小学生の時、お祭りの金魚すくいで捕った金魚を学校の池に逃がしてあげた事がありました。

    この池なら広いから自由に泳ぎ回れるはずだ。
    いつまでも幸せに暮らせるだろう。
    自分は、出店の桶から金魚を助けてあげた気になっていました。

    しかし、池に金魚を放したらコイに一瞬で食べられてしまいました。
    これじゃ金魚救いじゃなくて金魚殺しだよ。

    もう後の祭りでした。

    コメント
    え、、、鯉って金魚たべるの??
    実家は一緒に居ましたけど、、数多いし
    常に補充してたようですが、、
    おそろしい、

    アキュセラ、犠牲者も出て、株の恐ろしさでしたね。私はアンテナも無かったけど。

    今日は出かけるので夜ご訪問。
    9時には机に座ります。
    毎日少しでも利益が上がるようにがんば、、。
    キャンバス売りました。損したけどちょぼちょぼかせいでたので、全然痛くもかゆくもないのね。
    ずっと見てたからまた買うかもね。

    株は恋愛と違って、操たてずに、ちょこまかみたいですね。
    2016/06/01(Wed) 03:51 | URL | hippopon | 【編集
    こんにちは。

    お話を拝見致しまして、以前見た海亀の孵化した子供を放流するために砂浜に放った瞬間にカモメの大群にかっさらわれたヤツを思い出しました。

    自由って甘くは無いんですよね。

    まったく、人間てヤツは(笑)
    2016/06/01(Wed) 12:29 | URL | ごくつぶD | 【編集
    hippoponさん、コメントありがとうございます。

    >え、、、鯉って金魚たべるの??

    小学生の時は知りませんでしたが、コイって雑食なので何でも食べるんですよ。
    ルアー釣りでもたまに外道でヒットすることがありますし。

    >アキュセラ、犠牲者も出て、株の恐ろしさでしたね。私はアンテナも無かったけど。

    アキュセラの下がり方は激しいですよね。
    パニック売りのリバウンドが得意な自分でも流石にこれは怖くて手が出せません。
    研究が失敗したとかインサイダーとか、単なる下げではなく売られる理由が明確になっているので仕掛けるタイミングを見極めるのが難しいです。

    >毎日少しでも利益が上がるようにがんば、、。

    こちらは今日後場でカーディナルが25%下げたのでそのリバウンドで勝利しました。
    もう少し図太い神経があれば持ち続けて30%以上利益出たんですけど、20%まで狙う度胸はありませんでした。
    こういう所が一流と素人の差なのでしょうね。

    >株は恋愛と違って、操たてずに

    ちなみに、自分は恋愛は操を立てるよりも白旗を立てています。
    恋愛運は連日ストップ安です。
    2016/06/01(Wed) 19:10 | URL | カブトゴリ | 【編集
    ごくつぶDさん、コメントありがとうございます。

    >以前見た海亀の孵化した子供を放流するために砂浜に放った瞬間にカモメの大群にかっさらわれたヤツを思い出しました。

    亀は動きが鈍いですから、鳥に襲われたらそれこそ手も足も出ませんよね。

    ちなみに、自分もユーチューブで似たような動画を見た事がありますよ。
    飼っていた子ウサギを庭に放したらタカにさらわれてしまっていました。
    小さな女の子が可愛がっていた子ウサギみたいでしたが、やっぱり自然界って無情でとても厳しいなと思いました。

    まあ人間社会も弱肉強食な気がしますが。
    自分はハゲタカみたいに禿げた上司にしょっちゅう怒られています。

    怖いので、怒られている時は首と手足を引っ込めて亀のようにじっとしています。
    2016/06/01(Wed) 19:13 | URL | カブトゴリ | 【編集
    不謹慎ながら、笑ってしまいました
    2016/06/02(Thu) 05:15 | URL | Rotte | 【編集
    金魚にとって迷惑なお話
    でも何度見ても笑ってしまいます。
    カブトゴリさんらしい発想で・・・
    2016/06/03(Fri) 12:06 | URL | コットン | 【編集
    Rotteさん、コメントありがとうございます。

    >不謹慎ながら、笑ってしまいました

    食べられてしまったのはショックでした。
    純粋無垢な管理人少年はこのくらいの時に自然の厳しさを知りましたね。
    考えてみたら、強者が弱者を捕食する構図はどれも同じ気がします。
    学校の池は社会の縮図だったのかもしれません。

