自分は子供の頃スパイになりたかったんですよ。

ミッション・イン・ポッシブルのトム・クルーズみたいなスパイに憧れていたんです。
無数のセンサーを華麗に避けながら建物に潜入して不可能なミッションをコンプリートしたりしたかったんです。

で、映画に出てくるスパイって運動神経が良いのに加えて記憶力も抜群に良いじゃないですか。
暗証コードとか建物の見取り図を一瞬で暗記したりしちゃいますし。

なので、スパイに憧れていた管理人少年は記憶力を鍛えるトレーニングをする事にしましてね。
例えば、この公園の入り口には車止めのポールが何本設置されているとか、あのマンションの駐輪場に止っているスクーターのナンバーは何番だとか、日常の風景なんかを意識的に覚えるようにしていたんです。
まあ、その甲斐あって記憶力と観察眼はそこそこ鍛えられていったんですけど、しかしある日、中学生になった管理人さんは重大な事に気が付くわけですよ。


「スパイってどうやってなればいいんだよ。」


だって、映画の中でもスパイが所属しているのって世間には一切周知されていない秘密の組織じゃないですか。

スパイの組織ってどうやって入ればいいんだよ!
気付くの遅ぇーよハゲ!

フロムAとかの求人誌を見たって「スパイ募集!」なんて載ってないじゃないですか。
「☆初心者の方大歓迎☆ 明るくて楽しい職場です!」とか「悪の組織と戦う簡単なお仕事です。制服支給 要普通免許」とか絶対に書いてないじゃないですか。
そして、最後まで読み終えると「このメッセージは5秒後に自動的に消滅する。」とかいう音声が流れて、フロムAが突然燃えだしたりもしないじゃないですか。

で、結局管理人さんのスパイになる夢は終わりました。
そもそも、自分にとってはスパイになる事自体が不可能なミッションなのでした。

自分もトム・クルーズみたいになりたかった。
スパイになる夢を諦めなければ、今とはまた違う人生もあったのかもしれない。
もしかしたら、今頃どこかでセンサーを華麗に避けながら建物に潜入したりしていたかもしれない。

しかし、現実はスパイどころか、会社の地下駐車場と上の階を繋ぐ非常階段を近道で使おうと扉を開けたら防犯センサーに引っ掛かって警備員さんに迷惑を掛けているという状況。
もう8回くらい謝ったわ。

いや、それだけならまだいいんですけど、最近は自慢の記憶力も落ちてきてるんですよね。
これがわりと深刻なレベル。


とまあ、前置きが長くなりましたが、今回はそんな残念な近況の4コマ漫画です。


manga1401.jpg

manga1402.jpg

manga1405.jpg

manga1407.jpg

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/08(Sat) 17:43 |  |  | 【編集
( *´艸`)
私も昔は記憶力に自信があったんですが
最近自信がなくなってきました(笑)。
なんか自分に負けたみたいで悔しいです( *´艸`)

カブトゴリさんは、スパイ似合いそうですけどね(笑)。
2017/04/08(Sat) 18:28 | URL | 双子パンダ | 【編集
あのう木?なんの木?
あの
笑ってしまいました
明日はわが身
いや
昔、通った道でした
あはは
2017/04/08(Sat) 20:53 | URL | はしびろこう・ウナ | 【編集
MI5で求人募集してますぜ
イギリスの諜報局でスパイ募集の広告出してますよ。さあ、今日からあなたも007だ。管理人さん主演となれば題名はさしづめ「黄金玉の銃を持つ男」・・・。いや、失礼。ま、美女にたぶらかされないように気をつけてくださいね。
2017/04/08(Sat) 22:43 | URL | miss.key | 【編集
双子パンダさん、コメントありがとうございます。

>私も昔は記憶力に自信があったんですが最近自信がなくなってきました(笑)。 なんか自分に負けたみたいで悔しいです

昔の事はいつまでも細かく覚えているのに、数分前の事を忘れてしまうんですよね。

脳について少し調べてみた事があるのですが、人間の脳は全ての事を記憶できないので重要度が低いと判断した内容は記憶しないそうです。
まあ確かに、極端な話し今朝何を食べたとかそんな事はどうでも良いので覚えていなくてもあまり差し支えないですよね。

そういえば以前、ネットのプロバイダのログインパスワードを忘れてしまった事がありました。
パスワードを再発行する時の秘密の質問で、「初恋の相手の名前は?」とか出てきましたが、思い当たるものを入力しても全て外れてしまいました。
結局、カスタマーサービスに連絡する羽目になって本人確認したり手続きがとても面倒でしたね。
パスワードはPC内に保存するのはセキュリティー面で不安なので頭を悩ませます。

ちなみに、その時の秘密の質問の答えは「クロマティー」になっていました。

やっぱりどうでも良い事は忘れるように出来ているんだなと甚く感心するのでした。
2017/04/09(Sun) 11:39 | URL | カブトゴリ | 【編集
はしびろこう・ウナさん、コメントありがとうございます。

