いやね、最近はうんこテロの話とかとてもじゃないけど真っ当な人間が書いているとは思えない酷い記事ばかりだったじゃないですか。
これじゃ訪問者さんに「汚い」「臭い」「キツイ」「死ね」の3Kの烙印を押されても仕方がないと思うんです。
一つ多い上にKじゃないやつが混ざっちゃってるし。
そこまで酷い事言わなくたっていいじゃねぇーか!

なので、次はなんかこう心機一転、春の訪れを感じるような爽やかな記事にしようと思いましてね。
例えるなら、管理人さんがパステルカラーのカーディガンを羽織ってメンズノンノとかの表紙になっちゃってるんじゃないかと思わせるくらい春スプリングな記事にしたい。

という事で、そんな爽やかな春の訪れを感じるため多摩川に釣りをしに行ってきました。



DSCN3426.jpg
やって来たのは二子玉川の河川敷。
今回狙うのはマルタという魚で、毎年3月上旬くらいから多摩川を遡上し始めます。
マルタの遡上は春の風物詩といったところでしょうか。
この魚が釣れ始めると春の訪れを感じますね。
大きさは50~60cm程で、ドッシリとした重たい引きを楽しめます。

DSCN3414.jpg
ポイントに到着。
写真の中央辺り、川へせり出ている所から狙います。
ここは遡上してきた魚を肉眼で確認出来るほどの好ポイントで、過去に何匹も釣果を出しています。

しかしですね、ところがどっこい。
この日は激寒なわけですよ。
春の訪れなんて微塵も感じられない。

一時間くらいやっても全く手応えなし。
いつもなら3月に入ると魚の活性が高くなるんですけど、今年は気温が低い日が続いていたためか全然釣れません。
この時期だったら簡単に釣れるはずなんですけどね。

幸先の悪いスタートです。
一匹の釣果がとても遠くに感じます。
なんかもう、水面も静かで釣れる気が全くしないし。

おまけに、急に後ろの方が「ブンシャカ♪ブンシャカ♪」と賑やかになりましてね。

で、振り返ってみたら、

DSCN3427.jpg
おいーーーー!
お前ら!こんな広い河川敷なのに何でわざわざ人が釣ってる直ぐそばで演奏しだすんだよ!
魚が逃げちゃうじゃねぇーか!
チクショー!
もうアコースティックなメロディーに合わせてランバダを踊ってやろうかと思いました。

とまあ、状況が益々悪化してしまったのでポイントを移動。
下流の方へ行ってみます。

スマートフォンでグーグルの衛星写真を開き釣れそうな場所をチェック。
そして、一ヵ所ずつ直接見て回ります。

DSCN3436.jpg
釣れそうなポイントを発見。
ここは手前が深くて奥が流れの強い浅瀬になっています。
狙い目は深場と浅瀬の境界辺りでしょうか。

で、20分くらい投げていたらやっとヒットしました。

DSCN3429.jpg
竿がしなる!
やっぱりマルタは面白い!
貴重な一匹になるのでバラさないよう慎重に寄せていきます。

DSCN3430.jpg
姿を現しました。

DSCN3431.jpg
55cm
やっと釣れた。

マルタは春になるとオレンジ色に発色しますが、まだまだ色が薄いです。
というか殆んど発色していませんね。
水温が低いからでしょうか?

とりあえず、一匹釣れたのて安堵。
ボウズは逃れました。
ただ、この後が続かない。

どこでも釣れる簡単な魚に悪戦苦闘です。
これじゃ源流域で尺イワナ釣る方が簡単だわ!

再びポイントを移動。
多摩川の河川敷を釣り歩きます。

すると、

DSCN3428.jpg
どんぶらこ~、どんぶらこ~。
大きな金の玉が流れてきました。

おばあさんはその金の玉を家に持ち帰りました。
そして、おじいさんとおばあさんが金の玉を食べようと割ってみると、なんと中から元気な男の子が飛び出してきました。

子供のいなかったおじいさんとおばあさんは大喜び。
おじいさんとおばあさんは、金の玉から生まれたその男の子に「玉袋筋太郎」と名付けました。

そして、玉袋筋太郎は勇ましい青年に成長し、水道橋博士という仲間とともに浅草キッドというコンビを組みました。
玉袋筋太郎はオフィス北野に入り、バラエティー番組に多数出演するまでになりました。

しかし、NHKの番組に出演した時に局の偉い人から「名前が不適切だ!」と怒られてしまったので、以降NHKに出演する時は「玉ちゃん」というニックネームで出演するのでした、めでたしめでたし。

って、めでたくねぇーよ!!
バカじゃねぇーかお前!!
死ねよカス!!
全然釣れないからまたくだらない事考えちゃったじゃねぇーか!!

