SURE FIREのフラッシュライト、E1L-A OUTDOORSMANをレビューします。

DSCN2390.jpg
このライトはOUTDOORSMANという名だけあって同社のタクティカルライトとは少し異なり、アウトドア等での使用に重点が置かれています。
なので、シュアファイアのラインナップではランタイムが長いというのが特徴です。


明るさ Hi:90ルーメン Low:5ルーメン
ランタイム Hi:6時間 Low:41時間
全長×ボディ径×ベゼル径 104mm×20.3mm×28.5mm
防水 IPX-8
材質 エアクラフトアルミ合金
重量約88g (電池含)
使用電池 1×CR123A


DSCN2394.jpg
ヘッド、ボディー、スイッチの三点に分割出来ます。
ヘッドはさらに分割可能ですが、ネジロック剤でガッチリ固定されていました。

バッテリーはSF123A以外に、同社でサポートされている充電池LFP-123Aも使用可能です。
純正品の16.4㎜よりも太い社外品だと入らない可能性があります。

DSCN2396.jpg
G2X PRO (G2X-D-TN)との比較。
サイズは1×CR123Aのライトにしてはやや大きめです。
しかし、手の平に丁度収まるのでとても扱い易くなっています。
グリップ感も非常に良いですね。
ローレットなどの加工精度が非常に高く、全体的に切削技術の高さを感じる事が出来ました。
この点は流石シュアファイアといったところです。

DSCN2400.jpg

DSCN2393.jpg
スイッチは間欠点灯が可能です。
点灯は常にLow5ルーメンから始まり、2クリックでHi90ルーメンに切り替わります。
クリップは折り返されているのでランヤードなど好みで装着する事が出来ます。

DSCN2391.jpg
ロットナンバーはボディーに刻印されている個体とヘッドに刻印されている個体が存在します。
気になったので輸入を行っている正規代理店の七洋交産に問い合わせましたが、E1L-Aに限らずロットによって刻印の場所が変わるモデルがあるそうです。
E1L-Aだと初期のモデルがボディーで、それ以降がヘッドになっているそうです。
この個体は後期という事になりますね。

DSCN2395.jpg
搭載LEDはレンズを通してでは正確に判別出来ませんが、CREEのXPシリーズでしょうか。

光色はかなり緑系です。

DSCN2398.jpg
左E1L-A 右G2XPRO

光色については国内外のサイトでも調べてみましたが、同じような感想を書いている方が複数いたので、ロットに関係なくこの色のようです。
完成度の高いライトなだけに非常に残念なポイントですね。
まあ、光色が緑色ならばコピー製品ではないと言えるでしょう。

配光はクッキリとした狭いスポットになります。
胸の辺りから足元を照らしてもCDくらいの範囲しか照らせません。
勿論、周辺光も生じますが元々低出力のライトなので十分な明るさとは言えません。

個人的な感想を述べると、E1L-Aの配光はスポットよりも広角のが良いのではないかと思います。
このクラスのライトは手元の作業や近距離の用途が主になるので実用的には使い辛いです。
強いスポットに設計したのは低出力でも光を遠くに飛ばすためだと思いますが、そもそも1×CR123Aのライトをアウトドアでメインに使用する人は殆どいないでしょう。
OUTDOORSMANという名を打っていますが、ライト自体の方向性が定まっていないように感じます。



~総評~

まず第一に、箱から出して思った事は「カッコイイ!」でした。
そして、本体の切削と表面処理のクオリティーは最高クラスです。
やはりシュアファイアのフラッシュライトはカタログスペック以上の信頼性がありますね。
ランタイムが長いので日常で携帯していれば災害時にも非常に役立つと思います。

しかし、やはり光色が残念でした。
視認性にも影響するので、実用的なライトのブランドである以上は搭載するLEDにも拘ってほしかったですね。

市場価格は3万円程度となっています。
実用性で買うのか、コレクションで買うのか、ユーザーが大きく別れるライトではないかと思います。

DSCN2406.jpg

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します