    Rotteさんの記事で取り上げていた舛添要一も、税金を食い荒らして東京都という池を悠々自適に泳ぎ回っていますよね。

    もうこうなってしまったら、次の選挙でマック赤坂という怪魚を放流するしかないのかもしれません。
    2016/06/03(Fri) 20:55 | URL | カブトゴリ | 【編集
    コットンさん、コメントありがとうございます。

    >金魚にとって迷惑なお話

    一方的な正義というのは、時に悲惨な結果を生んでしまうのかもしれません。
    何だかとても意義深いような気がします。

    少し話は変わりますが、最近では金魚すくいの派生で「ハムスターつり」というのもあるみたいです。
    ハムスターなんてカワイイ小動物が出店に並んでいたら、ついつい捕りたくなってしまいますよね。
    ハムスターだけに「捕っとこハム太郎」ですね。

    一方的なダジャレというのも、時に悲惨な結果を生んでしまうのだと思いました。
    2016/06/03(Fri) 20:58 | URL | カブトゴリ | 【編集
    祭りの後ですけん
     しゃーないわな、祭りの後やもん。
     それに縁日で買うた金魚とかひよことか始末に困るやん。どうせ長生きせんし。徐々に弱らせるくらいならいっそ一思いに・・・・なんて言うてたらひよこは凶暴な「ひよちゃん」に、金魚はでっかい・・・猫に食われたげな。
    2016/06/03(Fri) 21:37 | URL | miss.key | 【編集
    miss.keyさん、コメントありがとうございます。

    >それに縁日で買うた金魚とかひよことか始末に困るやん。

    皆さん金魚とか捕ったやつどうしているんですかね。
    やはり池や川に逃がすという、キャッチ&リリースなのでしょうか。

    まあ自分は、金魚すくいよりも紐くじのが好きでしたけどね。
    インチキだと知らなかった純真な自分は、ゲームのソフトが欲しくて何回も挑戦してました。
    そして、説明書が中国語のミニ四駆の偽物が当たりました。

    ちなみに、後日土手で走らせて遊んでいたらそのまま川に落っこちて、結果的にキャッチ&リリースになりました。
    2016/06/03(Fri) 23:26 | URL | カブトゴリ | 【編集
    良かれと思ってやったことではありますが、
    まあ、そうなるでしょうね(^_^;)
    2016/06/04(Sat) 06:24 | URL | ジャム | 【編集
    私は幼少期に、雨の日にびしょ濡れで鳴いていた子猫を雨宿りのつもりでごみ捨て場の下に避難させてあげて、次の日見に行ったらその子猫が全く見えないぐらい蟻がむらがり巨大な猫の形をした蟻が完成してました。
    どうやら蟻の巣の横に避難させてみしまったみたいです。
    今でもトラウマです。
    2016/06/05(Sun) 09:11 | URL | 川春 | 【編集
    ジャムさん、コメントありがとうございます。

    >良かれと思ってやったことではありますが、まあ、そうなるでしょうね

    コイの食べっぷりは豪快でしたよ。
    もう踊り食いみたいになっていましたからね。
    真っ赤な金魚がブラックホールのような真っ黒な口に吸い込まれていきました。

    金魚を殺してしまった罪悪感を背負って、こちらは死んだ魚のような目をしながら帰りました。
    2016/06/05(Sun) 18:53 | URL | カブトゴリ | 【編集
    川春さん、コメントありがとうございます。

    >雨の日にびしょ濡れで鳴いていた子猫を雨宿りのつもりでごみ捨て場の下に避難させてあげて

    自分も子猫を助けた事がありますが、やはりあんな最強にカワイイ生き物だと見て見ぬふりは出来ないですよね。

    >次の日見に行ったらその子猫が全く見えないぐらい蟻がむらがり巨大な猫の形をした蟻が完成してました。

    大量の蟻が群がった子猫というのは、となりのトトロに出てくる「まっくろくろすけ」みたいなのが頭に浮かびました。
    まあ、気持ち悪くてジブリみたいに全然メルヘンチックではありませんが。

    >今でもトラウマです。

    蟻がうじゃうじゃして気持ち悪いので、こんなものを見てしまったらもうこっちはメルヘンどころかメンヘラになってしまいますよね。
    2016/06/05(Sun) 18:55 | URL | カブトゴリ | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します