>緑が身にしむようですね。山はいいですね。大気が違いますものね。

深い山に行くと本当に緑が身に浸透するんですよ。
森林の香りが服に移るのですが、これは洗濯しても消えないで残るんです。
この森林の香りがとても良い香りで自分は好きです。

あと関係ありませんが、自分の脇も深い森みたいになっていますが脇匂は洗えばちゃんと消えてくれます。
2015/04/30(Thu) 01:07 | URL | ZAN | 【編集
ひげさん、コメントありがとうございます。

>えらいっ・・・男の子だねぇ・・・・!!。

童心いつまでも忘れず、これは生きていく上でとても重要だと思っています。
自分の頭の中は中学二年の夏休みから何も変わっていません。

よくよく考えてみたら昔から何も進歩が無くて少し死にたくなりました。
2015/04/30(Thu) 01:09 | URL | ZAN | 【編集
★はこべさん、コメントありがとうございます。

>Z.A.Nさんのブログに比べたら私のなんて… ”訳分かんないつまらないブログ”に過ぎません。

このブログも相当訳の分らないブログだと思いますが。
うんこ漏らしそうになった話しとか、ブスしかいないブスの惑星とか、逮捕された有名人の悪口とか色々と書いているので。

しかし、自宅のトイレが詰まった話しも書きましたが、これはつまらない話しではありませんでした。

>無人島に一人取り残されても、生きて行けそうですね…

よく無人島に一つだけ持って行くのなら、何を持って行く?という質問を聞きますが、自分なら「友達」と答えます。
ちなみに、日常では自分の場所だけ無人島というか社会の孤島みたいになっています。
友達が欲しいです。
2015/04/30(Thu) 01:13 | URL | ZAN | 【編集
sasajimaさん、コメントありがとうございます。

>山と渓谷社より大物釣り師の小説が刊行されております。

自分は本をあまり読みませんが、服部文祥さんという登山家が好きですね。
サバイバル登山という独自の流儀で、装備は最小限で食料も現地調達を基本にしています。

件のイトウですが、大きな個体は2mを超えるそうです。
凄いですね!
昔、職場に身長が2m近くある背の大きな上司がいましたが、あれと同じくらいなんて信じられません。
ちなみに、その上司の名前はサトウでした。
2015/04/30(Thu) 01:15 | URL | ZAN | 【編集
いかさばさん、コメントありがとうございます。

>アクロバット凄いです。

この記事の橋は低いので、いずれ50mくらいの高さからもやってみたいですね。
以前、家の近くの橋からロープ垂らして遊んでいたら色々な人に怒られてしまいました。
真っ当な人間はこんな事しませんからね。
アクロバティックに浮いていましたが、自分は世間からも浮いた存在だったようです。
2015/04/30(Thu) 01:17 | URL | ZAN | 【編集
歩き茄子さん、コメントありがとうございます。

>釣れたのは手のひらサイズ1匹だけという

自分の経験だと、人が入れるポイントは魚がスレてしまっているのでなかなか反応してくれないですね。
管理釣り場でもルアーより自然なフライの方が圧倒的にヒットします。
今回はルアーにここまで反応があるのは驚きました。
人が入らない場所なので、魚がルアーに警戒心を持っていない証拠だと思います。

上京したての女子大生が悪い勧誘に引っ掛かってしまうのと同じパターンですね。
2015/04/30(Thu) 01:20 | URL | ZAN | 【編集
こんばんは。

スゴーーイ。
ほんとに山や清流なんですね。
お魚はお塩振ったりするんですか?
どうやって調理したのかしら?

けど、雨降りでちょっと寒そうに見えます。

次回、楽しみにしていますね。
2015/04/30(Thu) 23:37 | URL | あいる | 【編集
こんにちは。

一度カメラセットしてから動画撮って、再度カメラを取りに行く手の込んだ手法をされて、更に頭から降りる等の、普通の3倍も4倍も手間の掛かる方法を相変わらずされているところは笑わせてもらいました。自分の場合、ここまでヤって笑いの一つも起こらなかったらと考えると怖くて今のところ出来ません。

でもいつか試してみたいですね。
2015/04/30(Thu) 23:56 | URL | ごくつぶD | 【編集
怖ろしくヤバい写真があるような。
いつも一人で行かれてるようなので、何かあった日には……。
ほんと気をつけてくださいね。

それはそうと川魚、めっちゃ美味しそうです。
逃げられたの惜しかったですねぇ。
2015/05/01(Fri) 00:17 | URL | serpentsea | 【編集
こんにちは〜 ♪
ZANさんには こんな野生的な一面もあり 男性的な魅力があるんだぁ〜!
ブログの読者様を大事にする 貴方は 優しい一面もあると思うの。
なのに 何で彼女が居ないのかな?
貴方は森の精霊に魅入られているんだわ キット! (笑)
2015/05/01(Fri) 16:17 | URL | 優の水彩画工房 | 【編集
あいるさん、コメントありがとうございます。

>どうやって調理したのかしら?

