「この写真はどうやって撮っているんですか?」

    アウトドア日記を書くとこんなコメントを頂く事があるんですけど、まあ確かに管理人お前って友達がいないから同行者に撮ってもらっているわけでもないだろうし、どうやって撮っているの?と疑問に思われる方がいらっしゃるかと思うんです。
    そりゃあ自分は一緒に山に行く友達なんていませんし、それどころか職場にすら友達がいませんし、この前なんて職場で唯一メールアドレスを知っている後輩の小林君にメールを送ったらエラーメッセージが返ってきちゃいましたから、とにかくそれくらい友達がいないんですグスン。

    そういえば、「一年生になったら友達100人できるかな」なんて歌があるけど100人なんてハードル高過ぎだろ!!
    もうハードルが成層圏くらい高い所にあるわ!!
    無理無理!!100人なんて絶対無理!!
    こちとら一年生どころか一生費やしても出来ねぇーよ!!

    とまあ、お前早く本題に入れよカスって話なんですけど、今回はアウトドア日記の撮影裏を未公開の写真も交えてドキュメンタリーみたいに紹介していこうと思います。



    まずはよく出てくる引きのこんな写真。

    satsueihiwa004.jpg
    広範囲をフレームに収めようとすると、ある程度カメラを離さなければなりません。
    しかし、距離を取るとカメラのタイマーでは間に合わなくなってしまいます。

    なのでこんな時は、

    satsueihiwa037.jpg
    カメラを木に設置して動画モードで撮影します。

    画的には自分が写る場所が低すぎても高過ぎても失敗になるので、カメラの画面を見てあらかじめどこまで登れば良いのか位置を定めておきます。
    そして、上の方まで登って画が撮れたら、

    satsueihiwa003.jpg
    カメラを取りに戻る!
    こうして撮った動画を家に帰ってから静止画で切り抜いて写真にします。

    険しいポイントは撮影で往復すると時間と体力を大きく削られてしまいます。
    撮り終わった後に映像を確認して自分がフレームからはみ出していたりすると死にたくなる。
    ブログに載せている1枚の写真の裏にはこんな苦労が詰まっています。


    satsueihiwa009.jpg
    これはYouTubeに載せる動画を撮影した時。
    崖の側面を飛び跳ねるように降下。

    satsueihiwa008.jpg
    下の方まで距離がある。
    この撮影ではなかなか良い画が撮れなかったので3往復する事になりました。

    しかし、上から撮る場合はカメラをセットしている時が一番危険になります。
    両手を使うので、崖の途中でも足と重心だけで身体を保持しなければいけません。

    ちなみに、YouTubeに載せた動画はアクセス数が全然伸びませんでした。
    チクショー!!
    命懸けで撮ってるのにこれだよ!
    こんなんだったら自分も金色の衣装着て緩いダンスしながら「アッポーペン」とか意味不明な事言っときゃ良かったよ!


    まあこのようにして撮っていますが、なぜここまでやるのかと言うと、写真を撮る時にテーマにしているのが「臨場感」だからです。
    ただ撮るだけだとただの風景写真みたいになるし、ありきたりなものになるからつまらないんですよね。
    臨場感を追及してこんな事もやったりしました。

    satsueihiwa014.jpg
    背中に自撮り棒を装着して妙義山の鷹戻しを登る。

    satsueihiwa015.jpg
    この先端にカメラを付けて撮影するとこんな画になります。
    これはなかなか面白いのが撮れたと思います。

    satsueihiwa042.jpg
    こちらはわりと最近の写真。
    二子山の稜線では手持ちで撮影。
    この稜線はデンジャラス感がとても爽快でした。

    やっぱり自撮り棒は面白いですね。
    しかし、海外では撮影に夢中になって事故死している人が多いみたいです。

    satsueihiwa041.jpg

    satsueihiwa001.jpg
    滑落しないように自分も気を付けよう。


    ただ、臨場感のある写真ってやっぱりある程度はデンジャラスな事をしないと撮れないものなんですよね。

    例えばこの写真。

    satsueihiwa024.jpg

    satsueihiwa025.jpg

    この二枚の写真は同じ崖を上から撮ったものですが、自分の足も写して崖から身を乗り出して撮った方が高さが伝わってきます。
    山で写真を撮った事がある人は分かると思いますが、勾配や崖って写真で表現するのが難しいんですよね。
    撮り方を間違うと険しくも何ともないただの山になってしまうんです。
    自分もカメラの角度や位置を工夫して出来るだけその場の状況が伝わるように撮っています。


    あと、自分自身も被写体として写っていた方が地形やその場の状況が伝わりやすいです。

    satsueihiwa006.jpg
    目安になるものが一緒に写っていないと稜線の幅や周囲の岩などの大きさがイメージ出来ません。

    satsueihiwa040.jpg
    人が映っていた方が伝わり易いですね。
    ただ風景を写すのではなく、管理人さんがよく登場するのはこういった意味もあったりします。


    それと、やはり管理人さんが写っていた方がアウトドア日記としてリアリティーがあるように感じます。
    風景だけの写真が並ぶと無機的になってしまいますし。

    自分を撮っている時の様子。

    satsueihiwa005.jpg
    やはり一人での撮影は大変です。

    satsueihiwa019.jpg
    あとちょっと虚しくなってくる時があります。

    satsueihiwa018.jpg

    satsueihiwa020.jpg

    satsueihiwa016.jpg
    これはカヤックに取り付けた時。
    角度がズレないよう入念にセット。
    意外と手間が掛かります。

    satsueihiwa044.jpg
    デジカメはニコンのAW110を使用しています。
    長く使う気はありませんでしたが、意外とタフなので過酷な使用条件でも生き残っています。
    動画はSONYのアクションカメラHDR-AS200VR。
    スタンドは足が自在に動くゴリラポッド。
    アウトドアだとフレキに動くスタンドは必須です。

    satsueihiwa021.jpg
    これくらいの距離の時は動画で撮らないでカメラのタイマーで撮影しています。
    しかし、タイマーに間に合わなくて失敗する事もあります。

    satsueihiwa026.jpg
    フレームからはみ出したり、

    satsueihiwa034.jpg
    動いてボヤケてしまったり、

    satsueihiwa022.jpg
    これなんておもいっきりお尻を向けちゃっていますね、死ねばいいのに。


    まあ、これはお前の撮影技術の問題だろって話なんですけど、自然を相手にしているのでどう頑張っても良い写真が撮れない事があります。

    satsueihiwa011.jpg
    これは台風接近中の磯へ泳ぎに行った時。

    satsueihiwa033.jpg
    魚の写真を載せたかったのでエサを撒きましたが全然寄ってきませんでした。

    おまけに、この時は大シケだったので本当に死にそうになりました。
    磯って流れが複雑だから変な場所に入ってしまうと尋常じゃない勢いで沖に流されるんですよね。
    偶然岩場があってそれにしがみ付いて難を逃れたけど、うっかり水死体になっちゃうところでした。
    水死体になんかになったらシャレにならん。


