日の出山(902m)は東京都の西部、奥多摩にある低山です。
鎖場や急登はなく比較的容易に登頂出来るので初級の山に分類されています。

今回は緩やかな登山道が続く日の出山を、自転車を使って登ってみようと思います。
サイクリングを目的としているのではないので、自転車はあくまで道具として扱います。

DSCN2573.jpg
日の出山へ続く登山道の入口。
ここから山頂までの道のりは約10km、標高差は700m。
金比羅尾根を通り麻生山の脇を抜けて日の出山を目指します。
※日の出山周辺の登山道は自転車の乗り入れが許可されています。

DSCN2578.jpg
林道を進む。

DSC00058.jpg
そしていきなり急坂。
歩きだったら何でもない坂でも自転車だとキツイ。

DSCN2580.jpg
この日は2月の上旬。
1月末の寒波で降り積もった雪が残っています。

DSCN2583.jpg
標高を上げていく。
この辺りで地図を持ってくるのを忘れた事に気が付きました。
山に行くと必ず何か一つ忘れ物をする。
自分はコンパスを頼りに登山道を使わない登山もしますが、むしろ日の出山のように登山道が沢山通っている山でこそ地図が必要になるんですよね。
分岐が多いので遭難はしなくても道に迷うんです。

DSCN2589.jpg
雪が降ってきました。
明方から気温は上がらず氷点下です。

DSCN2591.jpg
奥多摩の山に生えている木は殆どが人工的に植林されたスギとヒノキです。
山に蓄えられた雨水は多摩川に流れて都内の水道水として利用されているので、川が枯渇しないよう植林したり間引きしたり厳しく管理されています。

DSCN2594.jpg

DSC00089.jpg
段差は担いで乗り越える。

DSCN2604.jpg
霧が出てきましたね。

DSCN2601.jpg
標高を上げていくにつれて白く化粧されていきます。

DSCN2598.jpg

DSCN2596.jpg

DSCN2617.jpg
随所に段差が現れる。
これじゃ全然走れねーじゃねぇーか!

DSCN2623.jpg
ジョニー・デップのスリーピー・ホロウっぽい画。

DSCN2607.jpg

DSC00059.jpg
尾根に出ました。
十分な幅があり両端もなだらかです。
これだったら滑落しても安心ですね。

DSC00071.jpg

DSCN2612.jpg
雪の登山道を走るのは爽快です。

DSCN2611.jpg
霧の中へ吸い込まれていく。

DSCN2621.jpg
雪を被った木の根が殺意を感じる程滑ります。
そのまま谷へコースアウトしそうになりました。
岩も滑るので気を抜けませんね。
岩だけにストーンっと転倒してしまいます。
雪山もブログもスベらないように注意が必要です。

おもいっきりスベってるじゃねぇーか!!

DSCN2622.jpg

DSCN2624.jpg
しばらく走ると開けた場所に出ました。
この辺りは吹きさらしなので雪が多く積もっています。

DSCN2629.jpg
それでも雪はシャーベット状なので、なんとか埋まらず走れました。

DSCN2627.jpg
写真には霧みたいにしか写らないけど雪が結構降っています。

DSCN2632.jpg
やっぱり雪山は楽しい。

DSCN2633.jpg
綺麗な曲線です。
雪で濡れていなかったら登ってみたかったんですけどね。

DSCN2635.jpg
この付近の標高はおそらく600~700mくらい。
それでもヒザくらいの高さまで積もっている場所があります。

DSCN2638.jpg

DSCN2636.jpg
雪で埋まった登山道を進む。

DSCN2640.jpg
山の向きによって積雪の量がかなり違いますね。
この辺りはあまり積もっていません。

DSCN2639.jpg

DSCN2641.jpg
道は続く。

DSCN2642.jpg
シカの足跡を発見です。
近年では全国的にシカによる森林被害が深刻になっているそうです。
草木が食べ尽くされてハゲちゃってる山もありますからね。
山は自分の上司みたいに被って解決するわけではないので、元の姿に回復するまで時間が掛かります。
いや、被っても根本的にも毛根的にも解決はしないけど。
あとこれは本当の話ですが、アデランスでは不要になったカツラを回収して植林の資金として寄付しているそうです。

DSCN2643.jpg

DSCN2644.jpg

DSCN2645.jpg
霧で先が見えない。

DSCN2646.jpg
ここまで来ると雪に埋まるので走行不可能。

DSCN2647.jpg
自転車は役に立たないので文字通りお荷物になります。
これを担いで雪道を登攀するのはかなりキツイ。

DSCN2651.jpg
山頂下の階段に着きました。
この場所は下山ルートとの分岐になっているので、ここから山頂までの300mはピストン(往復)になります。

階段はコケろと言わんばかりに凍った雪が斜めに残っていました。
最近はブログでもスベッているので慎重に。
自転車に乗るからアイゼン(足に付けるツメ)は使わないだろうと思って用意しなかったのを後悔。

