先月の源流域の探索。

探検!降雨の源流域 phase1

探検!降雨の源流域 phase2

釣りをしたらいきなり竿が折れて心も折れるという悔しい思いをしました。
なので、リベンジという事で再び行ってきましたよ。
前回は吊り橋の上からロープで宙吊りになったり、食糧を現地調達したりとエクストリームな釣りでしたが今回は普通の釣りです。

DSCN1762.jpg
夜明け前の林道を走る。

DSCN1763.jpg
天気予報では雨は午後からだったのに、到着と同時に降り始めました。
自分が渓流釣りに行くと9割の確率で雨が降る。

DSCN1768.jpg
前回は懸垂下降で橋の上から降りて入山しましたが、今回は傾斜の緩い坂を見つけて川まで降りていきます。

DSCN1774.jpg
薄暗い源流域に入山。

DSCN1775.jpg
水位は前回よりも少し低くなっていました。

DSCN1781.jpg
山は明るくなるのも早い。
歩きながら流れ込みなどの水流に変化のある場所を狙っていきます。

DSCN1777.jpg
そしてヤマメがヒット。

しかし、この後はなかなか2匹目がヒットしないので上流へ大きく移動する事にしました。

DSCN1783.jpg
一度川から離れて山へ入ります。

DSCN1784.jpg
しばらく歩いて発見したポイント。
なんかRPGに出てきそうな神秘的な池ですね。

DSCN1785.jpg
動物の骨が落ちていました。
写真に収める前に逃げられましたが、今回はサルとシカを発見しました。

DSCN1787.jpg
川に沿って移動。
高さがあってデンジャラスですね。
しかも雨で岩が滑るし。

DSCN1788.jpg
この辺りは前回来た場所よりも奥地になります。
地形が変わって岩場も目立つようになりました。
魚が着いていそうな流れ込みも多いです。

DSCN1789.jpg
しかし全く釣れない。

DSCN1790.jpg
上流に登り過ぎた感じがしますね。
ポイントを読み間違えました。
上に行けば行く程釣れるというミスリード。

それならば今度は少し下流を狙ってみます。

DSCN1793.jpg
途中、こんな土砂崩れの脇を通過して、

DSCN1797.jpg
しばらく歩くと前回釣果のあったポイントに辿り着きました。

DSCN1798.jpg
やはりこの流れ込みは魚が着いていますね。
簡単にイワナが釣れました。

そしてここからヒットが連発する。
渓流だけに流れに乗りましたよ!

DSCN1799.jpg
26㎝の良型。
源流域に居着いているイワナは腹部が黄色くなるそうです。

DSCN1800.jpg

DSCN1801.jpg

DSCN1805.jpg
今回は良型が多いです。

他にも15㎝程の小さいのが数匹釣れました。
やはり居る所には居るんですね。

DSCN1804.jpg
しかし、直後に雨が尋常じゃないくらい強くなりました。
水源からそれ程離れていないので鉄砲水は発生しないと思いますが、全身ずぶ濡れになったので下山しました。

DSCN1816.jpg
自分が渓流釣りに行くとなぜいつも雨になるのだろう。

と、まあ今回は3時間くらいの釣行でした。
これだけ釣れるのであれば自給自足の山籠もりも出来そうですね。
しかし、どうせまた土砂降りになるのだと思いますが。

雨の日は山に籠もるよりも、外に出ず家にひきこもるに限ります。


*** 使用タックル ***

ロッド:ダイワ プロキャスターX
リール:シマノ ヴァンキッシュ 2500S
ライン:サンライン トラウティストダークネス 4lb
ヒットルアー:スミス Dコンタクト

DSCN1815

コメント
こんばんは
すがすがしい朝の山の風景。
オゾンを感じます。
ありがとうございます・

たくさん釣れましたね。
雨で塩焼きは無理でしたか?
濡れて、お風邪など召しませんように。
2015/06/12(Fri) 00:30 | URL | hippopon | 【編集
hippoponさん、コメントありがとうございます。

>雨で塩焼きは無理でしたか?

今回は小型のクーラーボックスを用意していたのでイワナとヤマメを1匹ずつ持って帰って蒸し焼きにして食べました。
画像が載っていないのは失敗して身がボロボロに崩れてしまったからです。
それくらい柔らかく、とても美味しかったですよ。

>濡れて、お風邪など召しませんように。

このポイントは沢山釣れるのですが行くのにとても苦労します。
しかも雨でずぶ濡れです。
濡れ手で粟というわけにはいかないようですね。

濡れずに楽して釣りたいんですけど。
2015/06/12(Fri) 18:52 | URL | ZAN | 【編集
たのしそうですねえ
私は、川ガニはとるのですが
魚はなかなか・・・
たのしそう。
2015/06/12(Fri) 21:27 | URL | 森須もりん | 【編集
なつかしー
いつも訪問ありがとうございます。  
わたしもその昔、渓流釣りにはまっていました。  さらにその昔は林道ツーリングにも。

きっとZ.A.Nさんも、もうすぐ家庭菜園に手を出す事でしょう。。。   と思っていましたが、色々読んでみるとかなりタフな方のご様子。   こっちの世界に来るはまだまだっぽいですね。    

今後ともよろしくです。
2015/06/13(Sat) 00:04 | URL |  ススホホ | 【編集
こにちは。

私も子供の頃、親父に連れられて渓流釣りに行きましたが、その頃はルアーで釣るような洒落た方法ではなく、カワムシやピンチョロで釣る餌釣りしかなく、私はいつも餌を捕まえる係でした。車に酔うわ寒いわ魚影ではなく虫影しか見れないわで楽しい思い出がありません。しかし毎回オモチャ買ってくれるわ、帰りにイイもん食わせるなどという擬似餌に釣られて着いていってしまうのですが、帰り道は疲れて寝てしまうので、擬似餌が実現化するコトなくリリースされてました。