    で、死体と言えば青木ヶ原樹海。
    樹海の探検は他の山とは全く違う面白さがありますね。
    閉鎖的な空間なので変な緊張感が生まれます。
    興味のある人が多いようで、このブログにやって来る検索ワードで常にナンバー1になっています。
    最近はブログ全体が検索で下がってしまったので「樹海探検」とか少し具体的に入れないと上位にきませんが、以前はヤフーで「樹海」だけで検索してもこのブログが2~5番目くらいにヒットしていました。

    樹海には人の痕跡が点在しています。

    satsueihiwa027.jpg
    国道から離れていない浅い場所ではブルーシートのテントを発見しました。

    他にも樹海には様々な物が落ちています。

    satsueihiwa028.jpg

    satsueihiwa029.jpg
    ゴミは人が入りやすい国道付近に多いです。
    他のブログやサイトでは自殺者が捨てた物と紹介されていますが、ゴミの内容からして殆どが肝試しやキャンプで来た人間が捨てた物でしょうね。

    しかし、不可解なものが落ちているのも事実。

    satsueihiwa030.jpg
    最深部付近にはヘルメットが転がっていました。
    流石に頭は付いていませんでした。

    あと他にはスニーカーとサンダル、Tシャツがよく落ちています。
    デアゴスティーニの毎号付いてくる付録みたいに、少しずつ集めていったら全身の服が揃うんじゃないですかね。
    なんか凄いアバンギャルドな格好になりそうだけど。

    ちなみに、樹海は自殺の名所と言われていて死体も無数に散乱しているようなイメージが持たれていますが、これはオカルトが一人歩きした迷信です。

    「百聞は一見に如かず」

    自分は過去に4回行った事があり、人の入りやすい国道沿いから最深部まで隅々を探検しましたが、一度も死体や人骨らしき物を発見した事がありません。
    当然、幽霊も出ないし怪現象も起きません。
    携帯電話やGPSの電波も届くし方位磁石も狂いません。(磁場の強い場所では方位磁石は2度程狂うけど無視できるレベル)
    風評被害になるので死のうと考えている人はわざわざ樹海に行かないで近場の迷惑にならない所で済ませましょう。

    それに樹海のど真ん中で人なんかと遭遇したら色んな意味で恐怖してオシッコ漏らしちゃいますよ。
    だって好き好んで樹海に入る奴なんて頭のおかしい変な人間しかいないじゃないですか。
    こんな奴には絶対関わりたくないですね。
    この言葉ブーメランになって全部自分に返ってきてるけど。


    まあしかし、自然界には人間よりももっと恐ろしい奴が潜んでいるんです。
    どんな奴よりも凶暴凶悪で突然襲い掛かってくる。
    どこの山に行っても必ず奴はいる。
    そして、常にこちらを狙っている。

    satsueihiwa012.jpg
    これは山梨の山中で発見したカモシカです。
    奴に襲われるとこんな無残な姿になります。
    胸からお腹にかけて広範囲をバックリいかれてました。

    登山をした事がある人はもうお分かりだと思いますが、山で一番遭遇したくないのはクマです。

    登山道は管理されているし人の痕跡や臭いが常にあるのでクマに遭遇する確率が低いですが、何でもない山に入る時は注意が必要です。
    気付かずにクマの縄張に入り込んでしまったら敵と認識されて襲われるでしょうね。
    あんなのに襲われたら1000000000000%死ぬわ!
    言っておきますけど、クマを甘く見てると間違いなく殺られますよ!
    例えるなら、幼稚園児が曙と相撲で戦うようなものですよ!
    K-1の時の曙だったら何もしなくても勝手に倒れるから勝っちゃうかもしれないけど。

    とにかくクマに遭遇したら絶体絶命と思っておいた方が良いですね。
    で、夕方のニュースで「クマに襲われ男性死亡」とか実名で報道されて、このブログも晒されちゃったりするんですよ。
    そしたらもう同僚の悪口とか書いていたのが全部知られちゃって、お葬式にも誰も来てくれないんですよ。
    そもそも、ただでさえ小林君なんてメールを送ったらエラーメッセージが返ってくるくらいだし。


    他にも山にはデンジャラスな生物がいっぱい。
    クマ以外にもハチやヘビには注意が必要です。
    毒をもらってダメージを受けると満足に移動が出来なくなってしまいます。
    登山者の多い山でダウンしていれば誰かしら通りかかるので助かる確率は高くなりますが、人のいない山で身動きが取れなくなると二次的な被害で命を落とす恐れがあります。
    なので、毒を吸い出す器具を必ず携行するようにしましょう。

    satsueihiwa048.jpg
    自分は消毒液やガーゼなどと一緒にポーチに入れて携行しています。
    左の白いのが吸い出す器具。
    色々な呼び名がありますが「ポイズンリムーバー」が一般的です。


    あと、デンジャラスな生物番外編。
    深夜の河川敷にもとてもデンジャラスな生物が潜んでいます。
    以前、都内の河川で深夜にナマズ釣りをしていたらヤンキーが集まってきましてね。
    これがもう警察密着24時とかで警察官に職務質問されて「ざけんじゃねぇー!テメェー殺すぞー!」と顔にモザイクで音声も高い声に編集させられて叫んでいるようなヤンキーたちでして。
    そんな密着24時なヤンキーが「何してんのー?」とかタメ口で言いながら近付いてくるわけですよ。
    これ絶対カツアゲされますよ。
    もう「助けてください!」って音声を変えて叫びたくなった。
    これは下手すれば半殺し、良くても半殺し。
    どっちも死にかけてるじゃねぇーか!

