今年も群馬県の妙義山へ行ってきました。

そして、鷹戻しの登攀の様子を動画撮影してきました。
管理人さんがヌルヌル動いちゃっています。


※1080pに設定すると景色が綺麗になります。


いやもうね、壮大なアドベンチャーに仕上がりましたよ。
普段のブログのイメージと全然違うじゃねぇーか!
この動画だけ見たら1000000%登山ブログだと勘違いするクオリティー。

takamodoshi12.jpg

takamodoshi14.jpg

BGMは個人の作家さんが著作権フリーで配布している曲を使用させて頂きました。

まあしかし、この映像を撮るのに鷹戻しを6往復する羽目になりましたからバカかお前は。
動画を見て気が付いた方もいるかと思いますが、途中からヘルメットのカメラの向きが変わってしまっているんですよね。

takamodoshi13.jpg

なので、目線の映像はもう一度登って撮り直しました。
他にも、崖下に置いていた荷物を取りに戻ったり、懸垂下降をやり直したり。

流石に何往復もすると足の掛け易いポイントを把握する事が出来ますね。
懸垂下降のロープを崖に設置する時は両手離しで作業をしていました。
こういう人間から死んでいく。

takamodoshi17.jpg
懸垂下降は鷹戻しの上部から途中の岩棚まで18mくらいです。
映像だと伝わりにくいですが意外と速度が出ています。


DCF00124.jpg
目線のカメラはいつも写真を撮る時に使用しているNikonのAW110。
自撮りにはライブビューリモコン対応のソニーHDR-AS200Vを使用しました。

そして、このカメラを取り付けたポールはこんなに長い。

DSCN2363.jpg
SLIK セルフィーポッド 1350
カメラの三脚メーカーの物だけあって1.3mの長さでも曲がらず頑丈です。

ポールはタクティカルベストの背中に着脱式のポーチを取り付けて差し込んでいます。

DSCN2368.jpg


DSCN2367.jpg
フロントはマグフォースのポーチを適当に配置。


こんな感じで撮影したわけですが、このブログって動画が大不評なんですよね。
以前載せた時なんて、アクセス数とYouTubeのカウンターを照らし合わせたら20人に1人くらいしか再生してくれないという残念な結果になりましたし。
もうダイヤルアップで接続しているから動画を見れる環境にないんじゃないかと疑いたくなるレベル。

とまあ、妙義山の鷹戻しは北アルプスの大キレットや剱岳よりも難易度が高いと言われていますが意外と簡単です。
自分が一番デンジャラスに感じたのは鷹戻などの鎖場よりも痩せ尾根でした。
岩場をただ歩くだけなので簡単のように思えますが、足元の左右が垂直に落ちているので少しでも躓いたら100m以上は落下しますからね。
妙義山は毎年のように死亡事故が発生しているので、常に油断が出来ない山という事に間違いはありません。
家に帰るまでが登山だなんて言葉がありますが、最後まで決して気を緩めてはなりません。


takamodoshi16.jpg

コメント
こんにちは!
久しぶりに動いてるzanさん見ました♪

俺にはエクストリーム過ぎです(怖)!

気をつけて楽しんで下さいよー!!
2015/10/17(Sat) 13:26 | URL | ill | 【編集
びっくりしました
妙義山へ・・と聞いてハラハラしながら7分間しっかり視ました。

昔から滑落があることを良く耳にしました。
小さい時から大好きな妙義山で良く眺め
また綺麗な景観を絵にしていました。

上からの眺めを紹介してくださり感謝です。
でも・・・
んっ・・もうー 怖いもの知らずなんだから!

”日本三大奇勝にも選ばれている岩の殿堂”
切り立った崖 妙義山!
ZANさん 命を大事にしてくださいね。

2015/10/17(Sat) 16:05 | URL | コットン | 【編集
👏👏 泪まででちゃったのでした。

椅子に座ったまま、すくんでしまって、
足がうごかない、
稜線方向は、行かなくていい!叫んで、
一番怖くて、、
多分稜線は、這いずっちゃうし、、

それで、ぱ~^と視界がひらけて、、泪が
こみあげてきました。
いま、感動で、体が熱いです、

ありがとうございました。
しばらく動けないかも、ww
2015/10/17(Sat) 17:49 | URL | hippopon | 【編集
ス、スゴーーーーーーーーーーイッ!!!

