ゼロ トレランス ZT0350 Folder SpeedSafeのレビューです。

DSCN2557.jpg

ZT(Zero Tolerance)は米国の老舗ナイフメーカー、カーショー社のタクティカルブランドです。
軍、警察、消防等から高い評価を受けて第一線で使用されています。
また、ブレード(刃)の部分は包丁で有名な岐阜のメーカー、貝印が製造しています。
実質、準国産ナイフと言えるでしょう。

自分はこのナイフを登山やアウトドアで愛用しています。
ブレードの形状がドロップポイントなのでとても使い易いナイフです。


ブレード:約8.8cm(厚さ約3.1mm)
オープン:約19.6cm
クローズ:約11.7cm
ブレード材質:S30V stainless-steel with Tungsten DLC coating
ハンドル材質:Textured G-10


DSCN2560.jpg
ブレードの材質はS30Vです。
登山で木を削ったり魚を捌いたりハードに使用していますが、鋭い切れ味を保っています。
適度な丸みを帯びているので、切る、剥くに適しています。
濡れる機会も多かったですが、刃の部分は錆びどころか変色すらしていません。

DSCN2558.jpg
セレーション

DSCN2561.jpg
ユーティリティーナイフなので厚みは3.1mmと若干薄めです。

DSCN2562.jpg
この部分のクオリティが素晴らしいですね。
各パーツがピッタリ重なっています。

ハンドルの材質はG10で、グリップを高めるため表面は細目ヤスリのようになっています。
フラッシュライトで見られるローレット加工とは少し違う凹凸です。

DSCN2564.jpg
クリップはトルクスネジで留められています。

DSCN2565.jpg
畳んだ状態

DSCN2566.jpg
ブレードの端が出っ張っているので、そこを人差し指で手前に引くとオープンの状態になります。

DSCN2567.jpg
SpeedSafeというだけあって素早く展開します。


~総評~

とても使い勝手が良いユーティリティーナイフです。
ブレードの形状がドロップポイントなので登山やアウトドアで重宝しています。
また、各部品の精度が非常に高いです。
まさにゼロ・トレランス(許容誤差0)の名に相応しいクオリティーのナイフですね。

DSCN2406.jpg

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します