    しかしですね、ヤンキーの問いに「ナマズ釣ってんだよ!!」と答えたら、「あ・・・、はい、がんばってください・・・。」と言ってどっか行っちゃいました。
    まあ、深夜の河川敷でこんな格好をした奴がヌメヌメしたナマズを持っていたら色々とヤバイ奴にしか見えないわ。

    satsueihiwa031.jpg
    こんな奴絶対近寄りたくない!
    バカか!ナイトビジョンなんて着けて釣りすんじゃねぇーよ!
    これじゃむしろこっちが密着24時で逮捕される側だろ!
    日本海側だったらSATと公安が出動する騒ぎに発展するわ!

    それにしてもヤンキーって光に集まってきますよね。
    これじゃ虫と同じじゃねぇーか!


    害獣や害虫、ヤンキーなどのデンジャラスな生物とは遭遇したくありませんが、嬉しい生物を発見する事もあります。

    satsueihiwa023.jpg
    蝶なんて見ているだけでファンシーな気分になりますね。

    satsueihiwa035.jpg
    これは二子山の記事にも載せたカナヘビ。
    とてもカワイイです。

    satsueihiwa036.jpg
    そして、これはとある源流域で発見した40cmオーバーのイワナ。
    人が入らない山奥なので警戒心が緩いみたいですね。
    ここでは珍しい光景ではなく、他にもこのクラスのイワナを複数発見しました。
    おそらく、色々な川を渡り歩いている釣り師からしてもこんな源流域は珍しいのではないでしょうか。
    自分も40cmクラスの巨大イワナを釣った事がありましたが、この川を見てからそれが凄くも何ともなく感じるようになりました。

    ちなみに、自分は登山の全てをブログに載せているわけでないのでこの時の登山は記事にしていませんが、この山では遭難しかけました。
    登山道のない険しい山だったから位置と方角を見失っちゃいましてねテヘペロ。
    おまけに気温一ケタで冷たい川に落水するわ、食糧は現地調達だから持って行っていないわ、わりと笑えない状況に陥りました。

    まあそれでも、いつも怪我一つせず無事に帰ってくるのが管理人さん。
    自分は多少デンジャラスな事をしたりもしますが、それでも怪我には細心の注意を払っています。
    単独登山の場合は大きなダメージを受けると身動きが取れなくなって、冬だったら夜を越せなくて凍死、真夏だったら脱水症状と、怪我の先に待っているのは死ですからね。

    当たり前の事だとも思いますが、何をやるにも怪我をしないというのはとても重要だと考えています。
    これは撮影の時も同じです。
    大事故に繋がらないよう入念に準備をし、そしてミスをしないよう細心の注意を払いながら撮影しています。

    satsueihiwa045.jpg
    これは吊り橋から懸垂下降をした時の準備の様子。
    まずはロープの支点確保。
    橋などの建造物は強固なので問題ありませんが、固定場所が木や岩などの場合はこの作業に一番神経を使います。

    satsueihiwa046.jpg
    懸垂下降はハーネスという足と腰を覆うベルトにエイト環という器具を取り付けて行います。

    satsueihiwa039.jpg
    このエイト環にロープを巻き付けるようにして通すと、宙吊りになっても身体を支えられるようになります。

    準備が終わってもいきなり撮影は始めません。
    この吊り橋は橋桁の直ぐ下にもワイヤーが張られているので、降下中に身体やザックが引っ掛からないかを確認するためテストの降下をします。

    satsueihiwa013.jpg
    そして、安全に降下出来ると判断したらザックを背負って本番の撮影。

    satsueihiwa002.jpg
    ブログのネタとしては何パターンかあった方が面白いので、この時はカメラの位置を変えていくつか撮りました。
    こうしてブログに載せる写真が完成します。


    とまあ、アウトドア日記の写真はこのようにして撮っています。
    崖を何回も往復したり、撮り方を工夫してみたり、それとなく載せている1枚の写真には様々な苦労とアイデアが詰まっています。
    そして、一見デンジャラスに見える写真も入念に準備をした上で撮影しています。
    それでも海の撮影では流されそうになってしまったので反省していますけどね。

    アウトドアをする人は皆それぞれの目的や楽しみ方があるのだと思います。
    登山だけで考えてみても、いくつもの山を制覇するために登ったり、絶景を見るために登ったり、山道具のコレクションが趣味で登ったり、楽しみ方は人それぞれなのではないでしょうか。

    自分はブログを始めてからは写真を撮る事も目的の一つになりました。
    臨場感のある写真を撮るために試行錯誤するのは楽しいですね。

    これからのアウトドア日記も臨場感を追及して見ている人が飽きない写真を並べていこうと思います。
    乞うご期待!

    仕事もこれくらい熱心に臨めたら良いのにな。
    やる気の無い様子を自撮り棒で撮って載せたいくらいだよ!



    今年はこれが最後の更新になります。
    いつもアクセスして下さる方、記事にコメントを下さる方、ブログ拍手をして下さる方、今年もこんなブログへのご来訪ありがとうございました。
    明年もよろしくお願いいたします。


    kabutogori001.jpg
    来年も自堕落に過ごしていく予定です。
    ありがとうございました。

    コメント
    よいお年を
    Z.A.Nさん、おはようございます。

    時の経つのは早いものですね。

    この一年も楽しませていただきました。

    来年もどうぞよろしくお願いいたします。

    それではよいお年を。
    2016/12/24(Sat) 06:18 | URL | 片P | 【編集
    いつもハラハラしながら拝見し、貴重な画像を楽しませていただきました。
    くれぐれもご留意してカブトゴリさんのライフワークを楽しんでくださいね。
    2016/12/24(Sat) 10:51 | URL | コットン | 【編集
    カブトゴリさん
    カッコよくないですか?