DSCN2655.jpg

DSCN2657.jpg
そして山頂に到着です。
やはり雪道は体力を削られますね。
少し休憩しましょう。

屋根のあるベンチは先行者のグループがいたので、雪の積もった吹きさらしのベンチで軽食を食べました。
お尻が冷たい。
こういう時スムーズに輪に入れる社交的な人間が羨ましい。

DSCN2654.jpg
立体地図。
最近では国土地理院からデータをダウンロードして、3Dプリンタでもこういう立体地図を制作出来ます。
地形を把握し易いので防災などにも活用されているそうです。

DSCN2659.jpg
展望は絶望。
もうラップになるくらい何も見えませんね。

ドゥブドゥブパー♪ドゥブドゥブパー♪
展望は絶望♪ドゥブドゥブパー♪
一望して失望♪ドゥブドゥブパー♪
そして俺はでくの坊、Yeah!♪

うるせぇーよカス!山頂でラップなんて歌ってんじゃねぇーよ!
バカかお前!!
ちなみに、天気が良ければ日の出山の山頂からはスカイツリーも見えるそうです。
スカイツリーどころか数十メートル先のツリーも見えねぇーよYeah!
そろそろ帰ろうかなYeah!

もう韻すら踏んでねーじゃねぇーか!!

DSCN2663.jpg
帰りはダウンヒルで一気に駆け下りました。


とまあ、今回はこんな緩い登山でした。
日の出山は自分が好むデンジャラスな崖や稜線があるわけではありません。
しかし、たまにはピクニック感覚で命の懸からない登山も楽しいです。

低山には低山の魅力があります。
日の出どころか陽の光すら拝めない日の出山も登り甲斐がありましたYeah!

コメント
雪山を1人でって結構孤独な感じですけど、山に1人ポツンといるあの孤独感はなかなかいいですよね。

バイクで富士山登れないのかなーと調べてみましたがまあ世界遺産ということもあって禁止みたいですね^^;
2016/02/17(Wed) 03:44 | URL | 歩き茄子 | 【編集
スゴイデスネ
海のページもスゴッと思いましたが
この雪の中をマウンテンバイクというのですか
独走ですよねぇ
くれぐれも気をつけて下さいね
ホッとした瞬間寒くないですか??
とにかく
写真が綺麗で感激いたしました。
2016/02/17(Wed) 08:13 | URL | そら | 【編集
おはようございます ヾ(╹◡╹❀)ノ゙
自分が行った気分になりました♫
お写真、見せるのが上手ですねぇ。
ていうか、管理人さんが写っているお写真、
これ、どうやって撮影しているのですか?
カメラマンを同行したのじゃないかと思うぐらい、
構図とかアングルとか... 雪の降る中、
ほんと、すごい! 

木々の向こうに広がる白い世界に行ってみたいなぁ (〃^ー^〃)

あまり笑い所がなかったのがちょっと不満だけど...  (´・ε・`) ぷぅ
真面目に感動したから99点!(独断と偏見にて) (*^^)v
2016/02/17(Wed) 12:21 | URL | 空音。 | 【編集
またまた 無茶してますね~ 笑)

画像をご自分で撮ったのでしょうから2倍 疲れますね。

私は、アクティブな経験がないので
ZANさんのブログから物知りになりました。

頑張って! 
でもご自愛してくださいね。
2016/02/17(Wed) 17:34 | URL | コットン | 【編集
雪の中、、(◎_◎;)
すごいですね、~~。
日暮れは近くて、行動できる時間が制限されてる中で、、
脱帽。
今日は4千円負けました。PTSは戻ってるし
悔しいです。
励みます!
2016/02/17(Wed) 20:55 | URL | hippopon | 【編集
いやもう・・凄いというか
何してはんねんな 笑

雪の林道というかほぼけもの道 笑
でも綺麗な写真
雪に覆われて閉じてる山の光景
こんなの滅多に見れない・・

とりあえず怪我しなくて良かった
お疲れ様でした
2016/02/17(Wed) 21:08 | URL | だんご | 【編集
歩き茄子さん、コメントありがとうございます。

>バイクで富士山登れないのかなーと調べてみましたがまあ世界遺産ということもあって禁止みたいですね

自転車やバイクは殆どの登山道で禁止されていますからね。
登山道以外を走ろうと思っても日本の山はどこも傾斜がキツイのでまともに乗れないですし。

>雪山を1人でって結構孤独な感じですけど、山に1人ポツンといるあの孤独感はなかなかいいですよね。

ちなみに、自分は日常でも一人ポツンと孤独を感じています。
職場では遭難したかの如く孤立しています。
2016/02/17(Wed) 22:01 | URL | ZAN | 【編集
そらさん、コメントありがとうございます。

>この雪の中をマウンテンバイクというのですか独走ですよねぇ

雪で他の登山者が殆どいなかったので気にせず走れました。
と言っても、乗っている時間より手で押している時間のが多かったですが。
帰りは下り坂の連続なのでスリリングで楽しかったです。

>ホッとした瞬間寒くないですか??