天気が良くて。。。ステキな景色をありがとう。

途中、梯子や鎖がついてるんですネ。
でも、登るときよりも降りるときがこわそうに見えます。。。

登山かぁ。。。イイなぁ。。。
2015/10/18(Sun) 02:06 | URL | あいる | 【編集
illさん、コメントありがとうございます。

>久しぶりに動いてるzanさん見ました

動画だったら滑落して死んだとしても、映像から事故だと直ぐに断定出来るので一石二鳥ですよね。
まあ滑落したら動いているZANさんではなくて動かないZANさんになってしまいますが。

ちなみに、仕事では動かずに止っている事が多いです。

社会的に死んでいるのかもしれません。
2015/10/18(Sun) 07:15 | URL | ZAN | 【編集
コットンさん、コメントありがとうございます。

>小さい時から大好きな妙義山で良く眺めまた綺麗な景観を絵にしていました。

何だかんだで、妙義山は登って上から眺めるよりも、下から切り立った山々を見上げるのが一番迫力がありましたよ。

>”日本三大奇勝にも選ばれている岩の殿堂”

確かに妙義山は険しく切り立っていて、日本三大奇勝と呼ぶに相応しい山ですよね。
大砲岩や石門など珍しい形の岩も多いですし。

あとあまり関係ありませんが、下山して小休憩していたら鼻の横を蚊に刺されてしまいました。
鼻が大砲岩のように膨らんで日本三大奇勝みたいな顔になりました。
2015/10/18(Sun) 07:17 | URL | ZAN | 【編集
hippoponさん、コメントありがとうございます。

>すくんでしまって、足がうごかない、

動いている時は不思議と恐怖を感じませんが、崖の途中で止まって下を1分くらい見続けると足がすくんでしまいます。
それこそ岩のように固まってしまいます。

>それで、ぱ~^と視界がひらけて

山頂の映像はBGMが丁度穏やかになるところに重なったので良い演出になったと思います。

>泪がこみあげてきました。

色々な場所で臨場感のある映像を撮ってみたいですね。
鉄塔を登攀するのなんて面白そうです。

まあ、逮捕されてもうこっちが泪をこみあげてしまうと思いますが。
2015/10/18(Sun) 07:21 | URL | ZAN | 【編集
あいるさん、コメントありがとうございます。

>天気が良くて。。。ステキな景色をありがとう。

登山には最適な天気でしたが、撮影には少し裏目に出てしまいました。
崖が日陰で背景の山々が陽に照らされているので、カメラの露出が合わなくて白く飛んじゃっているんですよね。
いつも山に行くと曇天で雨も降ったりするのに、こういう時だけ晴れるとはやはり自分は天候に恵まれないです。

>でも、登るときよりも降りるときがこわそうに見えます。

仰る通り、崖は登る時よりも降りる時のが難しいですね。
ブログも同じですが、話題を上げていくよりも話を落とす方のが難しいです。

でもよく考えてみたら、ブログはいつもスベって滑落しているので、違う意味でちゃんとオチているのかもしれません。
2015/10/18(Sun) 07:24 | URL | ZAN | 【編集
初めまして。
いつも楽しく、そして驚きながら拝見させていただいています。
TVでは好んで登山や自然に向かう映像は観ている方ですが、自分ではハイキング程度の高低差しか歩きません。
いつも、映像を観ていて思うことは、挑戦している方々もすごいけれど、映像機器を担いで撮っている人たちって凄くない??ということでした。
こちらの動画は、その両方をいつもやってしまうワケで・・・・・。
正直、今回は観ていて眩暈がしそうでした。
きっと、準備も万全で臨んでいらっしゃるとは思うのですが、くれぐれもお気をつけて・・・。

2015/10/18(Sun) 11:00 | URL | fuggiasca | 【編集
fuggiascaさん、ご訪問ありがとうございます。

>映像機器を担いで撮っている人たちって凄くない??ということでした。

同感です。
山岳ガイドと同じ道を歩くという事は、体力も同じかそれ以上を消費しますからね。
しかも登る事ではなく撮影する事が目的ですから、両方に神経を使うのは慣れるまで難しいです。

映像も撮ってみると難しいんですよ。
急な崖や坂でも正面から撮っただけでは全然伝わらなくなってしまうので、横から撮ったり樹木を写り込ませて斜面を強調したり工夫が必要です。
自分もこれにいつも苦戦しています。

>きっと、準備も万全で臨んでいらっしゃるとは思うのですが

実は意外と軽装で、足りない物はガッツで補っています。
なので、ガッツが尽きて遭難しそうになった事もありました。

足りないのは装備ではなく頭の中身だったようです。
2015/10/18(Sun) 12:12 | URL | ZAN | 【編集
こういう危険な場所って、怖いんだけど1度行っておかないと気が済まない、っていう感情もありますね。

