LED LENSER レッドレンザー P5のレビューです。

DSCN2519.jpg


明るさ:105ルーメン
照射時間:最大3時間(1ルーメンになるまで)
サイズ:全長115mm×ヘッド径26mm×ボディ径18.5mm
防水:防雨防滴
素材:アルミ合金
重量:約84g (電池含)
使用電池:単三×1


DSCN2533.jpg
シュアファイア E1L-Aとのサイズ比較。
単三×1なのでとてもスリムですね。
画像だと伝わり辛いですが、実物ではサイズの印象がかなり違います。
P5の太さならポケットに入れて携行しても苦になりません。

DSCN2521.jpg
スイッチは間欠点灯が可能です。

DSCN2524.jpg

DSCN2526.jpg
サイズが太いエネループ・プロもストレスなく収まります。
エネループ・プロだと、80分程度まで十分な明るさを保ちました。
レッドレンザーのライトはバッテリー電圧に比例して明るさが変わるので、アルカリよりも充電池のが適していると思います。

DSCN2522.jpg
ヘッド
前後にスライドしてスポットとワイドを切り替えます。

DSCN2523.jpg
ヘッド内部
使用LEDはCREE XR-E。


照射比較

DSCN2532.jpg
左 LED LENSER P6.2 200lm スポット
右 LED LENSER P5 105lm スポット

ヘッドの見た目は同じですが、コリメーターレンズのサイズが若干違うので照射範囲に差があります。
LEDの発光面積と焦点距離も関係していると思われます。



~総評~

EDCライト(Every Day Carry 普段から携行するライト)にベストではないでしょうか。
単三電池1本のコンパクトなライトから105ルーメンも出てくれれば十分だと思います。
これよりも明るい単三×1のライトもありますが、やはりランタイムが犠牲になっています。
EDCライトは緊急時にも使用するので、出力よりもランタイムが重視されます。
いざという時にバッテリーが満足に残っていなかったら役に立ちませんからね。
P5は単三電池の仕様なので、エネループを使って継ぎ足し充電をすれば管理も容易です。

LED LENSER P5は単三電池1本で105ルーメンを出力し、スポットとワイドも切り替えられます。
EDCライトとしてとても優れていると感じられました。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します