日本版NSC設置法が成立しました。

    事務局となる国家安全保障局を来年1月中に発足させるそうです。
    この国家安全保障局は、外務、防衛、警察など各省庁からの出向者ら約60人体制でスタートし、うち十数人は自衛官が登用される見通しだそうです。

    詳しい活動内容は出ていませんが、この事務局は各省庁に存在する方向性の違う情報機関をまとめたり、各国の情報機関との連携も行われるかと思います。
    内閣官房の内部組織である内閣情報調査室との兼ね合いがどうなるのか気になるところです。

    現在は警察庁、検察庁、公安調査庁、防衛省に情報機関が多数存在していますが、自分は未だに情報機関=スパイ=黒いサングラスという固定観念が払拭されません。
    黒いサングラスを掛けている人間を見るとスパイだと疑ってしまいます。

    決して物事を決めつけて考えるステレオタイプという訳ではありませんが。
    エコバッグは意味が無いとか、ラミレスは守備が下手とか、民主党は左寄りとかも思っていませんよ!

    まあしかし、よく人を見かけで判断するなと言いますが、視覚から得られる情報って人や物事を判断する材料として重要だと思うのです。


    20120814.jpg
    どう見てもスパイ


    PN2008102001000721_-_-_CI0003.jpg
    どう見ても阪神ファン


    img_978738_28161502_0.jpg
    どう見てもゆるくないキャラ


    uid001010_20131031135318b0.jpg
    どう見ても故意


    o080011371261534.jpg
    どう見ても左〇


    やはり見た目通りだと思います。

    別に色眼鏡で見ている訳ではありませんよ!
    自分は色眼鏡という黒いサングラスなんて掛けていませんし、スパイでもありませんよ!



    ・・・さらに濃い色眼鏡をかけた報道機関、某国のスパイに乗っ取られているぞ。

    コメント
    コメントを投稿
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事へのトラックバック
    当ブログ内容の無断転載を固く禁止します