DSCN3439.jpg
どこか釣れそうなポイントはないものか。

DSCN3440.jpg
ここは流れが無いのでボツ。
ナマズやライギョは潜んでいそうですね。

DSCN3438.jpg
二子玉川って年に数回しか来ないけど、その度にビルが増えているような気がします。

DSCN3437.jpg
このブログには似合わない花の写真。
下劣なイメージが一掃されますね。
ファンシーな気持ちになること間違いなし!

DSCN3441.jpg

DSCN3445.jpg
桜の木を発見。

DSCN3444.jpg
つぼみはピンク色になっていました。
開花の兆し、春は近い。
いや、寒いから忘れてたけどもう一応春だったわ。

DSCN3446.jpg
なかなか良いポイントがありませんね。

DSCN3414.jpg
適当に歩いていたら結局最初のポイントへ戻ってきてしまいました。
演奏していた人もいなくなっていたので、再びここを狙ってみます。

しかし、これまた反応なし。
釣果のあるポイントなので、ここが一番確実だと思ったんですけどね。
ここまで釣れないとマルタの群れは遡上しているのか疑わしくなってきます。

それならば、直接覗いて確認してみようじゃありませんか!


DSCN3419.jpg
今回はこんな物を持ってきました。

水中撮影の小道具です。

DSCN3413.jpg
使ったのは500mlのペットボトルとスチール製のステーetc
これに登山で使っているアクションカメラを取り付けて川の中を撮影します。
カメラは水面付近の位置に取り付けてしまうと引き波で上手く映らないかもしれないので、ペットボトルから離して下の位置にセットしました。

撮影方法はラインにセットして流すだけ。

DSCN3420.jpg
使用しているラインの強度は15ポンド(約7kg)。
カメラの重量と流れの抵抗には十分耐えられますが、流木等に擦れたりしたら切れるかもしれません。
ラインが切れてカメラが流されたら目も当てられねぇーよ!
なので、竿で慎重にカメラを操作します。

DSCN3421.jpg
それでは行ってみヨーカドー!

maruta2017001.jpg
ここからアクションカメラの映像。
水の中はどんな世界が広がっているのでしょうか。

maruta2017002.jpg
ドボン!

maruta2017003.jpg
画像だと濁って感じるんですけど、実際はわりと透明度があるんですよね。
なので、ある程度魚と離れていても映るかと思います。

maruta2017004.jpg
何か潜んでいそうな予感がします!
こういうのはワクワクする!
アリゲーター・ガーとか映っちゃったりして。

DSCN3424.jpg
その頃、陸では。
カメラは50mくらい流れました。
ここからではカメラは殆んど見えません。

重さは思っていたよりも感じられませんね。
流れを受けてもっとグイグイ引っ張られるかと思いましたが。
これだったら海で100m以上流したりも出来そうです。

maruta2017005.jpg
再び水中の映像。
浅い所もあるようです。
川底が映っていました。

maruta2017006.jpg
しかし、肝心の魚は一匹も映っていませんね。
もともと泳いでいないのか警戒して逃げているのか。
マルタはそれ程警戒心が強い魚ではないので、泳いでいれば映っていてもおかしくはないんですけどね。

maruta2017007.jpg
水の中はとても静かです。
残念ながら撮影した映像には何も映っていませんでした。

ちなみに、動画の最後の方に変な顔の生物が映っていましたが、よく見たらカメラを回収している自分でした。



とまあ、今回は釣果も気温も低く、まだまだ冬を感じさせられる釣行となりました。

魚たちは休眠中のようです。
河川敷の桜もまだ目覚めていませんでした。
冷たい風が顔に突き刺さります。

春は遠いなぁと思いながら家路につくのでした。


~釣行の翌日~

その日は3度寝してすっかり寝坊してしまいましてね。

「春眠暁を覚えず」
人は自然界の生物と反対で暖くなると眠ってしまう。

どうやら自分の気付かぬうちに春は訪れているのかもしれません。

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/03/31(Fri) 08:07 |  |  | 【編集
野のお花に目を遣る