稜線の映像見てたら股間がへんな感じになりますな^^;
2015/10/19(Mon) 00:17 | URL | 歩き茄子 | 【編集
歩き茄子さん、コメントありがとうございます。

>稜線の映像見てたら

稜線は動画の場所から少し離れた「こぶ岩」の辺りのがデンジャラスですね。
足元の幅が50cmくらいで両端は100m以上垂直になっているし、視界も開けているのでリアルな恐怖を体感出来ます。

>股間がへんな感じになりますな

稜線ではタマキンが内側から持ち上がるようなあの感覚に陥りました。
いくら高所に慣れても、タマキンの変な感覚を抑えられないのが玉に瑕です。

2015/10/19(Mon) 21:46 | URL | ZAN | 【編集
今回もお疲れ様でした。
納得のいく動画を撮るために何度も登られるとは……自分には絶対不可能ですね。そんな根性はありません(汗)
2015/10/19(Mon) 22:12 | URL | 野津征亨 | 【編集
ZANさん、見たよ!

すごいリアリティ!臨場感。
BGMもいいですね~。

撮影テクがすごく興味深いです!
2015/10/19(Mon) 23:57 | URL | yukie3 | 【編集
野津征亨さん、コメントありがとうございます。

>何度も登られるとは

撮影が終わって休憩をしていたら、他の登山者が鷹戻しをクリアしてガッツポーズしながら満面の笑みで登ってきたのですが、こちらは6往復位したと言ったら消沈してしまいました。
他人の達成感をバキバキにへし折るという最悪な結果になってしまいました。

>自分には絶対不可能ですね。そんな根性はありません

かなり体力を消耗しましたよ。
しかも背負った自撮り棒が崖にぶつからないようにしなければならないので体勢が制限されるんです。

棒に気を使っていたら疲れて足が棒になりました。
2015/10/20(Tue) 20:11 | URL | ZAN | 【編集
yukie3さん、コメントありがとうございます。

>撮影テクがすごく興味深いです!

崖って今までも写真や動画を何回も撮っているのですが、普通に撮っただけでは臨場感が全然伝わらないんですよ。
今回は成功したと言えるでしょうね。

自分はyukie3さんみたいにサーフィンはやりませんが、サーフボードの先端にカメラを取り付けたら面白い画が撮れそうですよ。
全身がフレームに収まるか分かりませんが、後ろに付ければ自撮りも出来るので臨場感が出そうです。
まあ自分は波よりもyukie3さんのお尻しか見ないと思いますけどね。

エロの波に飲み込まれてしまうと思います。
2015/10/20(Tue) 20:15 | URL | ZAN | 【編集
本当に凄い、壮大なアドベンチャーでした。

BGMがよりクオリティーを上げてくれていますよね。
いいもの見せていただきました。
2015/10/20(Tue) 22:15 | URL | az | 【編集
azさん、コメントありがとうございます。

>BGMがよりクオリティーを上げてくれていますよね。

使用した曲は趣味で作曲をしている人のものですが、プロのレベルだったので驚きました。

動画のクオリティーの9割くらいはBGMのおかげですよ。
管理人さんは1割くらいしか活躍していません。

BGMの演出って効果大ですよね。
考えてみたらこれは動画以外にも使えそうです。
例えば、このブログを開いたらドリフの音楽が流れるようにしておけば、普段のスベッている記事が面白くなるかもしれません。

いつも9割はスベッています。
2015/10/20(Tue) 23:45 | URL | ZAN | 【編集
いつも楽しく拝見してます。
山に行きたいのですが装備がないので
管理人さんのブログで登山した気分になってます。
無事に帰還できてよかったです。
2015/10/21(Wed) 20:06 | URL | ハッピーモモ | 【編集
ハッピーモモさん、ご訪問ありがとうございます。

>山に行きたいのですが装備がないので

水と食糧と上着だけあれば殆んどの山はクリアできますよ。
自分は荷物がかさばるのが嫌なので最小限の物しか携行しません。
以前、2500m級の山に普段の服装でお昼1食分だけ持って登った事もありました。
往復で8時間半のルートです。

ちなみに、妙義山は難易度が高い山ですが女性の方も見掛けましたよ。
山ガールというやつですね。

自分は昔、山ガールってイエティーみたいな顔をしたブスの事だと勘違いをしていました。
2015/10/21(Wed) 21:43 | URL | ZAN | 【編集
いつも拙ブログ「快道ウオーキング」を訪問いただき、ありがとうございます。17日の妙義山登山記録、楽しく拝見しました。撮影アイデアと絵づくりの上手さに感心しました。
 さきほど「快道ウオーキング」にて紹介させてもらいました。動画の案内と静止画2点を引用させてもらってます。ご了承下さい。
2015/10/22(Thu) 16:37 | URL | 駄目男 | 【編集
駄目男さん、コメントありがとうございます。