>あの笑ってしまいました 明日はわが身 いや 昔、通った道でした あはは

もの忘れは侮れませんよね。
なので、自分は脳トレをするようにしています。

ちなみに、以前、任天堂DSの脳トレのソフトを通販で買ったのですが、忙しかったので届いてからそのまま放置してしまいました。
1ヵ月後、掃除していた時にダンボール箱が出てきたのですが、その時にソフトを買ったのを思い出しました。

脳トレのソフトを買った事すら忘れてしまっているので、自分の脳は重症ですね。

こんな恥ずかしい出来事はもう忘れたいくらいです。
2017/04/09(Sun) 11:43 | URL | カブトゴリ | 【編集
miss.keyさん、コメントありがとうございます。

>イギリスの諜報局でスパイ募集の広告出してますよ。

世間の思っているスパイとは違って、ビジネスマンみたいな社交性の高い人を求めているようですね。
まあ映画みたいにドンパチやるようなスパイなんて実際には殆どいないので、企業に潜入するような社交性の高いエリートな人材に需要があるのは納得です。

少しうろ覚えですが、昔CIAの長官だったロバート・ゲイツが、活動予算の7割を経済の諜報活動に充てるような事を公言していました。
実際、経済力ってイコールで国力になりますからね。
失敗したロシアと成功した中国がそれを証明していますし。

>さあ、今日からあなたも007だ。管理人さん主演となれば題名はさしづめ「黄金玉の銃を持つ男」

上手い事を仰いますね。
黄金玉と聞いて、1月に泌尿器に行ったのを思い出しました。

タマキンに激痛があったので一時はどうなるかと思いましたが、手術でタマキンを摘出されて股間の銃が弾切れにならず良かったです。
2017/04/09(Sun) 11:50 | URL | カブトゴリ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/09(Sun) 20:06 |  |  | 【編集
マジレスすると、
スパイ(情報局員)の主な仕事は、文字通りの情報収集(日本の2ちゃんねるや、雑誌の記事などもこまめにチェックしているようです)という地味~な仕事らしいです。
映画に出て来るような行動的スパイの場合は、
まず自衛隊とか、警察庁とかに入って、
スパイ適性のある所を見せつけるような仕事の仕方をしていたら、
そのうちスカウトの声がかかるかもしれませんね。
いずれにしろ、武道や、銃器の扱いに慣れておく必要がありますから。

パスワードは、ノートに書いておくしか仕様が無いです。
但し、全て書くのではなく、一部伏字にしておきます。
例えば、「クロマティ」なら、
「クxxテx」というふうに。
で、忘れる恐れのあるものには、「人名」とか、「野球」とかのヒントを書いておけば大丈夫でしょう。

で、本題。
結局、御岩神社には行かれないんですね?
ひそかに楽しみにしてたのにぃ。残念。
今後は、リクエストを募られても、誰も応じないいんじゃないでしょうかねぇ。
どうせ採用されないのがわかったから。
と、ちょっとイジワルなことを言ってみました^^
2017/04/09(Sun) 20:51 | URL | 星と旅する羊 | 【編集
鍵コメさん、コメントありがとうございます。

東芝がツケ爪という全く関係のないビジネスに参入するというのは驚きました。
しかも、今東芝がやろうとしているのって似たような事を随分前に他の企業がやっているんですよね。
真似しているのにも驚きです。
それ程、ネタがなくて東芝は窮地に立たされているのでしょうかね。

あと、「ツケ爪というよりツケ焼刃の方が得意そうな気が」というのは上手いです。
ユーモアのセンスが感じられますよ。
もう爪の垢を煎じて飲みたいくらいですね。

それにしても、東芝は白物家電も中国に売却してしまいましたし、半導体まで切り離してしまったら事実上の解体になってしまいます。

これでは東芝の社員は爪に火を灯す事になってしまいますね。
2017/04/09(Sun) 22:08 | URL | カブトゴリ | 【編集
星と旅する羊さん、コメントありがとうございます。

>マジレスすると、スパイ(情報局員)の主な仕事は、文字通りの情報収集(日本の2ちゃんねるや、雑誌の記事などもこまめにチェックしているようです)という地味~な仕事らしいです。

公安課の警察官を情報を扱うスパイというカテゴリーに入れるのであればその通りですが、しかし諜報活動をする部署の活動内容は一切公表されていないんですよね。
例えば、日本では警察庁警備局の外事課や警視庁公安部(警察署の公安課とはまた違う)がこれに該当しますが、活動内容や車や機材、携行している銃器など全て秘匿にされています。
なので、世間で言われているのはあくまでオタクや警察マニアの想像でしかないんですよね。
実際は、それこそ映画に出てくるスパイ組織なみに謎だらけです。

>映画に出て来るような行動的スパイの場合は、まず自衛隊とか、警察庁とかに入って、スパイ適性のある所を見せつけるような仕事の仕方をしていたら、そのうちスカウトの声がかかるかもしれませんね。いずれにしろ、武道や、銃器の扱いに慣れておく必要がありますから。