    何がって
    ワタシは以前よくハリウッド映画
    今とは比べ物にならない程時間を掛けて
    撮られてましたがヒーローはいつも一人で
    大地震や天災と闘い生き抜いていました。
    彼がからむ人はラッキーでしたが
    カブトゴリさんもこれから必ずくる
    大地震や火山の噴火竜巻津波などなど
    どのような事があろうとパニックにならず
    なによりその高いところでも目がくらまない
    (高所が怖ろしいですわ)またその腕力
    なにより自分を冷静にみつめる目
    (これだけ褒める自分がどうしたんだ?と
    思いますが)スバラシイと思います。
    お友達がいないのは
    いなくても生きていけるからではないですか?i-234
    2016/12/24(Sat) 17:09 | URL | そら | 【編集
    決死の撮影にはこんな裏側があったのですね。
    今後は一枚一枚心して拝見させていただきたいと思います。
    少し早いですが、今年も一年お世話になりました。
    どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
    2016/12/24(Sat) 18:01 | URL | 野津征亨 | 【編集
    (*´▽`*)
    いつもこんな苦労をして写真を撮っていたなんて
    すごいですね!
    これからも無理せずアウトドアの写真を
    撮ってくださいね♪
    楽しみにしていま~す(*^^)v
    来年もよろしくお願いします☆
    2016/12/24(Sat) 18:26 | URL | 双子パンダ | 【編集
    カブトゴリさん ご無沙汰しています。SnowBlackです。
    アウトドアも大変ですね。私も多少はアウトドアをやるのですが、やはりクマはやばいですね。特に北海道はヒグマですので(最近こいつらはやたら増えているようです)もし山で出会ったらアウトでしょう。

    来年も、またカブトゴリさんの活躍を楽しみにしています。良いお年をお迎えください。

    2016/12/24(Sat) 20:25 | URL | SnowBlack | 【編集
    早いですね~もう1年です。
    管理人さん、痩せてて髪の毛サラサラで眉毛キリッとしていい男みたいじゃないですか!
    年末は毎年荒川やスカイツリーの近くを嫁の実家に行くために通過するもんで、管理人さんみたいな方が居ないか探してしまいます。
    良いおとしを!
    2016/12/24(Sat) 21:19 | URL | 佐賀県41で男 | 【編集
    管理人さん
    カッコイイです!
    髪も綺麗で、艶がありますね。
    想像していたよりも、お若いんですね。意外でした。

    マジな質問をしますが、
    射手座か牡羊座に1個以上星が入ってますか?
    2016/12/25(Sun) 01:52 | URL | 星と旅する羊 | 【編集
    片Pさん、コメントありがとうございます。

    >時の経つのは早いものですね。

    ホント一年間早かったですね。
    ついこの前プロ野球が開幕したと思ったらもうオフシーズンですし。
    と、昨年も同じような事を言っていましたし。

    なんか毎年同じ事をエンドレスにリピートしているように思います。

    実際、今年書いた文章が昨年書いた文章とカブっていたりもしました。
    おまけに、同じように「管理人スベッてる」とコメントがされていて少し死にたくなりました。

    >来年もどうぞよろしくお願いいたします。それではよいお年を。

    片Pさんにとっても、よいお年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
    今年も一年間ご覧頂きありがとうございました。
    2016/12/25(Sun) 02:38 | URL | カブトゴリ | 【編集
    コットンさん、コメントありがとうございます。

    >いつもハラハラしながら拝見し、貴重な画像を楽しませていただきました。

    苦労して撮ってきた甲斐がありました。
    コットンさんがハラハラするようなアウトドア日記になって良かったです。

    ちなみに、今年は時事ネタはあまり書きませんでしたが、政治宗教ネタを書く時はこっちがハラハラしています。
    宗教団体の悪口とか書いちゃった時は、報復されやしないか心配でもう気が気ではありません。

    >くれぐれもご留意してカブトゴリさんのライフワークを楽しんでくださいね。

    わりと大きな所から怒られた時は、ライフワークどころかライフ(命)を狙われるかと思いました。
    2016/12/25(Sun) 02:40 | URL | カブトゴリ | 【編集
    そらさん、コメントありがとうございます。

    >ヒーローはいつも一人で大地震や天災と闘い生き抜いていました。

    自分もヒーローは憧れます。
    そして、やはりヒーローの第一条件は「強い事」だと思っております。
    いくら理屈で正義を説いたって、それでは人を救う事が出来ませんからね。

    >大地震や火山の噴火竜巻津波などなど どのような事があろうとパニックにならず

    自分は趣味で防災を学んでいるので災害に対してはかなりの備えをしています。
    以前は少し異常な奴だとも思われていましたが、2011年以降は周囲の意識が変わったので変な奴だと思われなくなりました。
    今は自助だけではなく、他者も助ける「共助」の備えもしています。

    アウトドアと防災は共通点がとても多いので、知識とスキルを身に付ければ必ず災害でも役立ちます。
    自分は実際に被災地で活動し、悲惨な状況をこの目で見てそう確信しました。

    自然の中で色々な体験をすると、災害などの過酷な状況でも生き抜けるようになると思います。

    まあそんな自分でも、社会のサバイバルでは生き残れません。
    誰か社会で生き抜く術を教えて欲しいです。
    この前も上司にこっ酷く怒られてしまいました。

    もう「地震、雷、火事、上司」です。
    2016/12/25(Sun) 02:47 | URL | カブトゴリ | 【編集
    野津征亨さん、コメントありがとうございます。

    >決死の撮影にはこんな裏側があったのですね。

    良い画が撮れないと撮り直さなければならないので地味に苦労しています。
    誰か撮ってくれる人がいれば良いんですけどね。

    そういえば、最近は自動で追従して撮ってくれるドローンもあるみたいです。
    自分みたいに友達がいない人にはピッタリの代物ですね。
    ただ考えてみたら、友達がいませんがお金もないので結局自分で撮るしかありません。

    >どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

    野津征亨さんにとっても、よいお年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
    今年も一年間ありがとうございました。
    2016/12/25(Sun) 02:50 | URL | カブトゴリ | 【編集
    双子パンダさん、コメントありがとうございます。

    >いつもこんな苦労をして写真を撮っていたなんてすごいですね!