次回の記事に書きますが、塩も何も付けずにそのまま焼いて食べました。
とても美味しかったです。

>雨降りでちょっと寒そうに見えます。

標高は1000mを少し越える程度と高くはないので、この時期だと涼しく感じて丁度良いくらいでした。
ちなみに、自分は山に釣りをしに行くと9割くらいの確率で雨に降られます。
どうやら山にフラれてしまっているようです。
2015/05/01(Fri) 21:48 | URL | ZAN | 【編集
ごくつぶDさん、コメントありがとうございます。

>ここまでヤって笑いの一つも起こらなかったらと考えると怖くて今のところ出来ません。

普段書いているネタも笑いが起こっていなかったらと考えると、とても怖いです。
周囲はつまらないと感じているのに、本人が面白いと思い込んでやってしまうのは悲惨ですからね。
昔、レイザーラモンHGという一発屋の芸人が流行りましたが、職場の上司が若い連中にウケようと目論んでモノマネで「フォ~!!」とかやっていました。
元ネタもつまらないのに、それをマネてしまっていたので当然笑いは一切起こりませんでした。

その上司は以後も流行の一発ネタをモノマネて披露していましたが、社内では一発も流行しませんでした。
2015/05/01(Fri) 21:52 | URL | ZAN | 【編集
serpentseaさん、コメントありがとうございます。

>いつも一人で行かれてるようなので、何かあった日には……。

仰る通り、こんな山奥で大怪我をしたら絶体絶命ですね。
ただ、危険に見えますが細心の注意を払い、ある程度の境界線は超えないように行動しています。
それでも山では何が起こるか予測は出来ませんけどね。

>それはそうと川魚、めっちゃ美味しそうです。逃げられたの惜しかったですねぇ。

イワナは白身でとても美味しかったですよ。
ヤマメには池から逃げられてしまってホント悔しいです。
逃げたヤマメは小さかったですが、貴重な食糧だったので逃がした魚は大きいです。
2015/05/01(Fri) 21:56 | URL | ZAN | 【編集
優の水彩画工房さん、コメントありがとうございます。

>なのに 何で彼女が居ないのかな?

口が臭いからだと思います。

>貴方は森の精霊に魅入られているんだわ キット!

精霊と聞くと凄い美しい女性のようなイメージですが、リアルな妖怪みたいなのも多いんですよね。
それどころかオジサンみたいな精霊もいますし。
山でオジサンみたいな精霊に魅入られてしまうのはクマに遭遇するよりも怖いです。
ちなみに、自分はクマみたいなオジサンには遭遇した事がありますが。

あと関係ありませんが、森の精霊って志茂田景樹がイメージ的にピッタリだと思います。
2015/05/01(Fri) 21:59 | URL | ZAN | 【編集
うわー連休前にこれは毒だわ
渓流釣りに行きたくなりました
ルアーで釣るのね
凄いわ

四国はヤマメよりアマゴがよく釣れます
私はもっぱら生き物で釣ります
ミミズ アミエビ クモ 青虫 イクラ
うわ・・書いてて気持ちくなるわ 笑

しかし渓流で腰を据えて
ビールを昼間からぐびぐび飲んで
じっくり釣り
これが私のじっくりモードの時の
渓流釣りなんですが・・・
あーーーんっ 行きたいよー 泣
2015/05/02(Sat) 21:50 | URL | だんご | 【編集
だんごさん、コメントありがとうございます。

>私はもっぱら生き物で釣ります

結構マイナーなエサを使うのですね。
かなりの腕前のように見受けられます。
自分はエサの場合はブドウ虫を中心に使います。
あと渓流のエサは裏ワザでマグロの切り身というのがあるのですが、ご存知ですか?
ネットで調べてみると結構釣れるみたいですよ。

ちなみに、自分は裏ワザを使っても釣れませんでした。
裏ワザ以前に釣りのワザが未熟だったようです。
2015/05/03(Sun) 03:29 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します