カーテン越しに垣間見たカブトゴリさんの心の中。

なんだか反論されそうですね 笑
2017/03/31(Fri) 10:46 | URL | コットン | 【編集
(*´▽`*)
寒い中での釣行お疲れさまでした♪
今年はまだまだ寒い日が多く
春が遠いみたいですね。

水中で何かお宝が見つかったら面白いですね(笑)。
2017/03/31(Fri) 18:40 | URL | 双子パンダ | 【編集
コットンさん、コメントありがとうございます。

>野のお花に目を遣るカーテン越しに垣間見たカブトゴリさんの心の中。

まだまだ花は少なかったですが、これから暖かくなれば河川敷は華やかになるかと思います。
まあ、こちらの頭の中は年中開花していてお花畑になっていますけどね。
もう、蝶がヒラヒラと舞っちゃっています。

花と言えば、これからは色々な花が咲き乱れるのでコットンさんの腕の見せ所になりますね。

ちなみに、写真の黄色い菜の花は「アブラナ」という花だそうですが、自分は「菜の花」という名前の花があるのだと勘違いをしておりました。
植物に関してはまだまだ素人でした。

花は黄色いですが、自分の尻は青かったという事ですね。
2017/04/01(Sat) 04:52 | URL | カブトゴリ | 【編集
双子パンダさん、コメントありがとうございます。

>今年はまだまだ寒い日が多く春が遠いみたいですね。

実は、この日以外にも釣りに行っていたのですが、全く魚の気配がありませんでした。
今年は寒い日が続いていたのでその影響でしょうね。
温暖化なんて言われていますが、山に行ったり川に行ったりして自然の生物と触れると机上では見えてこない自然の様子を感じられます。
春はまだ遠いです。

>水中で何かお宝が見つかったら面白いですね(笑)。

お宝はワクワクしますよね。
河川敷って色々な物が落ちているから川の中もかなりの物が沈んでいると思いますよ。
ロープの先に強力なネオジム磁石を付けて川底を引いたら、何か上がってくるかもしれません。


あと、川ではありませんが、お宝を狙って埋蔵金は真面目に探しに行こうと考えていた時期がありました。
徳川埋蔵金みたいな規模の大きなものではなくて、今で言うところの脱税目的で大名などのお金持ちが隠した金品って結構あると思うんですよね。

埋蔵金を発見出来たら、厳冬のような財布の中身に春が訪れると思います。
2017/04/01(Sat) 04:58 | URL | カブトゴリ | 【編集
こんにちは。

マルタという名前を初めて耳にしましたが、どうやらウグイのようですね。

引きが強いんでしょうね。

カブトゴリさんの引きの強さなら、カメラ映像に水死体とか映っているのを期待しちゃいましたが、その点は今回はボウズだったようで・・・

そんなモン映ってたらブログどころではないですから、寝言は寝てから言え!と怒られちゃいますね。

失礼致しました
2017/04/02(Sun) 21:08 | URL | ごくつぶD | 【編集
ごくつぶDさん、コメントありがとうございます。

>マルタという名前を初めて耳にしましたが、どうやらウグイのようですね。引きが強いんでしょうね。

マルタは流れに乗ると強烈な引きを味わえるのでとても釣り応えのある魚ですよ。
シーバスを狙っているオシャレな釣り人からは外道扱いされている魚ですが、泥臭い外道な釣りをする自分はこの魚が好きですね。

>カメラ映像に水死体とか映っているのを期待しちゃいましたが、その点は今回はボウズだったようで・・・ そんなモン映ってたらブログどころではないですから、寝言は寝てから言え!と怒られちゃいますね。

いえいえ、怒ったりはしませんよ。
川だけに水に流しますよ。

まあ、実際のところ死体なんて映っちゃっていたら大変ですよね。
仰る通り、その点は釣果なしのボウズで良かったと思います。

水死体は見るも無残な姿をしているらしいので、そんなもん見たらPTSDになってしまいます。
もう精神を病んでストレスでハゲ散らかして本当にボウズになってしまいますね。
2017/04/03(Mon) 06:30 | URL | カブトゴリ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/07(Fri) 15:06 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します