    山での撮影は普通に登るより3割増しで疲れますね。
    時間も3割増しくらい余計に掛かってしまいます。
    それでもコメントで面白いとか書いてもらったりすると、やはり苦労して撮った甲斐があったなと思います。

    ちなみに、写真の後に余計な文章を書いてスベッてしまった時は、いつもより3割増しで落ち込んでいます。

    >これからも無理せずアウトドアの写真を撮ってくださいね♪

    双子パンダさんも無理をせずご自愛ください。

    >来年もよろしくお願いします☆

    色々とアイデアがあるので、また面白い写真を撮ってきますね。
    こちらこそ来年も一年よろしくお願いします。
    2016/12/25(Sun) 02:52 | URL | カブトゴリ | 【編集
    SnowBlackさん、コメントありがとうございます。

    >やはりクマはやばいですね。特に北海道はヒグマですので

    北海道はクマの出没が多いみたいですね。
    しかも400kg越級とか、もうレベルが違いますし。
    昨年も巨大なヒグマが捕獲されましたよね。
    ニュースにもなったクレーンで吊り上げられてる写真のやつです。
    これは流石にブッたまげました

    あんなのが沢山潜んでいると思うと北海道の野山は恐ろしくて入れませんね。

    関東なんて出没自体多くないので、クマはくまなく探さないと見つからないくらいですよ。
    ダジャレになってスベリましたけど。

    >来年も、またカブトゴリさんの活躍を楽しみにしています。良いお年をお迎えください。

    SnowBlackさんにとっても、よいお年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
    来年もよろしくお願いします。
    2016/12/25(Sun) 02:55 | URL | カブトゴリ | 【編集
    佐賀県41で男さん、コメントありがとうございます。

    >早いですね~もう1年です。

    一年も早いですし、最近は特に一週間が早く感じられるようになりました。
    今週も鼻クソほじくってたら一週間が終わってました。
    来年はさらに時間の経過が早くなって、鼻クソほじくっていたら一ヶ月くらい経ってしまうかもしれません。

    >年末は毎年荒川やスカイツリーの近くを嫁の実家に行くために通過するもんで

    スカイツリーは年末は特別なライティングがされるみたいです。
    自分は紫系のイルミネーションが好きですね。
    他にも綺麗な色が沢山あるので飽きません。
    以前、隅田川の遊歩道で一人で見入っていたら3時間くらい経過していました。

    やはり時間の経過が早くなったなぁと思いました。

    >良いおとしを!

    佐賀県41で男さんも、よいお年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
    来年もまた一年よろしくお願いします。
    2016/12/25(Sun) 03:01 | URL | カブトゴリ | 【編集
    星と旅する羊さん、コメントありがとうございます。

    >想像していたよりも、お若いんですね。意外でした。

    プロフィール画像がツノが生えたゴリラですからね。
    なんかゴリラみたいなオッサンのイメージだったのではないでしょうか。

    ちなみに、自分も似たような事があって、女性が書いていると思って見ていたブログが実は男性だった事があります。
    v(*´∀`*)vみたいなカワイイ顔文字を頻繁に使っていたので10000000%女性かと思っていました。
    筆者が男性たと知った時は、もうこっちは(;´Д`)みたいな顔になりましたね。

    >マジな質問をしますが、射手座か牡羊座に1個以上星が入ってますか?

    これはどういった意味でしょうか?
    占いの事だと思いますが、質問の内容が分からないので補足をお願いします。
    2016/12/25(Sun) 03:04 | URL | カブトゴリ | 【編集
    毎度楽しい旅も観させてもらってましたが、
    準備しっかりされていてすばらしいですね。
    私も頑張ってみようかな(^_^)
    一年間お疲れ様です。
    2016/12/25(Sun) 08:05 | URL | ジャム | 【編集
    補足
    ご自分の出生時のホロスコープ(天体配置図)を見たことがありますか?
    もしなければ、無料で作れるサイトがあるので、作ってみてください。色々参考になりますよ。
    生誕地の緯度経度調べは、グーグル・マップで調べられます。その地の所で右クリックし、一覧から「その場所について」をクリックすると、下の方に緯度経度が出ます。

    一言で言えば、これだけ冒険的な事(慎重なタイプから見れば、向こう見ずな)が出来るというのは、射手座か牡羊座、あるいはその2星座にに星がいくつか入ってる人しか考えられないということなんです(特に太陽、月、火星)。
    射手座の象徴になっているケンタウロスは半人半馬(上半身は人間、下半身は馬)で、知性と野性の二面性を持っています(私が考えるイメージはインディ・ジョーンズですね。普段は大学教授、時々冒険家)。
    牡羊座も血の気が多く、ギャンブラー的でかなり向こう見ずな事をやってのけます。
    熱い正義感と、ストレートな物言いが特徴。
    どちらもゴリさんらしいんですよね。
    外れてたら、悲惨だなぁ。
    2016/12/25(Sun) 12:49 | URL | 星と旅する羊 | 【編集
    ジャムさん、コメントありがとうございます。

    >私も頑張ってみようかな

    登山は体力が増すのでオススメですよ。
    しかし、ジャムさんは既にかなりの基礎体力があると思いますが。
    移動も多いですし、公演中も動き回ったりしますよね。
    やはりとても体力が必要なのだなと感じます。
    あとシティサイクルで長距離を走っていたのは驚きました。

    ジャムさんのブログにも登山の日記がありましたが、ジャムさんの体力なら中級レベルの山も楽勝だと思いますよ。
    それに、ジャムさんは山でもブログでも滑っていないので面白い記事になると思います。

    こちらは文章でスベりまくって滑落事故が多発しています。
    もう命がいくつあっても足りません。

    >一年間お疲れ様です。

    こちらこそ今年も一年ありがとうございました。
    パネルシアター応援しています。
    年末は寒気がやってくるので、無理をなさらずご自愛ください。
    2016/12/25(Sun) 14:17 | URL | カブトゴリ | 【編集
    星と旅する羊さん、コメントありがとうございます。

    >これだけ冒険的な事(慎重なタイプから見れば、向こう見ずな)が出来るというのは、射手座か牡羊座、あるいはその2星座にに星がいくつか入ってる人しか考えられないということなんです(特に太陽、月、火星)。

    少し興味があったので早速やってみましたよ。
    結果は、

    おうし座 3つ
    やぎ座 3つ
    おとめ座 2つ
    てんびん座 1つ
    いて座 1つ

    でした。
    ちなみに、いて座に入っていたのは天王星でした。
    占いの知識と経験が豊富な星と旅する羊さんも、面識のない人間を占うのは困難のようですね。
    むしろ、反対に考えるとこれで当たっていたら超絶に驚きますよ。