これも映画やドラマなどの創作上のものなので事実とは異なりますね。
自分は実際に自衛隊や海保の方から話を伺った事がありますが、そのような事はないそうです。
外事課や公安部などの捜査員は、おそらくキャリア組という人たちなのではないでしょうか。

映画みたいにドンパチやるスパイがいないというのは、個人的には少し残念な気持ちがありますが。

まあ、実際にドンパチやったら政治や外交問題に発展して政権は大混乱でしょうね。
これは自分の考えなので事実と乖離しているかもしれませんが、日本に諜報活動専門としてそれ相応の執行力を持った省庁が存在しないのは、おそらく政治的な影響を危惧しての事だと思います。
公安調査庁は銃器の携行も捜査権限もありませんからね。
なので、警察の中に諜報活動をする部門を設置しているのでしょう。
警察官として警察法の下で活動させて捜査上のトラブルを少なくしているのかもしれません。

>結局、御岩神社には行かれないんですね?ひそかに楽しみにしてたのにぃ。残念。

すみません。
検証シリーズはもともと頻繁にやろうとは考えていなかったので、次回いつやるかは未定です。
ネタは皆様からいくつか頂戴しているので、自分が考えたものと併せてどれにするか決めたいと思っています。

ちなみに、今思い付いたのは「トム・クルーズが映画でやっていたスタントを実際にやってみた」です。

ボツですが。
2017/04/09(Sun) 22:17 | URL | カブトゴリ | 【編集
初めてコメントさせて頂きます。
最近、とある理由からコマツ・ブルドーザーを検索する機会がありまして、検索したところコマツのブルドーザーの様なブスという言葉が引っかかり、それ以来楽しく読ませてもらってます。
今回の件もまさに自分が最近思ってることでしたので笑ってしまいました。
これからも楽しみにしていますのでよろしくお願いします。
たまにはブスネタも復活させて欲しいです。
2017/04/10(Mon) 00:34 | URL | ちゃー太郎 | 【編集
ちゃー太郎さん、コメントありがとうございます。

>最近、とある理由からコマツ・ブルドーザーを検索する機会がありまして、検索したところコマツのブルドーザーの様なブスという言葉が引っかかり、それ以来楽しく読ませてもらってます。

いつもご覧頂きありがとうございます。

「コマツ ブルドーザー」で検索という事は、真面目な事を調べていたのだと思いますが、こんな最低最下の下劣なブログがヒットしてしまい大変申し訳なく思っております。
たまに、アクセス解析で検索ワードをチェックするのですが、「ブス」とか「ハゲ」とか「お葬式」とかスパイスの効いた単語が含まれている事が多いので、やっぱりこのブログは最低なんだなあぁと痛感しています。


あと、自分は昔書いた記事もわりと細かく覚えているので、「ブルドーザー」というと↓のクリスマスイヴの記事かと思いましたが、調べてみたら違う記事でしたね。

http://asitakangaeru.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

やはり、記憶力が落ちてきているのでしょうね。
ただ、澤選手を女にしたようなブスや武蔵丸みたいなブスに囲まれたイヴの夜は今でもはっきりと覚えています。

こればかりは今すぐ忘れ去りたいです。
2017/04/10(Mon) 19:42 | URL | カブトゴリ | 【編集
はじめまして
スパイ!
亡くなった父親が、子どもの頃、なりたかったのは「スパイか古本屋」と言っていたのを思い出して、懐かしくて、思わずコメントしてしまいました。
初めて聞いたときは、思わず笑ってしまいましたが、昭和ヒトケタ生まれの父親世代の人には、スパイというのはもっと身近な職業?だったのかもしれないです。
突然のコメントで失礼しました。
2017/04/10(Mon) 23:33 | URL | ナカリママ | 【編集
ナカリママさん、コメントありがとうございます。

>昭和ヒトケタ生まれの父親世代の人には、スパイというのはもっと身近な職業?だったのかもしれないです。

太平洋戦争当時、日本軍には特務機関と呼ばれる諜報機関が沢山あったようですからね。
ナカリママさんの仰る通り、今よりはもっとリアルで身近な職業だったのかもしれません。
自分が子供の時はスパイというのは完全にフィクションの存在でしたから、また違うパターンで憧れるようになったのでしょうね

どうであれ、スパイを夢見ていたというのに親近感が持てました。


ちなみに、最近の子供の夢はユーチューバ―や公務員だそうです。
少しガッカリしてしまいますね。
ユーチューバーってそもそも職業じゃありませんし。

ただ、公務員というのもランキングに入っていたので、公務員(公安警察=スパイ)なのだろうと、自分は無理やりこじつけております。
2017/04/11(Tue) 20:09 | URL | カブトゴリ | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/04/14(Fri) 01:33 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
当ブログ内容の無断転載を固く禁止します