気温が低いと休憩したりして体を止めると汗が冷えて寒くなりますね。
山頂に到着してホッとしても、体は冷えてホットになりませんでした。
2016/02/17(Wed) 22:03 | URL | ZAN | 【編集
空音。さん、コメントありがとうございます。

>お写真、見せるのが上手ですねぇ。

空音。さんのようにカメラの技術と知識はないので、まだまだ上手く撮れないんですよね。
防水耐衝撃のカメラはレンズを換えられないので、いつも臨場感のある写真を撮るのに苦労しています。

>管理人さんが写っているお写真、 これ、どうやって撮影しているのですか?

タイマー撮影が殆どですね。
崖を登ったりしてタイマーが間に合わない場合は動画で撮影して、帰ってから静止画をパソコンで切り抜いています。
なので、撮影のために同じ場所を往復する事になります。
60mの崖を登攀した時は、カメラを設置するのに両手放ししなければならなかったので命懸けでした。

うっかり命まで手放してしまいそうになりました。
2016/02/17(Wed) 22:06 | URL | ZAN | 【編集
コットンさん、コメントありがとうございます。

>画像をご自分で撮ったのでしょうから2倍 疲れますね。

今回は自転車もあったので3倍くらいは疲れましたね。
写真は上手く撮れなくて撮り直す事が結構あるんですけど、自転車を担いでもう一度上げ下げするのに体力を削られました。

>私は、アクティブな経験がないので

女性でもお散歩感覚で登れる山がありますよ。
一度登ってみると案外はまってアクティブな人間になるかもしれません。

>ZANさんのブログから物知りになりました。

ちなみに、ヅラを回収して植林に充てているのは本当です。
アクティブな自分でも、近い将来ヅラになるのだと考えたらネガティブな気持ちになりました。
2016/02/17(Wed) 22:09 | URL | ZAN | 【編集
hippoponさん、コメントありがとうございます。

>日暮れは近くて、行動できる時間が制限されてる中で、、脱帽。

日の出山は最長のルートでも時間的に十分余裕があるので、雪でも登のは簡単ででした。
今回は緩い登山だったので、次は二子山を計画しています。
いつも登っている妙義山程ではありませんが、デンジャラスな崖があるらしいです。

>今日は4千円負けました。

こちらは6ケタより小さくなりましたが、損切しなかったのでまだまだ気が抜けません。
前場で売っておけば良かったと後悔しています。
最近の乱高下は精神的によくありませんね。

>励みます!

もうストレスでハゲてしまいます。
2016/02/17(Wed) 22:11 | URL | ZAN | 【編集
だんごさん、コメントありがとうございます。

>雪の林道というかほぼけもの道

今回通った登山道は野生動物も多く通っているみたいです。
調査のためか、センサーで撮影するカメラが複数設置されていました。
まさにけもの道ですね。

>とりあえず怪我しなくて良かった

実は一度だけ危ないのがありました。
下りの大きな段差で半回転して転倒してしまいまして。
着地の時に地面から突き出た木の根が背中にヒットしたのですが、防寒着だったでセーフでした。
夏だったら刺さってアウトだったかもしれません。

そしたら根だけに、刺さった木を一生根に持ったでしょうね。
2016/02/17(Wed) 22:13 | URL | ZAN | 【編集
こんにちは。

自転車が出てくるブログでここまで自転車を担いでいる画像が多いのも珍しいですね。


雪で山で自転車という組み合わせは中々シュールで興味をそそられますね。

やってみたいかは別ですが。
2016/02/18(Thu) 02:08 | URL | ごくつぶD | 【編集
ごくつぶDさん、コメントありがとうございます。

>自転車が出てくるブログでここまで自転車を担いでいる画像が多いのも珍しいですね。

事前に得た情報よりも雪が深かったので途中で引き返そうかとも思ったんですよね。
しかし、自転車にはバックギアがないので後退できませんでした。

>雪で山で自転車という組み合わせは中々シュールで

雪山を自転車で登るというのはネタとしても面白くなるだろう思っていたのですが、実際はタイヤがスリップして全然登れなかったです。

結果的に一人で空回りしてしまいました。
2016/02/18(Thu) 21:23 | URL | ZAN | 【編集
はじめまして。初コメ失礼します。
山道を駆け下るのはかなりスリリングで楽しそうですね♪
ボイスパーカッションが「ドゥブドゥブパー♪ドゥブドゥブパー♪」という文章で表現されていたのがツボに嵌りました。笑
なんとなく分かります。w
2016/02/20(Sat) 23:30 | URL | 夢月亭清修 | 【編集
夢月亭清修さん、ご訪問ありがとうございます。