    >牡羊座も血の気が多く、ギャンブラー的でかなり向こう見ずな事をやってのけます。

    おそらく、今回の占いが外れてしまったのは、性格を読み違えたのが要因になっているのではないでしょうか。
    自分は慎重なタイプなので、ギャンブル的な考え方をしないで理屈で物事を考えます。

    職場でうっかりオナラをしてしまっても、ギャンブル的な下手な言い訳でごまかさないで、内容物の消化によってガスが発生するのは正常な生理現象だと、理屈をこねてごまかします。
    まあ、結果的にいつもごまかせていませんが。

    オナラだけにこれが屁理屈というやつですね。
    2016/12/25(Sun) 14:23 | URL | カブトゴリ | 【編集
    お恥ずかしい
    いや~キャラを作ってますねぇ。
    騙されました~(頭の良い方のようなので、もろ自分をさらけ出すようなリスクは冒さないかも、という考えもよぎったんですが)。
    一番「らしくない」山羊座、牡牛座に星6つとは…トホホです。
    手堅く現実的な土のサインに星8つ。
    水、風が少ないのは、所謂KYとされてますが、
    ここまで少ないと逆に、あえて水(情緒的、空気を読む)、風(知識・コミュニケーション重視)的に振舞う場合もあります。
    ま、活動宮に4個、柔軟宮に3個、不動宮に3個の星なので、
    活動的なのは確かでしょうが。
    もしかして、乙女座と蠍座のマークを間違えてません?
    よく似ているので。
    もし間違えているなら、水2個、土6個になって、少し変わってきます。
    太陽がどの星座にあるかは知りませんが、
    牡牛座、山羊座に星が集中しているので、
    この2つの星座の性質の方が強く出ている可能性が大です。
    自分なりの美意識やこだわりが強かったり、マイペースでのんびりしてたり、
    実益主義(魚釣って、食べてますもんね)だったり。
    そして、頑固かな?
    年齢は、やっぱり若いんですね(天王星の位置でわかります)。
    体力を考えれば、妥当なところです。
    でも、これもまた「自己申告」が本当ならば、の話ですが^^
    さて、どうなんでしょう?
    2016/12/25(Sun) 17:47 | URL | 星と旅する羊 | 【編集
    こんにちは。

    こうやって撮ってるんですよって説明の為に更に後ろから撮ってるんですね。
    私なら面倒くさくてまずやらないであろう手間がとっても掛かっていて驚きです。

    来年は私もツーリング中、カメラで撮っている自分を写すように、バイクの更に前側から自撮り棒か何かで写すようにしようかと思いましたが、全長が長くなり過ぎて、コーナーの度に前の車をガンガンとカメラで殴ってしまいそうですし、第一にチラチラ視界に入って気になってしょうがなさそうなんで、他の手を考えます。

    今年も楽しいブログをありがとうございました。
    2016/12/26(Mon) 20:23 | URL | ごくつぶD | 【編集
    体を張った凄い写真の数々
    見てて身震いするような写真も一杯!
    来年も素敵な光景を見せて下さいね
    あっ!でも事故だけは気をつけて下さいね

    よいお年を、、
    2016/12/26(Mon) 22:03 | URL | だんご | 【編集
    星と旅する羊さん、コメントありがとうございます。

    >もしかして、乙女座と蠍座のマークを間違えてません?
     でも、これもまた「自己申告」が本当ならば、の話ですが^^

    星座のマークに間違いはありませんし、星座の位置の結果から逆算して生年月日や性格を繕うというのも素人に出来るはずがありません。
    当たると言われている占い師って、自分の見解では相手を疑い否定するよりも、バーナム効果を活用した話術も診断結果に活きているのではないかと思います。

    >騙されました~(頭の良い方のようなので、もろ自分をさらけ出すようなリスクは冒さないかも、という考えもよぎったんですが)。

    自分は決して頭が良いわけではありません。
    ブログにスキー教室でうんこ漏らした事を書くくらいの稚拙な人間ですし。
    急斜面で足を「ハ」の字にしても止まらなくて、そのまま茂みに突っ込んでその時に漏らしてしまったとか、パンツには「ノ」の字の筋が付いていたとか、頭の良い人がこんな事を書くはずがありません。

    ちなみに、これを書いた時はスキーだけにおもいっきりスベッてしまったのでした。
    2016/12/26(Mon) 22:45 | URL | カブトゴリ | 【編集
    ごくつぶDさん、コメントありがとうございます。

    >こうやって撮ってるんですよって説明の為に更に後ろから撮ってるんですね。

    撮っている様子をさらに撮るというのは、なんか少し虚しくもなってきますが。
    こういうのは人がいる山では恥ずかしくて出来ないので、誰も入らないような山でこっそり撮っています。

    >バイクの更に前側から自撮り棒か何かで写すようにしようかと思いましたが、全長が長くなり過ぎて、

    以前、棒を取り付けて撮影している人のブログを見た事がありますが、長くなると振動が増えて画面が揺れまくるので意外と大変みたいです。

    >コーナーの度に前の車をガンガンとカメラで殴ってしまいそうですし

    交差点とかで曲がる時なんてハンドルを切ると棒が振っちゃうから周囲の車にバシバシ当たりそうですよね。
    怖い人の車に当てちゃったら、高額な修理費用と法外な慰謝料を請求されて人生終了です。

    これじゃ自撮り棒を振って人生を棒に振っちゃいますね。

    >今年も楽しいブログをありがとうございました。

    こちらの方こそ、こんな下劣で最低最下のブログにいつもコメントを下さりありがとうございました。
    来年もよろしくお願いします。
    2016/12/26(Mon) 22:47 | URL | カブトゴリ | 【編集
    だんごさん、コメントありがとうございます。

    >体を張った凄い写真の数々見てて身震いするような写真も一杯!