本当の渓流釣りは、さぞかし楽しいんでそょうねぇ・・・
2015/06/13(Sat) 15:42 | URL | ごくつぶD | 【編集
森須もりんさん、コメントありがとうございます。

>私は、川ガニはとるのですが

自分も子供の頃カニを捕っていましたよ。
川ではなく海ですが。
干潮で潮が引いた浅瀬でカニを捕まえたりして遊んでいました。
大きな岩が転がっていたので下に何か隠れていないかと思ってひっくり返そうとしたのですが、その岩は岩ではなく大きなカニだった事があります。
もう心臓が止まるかと思うくらい驚きましたね。
カニみたいに口から泡を吹いて気絶するかと思いました。
2015/06/14(Sun) 00:53 | URL | ZAN | 【編集
ススホホさん、ご訪問ありがとうございます。

こちらこそよろしくお願いします。

>もうすぐ家庭菜園に手を出す事でしょう。

将来、庭のある大きな家に住んで家庭菜園をするのが夢です。
まあこのままだと叶いそうにありませんけどね。
たまに夕方のニュースでやっている、河川敷を不法に占拠して家庭菜園をする迷惑な人間の仲間入りです。
もう逮捕ですよ。

自宅で家庭菜園どころか、刑務作業で野菜の栽培をする事になりそうです。
2015/06/14(Sun) 00:56 | URL | ZAN | 【編集
ごくつぶDさん、コメントありがとうございます。

>私はいつも餌を捕まえる係でした。

お父様からしてみればエサを捕まえる労力が省けるので楽ですね。
小さな労力で利益を得るなんて、海老で鯛を釣るようなものです。
川に鯛はいませんが。

>擬似餌に釣られて

以前、職場の同僚の増田君がポン引きに釣られてぼったくりバーに引っ掛かってしまった事がありました。
魚も人間も、キラキラ輝いたりお尻を左右に振ったりする疑似餌に食い付いてしまうのは悲しい習性ですね。

>擬似餌が実現化するコトなくリリースされてました。

ちなみに、増田君はなかなかお店からリリースさせてもらえなかったそうです。
2015/06/14(Sun) 01:00 | URL | ZAN | 【編集
こんばんは。

いつもスゴいですねー。
ZANさんなら、サバイバル&自給自足の生活できちゃうね。
山の中に1人こもって、仙人みたいなw

川魚って、おいしい???
マス?かな、むかーし湖の宿に泊まった時に塩焼きを食べた記憶があるくらいかな。


2015/06/14(Sun) 02:29 | URL | あいる | 【編集
あいるさん、コメントありがとうございます。

>ZANさんなら、サバイバル&自給自足の生活できちゃうね。

食糧と水の調達は最低限出来ると思うのですが、山はネット回線が通じていないので直ぐに死んでしまうと思います。
ネットが出来ないともう生きていく自信がありません。
無線LAN完備の山だったら何日でも籠れそうですが。
しかし考えてみれば、これでは家にひきこもるのと大差がありませんね。
夜中に親に見つからないよう忍び足で食事を取りに行くという恒例のイベントも、山ではクマに見つからないように食糧を調達しに行くので同じです。

>川魚って、おいしい???

イワナとヤマメは白身で薄い味をしていますね。
今回は1匹ずつ持ち帰って蒸し焼きにしてみました。
手前味噌ではございますが、自分は腕が良いのでとても美味に仕上がりました。

あと今思いましたが、味噌汁にしてみるのも良いかもしれません。
2015/06/14(Sun) 13:59 | URL | ZAN | 【編集
こんばんは🐾
はじめまして!
ご訪問ありがとうございます♪

渓流釣り良いですね
川魚は淡白で変な臭みもないし

実家が鮎料理屋をやっていたので少し懐かしい気持ちになりました
私の実家の地域では鮎などの川魚は釣らず「かける」やり方が主流です

2015/06/20(Sat) 03:33 | URL | 鮭 | 【編集
久々に川魚食べたくなりスーパーに寄ったら鮎があったので焼いて食べながら「あした考える」開いたらちょうど川魚の記事!じっくりと味わいながら食べてます。見た後、食いたくなり買いに行くパターンが殆どなので得した気分です。普通は釣りに行きたくなるが正解なのでしょうが、ちなみに私は会社で三元豚と呼ばれています。
2015/06/20(Sat) 20:07 | URL | いかさば | 【編集
鮭さん、コメントありがとうございます。

>私の実家の地域では鮎などの川魚は釣らず「かける」やり方が主流です

という事は、コロガシ釣りでしょうか。
以前この方法で釣っている人を見た事がありますが、大量に釣っていました。
なぜエサが付いていない仕掛けで釣れるのか不思議に思いましたが、鮎の習性を利用していたのですね。

ちなみに、自分は多摩川で鮎を手掴みで捕まえた事があります。
コロガシ釣りはやった事がありませんが、夢中になって鮎を追いかけたので滑って転がってしまいました。
2015/06/21(Sun) 02:20 | URL | ZAN | 【編集
いかさばさん、コメントありがとうございます。

いかさばさんは海の幸を堪能できるので羨ましいです。
たまには川魚を食べたくなるというのが少しおもしろく感じました。
自分は美味しいサバを食べてみたいですね。
漁港で釣ったのを食べた事があるのですが、脂が全然のっていなくて身がボソボソだったので。

>ちなみに私は会社で三元豚と呼ばれています。

あまり関係ありませんが、以前自分の職場には二次元オタクで美少女キャラにブヒブヒ言っている同僚がいました。
2015/06/21(Sun) 02:23 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します