世間は東京オリンピック決定のニュースや記事で一色ですが、自分はこの事件に注目しています(爆)

    福岡から仙台まで約1400kmを徒歩で帰宅した男の事件です。

    1367000e.jpg

    9月5日19:00過ぎ、8月末から行方不明になり捜索願の出されていた仙台市在住の運送会社社員(25)が自宅に戻り、家族が宮城県警仙台南署に連絡する。

    この男によると、福岡県で5人の暴漢に襲われ財布と携帯電話を奪われた後、靴に隠し持っていた2,000円で食糧と水を購入したり、道の駅で食糧を分けてもらいながら仙台市の自宅まで約1400kmを徒歩で帰ったという。



    事の発端は先月8月25日・・・

    8月25日 男が福岡県で開催されているカードゲームの大会に参加
     17:30 大会終了後、福岡空港に到着するも飛行機に乗り遅れる
     22:00 宿泊するためのインターネットカフェを探していた際、5人の暴漢に襲われ財布と携帯電話を奪われる
    8月27日 捜索願が家族から警察に出される
     夕方 福岡市博多区奈良屋町で男の財布が発見される
    8月28日 福岡市築港本町で男の鞄が発見される。鞄の中身はTシャツ、携帯の充電器、未使用の航空チケット、カード
    9月5日 19:00過ぎ 男が仙台市の自宅に帰宅し事件発覚

    得られる情報をまとめると、この様になります。



    全行程を徒歩移動したか疑わしい部分もありますが、これらが全て真実という前提で話を進めます。

    自分がこの男に敬慕するのは「自力で難局を乗り越え意地でも家に戻っている」という点です。
    まあ、警察に連絡して助けを求めたり、2,000円で家族に連絡するなど手段は他にもあり、今回の行動には大半の人間が否定的だと思いますが。

    ざっくりした計算になりますが、1400kmに要する時間は1kmを10分ペースで歩くと233時間となり、1日21時間歩く事となります。
    疲労を考慮し1km15分で計算したら11日間で帰宅するのは不可能となりました(笑)

    連日30℃を超える猛暑の中、2000円で得られる食糧と水で福岡から仙台まで11日間で歩くというのは、常人ではまず不可能です。
    武井壮さんでも難しいのでは?



    自力で帰宅すると決断し、成し遂げられる心身の強靭さは、究極のサバイバーとも言えます。

    例えば、出先で災害や非常事態が発生したとします。
    警察や消防も活動には限界があり、迅速に助けてくれる訳ではありません。
    そもそも通報するにも、通信網なんて物理的損壊とキャパオーバーですぐに不通となるので連絡すら取れません。
    交通網もダメージを受けている状況で、物資の蓄えのある自宅に戻るには当然自力で行動していく事となるわけで。

    一度、飲まず食わずで極限まで歩いてみて、距離と時間に対して自分の体力精神力でどの程度行動が出来るのか理解しておくのも良いかと改めて思いました。



    東京オリンピック・パラリンピック開催万歳!!!

    コメント
    こんにちは

    自分もこのNEWSを聞いた時は驚愕しました
    時間を考えず水と食料それに適切な休息が
    あれば1400kmの道程も健脚な人なら
    問題なく完遂できると思います

    戊辰戦争の時の新政府軍も薩摩から京都、
    それから江戸東北と大砲などの火器を
    押しながら徒歩で進撃した訳ですから

    しかし11日は少しハイペースなのでやはり
    途中で親切な方の車のお世話になったのかも
    しれませんね

    小生がそれにも増して思ったのは
    災害などの緊急事態でもなく、徒歩で東北まで
    歩くと決めたこの方の意志が
    少し怖いと感じました

    徒歩で帰ると決めたにしても、無事なら
    普通家族に連絡くらいすると
    思うのですが?

    失礼な言い方かもしれませんが、自閉症とか
    発達障害の人かもしれませんね
    そういう方は決めた事にまっすぐ向き合う
    性格の方が多いそうですので
    2013/09/09(Mon) 19:51 | URL | 肥後ノ守(ひごのかみ) | 【編集
    肥後ノ守さん、コメントありがとうございます!

    考えてみれば明治以前は長距離だろうと徒歩移動が当たり前でしたから、昔の人恐るべしですよ(笑)

    確かに時間にもう少し余裕があれば、1400kmは歩けそうですね。
    夏場は飲料水だけでも結構な金額になりそうです。

    自分も、この方は何らかの障害を背負っているのではと思いました。

    いずれにしても福岡から徒歩で帰宅するという事を考え、実行して成し遂げるとは凄すぎます。

    肥後ノ守さんは登山をしているので、脚力には自身ありそうですね!
    2013/09/10(Tue) 04:18 | URL | ZAN | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    福岡市博多区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
    2013/09/09(Mon) 08:54:48 |  ケノーベル エージェント
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します