    ありがとうございます。
    こう書いて頂けると、身体を張って撮ってきた甲斐がありました。

    >来年も素敵な光景を見せて下さいね

    既に色々とネタは考えているので楽しみにしていてください。

    >あっ!でも事故だけは気をつけて下さいね

    滑って谷底へ落っこちないよう気を付けます。
    あと、文章でもスベッて事故を起こさないように気を付けたいと思います。
    コメントに「管理人スベッてる」とか書かれると、もう谷底へ落っこちたような気持になってしまいます。

    >よいお年を、、

    だんごさんも、よいお年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
    今年もありがとうございました。
    2016/12/26(Mon) 22:49 | URL | カブトゴリ | 【編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/12/27(Tue) 14:13 |  |  | 【編集
    星と旅する羊さん、コメントありがとうございます。

    ホロスコープの件は星と旅する羊さんのご指摘の通りでした。
    自分は調べものをする時は必ず複数の所から集めるようにしているので、今回も3つの診断サイトを使用しました。
    同じ星座でもそれぞれのサイトでデザインが異なるので、再度確認したところ、Aのサイトのおとめ座とBのサイトのさそり座がほぼ同じデザインになっていて違いを見落としました。
    こちらのうっかりミスですね、すみませんでした。

    ちなみに、最近は運が低下しまくっています。
    星座占いで運が上向きになる日とか分かったりするのでしょうか?
    仕事で怒られるわ、投資で痛い目を見るわ、悪い事ばかり起こっています。

    おまけに、深夜にランニングしに行ったら猛スピードの車に轢かれそうになりました。

    星座占いどころか、危うくこちらがお星さまになってしまうところでした。

    2016/12/28(Wed) 01:36 | URL | カブトゴリ | 【編集
    よかった
    私のクライアントじゃないので(笑)、
    詳しい事は省きますが、ちょっとだけサービス。
    月が山羊座なら、経過中の冥王星が乗っかってその影響を受けるので、
    生活や、心身の事で、かなりの変化や衝撃を味わうと思います。
    主に、生活と身体に出ますね。
    対策は、「無理やり変わらされる」前に、「自ら変わること」ですね。
    その方がダメージは減らせます(ゼロにはならないけど)。
    生活や、体調管理を見直してみてください。
    これまでと同じでは、もはや立ち行かなくなっています。
    冥王星の主な意味は「破壊と再生(再構築)」ですからね(私は「大魔神」と呼んでいます)。
    もう「元には戻れない変化」を表わします。
    何か間違っている事、、既に不適合を起こして使い物にならなくなっている事があるのでしょう(生活習慣とか、食習慣とか)。
    きっと心当たりがあるはずです。
    冥王星の影響は一番大きいんですよ。そして、容赦が無く、過激です(原爆とか、放射能という意味もあるくらいの星なもんで)。
    その次が天王星(切ったり、離れたり、別れたり、手術したり)。
    海王星も、騙されたり、ミスったりして油断が出来ません。
    冥王星が山羊座から出てしまうまでは、安心はできませんね。
    2024年までウロウロしています。
    これまでの人生が不運続きの人なら、一発逆転のチャンスもあるかもしれませんが、めったにないケースですね。
    ま、悪い事、人の恨みを買うような事はやめておきましょう(すごいブーメランが来ます)。

    かなり脅かしてしまいましたが、
    今後とも、面白いブログを読ませていただきたいので、
    是非ご自愛くださいませ。
    タフそうなので、多分大丈夫でしょう^^
    2016/12/28(Wed) 17:19 | URL | 星と旅する羊 | 【編集
    追加
    ついでなので、時間がある間に書いておきます。
    山羊座、牡牛座という、自分の身の安全性に最大限の関心をはらう星座に天体が集中しているにも関わらず、
    なぜに冒険的なアウトドア・スポーツに興じるのか?という疑問への答えを、ご本人も知りたいでしょうから、その答えを。
    乙女座に星2つと、蠍座に星2つでは、解釈が全く違ってきます。
    しかも、火星が蠍座です。
    蠍座の火星は、非常に元気です。
    冥王星が発見される前は、火星は、蠍座の支配星でした。
    今は副支配星ですが、牡羊座では支配星です(ついに、牡羊座と繋がった^^)。
    いわば、ホームグラウンドにいるようなもので、火星らしさ(行動力、やる気、攻撃性、怒り、性的エネルギー)を十分に発揮出来る位置です。
    牡羊座の火星は、瞬間湯沸かし器的な単純さですが、蠍座の火星は、もっと底知れぬ感じです。マグマのようなものでしょうか。
    火星のエネルギーというのは元々コントロールが難しいもので、常に暴走の危険をはらんでいます。
    しかも、あなたの火星は、天王星と冥王星という強烈な星にはさまれていて、双方から、尋常ならざるエネルギーの注入や、あるいはプレッシャーを受け続けています。
    この3つの星が合のアスペクトを取っていたなら、スポーツ選手でもやってない限り身が持たないでしょうが、合にはなってないので、そこまでは行かないと思います。
    それでも、時々、過剰になったエネルギーをどこかに放出せる必要があるのです。
    でないと持て余して、精神を病んだり、周囲の人に当り散らしたりして面倒な事になりかねません。
    火星のエネルギーを安全な形で放出・昇華させる一番良い方法は、バリバリ仕事をするか、激しめのスポーツをするか、です。
    あなたのホロスコープで興味深いのは、
    アクセルのような火星に対して、同じ蠍座にいる土星や、山羊座・牡牛座という用心深い星座に集中した星が、ブレーキの働きをしてくれている事です。
    これが牡羊座や射手座への星の集中だと、どこへ飛んで行ってしまうかわからないような危なっかしさが出て来ますので、本当にラッキーです。
    但し、山羊座の「分別」の象徴でもある土星が、他の星とノーアスペクトだったり、他の星から損なわれていたりすると、土星がうまく機能しない可能性もありますので、その場合は注意が必要です。
    それと、月と冥王星が90度のアスペクトを取っているかもしれません(許容範囲は±7度)。
    もしそうなら、ちょっと目つきが怖かったりして、結構迫力があります。
    感情の起伏も激しいでしょう。
    記事に書かれているように「友達がいない」のなら、嫌われているというより、むしろ怖がられている可能性がありますよ。
    余計なおせっかいですが、参考までに。

    というわけで、あなたはこうやって、心身のエネルギーのバランスを取っているんですね。
    なので、あなたのような方に
    一般常識的に「今は難しい時期だから、危ない事は止めて、家で大人しくしてなさい」と言うわけにはいきません。
    それに代わる、エネルギーの発散法を見つければ別ですが。
    なので、無理に押さえつけようとせず、これまで以上に安全には気をつけて、楽しんでくださいとしか言いようがありません。