>山道を駆け下るのはかなりスリリングで楽しそうですね

ダウンヒルという急斜面を下っていく競技があるのですが、少しだけそんな気分を味わえました。
転倒すると半回転して顔面からいくので何ともデンジャラスでしたね。

ところで、夢月亭清修さんがバス釣りしている荒川のポイントは某湖の排水の所ですよね?
自分もあのポイントはシーバス狙いで行きますよ。
あそこはライギョも釣れるし面白いですよね。
ネットで調べたらアリゲーター・ガーも掛かっていました。

あんなのが釣れたら魚だけにギョギョってビックリしちゃいますよね。
2016/02/20(Sat) 23:59 | URL | ZAN | 【編集
これで緩いんですかΣ(@д@;;;
 わたくしから見れば大冒険も良いところです罠。雪が見えた瞬間、踵を返す自信が有ります。
2016/02/21(Sun) 04:19 | URL | miss.key | 【編集
miss.keyさん、コメントありがとうございます。

>わたくしから見れば大冒険も良いところです

画像で見ると冒険みたいになっていますが、日の出山の登山道は険しくないのでピクニック感覚でも十分行けますよ。

あとあまり関係ありませんが、小学生の時の林間学校でも今回のような低山を登った事があります。

訳は長くなるので省略しますが、鼻からお茶を噴き出したら「管理人君、不潔!」と言われて女子全員から避けられました。

あの時の登山のが険しくて辛かったです。
2016/02/21(Sun) 08:04 | URL | ZAN | 【編集
雪は想定外だったのかしら?
だって 普通はアイゼンでしょ?笑)
何で自転車なのかなぁ?

山頂でラップを歌ったり 楽しいZANさんですね〜
でも 皆から離れて 一人でお弁当だなんて〜可愛いわね 笑)
2016/02/24(Wed) 16:39 | URL | 優 | 【編集
なんか、凄いですね(びっくらこいたわ)

私も、いつも画像見ていて、
「まさか・・一人じゃないよね・・」って思っていましたけど
マジなんですね。(ケガ注意)

ずっと最初から、ブログ読んでいます。
魚、魚、∈( ゜)◎( ゜)∋~
(真面目な好青年(?)のフンイキ出てるわ~)

じっくり読ませて頂いています! 

2016/02/24(Wed) 23:19 | URL | えくぼ | 【編集
優さん、コメントありがとうございます。

>雪は想定外だったのかしら?

勿論、想定内ですよ。
最近は便利なもので、ネットで調べれば他の登山者がツイッターなどにアップした情報や画像が見られるので、ほぼリアルタイムの情報を得る事が出来ます。
前日の画像ではどう見ても50cmくらい積もっていましたが、それでも自転車で行っちゃいました。

>何で自転車なのかなぁ?

雪の登山道をマウンテンバイクで走るのを一度やってみたかったんですよね。
とても爽快でした。

>山頂でラップを歌ったり 楽しいZANさんですね~

ラップは読み返してみたら恥ずかしくなりました。
雪道でスリップしないように注意して走っていましたが、山頂に着いて最後の最後にスベってしまいました。
2016/02/25(Thu) 05:08 | URL | ZAN | 【編集
えくぼさん、コメントありがとうございます。

>なんか、凄いですね(びっくらこいたわ)

日の出山の登山道は緩いので、これくらいはピクニック感覚ですよ。
今回はゆったり登れて楽しかったです。

>「まさか・・一人じゃないよね・・」って思っていましたけどマジなんですね。(ケガ注意)

自分は友達がいないのでいつも一人で登っています。
考えてみれば、昔からアウトドアはいつも一人でした。
これは怪我よりも痛いような気がしてきました。

>ずっと最初から、ブログ読んでいます。

こんな下劣なブログをご覧頂きありがとうございます。
嬉しいやら悲しいやら、えくぼさんはもう完全に毒されてしまっていますね。

最初からご覧になられているという事は、それこそ毒を食らわば皿までですね。
2016/02/25(Thu) 05:10 | URL | ZAN | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します