ゾンビ
    dvdpic_02.jpg

    ゾンビ
    img_927231_61489321_0.jpg

    ゾンビ
    world_war_z2.jpg

    眠れない時に、ゾンビだらけになった世界でどうやって生き抜くかをいつも考える。
    というか、こんな事を妄想しているから眠れないんだ。

    ・・・世界中で同時多発的にゾンビが大量発生。
    自分の住んでいる地区でも死者が街を歩き、人々が襲われていく。

    hooligans20fight.jpg

    略奪や暴動も発生し無秩序状態に。
    まあ、生き延びるためにネットで最善と言われているのが、大型のショッピングセンターやホームセンターに籠城する案。

    382e51c3.jpg

    水食糧が豊富で、武器になりそうなものもあります。
    しかし、自分はこれに反対です。

    数日経過すれば、水食糧を求めて大勢の人間が集まることが予想できます。
    籠城するのが100人なら?500人なら?1000人なら?
    食糧はすぐに不足しますし、広い建物を封鎖して初対面の人同士が連携を取り周囲を監視するのは不可能です。
    監視役がドジやらかしてゾンビが入ってくるパターンとか映画でもありますし。
    味方人数が多ければゾンビになって襲ってくる数も多いので危険。

    ということで、やはり自宅に籠城するのが一番!
    1ヶ月は自力で生活できる備えがあり、玄関ドアは破られる心配がない。
    ガラス窓で強度が不安なベランダはマンションなのでゾンビは上ってこられない。
    脅威となるのは略奪者のみだ。

    1ヶ月後、外を見て事態が沈静化していなければ・・・

    thriller.jpg

    もう、スリラーでも踊るしかない\(^o^)/

    コメント
    こんにちは 
    ゾンビはヴードゥー教のお化けなので
    日本にも現れるんでしょうか?(^^

    それはさておき最近ハロウィンで街にゾンビの恰好を
    した人が大勢いますが、魔女やカボチャ面くらい
    ならともかくゾンビには小生は少し抵抗が
    あって見ていて気持ちの良いものでは
    ありません
    これは感覚の違い?文化の違いなのかも
    しれませんが
    ゾンビと比較すると失礼かもしれませんが
    原爆投下直後の広島はまさにそんな状態
    だったみたいですね
    2013/11/03(Sun) 19:15 | URL | 肥後ノ守(ひごのかみ) | 【編集
    肥後ノ守さん、こんにちは!

    ゾンビは一昔前の映画だと、墓から蘇って出てくるオカルト的な要素が多かったですけど、90年代以降は殆どがウィルス兵器が元になっているものになりましたね。
    昨年、米国とカナダで人を喰らう猟奇事件が多発して、米国疾病予防管理センターが公式な見解を発表しなければならない状況に達したのに驚きました。

    ハロウィンは日本では流行っていないと思ってたんですけど、自分も見かけましたよ。
    アメフトの肩プロテクターを付けてユニフォームと顔は血まみれの人間を。
    なぜその格好???
    殺人事件かと思いました(爆)

    スーパーなんかでもハロウィンコーナーが設けられていたりして、お祭り事はクリスマス同様に流行らせたいという企業の必死さが伝わってきます。

    そのうち独立記念日も入ってくるのではないでしょうか(笑)
    2013/11/03(Sun) 21:04 | URL | ZAN | 【編集
    ご無沙汰してます!

    やっぱオレも自宅で!と考えましたが、無勢に多勢になってしまった場合は…

    スリラー踊りながら泣いてそうです(汗)
    。  心理的に操作出来そうであればゾンビを利用して… 文通始めてるかも(笑)。

    矛先変えるきっかけ見つけるために!!

    2013/11/05(Tue) 22:04 | URL | ill | 【編集
    illさん、こんにちは!

    実はこれ、ゾンビを暴漢者に例えることが出来るんですよ。
    ゾンビ対策を考えるのは治安が機能しなくなった状況での危機回避に当てはめられます。

    そのゾンビを心理的に操作、利用して文通するとは、もしかしたら新世界の指導者になれるかもしれませんね(笑)
    2013/11/06(Wed) 05:19 | URL | ZAN | 【編集
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します