>いつも拙ブログ「快道ウオーキング」を訪問いただき、ありがとうございます。

こちらの方こそ、こんな下劣なブログをご覧頂きありがとうございます。
しかも駄目男さんのブログでご紹介までさせて頂き感謝しております。

>撮影アイデアと絵づくりの上手さに感心しました。

最近はカメラを撮る前に記事の構成を想像するようにしています。
そうすると伝わり易い画が撮れるんですよね。

ただ、記事の構成は想像出来ても、話のオチでスベるという事までは想像出来ませんでした。
2015/10/22(Thu) 21:34 | URL | ZAN | 【編集
こんばんは~(^.^)
また、すごいものを見させて頂きました。
ZANさんの根性、すごいです!
BGMもぴったしですね。
最後の山の景色、最高でした(^.^)
最初見たとき、カブトゴリに似てると思ったのは
私だけ・・・?
2015/10/23(Fri) 00:09 | URL | ピーチ姫2372 | 【編集
ピーチ姫2372さん、コメントありがとうございます。

>BGMもぴったしですね。 最後の山の景色、最高でした

この場面は音楽とマッチしているので自分もとても気に入っています。
狙って編集したのではなく偶然こういった仕上がりになりました。

>最初見たとき、カブトゴリに似てると思ったのは
私だけ・・・?

もう自画像みたいになっていますからね。
自画像には作者の精神が現れるそうですよ。
有名な画家が描いた自画像も分析するとその作者の精神状態や性格などが分かるそうです。

カブトゴリは頭にツノ(角)が生えていますが、自分のブログはブスをネタにしたり“角”が立つ事を書いているので、あながち間違っていないかもしれません。
2015/10/23(Fri) 21:58 | URL | ZAN | 【編集
10月初め群馬に行って 妙義山を眺めて来たので(笑)
新鮮な驚きです!
妙義山って登れるんですね!

映像を見て 其処までして どうして登るの!って
ハラハラしました…
しかし!ZANさんのお陰で 素晴らしい疑似体験が出来感謝です!

でも 無事で良かったね!
ZANさん!ありがとう!
2015/10/24(Sat) 16:31 | URL | 優 | 【編集
優さん、コメントありがとうございます。

>10月初め群馬に行って 妙義山を眺めて来たので

妙義山の周辺って岩がむき出しの切り立った山が多いので迫力がありますよね。

>妙義山って登れるんですね!

散歩感覚のコースから、60m級の鎖場を通るデンジャラスなコースまでルートがいくつかあります。
山の下の方にある石門は整備された登山道を歩けば行けるの観光客も多いですね。

>素晴らしい疑似体験が出来感謝です!

撮影中に滑落して遭難の疑似体験を配信する羽目にならなくて良かったです。

まあ崖から落ちれば記事的にも綺麗にオチたかもしれません。
2015/10/24(Sat) 23:33 | URL | ZAN | 【編集
モニター全画面表示で見たら凄い迫力で目が回りそうになりましたよ。頂上からの風景が青い空に白い雲で本当に綺麗でした。私は動画から先に見たので、これどうやって撮っているんだろうと思ったところブログに説明があり、これまた良かったです。来年の茸狩りの時にやってみたいですね。
2015/11/01(Sun) 13:32 | URL | いかさば | 【編集
いかさばさん、コメントありがとうございます。

>頂上からの風景が青い空に白い雲で本当に綺麗でした。

今回は天候もよく景色が綺麗でした。
あと2日目という事もあって景色を楽しめましたね。
デンジャラスな場所を把握していたので余裕がありました。

>これどうやって撮っているんだろうと思ったところブログに説明があり、これまた良かったです。来年の茸狩りの時にやってみたいですね。

背中のポールは木に引っ掛かるのでかなり歩き辛いですよ。
茸狩りに行って背中からポールがニョキニョキ生えている人が驚くでしょうね。

自分も山に行った時、茸がニョキニョキ生えているのをよく見掛けますよ。
鮮やかな黄色をした、もう見るからに毒を持っています!という茸も沢山見掛けます。

これを食べてしまったら大変な事になりそうですね。
もう黄どころか赤信号です。
2015/11/02(Mon) 20:32 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します