    おぉ、ちゃんと辻褄が合って、ヨカッタ。
    「ンな馬鹿な。ありえな~い」という感想が、一転「ありうる~」に変わって、スッキリしました。
    これで納得です(自己満足)。
    ご本人も、納得されました?
    細かな度数やハウスなどが不明なので、ごく大雑把な見方ですが。

    良いお年を。


















    2016/12/29(Thu) 14:13 | URL | 星と旅する羊 | 【編集
    星と旅する羊さん、コメントありがとうございます。

    こんな愚鈍目を占って頂きありがとうございました。
    要約すると不運が続くという事ですね。

    >2024年までウロウロしています。

    これは残念です。
    随分と長い期間不運に苛まれるのですね。
    これじゃ山でデンジャラスな事をしようにも命がいくつあっても足りませんね。

    >もしそうなら、ちょっと目つきが怖かったりして、結構迫力があります。

    むしろ死んだ魚のような目をしていると言われます。

    ちなみに、この前、職場で覚せい剤で再逮捕されたASKAのモノマネを披露したらおもいっきりスベリました。
    この時は反対に、皆が死んだ魚のような目でこちらを見ていました。
    もう恥ずかしくて、銀河ごと全て消えて無くなれば良いのにと思いました。



    12星座には様々な意味があるのですね。
    特に冥王星は凶の星で、色々な影響を与えるというのはとても勉強になりました。

    あとあまり関係ありませんが、一週間に冥王曜日が入っていなくて良かったです。
    冥王曜日なんて凶の曜日があったら、毎週ブラックマンデーに匹敵する世界規模の大混乱が起こってしまいそうですね。

    >良いお年を。

    星と旅する羊さんも、よいお年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
    今年もブログを読んで頂きありがとうございました。
    2016/12/30(Fri) 01:22 | URL | カブトゴリ | 【編集
    今晩は。

    いつもデンジャラスな記事をハラハラしながら楽しく拝見させて頂いております。

    しかし、デンジャラスな写真ってああいう風に撮影してるんですね。。いや、大変そう。。

    来年も楽しい記事を期待しておりますので、ぜひ、安全第一で楽しませてください。

    よりお年を~。
    2016/12/30(Fri) 23:53 | URL | tamaki.h | 【編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2016/12/31(Sat) 02:04 |  |  | 【編集
    tamaki.hさん、コメントありがとうございます。

    >しかし、デンジャラスな写真ってああいう風に撮影してるんですね。。いや、大変そう。。

    一人で撮るのってやはり大変ですよ。
    一緒に行く友達がいれば、いや彼女がいればこんな苦労はしなくて済むんですけどね。

    そういえば、吊り橋を一緒に渡ると恋が芽生えるという、吊り橋効果なんていうのがありますが、そもそも「今度一緒に吊り橋に行こうぜー?」「うん、いいわよー。」なんてなるんだったら最初から誰も苦労なんてしませんよね。
    もう吊り橋効果なんてふざけた理論を考えた奴をぶん殴ってやりたいです。

    こちらは女性と吊り橋効果どころか、ロープ垂らして一人で吊り橋降下ですよ。

    >来年も楽しい記事を期待しておりますので、ぜひ、安全第一で楽しませてください。

    怪我と事故に関しては、今までパーフェクトできているので、そろそろやらかしてしまいそうな気もしますが、また皆様が楽しめるアウトドア日記を書いていこうと思います。
    来年も一年よろしくお願いいたします。

    2016/12/31(Sat) 20:13 | URL | カブトゴリ | 【編集
    明けましておめでとうございます
    今年も素敵な更新楽しみにしています。

    よいお年をお迎えくださいませ(#^.^#)
    2017/01/01(Sun) 15:05 | URL | まんねんず | 【編集
    おめでとうございます
    あけましておめでとうございます
    今年も楽しい記事を期待してます
    2017/01/01(Sun) 19:44 | URL | えいび | 【編集
    まんねんずさん、コメントありがとうございます。

    >明けましておめでとうございます

    新年明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願いいたします。

    >今年も素敵な更新楽しみにしています。

    新年から新コーナーを始める予定です。
    今回は違った意味でデンジャラスになりそうな予感です。

    たまには命の掛からない記事を書いてみたいものですね。
    2017/01/01(Sun) 20:59 | URL | カブトゴリ | 【編集
    えいびさん、コメントありがとうございます。

    >あけましておめでとうございます 

    新年明けましておめでとうございます。
    本年も一年よろしくお願いいたします。

    >今年も楽しい記事を期待してます

    年々訪問者さんのハードルが上がってきているので、スベリやしないかビクビクしています。
    しかし、新年の一行目は絶対にスベらないようにしますよ!
    期待していてください!
    絶対にスベリませんから、絶対に。
    2017/01/01(Sun) 21:01 | URL | カブトゴリ | 【編集
    こんばんは
    大変地道な努力をされているんですね。
    趣味にしては本格的過ぎて、これに気軽に付き合ってくれはるお友達はなかなかできそうにないかもしれませんね。
    しつこいようですけれど、こういう貴重な写真はインスタグラムで公開したらかなり有名インスタグラマーになれると思います。
    おおきに
    さな(^-^)/
    2017/01/09(Mon) 00:19 | URL | さな | 【編集
    さなさん、コメントありがとうございます。

    >趣味にしては本格的過ぎて、これに気軽に付き合ってくれはるお友達はなかなかできそうにないかもしれませんね。

    確かに仰る通りですね。
    子供の頃も同じような趣味の友達がいなかったので退屈でした。
    もしかしたら、こいつと同じ事をやったら死ぬかもしれないと、本能的に危険を察知されていたかもしれません。

    >大変地道な努力をされているんですね。

    仕事もこれくらい地道な努力が出来れば良いのになと思います。
    いつも適当に仕事をやっつけているので上司から怒られています。

    これじゃ地道な努力どころか、クビにされて人生の道的なものが無くなってしまいます。
    2017/01/10(Tue) 18:17 | URL | カブトゴリ | 【編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/01/15(Sun) 09:42 |  |  | 【編集
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2017/01/15(Sun) 22:43 |  |  | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します